日記帳
〜ハルのオプチミストな日常〜

2003年2月
2003年3月
2003年4月
2003年5月
2003年6月
2003年7月
2003年8月

2003年08月28日(木)
おわ蔵妹が来る

オフィスにおわ蔵から電話。

「明日から、妹が遊びに来るよ〜」

やきもち焼きの彼氏のせいで、バカンスなのに全然どこにも行けないでいた彼女。

わ〜い、大歓迎!!
でも、埃だらけの家の中、おわ蔵、お掃除頼んだよ〜〜〜〜。


2003年08月26日(火)
家族会議

今日、おわ蔵は家族会議に招集されて、フランスはロワール川のほとりに行っております。

おわ蔵んちはいろいろとっても複雑。

お父さんはインド人、お母さんはイタリア人、本人はフランス生まれのフランス人、その恋人(=わたし)は日本人、現住所はベルギー。。。あまり国境が意味を持たないカップルだわにゃ〜。


2003年08月25日(月)
新学期

ヨーロッパでは、9月が新学期。

私も新たにスペイン語を勉強し始めることにしました。フランス語と近い分やり易いし、イタリア語に比べれば将来的な利用範囲が広い。ダカール時代も、友人のスペイン人が無料レッスンをしてくれてたのだけど、結局身につかないまま、今思い出せるフレーズは「ケタール!」だけ。

週2回(3h×2)の夜間コースで、来年の6月まで。うーーん、結構本格的。

申込みにあたって、「おわ蔵と過ごす時間が少なくなっちゃうな」というのが一番のためらいだったんだけど、ここらで少しはそれぞれ個人の活動範囲を広げてもいいかな、と思い決断。もともと、「二人のそれぞれの世界がまずあって、二人の共通の世界がある」というのが私たちの共通原則なんだけど、入院中はそれどころじゃなかったし、元気になってきた今はできる限りのことを二人でしたい!と思うし、どうしても「自分ひとり」のことはないがしろにしがち。

スポーツクラブも土日はおわ蔵とのお出かけ優先になっちゃって、行く時間がないしねぇ。。

おわ蔵も日本語レッスン、始めないかなぁ??


2003年08月21日(木)
だらだら

おわ蔵がいないので、とってもルーズな私。ごはんも、作るのが面倒くさいので一品料理で済ませちゃうし、夜はいつまでもソファに寝そべって読書。


昨日の水道工事の後遺症か、洗面所の水が出ない。懐中電灯を持って地階の水道栓のところまで下りてみたけど、素人目にはこれといって異常なし。


あぁ、めんどくさいことが増えちゃったじゃーん。


明日はおわ蔵帰ってくるかな??

ベルギーの皇太子夫妻に2番目の子が誕生したそうな。ガブリエル・ボドゥワン・シャルル・マリー王子。


2003年08月20日(水)
断水

昨日の夜中近くに、フランスはオルレアンにいるおわ蔵&おわ蔵妹から電話があって、すごく楽しいソワレを過ごしたみたいで、声がとっても弾んでて、よかったよかった。

ところで、今朝、起きたらいきなり水が出ない。何事かと外を見ると案の定工事みたい。同じように様子を見に下りてきた階上のマダムの、実にソフトな交渉術により、15分間だけ水を出してくれることになった。うまい、私も見習わねば!急いでシャワーと歯磨き。

腹を立てるよりもウィットね。


2003年08月19日(火)
おにいちゃん

おわ蔵の1歳違いの妹とおわ蔵はとても仲がいい。「双子で生まれてくるのを間違えた」とよく言われたらしいけど、外見も性格もよく似てるの。

うちも妹たちとは仲がいいので、週末の昼頃電話が鳴ると、「そっちの妹だよ」、「え〜、きっとフランスからよ」なんていって、お互いに順番に電話の前に座ることになる。

おわ蔵の妹は私も大好きで、「せっかく長いバカンスなんだから、ゆっくりベルギーに遊びにおいでよ〜」と二人して誘ってたんだけど。

ここに問題がひとつあるらしい。

それは、おわ蔵妹と同居している彼氏。私と同じ年らしいんだけど(つまり、年下の彼)、すっごーく病的に嫉妬深いらしい。例えば、おわ蔵妹が、一人で女友達んちのパーティーに行ったりするのも許さないし、レストランでちょっとサーバーとおしゃべりしただけでも真っ赤になって怒るってんだから、かなりの独占欲。

そのせいで、おわ蔵妹は遊びにこれないっていうんだから、なんかとっても不条理よね。

昨日、彼女からいよいよもってブルーな電話があったそうで、せっかくの夏休みなのに彼のわがままで全く旅行にもいけず、おわ蔵も憤慨。妹が来れないんなら、自分が行って彼女の誕生日祝いをパーッとやって、気分転換させてくるーーーっと言って、今朝(またしても)フランスに旅だっていきました。

好きなんだからしょうがない、といえばそうなんだけど、嫉妬につける薬はないともいうし、本人も自覚はあってもコントロールできないらしいから、難しいやね。喧嘩しないで楽しく帰ってくればいいんだけど<おわ蔵ちゃ〜〜ん。


2003年08月18日(月)
一歩前進

8/13-16まで、私の学生時代の友人夫妻がパリに遊びに来たのに合わせて、私たちもパリに行ってきました。ちょうど着いた日から気温が下がりだすというラッキーな私たちだったんだけど、街路樹の葉っぱが秋みたいに落ちて枯葉がカサカサ音を立ててて、8月にこんなの初めて。ホント、異常なまでの酷暑&乾燥だわ。

そんなこんなでしばらく病院から遠ざかってたんだけど、今日久しぶりの通院。なぜか教授自らの診察を受け、この前のマルクの結果もブラストゼロ(「大丈夫、大丈夫」と思っててもドキドキする)、血液の数値もだいぶ落ち着いてきたので、これからは具合悪くなったら緊急で輸血することにして、これまでみたいに「数日置きの血液検査→輸血」を前提とはしないことになった。赤血球を刺激するエプレックスの注射もお終いに。

よかったね〜〜〜〜〜、おわ蔵。ちょっとずつ前進だぁ。

体重も78kgまで戻り、パリであった友人からも、「この前写真で見たときより元気そうになってて安心した」といってもらったし、これでいよいよ、鎖骨の皮下に埋め込んであるカテーテルが取れるようになったら、日本から送ってもらったダルマに片目を入れよーーっと!!


2003年08月12日(火)
遊んでばっか?

昨夜、ご機嫌でパリから帰ってきたおわ蔵。友達とお気に入りのイタリアン・レストラン「シェ・アンジェロ」に行って、誕生日祝いだってことで飲んで食べてとにぎやかにやったらしい。ナスや赤ピーマンのアンティパスティに、シーフードパスタ、美味しいイタリアワイン。。。うぅ、いいなぁ〜〜〜

今世紀最高を記録してる酷暑については、みんなテラスでとにかく冷たいものを飲んでるしかなく、広場や道は閑散としてるそう。早速、扇子売りが姿をあらわしたそうで、クーラーの全く入っていないパリの地下鉄のなかで、みんな真っ赤な顔してパタパタ扇いでる姿が目に浮かぶようだわ。

明日から数日間、実はまたしても二人でパリに行ってきます(今度は車で)。折りしも日本はお盆休みなので、大学時代の友人夫妻が遊びにくるのです。パリのガイドを任せたら右に出るもののいない(これはホント!)おわ蔵にエスコートを任せて、夕方待ち合わせてマレのあたりを散歩しつつどっかで飲んで、夕ごはんを食べて、パリの夜景でしめる予定。

今度来る友人はじめ大学時代の仲間には、おわ蔵の病気が分かった時に、とっても親身に励ましてもらって、わざわざ日本から本やCDやお守りや食べ物やお風呂グッズやだるまやパジャマやなんかを詰め込んだ「元気出る小包」を送ってくれたりもしたのです。持つべきものは友というのを実感。元気なおわ蔵と会わせられるのが嬉しい!


