これまでにかかった医療費

発病時、「これまで病気らしい病気をしたことがない」というのが自慢だったおわ蔵は、民間の医療保険・がん保険などには一切加入していませんでした。まあ、35歳でがん保険諸々に用意万全という人は少数派かもしれませんが。

長期入院、いずれは移植・・・ということで、何百万円もかかることを心配しましたが、実際には公的な社会保障のおかげで、本人負担額は自分たちでどうにかなる金額で済みました。
ベルギーと日本という違いはありますが、以下ご参考までに2003/09/09現在(2003年7月以降分についてはまだ請求がきていないのと、それ以前についても追加的に請求が来る可能性あり)の医療費をご紹介します。高額医療費については、日本のように申告制でなく、一定金額を超えた分は自動的に全額払い戻されるとのことですが、フランスの加入者資格でベルギーの窓口を通してやりとりしてるおわ蔵のケースは複雑で、高額医療費についてちゃんと適用されているのかどうか、いまいち分かりません。

この他にも、交通費、通信費、雑費(パジャマ等)、病院食代わりの差し入れ代などなど、入院に伴なう費用はなんだかんだと色々あります。それから、退院後も続けていた白血球を刺激する注射&赤血球を刺激する注射(それぞれ1本ウン万円という高価な薬)については、病院から無料で支給されてたと思います(つまり、全額社会保障負担)。

自己負担分 社会保障負担分
2002年11月 225.86ユーロ
約29,400円
893.71ユーロ
約116,200円
2002年12月 828.03ユーロ
約107,600円
20,219.78ユーロ
約263万円
2003年1月 528.33ユーロ
約68,700円
9,562.84ユーロ
約124万円
2003年2月 55.24ユーロ
約7,200円
291.64ユーロ
約38,000円
2003年3月 647.30ユーロ
約84,100円
19,863.60ユーロ
約258万円
2003年4月 279.85ユーロ
約36,400円
11,230.75ユーロ
約146万円
2003年5月 149.58ユーロ
約19,400円
6,010.97ユーロ
約78万円
2003年6月 93.28ユーロ
約12,100円
3,445.04ユーロ
約45万円
合計 2,581.61ユーロ
約33.6万円
71,518.33ユーロ
約930万円