インフォームドコンセント(説明と同意)   


インフォームドコンセント、電機の部品みたいですが、
【医師により病気について納得のいく説明をうける事。患者はこれを理解し、納得した上で検査,治療などの医療行為に同意する】事です。

 私たちは説明を聞いて正しい知識をみにつけ,納得して自分で治療方法を決めなければなりません。簡単にゆうと医者と患者の意志の疎通ってことなのかな?

 この考え方は1970年代に外国で盛んになったもので、日本には1980年代半ばに入ってきたとされていますが、今の日本でこれって成立してるのでしょうか?手術する場合なんて、なんかその提案に従うしか道は用意されてないって気がするのですが。

 でもそれは医者のせいだけではないと思います。患者側も自分の病気のこと、病気の治療法などきちんと調べるべきですよね。でないとお医者さんに説明されてもわからないし、説明してくれようとしませんよね。


戻る