2003年08月11日(月)
優柔不断

私はよく、「インスピレーションのままに大胆に行動し、いつだって上手くいくと信じてるタイプ」と言われる。こういうと、なんだか颯爽としていつもきびきびしてるみたいよね。それから、妹たち(私は3人姉妹の長女)からは、「親切な独裁者」だと言われる。ほっほー

でも、私が全くルーズで優柔不断で自信がなくて、普段の3割くらいしか実力を発揮できてない。。。と感じる、

それがまさに「プレゼント選び。」なのよねーーー。

ちょっとした贈り物を、特別な機会じゃなくてもあげたりもらったり、大事な人のために何を贈ろうか考えたり、そういうのは好きなんだけど、近しい人であればあるほど迷ってしまって、これぞというものをその日ぴったりに贈るなんてことはもう神業!

実は、おわ蔵のバースデー(7/30)も、旅先だったこともあって「実はもう決めてあるんだけど、荷物になるから持ってこなかったの。帰ってからの楽しみにしておいてね」とか言って、まだ贈ってないのよね。今年は思いきって、実用的にノートPCにしようと思ってるんだけどもさ〜。

今週末は、おわ蔵妹の誕生日、今月末はハル妹の誕生日、来月はハル母の誕生日、うーーん、うーーーーーーーーん。

今日はこれからウィンドウショッピングでめぼしをつけてくるつもり。料理でも荷造りでもそう思うけど、プレゼント選びも生まれ持ったセンスがあるかないか、って気がするわ。


2003年08月10日(金)
労働の日曜日

今日もいい天気。
せっかくなので、窓を開け放って、ほこりだらけの家の中を大掃除。

洗濯機と食器洗い機をフル回転させ、台所のシンクを磨き、部屋の整理整頓と床掃除、浴槽と洗面台とトイレを掃除し、植木に水をやり、冷蔵庫の中を整理し。。。。

やってもやってもやることが尽きないのはなぜ???
それにしても、ちょうど一年前に引っ越してきたというのに、モノが増えたこと!!

アフリカ時代はお手伝いさんがいたから、家事労働からは一切解放されてたんだよなぁ。あぁ、お姫様時代よ、さようなら。

夕方、まだムンムン暑い中、スポーツクラブに行って一泳ぎ。夏休み中だから空いてるかと思ったら結構混んでた。おわ蔵のいない週末、なかなか充実の2日間でありました。


2003年08月09日(土)
ゴルフ

上司の女性に誘われて、一年ぶりにゴルフ。

すぐ近くに、打ちっ放しの練習用のとても気持ちいいクラブがあるからと言われ行ってみると、ほんとに広々としてて気持ちいい!!

ゴルフは、これまでイメージがおじさん臭いこともあって全く興味なかったんだけど、やってみると緑の中を歩くのは爽快だし(ダカールのゴルフ場は海沿いだった)、ボールが飛ぶと楽しいし、それにこんなに気楽に出来る環境はまず日本では望めないだろうから、ちょこちょこ続けてみようかな、という気になる。世界中、ほとんどどこの国でも(アフリカでも)楽しめる数少ないスポーツでもあるし、年とってもできるというし。

ちなみに使用料が10ユーロ、ボールが1カゴ1.25ユーロでした。我が家から車で15分。

夜は同年代の同僚宅におじゃまして、美味しい手料理の中華づくしを頂きました。Sさん、ごちそうさまでした〜。


2003年08月08日(金)
男ともだち

おわ蔵は、昨日マルクをしたばかりだというのに、パリ在住の仲のよい友達(男)から、「おわ蔵の誕生日を一緒にどっかで祝おうぜ〜〜!」(←ハル想像)と電話で誘われ、かつ、彼が来週からバカンスに行ってしまうということもあって、今朝早朝パリ行きのバスに乗って行っちゃったのでした。

「おわ蔵ちゃん、彼とそういう仲だったわけじゃないでしょうね〜〜〜??」

というわけで、月曜まで、一人暮らしを満喫なのです。おわ蔵は、私の対外的な行動に全く注文をつけない人だけど、やっぱり週末にひとりにするのは気がひけるところもあり、普段の行動は買物でも何でも二人一緒のことが多い私たち。その分、私の友人・知人に対してはけっこう付き合いが悪くなってるので、明日の土曜日は、以前から誘ってもらっていたゴルフに上司と一緒に行き、美容院に行って髪を切って、夜は同僚の女性宅で「若者会」をやることにしました!

たまには気楽なのもいいわ〜〜。(って、付き合い始めの頃に比べたら、とっても気楽になっちゃってる私だけど。もうちょっと緊張感が必要だ!)


2003年08月06日(水)
夏の病院

おわ蔵、今日は約1ヶ月ぶりに輸血(血小板+赤い血3パック)を受ける。一泊入院。ところで、ヨーロッパは一般的に石造りの家が多くて、暑い日でも一歩屋内に入るとひんや〜り。それから、ベルギーは1年のほとんどが曇天の国として悪名高い。結論として、オフィスビル以外の普通の家にはクーラーなんてまずない。

ところが、この暑さ!どうしたベルギー?!夕方、おわ蔵に差し入れを持ってって、病院のあまりの暑さにビックリ。ガラス張りの廊下なんて、外より暑いくらい。病人こそ一番暑さのダメージを受けやすい人々なのに、クーラー、せめて扇風機くらい置いてくれ〜〜〜。

翌日帰ってきたおわ蔵は、「でも、窓開けて寝たから、風が入ってきてきもちよかったよ」なんていってたけど、これが無菌室の人はどうしてるのかしら。

ベルギー、フランスあたりでは、お店からクーラーはもとより扇風機の在庫も底をついちゃったらしい。まだ、日本の熱帯夜に比べれば可愛いもんだってとこかしら?


2003年08月05日(火)
夏休み!

だいぶ長いこと日記をご無沙汰してしまった。

7月24日から8月1日まで、おわ蔵と二人、バカンスで南フランスに行ってきました。暑かった!!ハプニングもあったし、喧嘩もしたけど、楽しかった〜〜〜。無理せず、でも退屈もしない、バランスの取れた旅だったかな。

おわ蔵と一緒だといつものことなんだけど、今回も食べた!飲んだ!!おわ蔵は帰ってきて「6kg増えた!」なんて嬉しそうに報告してくれたけど、私はノーコメントじゃ。。。あの暑さの中で夏ばてどころか南仏料理を堪能しきった私たち。

デジカメが壊れてしまってて画像をアップできないのが残念だけど、忘れないうちに旅行記をアップしたいな〜。

エクスでは、2年間住んでいたアパートの大家さん夫妻にも会えました。もうゆうに80歳は越えていると思うんだけど、とっても元気そうで3年前と全然変わってなかった。写真を一緒に撮ろうって言ったら、「ちょっと待って」といってマダム、お昼ご飯の飲みかけの赤ワインを大胆にも水で割ってぐっと一杯飲み干し、「ほら、(血色よくして)きれいに写らなきゃ」なーんて言うんだもん。かわいい。。。

まだカテーテルが鎖骨に埋まってて海では泳げなかったし、2日おきの赤血球を刺激するための注射も持参しなきゃいけなかったおわ蔵だけど、9日間の旅行ま〜ったく普通に元気で過ごせて、よかったよかった。

それから7月30日、おわ蔵36歳の誕生日を旅先で迎えました。わーーーーい、おめでとう!!!
こうしてあと半世紀(?)は一緒に誕生日を祝っていきたいな。

8月のブリュッセルはみんなバカンスに出かけてしまってガラガラ。道もスーパーもすいてるのはいいけど、仕事にも気合がはいりませんわ〜〜〜。


2003年07月14日(月)
喉がガラガラ

風邪をひいて体調が優れず、週末はずっとうちで休養。具合が悪いときの常で、変な夢ばっかり見てあまり眠れないし、咳でおわ蔵を邪魔するのも悪いな〜と居間のベッドソファに場所を移してうとうとしてたら。

!!!

急にものすごい足音と話し声をとどろかせながら何人もがアパートの階段を下りてくる。おまけになかなか立ち去ろうとせず、うちの戸の前で大声で何かしゃべってる。

また、どっかのうちがパーティーでもやって客が朝帰り〜〜〜〜〜!!?一体何時??と思って時計を見れば03:00。

こりゃひとこと言ってやる!と思って起き出してみると、窓の外にパトカーの明かり。ドアを開けると警官が何人も。さすがに「静かにしろ」とは云えず、「一体何があったんですかぁ?」と胡散くさげに聞いてみると、「3時間前から人がエレベーターの中に閉じこめられてるんだよ」とのこと。

その後消防のはしご車まで到着し、なぜか階上の隣人が警官を罵倒しまくり、訴えてやる!と興奮して泣き叫んでて、全く分けわからないうちに、またどやどやと一行は引き上げていったのでした。

そのせいでまた寝付き損なって、今日は声が嗄れてカスカス。

自由の身のおわ蔵は、今日またパリに2泊3日でおでかけ。目的は買い物なんだけど、全く病人を置いていい根性だわ!!


2003年07月11日(金)
夏かぜ

世の中は夏休みまっしぐらだというのに、どうも風邪をひいてしまったらしい。昨日から喉が痛いな〜と思ってたら、今日はだるい&頭イタイが加わって、何とも云えず具合悪い。これが会社じゃなくって学校だったら、さくっと早退してたところなのにな〜〜〜

おわ蔵は、3日間フランスに戻って、社会保険関係の権利更新手続き。電話じゃ埒があかない、実際に行って係に会って話さなきゃ、というのはとってもフランスのお役所的。今日、さっきブリュッセルに戻ってきて、そのまま病院の外来に直行した模様。うまくいったんだったらいいんだけど。。。

フランスといえば、ストライキのせいで夏の音楽・演劇祭が全国各地で中止になっちゃってますね。アヴィニヨン演劇祭とか、エクスの音楽祭とか、楽しみにしている人も多い一大イベントなのに、妥協を知らないというか<フランス人。芸術分野に限らず、なぜか夏のバカンス前にはストライキがこれでもかとばかりに連続して、地下鉄・電車・航空はもちろん、郵便、公立高校の先生、裁判官、刑務所の看守、みんなしてスト。おわ蔵が、「日本だと”ストライキ中”とか腕章して、でも仕事してるよね〜」と変なところで感心してたけど。

あぁ、頭痛ーーーーい


2003年07月07日(月)
久しぶりの輸血

昨日、「ヘモグロビンが下がってる気がする。階段で心臓がばくばくするし、体が弱くなってて調子悪い」というおわ蔵に、「病は気から!!出かけるのがめんどいんでしょ〜〜」なんて言ってたら。。。

今日の外来では、1ヶ月と5日ぶりの輸血3パック+2週間と4日ぶりの血小板1パックを受けることに。赤い血3つとなると、一晩では終わらないので、また一泊入院の予定。

「食欲ないし、夜は来なくてもいい」というけど、それでも何か食べなきゃ〜〜〜

ちょっと前までに比べると、格段に輸血の間隔は長くなってるけど、3歩進んで2歩下がるだね。

健康な人間だっていつどこで事故に遭うか分からないけど、発症から7ヶ月、まだあと4年5ヶ月は首にナイフを当てられてるような気分でいなきゃならないなんて、気を強く持たねば。

今日は七夕。日本の天の川は晴れたかな〜〜〜


2003年07月06日(日)
国際カップル

今晩は、ブリュッセル在住のベルギー・日本国際結婚カップルのところにおよばれ。おわ蔵もぜひ一緒にお二人で・・・と言って下さったんだけど、あいにくおわ蔵の体調がイマイチで、結局私1人でお邪魔することに。あーーあ、二人でお出かけしたかったのに残念〜〜〜

今回はもう一組ベルギー・日本カップルがいらっしゃってて、日本語、オランダ語、フランス語が飛び交うとてもにぎやかな夕食会。

お招き下さったSさん夫妻には3歳の一人娘ちゃんがいて、まーあパワフル&元気!ママとは日本語、パパとはオランダ語でしっかり分けて話しているのが何だかすごい。ミックス・カップルだと、子どもの言葉や学校選びの問題は結構大変みたいね。

デザートまでしっかり頂いて、ほんとうにごちそうさまでした。


2003年07月02日(水)
7月ですね〜

6月は史上稀にみる(報道によると170年ぶりの)好天気を記録した
ベルギーなのに、7月の声を聞いた途端連日の雨、雨、雨。。。バカンス第一陣が
出発して、夏の大バーゲンも始まったというのに、何だか外に出ていく気にならないな〜。

ここ数日、7月の最終週に予定している旅行の計画にかかりっきり。目的地は、ハルが2年間
過ごした思い出の地、南仏に決定!色々検討した結果、ブリュッセルから電車でパリまで行き、
そこから飛行機でマルセイユまで。現地でレンタカーを借りて、マルセイユ→エクサンプロヴァンス
→カシス→リュベロンの村々→ニース近郊の村々をまわることにしました。

切符を取ったり、ホテルの予約を入れたり、うーん仕事そっちのけかも。

8泊9日の長期旅行、それも暑いさなかに暑いところへというのは大丈夫かなぁ〜と
おわ蔵の体調をおもんばかったのですが、まあ、今のところ、最後の輸血が先月9日、
最後の血小板輸血が先月19日と輸血なし記録を更新中だし、いいよね。

それにしても、地域ごとにそれぞれの見所があって飽きないフランスだけど、南仏は
いいですよ〜。特大おすすめ。夏は確かに観光客が多いけど、やっぱり初夏から夏にかけての
光溢れる空気と真っ青の空と暑い中木陰のテラスでのんびり冷たいものでも飲む気持ちよさは
最高。マルセイユやカシスの海も、ニース辺りより断然きれいだし。やっぱり私は
北海(ベルギーの海岸)より地中海が好きだ〜〜〜〜


2003年06月28日(土)
テレビっ子

入院を契機にTV依存症ぎみのおわ蔵。私は「昼間からテレビを付けるなんてもってのほか」という教育を受けてきた方なので、テレビはなければないで全然苦にならない方。

さて、土曜日。。。

フランスの超有名番組「ロフト・ストーリー」で社会現象になった「現実テレビ」。今2匹目のどじょうを狙ってオンエアされているのが、南仏ニース(Nice)のヴィラを舞台にした「ナイス・ピープル(Nice People)」。これ、ヨーロッパ中からキャスティングされてきた若い男女が3ヶ月間同じ建物の中から一切外に出ず、生活を共にして、その様子が全部ライブで放送され、毎週視聴者の投票で落選者が建物から出ていき、最後まで残った者は賞金をゲットする、というもの。けんかしたり、恋に落ちたり、その「本物のドラマに満ちた生の人間関係を傍観者として見られる」のが売りなわけだ。

で、この視聴者による「誰を落とすか」投票が毎週土曜日なのですね〜。

はじめは「ばかばかしい」とか言って興味なさそうなふりを装っていたおわ蔵だけど、実はちゃんとフォローしてることを私は知ってる。。。まったくぅ〜〜〜〜〜

深夜までTVの前から動かない彼をしり目に、私はベッドでぬくぬく読書。それにしても「テレビよりもっと面白いものを探そう会」を開かねば!


2003年06月26日(木b)
グッドニュース

おわ蔵の血小板がやっと自力で上がってきた!!

先週の木曜以来血小板輸血を受けていないので、たぶん今日はあるだろうな〜と思ってたのに、月曜17万→今日は21万に上がってたそう。

これまで血小板は輸血してだんだん数値が下がって、また輸血して、の繰り返しだったので、移植(前回入院)以来実に初めての自然な上昇。

おわ蔵も「まだまだ様子を見なきゃ判断できないよ」と慎重ながら、「もしも血小板の上昇傾向が続いて、正常値になったら、シャンパン開けてお祝いしよう」と嬉しそう。

今日は赤い血の輸血もなし。だいたいこれまで3週間位すると、ヘモグロビン不足で息切れがすると言ってたのに、こちらもすでに3週間以上は経ってるなぁ。なので、今日は鉄治療のプロトコールにサインして提出のみ。

おわ蔵も高揚しちゃってて、病院が終わった後すぐにうちに帰る気にならず街に出た模様。

いいニュースが続きますように!


2003年06月24日(火)
ドイツorイタリア?

昨日の月曜、おわ蔵外来。結局輸血はなし。

今日も外来。おわ蔵からオフィスに電話。
「今病院から戻ってきたんだけど、ちょっと込み入った話があるから、今夜直接話すよ」

なんなの、なんなの、まさか再発ーーー??!といてもたってもいられず、昼休み速効で家に戻ると。。。


な〜んのことはない、おわ蔵曰く、輸血を続けてると鉄分が過剰に肝臓にたまってしまう→それを緩和するために薬(まだ試験中の錠剤)を飲む必要がある→まずは検査でどれだけ鉄があるか確認しなきゃ→でも血小板がまだ不十分なため生検できず→他の検査方法もあるが、そのための機器がベルギーにはない→ドイツのハンブルグか、イタリアのチュランの病院まで行って検査してくる必要あり、とのこと。

鉄分の問題については、前からドクターも言ってたけど、それにしても、該当する患者さんも少なくないだろうに、ヨーロッパに2台しかない検査機械って。。。

手続きから費用まで全部病院側が面倒みるそうで、且つ付添人の費用も持ってくれるそうで、だったら私も行く行くーーーってことになりました。7月中かな。ドイツかイタリアか、おわ蔵は「フィーリングで決める」とか言ってたけど、それにしてもヨーロッパのネットワークってすごい。

次回外来は明後日木曜日。


2003年06月22日(日)
パリの日曜日

さて、パリ週末旅行のつづき。

お祭り明けの日曜の朝、とーーぜんのことながらみんなベッドの中で、街は閑散。わたしたちもチェックアウトがなかったら、午後まで悠々惰眠をむさぼってたことでしょう。。。

風の通るテラスで、よく冷えたロゼと一緒においしいごはんを食べ、あまりの暑さに歩くのを諦め、公園の芝生の上でお昼寝。。。。

まさに夏の日曜日ならではの幸せ。

ちなみにこの日南のマルセイユでは40度を記録したそう!パリの30度でさえ、フウフウいってたのに。。。アフリカで鍛えた暑さ耐性も、涼しいブリュッセル生活ですっかりなよくなってしまった。


2003年06月21日(土)
♪Fete de la Musique♪

夏至。いよいよ夏ですね〜〜。

一年で一番夜が短いこの日、ヨーロッパの各都市で音楽祭が開かれます。もともと、フランスのジャック・ラング元教育相のアイデアで始まったパリ音楽祭も今年で22年目。フランス全土の地域都市のみならず、ヨーロッパにも輸出され、今年は京都でも行われるとか(?)

ブリュッセルでももちろんあるのだけれど、せっかく土曜日に重なったことだし、本家本元に行こう!ということで、電車でパリまで週末小旅行。

金曜日の夜パリ着。道中1時間半。いつもは車で行くことが多いんだけど、たまには電車も楽ちん。ホテルは利便性を考えて、ターミナルである北駅そばに。北駅付近は治安が非常に悪いので注意注意。ホテルで、サッカー日・仏戦を観戦。おわ蔵、なぜか日本応援組。日本、惜しかったよね〜

土曜日快晴!(珍しく)早起きしてあちこち動く。カフェで腹ごしらえ→本屋でお目当ての本を探し→マドレーヌ広場のインテリアショップを冷やかし→ベルシー公園そばのクール・サンテミリヨンへ行き→お昼はポンピドゥーセンターそばのDame Tartine(テラスが気持ちいい!)→旧サマリテーヌ跡に出来た「japanese "zen"」的(ミニマリスト&癒し系&フランス人のイメージする日本的なるもの)ブティック(雑誌で見て面白そうと思ったんだけど、実際はKENZOショップで、たいしたことなし)を見て→パレ・ロワイヤル側の喫茶店アンジェリーナへ。。。

この辺りで午後16時くらい。照りつける太陽、暑いーーーー。なのにアンジェリーナに来たんだから、、、と「特製モンブラン」を頼んだのがいけなかった。夏食べるもんじゃありません。急にグロッキーに。

20時過ぎ頃からやっと太陽が和らいできたので、そぞろ歩き。空気が気持ちいい。夏の夜、ちょうど日本のお祭りのようにみんな外に出てきて通りは人でいっぱい、スーパースターから、学生のおにいちゃんから、教会のシスターまで(←ウーピー・ゴールドバーグばり)、あちこちから音楽が聞こえてきて、なんというか「こうしておわ蔵とこの空気を体験できてなんて幸せ」としみじみ。

もちろんコンサートは全部無料。地下鉄も夜中中無料で運行。夜中の2時過ぎに地下鉄に人が溢れる光景なんて、パリで初めて見た。

そしてそして、今回の旅行のもう一つのお楽しみ。今日この夏至の日から、エッフェル塔のスペシャル・イルミネーションが再開!ただのイルミネーションじゃなくって、毎時はじめの10分間だけ、キラキラキラキラと塔全体に星が瞬くような光がともされるのです。これはパリに行ったらぜひ見る価値あり!

つづく


2003年06月19日(木)
冴えない〜

今日のブリュッセルは曇り空。なのになぜかオフィスの冷房はガンガンで、寒くてたまらん。そのせいか頭痛がして、仕事に集中できないし、あぁ、早くうちに帰りた〜い。

明日の夜、パリに出発だから、今日のうちに荷造りせねば。

おわ蔵は今日外来。たぶん血小板の輸血かな。

あぁ、それにしても調子がでない一日。。。


2003年06月18日(水)
マルク

昨日、おわ蔵はドクターには会わなかったけど、ドクターの電話越しの指示でマルクをしてきたそう。最後のマルクから3ヶ月経ったからコントロールのためにということらしいけど。再発の兆候があるわけじゃないよね、と内心ちょっと心配。

それにしても私だったら大騒ぎすると思うのに、おわ蔵ったら、あぁそういえば、って感じで話すんだもの。

今週末、夏至の日にはヨーロッパのあちこちの街で音楽祭が行われます。私たちもパリ行きを計画中。なんだかんだ言ってもパリはやっぱり特別な場所なんだな〜〜〜。


2003年06月17日(火)
医療費

について昨日ちらっと書いたら、今日どさっと新しい請求書が届きました。

結局、2月〜3月にかけて丸1ヶ月の入院にかかった費用は、社会保険(フランスの)で出る分:265万円、自己負担分8万5千円。

退院後の外来での輸血も、血液以外に何の薬を使ったのか、日によっては一日で30万円(!)を超えるのもあり、あらためてびっくり。。。こりゃ、公的な保険がなかったら即座に立ち往かなくなるわ。。。

おわ蔵は今日、医師診察のため病院に行ったんだけど、結局ドクターに会えず。B病院は何かいい加減というか融通が利くというか、まさにベルギーそのもの。看護婦さんに、通院治療になったら、自分からドクターにアピールして診察してもらわないと、なかなか十分なフォローは難しいよ〜といわれて、おわ蔵自発的に再度アポを取ってきました。

ドクターも忙しいのよね。この前はインターンの組合が過酷な勤務環境改善のための一時ストをやったし、おわ蔵の主治医の1人クレモン先生も妊娠中にもかかわらず日勤から連続夜勤してるし、休暇中何してたかって聞けばひたすら寝てた〜なんて仰るし。。。

私は、最近のユーロ高で手取り給料が8万円以上も目減りしてしまい、著しく勤労意欲をそがれる日々。あーあ、宝くじでも当てて悠々自適の身になりたい〜〜〜〜


2003年06月16日(月)
夏の予定

気が早いことながら、今日はハルの職場での夏休み取得予定表提出締め切りでした。

夏休み、だいたい2週間は取れるのですが。

うーーーん。

おわ蔵、今日は外来でいつもの定番、血液検査→血小板輸血。先週は1週間輸血なしだったけど、だからといって長期旅行の計画を立てるのは無謀かもねぇ。。。一般的に、自家移植の治療後、こんなに長期間にわたって輸血を受けるものなのかなぁ。

ところで、最終回の入院 2/24-3/24まで1ヶ月分の医療費の請求書が来ました。全部でかかったお金は150万円くらい(!)だけど、その大部分は公的な社会保険でカバーされて、患者の負担分は2万円ちょっと。本当に社会保障のありがたみをつくづく実感です。


2003年06月15日(日)
プロバンス

何だか最近食べ物のことばかりのようだけど。。。

今日もいい天気&暑い!!!

昼過ぎにブリュッセル最大の青空市に行って、店じまい寸前の屋台の間を急いでまわりつつ、果物(メロン、ネクタリン、杏)を入手。

さて午後どうしようか〜、暑いしね〜、今夜なに食べたい〜? う〜ん、屋外のテラスとか庭で南仏料理が食べた〜い、いいねー

ということで話がまとまり、夕方いっぱいかけて日曜も開いている&南仏料理&テラスがあるレストランを探し当てたのです。

ブリュッセル市内から車で30分足らずのところにあるワーテルロー。ナポレオンの戦場跡が名所。そこにあるレストラン「Les Olivades」に行ってきました。ラベンダー畑まであって、あぁ懐かしきプロバンス。。。

意外と知られてないけれど、ベルギーはグルメの国。レストラン案内@ベルギー版も徐々にアップする予定で〜す。


2003年06月14日(土)
週末シェフ

昨夜、おうちでお留守番・・・とばかり思ってたおわ蔵、夕方TVで北野武監督の映画『Dolls』を紹介する番組を見て、急遽映画館に跳んでって観てきたそうな。

結果。

おわ蔵「ハルの生まれた国はなんて美しいんだ〜〜〜〜」

大感激で、おまけに広い館内に観客がおわ蔵たった1人(!)だったそうで、よけいに思いっきりひたってきたそうです。

今年の秋には一緒に日本に行きたいなぁ。。。

さてさて、土曜は買い物の日(日曜は店が全部閉まってしまうから)。ブリュッセルで一番大きな中華食材屋に行って、タイ・カレーの材料を買い込んできました。

夜早速トライ。

結果は〜〜

とぉっっても美味しいレストラン顔負けの味!

自画自賛しつつ、おわ蔵と二人で1人1合のごはん&鍋一杯の「鶏の黄色カレー」を平らげたのでした。暑い季節には、お薦めですよ〜。

ちなみに作り方は(材料さえ手に入れれば)簡単。お試しあれ。

■材料(本では4人分だったけど、おわ蔵&ハルで2人分だった)
ココナツ・クリーム 125 ml
カレーのもと(カレーペースト)大さじ3
ココナツ・ミルク 50 cl
鶏肉 400gr
野菜(小茄子、ピーマンなど)適量
ニョクマム(ナンプラー)大さじ1半
ベルガモットの葉 2枚
バジルの葉(生)一つかみ
赤唐辛子(生) 3本

■作り方
(1)ココナツ・クリームを鍋に入れ、油っぽくテカってくるまで火にかける。
(2)(1)にカレーペーストを入れ、火にかけながら、よく混ぜる。
(3)さらに食べやすい大きさに切った鶏肉を入れ、肉の色が変わるまで炒める。
(4)そこにココナツ・ミルクを入れ、野菜も入れ、ニョクマム&ベルガモットも加え、弱火で材料が柔らかくなるまで煮る。
(5)出来上がりそうになったら、バジルの葉&縦に細長く切った赤唐辛子を加える。
(6)香ばしいタイ米と一緒に召し上がれ。


2003年06月13日(金)
ベルギーならでは

今日は東京から出張者が来ていたので、お昼のリクエストは、「ベルギーらしいもの」。

ベルギーの食べ物、といって何を一番に思い浮かべるか? それはやっぱり、ムール貝&フライドポテトにベルギー・ビールでしょう!!

ということで、お店に入ったはいいんだけど、あいにくまだムール貝の季節には一足早く(解禁が7月半ばだそうな)、他のベルギー料理にトライ、私は「ウナギの緑ソース煮」を初めて食べました。その名前と外観にひるんではいけない。結構いけました。

出張者曰く日本はもう入梅したそうで、あの蒸し暑さが想像できるんだけど、ベルギーも今年は何だか暑い。去年7月に赴任してきたときには、毎日雨ばかりで肌寒く、半袖を着る機会なんてめったになかったのになぁ。

13日の金曜日&満月の今夜、私は同僚の歓送迎会でおでかけ。おわ蔵は自由満喫(?)気ままな独身の夜ね。

そういえば今週は、おわ蔵退院以来、輸血をせずに過ごした初めての一週間でした。ゆっくりながら回復の兆し。


2003年06月12日 23時45分17秒
筋肉痛。。

ハル、28歳。昨日はつくづく体がなまってることを実感。

昨日の夜、初めてスポーツクラブのフィットネスコース「Body Scrupt」に参加してみたのですが(もちろん初心者クラス)、こ〜れが激しいのなんの。エアロビ、ダンベル、腹筋&背筋&おしり、もーーうダメだついていけん!・・・と思って周りを見ても、私以外は結構こなしてて、私が一番プフプフ。

というわけで今日は体のあちこちがイタイ。おわ蔵は、「慣れれば全然大丈夫」と言ってくれるけど、やっぱり基礎体力をつけねば!!

おわ蔵は、今日外来。輸血はなし。いい感じだぞ〜。


2003年06月10日(火)
これで私もエグゼキュティブ?!

今日は、昼休みにダッシュでスポーツクラブに行って泳いできました。歩いて10分の距離にあるとはいえ、1h30の休み時間じゃ30分も泳げるかどうか。でも、なんとなく、「都会のワーキングウーマン」風よね、イメージ的に(←継続のためのイメトレ)。

おわ蔵は、今日血液検査のため外来へ。でも数値が良かったので、輸血はなし。前回は7日(土)に血小板1ユニットだったので、だんだん輸血の回数は減ってる気がするかな。

次回外来は明後日の木曜日。

今日のブリュッセルは、どんより空気が重くって蒸し蒸し暑くって、まるで日本の梅雨のようです。ふぅ、早く夕涼みした〜〜い。


2003年06月09日(月)
目出度い!!!

うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ビッグニュース!!!!!!!


ハルの妹に赤ちゃんができました。来年の2月が予定日。


自分の親が、「おじいちゃん&おばあちゃん」になると思うと、すっごく不思議な気分。


うわ〜〜〜〜〜、
時間はいつの間にか経っていくのね〜〜〜〜


2003年06月08日(日)
3連休

月曜日が聖霊降臨祭(Pentecote)で休みのため、三連休。最近、旅行が多かったので、今回はブリュッセルでのんびりすることにして、プールに行ったり、映画を観たり、レストランに行ったり。

「マトリックス」観ました。なんだか1よりも戦闘シーンが多くて、映像もファイナルファンタジーの世界みたいだった〜。マトリックスのロジックについては、イマイチ理解できていないハルとおわ蔵。。。

最近、お天気続きのベルギー。暑くて日が長いとなんだかあっさりしたものが食べたくなり、近頃の我が家の食卓はベトナミアン。中華食材店に行って、ニョクマムとか生春巻きの皮とかを仕入れてきました。でも、生春巻きの皮、水をつけて戻すのはいいんだけど、その後くっついてしまってなかなか上手く巻けない〜〜〜。誰かコツを知ってたら教えて下さい。

来週は、おわ蔵が、タイ・カレーに挑戦でーす。


2003年06月06日(金)
全仏オープン*ベルギー万歳

テニスの全仏オープン(ローラン・ギャロス)の女子シングル準決勝、見ました?

ウィリアムスを破ったジュスティンはベルギー人です。やるなーー。おわ蔵、大興奮で、素晴らしい試合だったと言ってました(ハルは仕事でダイジェストしか見られなかったけど)。

よって、明日土曜日の決勝戦は100%ベルギー、ジュスティンvsキムです。これで、ベルギー盛り上がらないはずない!!!国王陛下夫妻&皇太子、政界からも首相閣僚、みんなパリで観戦の予定で、ブリュッセルの中心広場には巨大スクリーンが設置されるそうな。

おまけに、ジュスティンは仏語圏のワロン地域出身、キムは蘭語圏のフランドル地域出身ときてるから、できすぎ。。。(ベルギー南北文化言語のライバル意識はすごいの)

明日の午後は、みなTVの前ね。あぁ、何だか、去年のダカールでのサッカーW杯初戦セネガルvsフランスを思い出すわ〜。


2003年06月05日(木)
スポーツクラブ

昼休み、オフィスから歩いて5分のスポーツクラブに申し込みに行ってきました。小さいけどプールがあって、マシンがあって、各種コースを取れて、朝6:30から22:00まで開館。ビジネス街にあるだけあって、昼休みを利用して来ている人がいっぱい。

入会金と6ヶ月分の会費前払いで870ユーロ、約12万円!!

こりゃー、気合い入れて通わなきゃ。

でも、増えた体重をどうにかしなきゃというのが一番の目的だけど、久々に運動して体を動かす爽快感というのを思い出して、精神衛生にも良さそう。

・・・という話をおわ蔵に電話でしたら、

おわ蔵 「じゃあ、シェイプアップ始めってことで、明日心おきなくボリュームたっぷりのモロッコ料理を食べに行こう♪♪」

ということになりました。

夏までにせめて−5kg、は達成できるのか。。。

乞う次回。


2003年06月04日(水)
色気より食い気

おわ蔵「ハーゲンダッツが、新しいフレーバーを出したんだって!!何だと思う??」(←とぉっても嬉しそう。)

ハル「えー、アーモンド?」(←おわ蔵の好きな味)

おわ蔵「もっと、いいもの」

ハル「え〜と〜、マロン?」(←これまた、おわ蔵の好きな味)

おわ蔵「もっとすごいんだ!!!ライチ味クリーム&ショウガ味!!!!!!」

ハル「。。。」

というわけで、今日は夕方待ち合わせをして、ハーゲンダッツでデートです。ただ、彼が見たのはフランスのTV局のCMだったから、ベルギーでも同じのが出てるといいんだけどね〜。

そういえば昨日の夜、TVで「ミスター・フランス」コンテストをやってました。フランス人の好みは、「日焼け&がたいがでかい&ちょっとエキゾチックな濃い顔立ち」ですな。


2003年06月03日(火)
朝帰り part2

おわ蔵、昼過ぎに病院から帰ってきました。昨夜は久しぶりに赤い血の輸血を3パックしたそうな。最近は血小板だけってことが多かったんだけどね〜。

さてさて、連休の旅行から帰ってきて、なんだかんだでハルも疲れてるので(←言い訳)、家の中ひどいことになってますーーー。庭も雑草がまあ伸び伸びと。今日はもう冷蔵庫の中が空っぽなので、何か買って帰らねば。

窓が壊れて閉まらなくなってた我が家の車は、今日無事に修理から戻ってきました。

あぁ、何だかとっても日常な今日。バカンス・シンドローム...


2003年06月02日(月)
真夏のパリ

先週の木曜から昨日まで連休を利用して、3泊4日でフランスに行ってきました。

うわー、暑かった〜〜〜!連日30度近い暑さで、すっかり夏の趣。ノーブラ&タンクトップですわ。

パリではショッピング三昧・・・のはずだったんだけど、結局買ったのはハル&おわ蔵ともにスニーカーだけ。やっぱり時間が限られていると思うと焦っちゃってだめだわ。買い物には昔から時間がかかるハル。

それよりも今回の旅行は「美味しいごはん」の名において記憶されることでしょう。

■パリ1日目夜:インテリアの店で有名なコンラン伯爵のレストラン「ALCAZAR」。オデオン近く。ワールドヒュージョン(?)な料理とラウンジ系の雰囲気。ワインはNZのシャルドネ「TE MATA」、至福。。。
■パリ2日目夜:インドネシア料理ではパリでピカイチの「ジャカルタ・バリ」。いろんな種類の小皿料理が次から次に出てくる、おわ蔵と残さず見事なまでにきれいにたいらげた!ワインはロゼのタヴェル。とても親切なマダム(日本人とハーフの姪御さんがいるそうな)が食後のシトロネル茶をサービスしてくれ、味&雰囲気ともに最高。

■3日目はおわ蔵の妹に会いに、オルレアンへ。ここも暑い!夜は郊外の森の中のレストランへ。テラスが気持ちいーい。フランスの夏は夜10時頃まで明るいからゆ〜〜っくり過ぎていく気がする。

連休最終日ということで、混雑が予想されるパリを避けてブリュッセルまで車をとばし戻ってきました。ただ、自動開閉の運転手側の窓が開いたまま上がらなくなってしまうというアクシデントが発生し、高速を窓全開140kmで運転しました。オープンカーの気分(?)

そして今日、月曜日。おわ蔵を朝病院まで送っていった後、日中連絡が取れなかったんだけど、さっき夕方5時過ぎに電話があり、血小板は終わったけど輸血3パックを始めたばかりということで、今日は病院にお泊まり決定。

さてさて何か食料を買って病院に差し入れしてきまーす。


2003年05月27日(火)
お勉強

今週いっぱい暖かい陽気が続くみたいで、やっぱり朝起きて太陽があるのはいいね〜〜。

明日、仕事でまた要人通訳を仰せつかり、今日は勉強。ふぅ〜。これがまた明日は朝早いプログラムで、頭がちゃんとまわるように今夜は早寝せねば。

ベトナムから同僚がブリュッセルに遊びに来ました。明日、夕御飯を一緒する予定。かれこれ会うのは5年ぶりだぁ。


2003年05月26日(月)
家庭的週末風景。

今日は珍しく快晴。太陽がまぶしいブリュッセルです。

今週末は、買い物して、街をそぞろ歩いて、オープンエアのジャズフェスティバルをひやかして、料理して、食べて、アップルタルトも奮発して作って、とってもほのぼの平和なウィークエンドを過ごしたハルとおわ蔵。

何にも予定がなく、お出かけしなきゃならない用事もない土日というのもいいもんだ。

おわ蔵が最近覚えた日本語:「おるすばん」

今週末はパリに行ってきまーす。


2003年05月23日(金)
気がつけば。。。

おわ蔵と知り合った4年前に比べて、10kgも太ってしまった。。。。。!!!

最近、外食続きだったのが効果てきめん。あぁ、これから薄物の季節だというのに、スーツのスカートがきつい。

本気でダイエットかなぁ。一度ダイエットに成功し、13kgほど減ったことがあるんだけど、こつは簡単:食べる量(特に油と炭水化物)を減らす、食べる量を補うだけの運動をする、毎日体重を量る。問題は、その気になるかどうか。だわねぇ。。


2003年05月22日(木)
血小板

って、こんなに骨髄抑制からの回復が遅いものでしょうか。

おわ蔵、今日は11時から外来。血液検査→血小板1ユニット輸血。

4月の退院以来、まだ1週間に2回の割合で血液コントロール&輸血って感じね。

今日はおわ蔵のリクエストで、夜はイタリア料理屋に食べに行く予定。うふふ。


2003年05月21日(水)
腰痛。。

朝方になると、腰が痛くて痛くてそれ以上寝ていられないようになって数ヶ月。旅行先でも同じだから、自宅のベットのせいでもなさそう。起きて立ったり座ったりは全く問題ないんだけども。

疲れて眠い時とか、朝寝ができないのが辛い〜〜〜。それともこれは「早く起きろ」って天の声かしらね。

これまで腰痛には縁がなかったので、さて、といい対策も思い浮かばず。とりあえずビタミン摂取かなぁ。もしくは針(ブリュッセルには、中国語しか分からない、けど腕のいい中国人老師の鍼灸師がいます)。

今夜は会食でおわ蔵と一緒に夕御飯を食べられないので、昼休み家に帰ってごはん。おわ蔵は朝ご飯の準備中だったけど。。。食欲は問題なし。

昨日、血小板1ユニット輸血。次のアポは木曜日。いつまでこのペースでの血液検査+輸血が続くのかな〜。


2003年05月20日(火)
すきやき

今日は昼にビジネスランチがあって、日本料理屋だったのはいいんだけど、食べたのがすき焼き。うーーーん、昼からすき焼き。

初めて和食を食べるベルギー人にとって、果たして適切な選択だったのかどうか、かなり疑問だ。。。

最近、家での夕御飯がとてもマンネリ気味で、自分で作るものに飽きちゃってる。色々レシピ見たりしても、ねーーー。要は腕だな。

日本で美味しいお寿司、お総菜、ラーメン、和菓子、ケーキ、食べた〜〜〜い!!


2003年05月19日(月)
『少女』by奥田えーじ

ハル&おわ蔵にとって、初めてのベルギーでの春だけど、今日も朝から雨。。。さわやかな風薫る初夏はどこに。

週末は、土曜日、おわ蔵が起き抜けに「(お気に入りのお菓子屋の)フランを3つ食べた夢見た!・・・バーチャルじゃなく食べたいなぁ」と言いだし、急遽国境を越えてフランス北部リールまで足を伸ばすことに(そのお菓子屋はリールにあるの。ちなみにフランはプリンケーキみたいなもの)。といってもブリュッセルから車で1時間なんだけどね。

日曜は一日家でのんびりすると決め、家事をしたり雑誌を読んだり。そうそう今日はベルギーの総選挙の日でした。ベルギーでは投票は義務なので、投票に行かないと罰金取られます。

夜、奥田瑛司(←漢字合ってる?)の初監督作品『少女』を観に行ってきました。日本版ロリータ(?)avec名古屋弁。

最近の話題はもっぱらカンヌを飾った「マトリックス・リローディッド」。日本でももう封切りになったのでしょうか??


2003年05月16日(金)
早起き

おはようございますーーー

今日はおわ蔵の病院アポが8:30だったので、二人して早起きして一緒に出発。私は始業が9:30なので、早くオフィスに着きすぎてしまった。損したんだか得したんだか??

5月も半ばを過ぎ、もう今日は金曜日ですね〜。早いなぁ。


2003年05月15日(木)
笑う門には福来たる〜

amazon.frでお買い物して、待つこと3日、今日商品が届きました〜〜

注文したのは、フランスが誇る往年のコメディアン、ルイ・ドゥ・フュネスのスペシャルVHS12本!!

おわ蔵がこの人大好きで、たまにTVでやるとげらげら、うふうふなので、サプライズ・プレゼントでーす。

私も観たことない映画ばかりだから、楽しみ。笑うって体にも良いって言うし、いいね〜〜〜


2003年05月14日(水)
一泊
おわ蔵、朝帰り。。。

結局、昨日は夜まで血が届かなくて、病院で眠ることになったおわ蔵ちゃん。仕事のあと、急いで家に寄って、お泊まり道具と夜食(サンドイッチ)を持って病院へ。

昨日一日で、血小板2ユニット&血3ユニット。あまり輸血を頻繁にしていると、内臓に鉄分がたまってしまうそうで、金曜日にはそれを和らげる注射or内服液をもらう予定。

お疲れさまでした〜〜〜


2003年05月13日(火)
外来
今日のブリュッセルは雨です。お隣のフランスでは公務員の一斉ストライキで、電車も飛行機も学校も郵便局もみんな麻痺状態みたい。

おわ蔵の2、3日おき外来通院も続いてます。昨日は、血液検査の結果、結局血小板の輸血をせず、今日にまわすことに。

昼休み一旦家に戻って車でおわ蔵を病院まで。昨日予定されていた血小板&今日の輸血2パック=4時間くらいかかるかなぁ・・・って夕方携帯に電話したら、まだ輸血が届いてないとのこと。

もしかしたらお泊まりかしら。

幸い、病院が自宅から10分、私の職場からも10分という環境だからこうやって通えるけど、そうじゃなかったら大変だぁ。

白血球数は問題なしとのこと、赤血球は8くらい。


2003年05月12日(月)
5月病?
あぁ、今日は、小学生のように月曜日がまた始まるのが憂鬱だったです〜。なんでだろ、特に面倒な仕事を抱えてるわけでもないのになぁ。疲れてるのかしら。

昨日の日曜日は、私が掃除して洗濯して料理している時に、TVの前を離れようとしないおわ蔵に対して、むかあぁぁ!!全く、外で働いて、家帰ってきても働いてじゃ、やってらんないですわ。

結婚の準備も腰が重いおわ蔵に「どうしたいの〜?!」と迫ってみたら、「今年中にはしたい」って。・・・って、だって、なるべく早く、春にはしようって話はどこいったのだ??

一緒に暮らしてるし、愛情も変わらないけど、税金とか保険とか扶養手当とか、あんまりロマンチックじゃない部分については「結婚」はだんぜんお得だよね。。。


2003年05月08日(木)
白血球増加!
自家移植から3ヶ月。

今日の採血の結果、白血球が18,000に増加。これまでヌプロジェンの注射をしてても3000辺りで足踏みしていただけに、朗報!これで、注射を止めて5〜6000辺りで落ち着くといいなぁ。

胃の具合もだいぶ良くなってきたみたいで、まだ気を付けてはいるけど結構食べられるようになってきました。よしよし

ところで春になると、一斉に「ダイエット特集」が目に付くように。・・・スポーツジムにいよいよ申し込むか。。。あぁ、おわ蔵と足して2で割りた〜〜〜い!!!

夜、待ち合わせて映画へ(白血球も上がったし〜〜〜)。まずは腹ごしらえ。おわ蔵の希望でベトナム料理屋へ。その名も「アジアの夢(reves d'Asie)」。雰囲気も味も◎ 今日の映画は「X-Men 2」。ハルは1を観てないんだけど、楽しめた。まさにアメリカのBDだわ。ラストの上映だったので、映画館を出たら00:30。でも、たまには脱日常!のいい夜でした〜


2003年05月06日(火)
あっさりしょうゆ系
先週末の3泊4日オランダ旅行は、おわ蔵の体調が優れず結局途中でキャンセルして帰ってきました。とにかく、物を食べると即座に吐いてしまう。水を飲むだけでもダメ。絶食状態でホテルの部屋で寝てるだけで、結局チューリップも風車も見られなかったおわ蔵&ハル。

あぁ、残念〜〜〜〜〜。でも来年もあるさ。

急遽ブリュッセルに戻ってきた日には、熱も40度くらいまで上がって心配したよ〜、おわ蔵ちゃん。

そんなわけで昨日血小板輸血のため病院に行ったばかりだけど、今日は朝から胃カメラ検査のため病院へ。昼頃かすかすの声で電話してきて心配したけど(喉の麻酔のため)、結果は異常なし。とりあえずホッ。

最近のおわ蔵のお気に入りは、素うどん。醤油味の汁に、何も具を入れないで白いおうどんだけ。やっぱり、和食は体に優しいのだ。あぁ、日本みたいなコンビニがあれば、即席うどんとか色々あるのにね〜。いいなぁ。。。

今日は仕事が終わったら、日本食材店へゴー。(ちょっと高いけどね)


2003年04月30日(水)
怒髪!

昨日は結局おわ蔵一日仕事。朝9時に病院に行って、採血して、輸血が始まったのが午後13時くらい、いつもと同じ2パックだったので、終わったのが夕方18時過ぎ、それから血小板を入れて、病院を出たのは19時半でした。

はぁ、お疲れさま。朝、眠さのために食欲がなく何にも食べずに家を出たので、おわ蔵、夜まで絶食状態になってしまった。

そして、お腹ぺこぺこ〜状態で、一気にものを食べると危ないよ〜〜〜〜、と経験で分かっていたにもかかわらず、夕食の途中でおわ蔵グロッキーに。あーあ、もう。

そんなこんなで今朝!8時過ぎにものすごいトンカチやらの工事の音で目が覚めた!!家の部屋の横で水道屋がカンカン始めたんだけど、階下の寝室に響いてもーーーう、頭おかしくなりそう。かわいそーなおわ蔵。安眠奪われてしまった。あぁ、どうしてくれよう。

ベルギーの法律では朝7時から工事していいとかほざいていたが、日本では10時前の電話だって憚るわよ。朝から立腹。頭痛ーい。


2003年04月29日(火)
カムバーック!骨髄!!
最近、雨がちなブリュッセル。

おわ蔵は昨日採血&診察。血液の各値がなかなか上がってこない。血小板輸血。ドクター曰く、「焦らない焦らない。今はとにかく辛抱」

赤血球もちょっと下がってるということで、明日輸血。

メーデーの週末3泊4日旅行に行くといったら、ちょっとそれだけの間血小板なしじゃ危ないということで、出発当日血小板輸血の予定。

白血球はやっぱり3000くらいってことだけど、自家移植後なかなか回復してこないのは結構あることなのかなぁ。。。ヌープロジェンの注射再開。

どーかどーか、夏までには数字が上がって安定しますように。


2003年04月25日(金)
おわ蔵んちの食生活
をご紹介しますと。。。

朝:フランス式に甘いもの系をいっぱい食べる。近所にビエノワズリー(クロワッサンやパンオショコラなんかの朝ご飯用パン)やバゲットの美味しいパン屋さんがないのがかなしいところ。でも、最近はビスケット(かりかりに焼いた薄いトースト)にジャム、ちょっと前まではミュエスリ、クッキー、コーヒー(orカフェオレ)、フルーツジュース、ヨーグルト、バナナ、などなどカロリー満点!!

昼:おなかいっぱい〜ってことで、おわ蔵はいつもパス。体重を戻すには三食ちゃんと食べなきゃいけないんだけどね〜。ハルは大体いつも買ってきたサンドイッチorサラダ。同僚とレストランに食べに行くことはまれデス。

夜:おわ蔵は料理がまったくできないわけじゃないんだけど、ハルが帰宅するのを待ってすわっと準備にとりかかる。たまには作って待っててほしいなーーー<おわ蔵ちゃん

やっと待ちに待った週末。いっぱい買い物して美味しいモノ食べよ〜〜〜っと。そのうち、お薦め簡単レシピをアップするかな。


2003年04月24日(木)
通訳
今日は仕事で通訳をおおせつかりました。プロの会議通訳だと、一日で10万円(!)くらい稼ぐけど、ハルにとっては通常の業務+アルファでやることが増えるだけ。まあ勉強になりました。

おわ蔵は、一昨日22日に続いて、今日も採血検査。検査後血小板輸血のために2時間も待たされた挙げ句、血小板十分とのことで輸血なし。白血球刺激の注射は退院以来ずっと続けているものの、白血球数は4000前後。

先週末のフランス・ノルマンディー旅行、とっても良かった!!自然豊か、街並みも可愛い。ガレット&クレープ食べてシードル飲んできました〜〜

今月から来月にかけてヨーロッパは連休が続くので、次の旅行計画にも着手。人生ごほうびが必要よね。


2003年04月18日(金)
うも〜〜〜〜〜〜〜!!
私が何にも言わないと、何にもしようとしないおわ蔵にプッツリ。。。

んもーーーーーー、医療保険も、銀行も、身分証も、パスポートの更新も、入籍のための書類集めも、おわ蔵自身のことなのに、私が言わないとなあんにもしない。私は口うるさいお母さんになりたいわけじゃないぞ。もう。

いつでもイニシアティブをとって物事を進めて、ちゃんとできてるかうまくいってるか確認して、たかだか市役所に行くのに何日もせかしてせかして。。。。

ぶっっっっっちん !!!!

私だって疲れるわ。一日家にいるんだから、朝のお皿くらい下げといたっていいじゃん。

・・あぁ、今週末の旅行どうなることやら。


2003年04月17日(木)
変化がほしーい
日本のゴールデンウィークより一足早く、ヨーロッパはイースター休暇。お天気もいいし、オフィスにこもってるのが惜しい!

おわ蔵「今度の3連休、せっかくだから泊まりがけで旅行に行こうか」

!!!
わーーーーい。

白血球が低かろうが、血小板が少なかろうが、おわ蔵から「何かをしたい」という希望が出るのはとてもうれしい。

というわけで、急遽資料を集め、ホテルに電話し、今週末はマイカーでフランス北部ノルマンディーに行ってきまーーす。

仕事のストレスも発散するぞ〜
  

2003年04月15日(火)
春爛漫
先週は怒濤のような一週間で、まーったく日記を更新する時間がとれませんでしたー。東京からミッションが来てて、朝9時から夕方18時まで会議&夜は会食、昼休み1時間の間会議室を飛び出してごはんを持って病院へ。。。こういうのを獅子奮迅の活躍っていうのよねー!

祝!おわ蔵、10日に再退院しました。ぱちぱちぱち!骨髄抑制がなかなか快復しない原因については分からないままなんだけど、とにかく待つしかないので、病院にいるよりはってことになりました。でも白血球はまだ2000弱位なので用心用心。

週末は買い物&散歩。ブリュッセルから車で30分の素敵な街ゲントにも遊びに行って、晴れててよかった。食欲も復活。

3日おきくらいに通院し採血。その度に輸血or血小板。今日は血小板の番。白血球を刺激するヌープロジェンの注射をずっと続けてるからか、今日は白血球約6000。

ブリュッセルの道は、みんなイースター休暇に入ってしまったせいか何だかとってもすいてる〜。いいなぁ、私も休み取って旅行したーい。

2003年04月05日(土)
移植から丸1ヶ月
まだ病院にいるとは思わなかったけど、ゆっくりゆっくりね。

ベルギーのスーパーは日曜はどこもしまってしまうので、土曜は買い物大作戦。一週間分の食料を買い込んできた。ミネラルウォーター6本入りパックも、女の子の細腕じゃ重〜〜い、とか言ってられないのが何となくカナシイわね。それにしても、最近重いもの持ちすぎで指が太くなっちゃった気がする。。。

昼&夜、病院へ。おわ蔵、元気。血液中の炎症反応が下がってきてるとグッドニュース。それにしても、主治医のひとりであるクレモン先生、毎日働いてるのに今日も休日当番。うちの職場も一番忙しい(=こき使われてる)のは若手だけど、若いドクターは大変だ〜〜〜。

2003年04月04日(金)
春眠
そういえば、3月30日からヨーロッパでは夏時間に切り替わりました。これで、ベルギーと日本との時差は7時間。不思議なモノで、そうなると急に日が長くなった気がする〜。今は日が暮れるのが20:15くらいで、仕事帰りに病院に寄るのも気分的に余裕ができるわね。

これからどんどん夏に向かって日が長くなってって、う〜〜ん、この雰囲気がなんとも云えずいいなぁ。大好き。

おわ蔵も体調よし。37度。昨日の夜、輸血2ユニット&血小板。WB:1,800。ヌープロジェン(白血球を刺激)の注射を継続。抗生物質の量も今日から減るみたい。

お昼のお弁当は・・・白米、塩豚、温野菜(ブロッコリ、じゃがいも、人参)、鮭の昆布巻き、ゆで卵、ズッキーニの生ハム巻き

午後、お腹がいっぱいで且つ昨日も寝不足で眠い。。。あぁ早く仕事終わらそーーー。


2003年04月03日(木)
お弁当
ここ数日、花冷えのブリュッセル。日本は桜も満開かな。

結局、おわ蔵は昨日マルク。朝9時にいきなりやったそうで、
おわ蔵:「痛くはないけど、不快。特に骨髄液をちょっとずつ抜き取る時」
うーーーー、ぶるぶる。

とりあえず寛解維持との結果は同日に出て、あとの細菌感染の検査結果は数日後の予定。

ところで、ここB病院の病院食はおいしそうじゃない。特に夜はビスケットにバターに冷製肉って感じで、私でも食指が動かない。というわけで、これまでの入院中は毎晩何かしら作ってハル特製弁当を持ってきてたんだけど、夜は胃が敏感になっているのか、ここ数日食べても戻しちゃうことが続き、昨日から差し入れはお昼に。

でも、昼休みいったんうちに帰って料理して病院に持ってってオフィスに戻ってくるっていうのは、時間ぎりぎり!!ふうふう。

なので、今日は昨夜(夜中に)用意したお弁当を朝からオフィスに持参。ついでに私の分も。メニューは、「きのこの炊き込みごはん、温野菜、ミニハンバーグ、パプリカとズッキーニのゴマ油炒め」で〜〜〜す。
      → → → おいしかった♪(我ながら)


2003年04月01日(火)
マルク
今日は風が強い(春一番?)
お昼休みに地下鉄で病院へ。
色々楽しいニュースを持ってって気分を盛り上げてあげたいんだけど、うーん。。。
先日の血液検査の結果、細菌感染があったとかで、今日は午後マルクをして骨髄中の細菌感染を見るとか。感染してるせいで、Hemato回復が遅れてるってこともあるらしい。
1〜2週間前のマルクでは寛解維持だったけど、移植が果たして有効に成功したのか不安になってしまった。

そういえば今日はエイプリルフール!(フランス語では「4月の魚」Poisson d'Avril)ベルギーのプレスも色々やってくれましたよ〜〜〜。


2003年03月31日(月)
再入院2日目
昨日の日曜日、Urgenceで検査の結果、おわ蔵の再入院決定。

あぁ、ドクター&看護婦さんたち、戻ってきました。。。熱はちょっと落ち着いて37度から38度くらい。抗生物質を投与しつつ、感染症の検査。夜、ごはんの差し入れを持っていったんだけど、食べたところで全部戻しちゃった。悲しい〜〜〜。やっぱり胃に優しい和食にすべきかなぁ。(今夜は本人の希望でパスタだったの。)いかんせん、おわ蔵の雰囲気がブルー、元気ない!!あんなにおしゃべりな人がすっかり無口に。うーーーん。。。
早く春こ〜〜〜〜い


2003年02月07日
ベルギーの天気
最近、珍しく雪が降る日が続いて、今朝は快晴、晴れ晴れとした青空が広がったかと思ってたら、午後になって雨降り。ブリュッセルの天気は悪名高いロンドンなんかより、ずっと気まぐれだ〜〜。

昨日一日家にいたQPちゃんは、今日はあちこちお出かけしている模様。私の仕事が終わったらオフィス前で待ち合わせして、カルフール(大きなスーパーマッケット)にレッツゴー。

上へ

ホームページトップへ