フランス食べ歩き
〜ハルとおわ蔵の独断によるお薦めレストラン〜

パリ編

■名前:ALCAZAR(アルカザール)
■種類:バー&レストラン(吹き抜けの2階部分がバーになってます)
■料理:フレンチを基本にした多国籍
■住所:62, Rue Mazarine 75006 Paris(メトロ:オデオン)
■tel:+33-(0)1 53 10 19 99
■fax:+33-(0)1 53 10 23 23
■www.ALCAZAR.fr
■ハルのコメント:表から見た感じ目立たず入るのに勇気 がいるけど、店内は広く、吹き抜けで開放感が ある。雰囲気◎。外国人客多し(特に英語圏の人々)=ウェイターも慣 れてる。モード系。ちょっと料金は高め、でも料理&ワイン は美味しい!

■名前:Djakarta Bali(ジャカルタ・バリ)
■種類:レストラン
■料理:インドネシア
■住所:9, Rue Vauvilliers 75001(メトロ:レ・アール)
■tel:+33-(0)1 45 08 83 11
■ハルのコメント:本当に美味しいインドネシア料理。ココナッツミルク、 ピーナツソース、唐辛子、いろんな香草etc.バラエティーに富んだ味が楽しめる。店のマダムはとても親切。金曜日は伝統的ダンスの演出あり。

■名前:Dame Tartine(ダム・タルティーヌ)
■種類:ブラッスリー
■料理:色々なソース、パテ、サラダをパンに塗って/盛って食べる
■住所:2, Rue Brisemiche 75004(メトロ:シャトレ)
■tel:+33-(0)1 42 77 32 22
■ハルのコメント:ポンピドゥーセンター脇の面白い噴水の横にあるブラッスリー。テラスで昼食がおすすめ。

■名前:maison rouge(メゾン・ルージュ)
■種類:カフェ&レストラン
■料理:おしゃれな多国籍
■住所:13, Rue des Archives 75004 Paris (メトロ:サン・ポール)
■tel:+33-(0)1 42 71 04 08
■www.maisonrouge.fr
■ハルのコメント:ゲイで知られるマレ地区の入り口にあるだけに、サーバーのお兄さんたちはみんなゲイだった。仲良さそうな男性カップルがテーブル越しに手を取り合ってても、びっくりしてはいけない。ゲイでなくても、気軽に入れます。開け放ったオープンテラスになっていて、料理も軽めの多国籍(サラダやガスパッチョ、アジア風からフレンチまで)だから、暑い日には最適。

■名前:Latin Corner(ラタン・コーナー)
■種類:ブラッスリー&バー
■料理:ハルは夜行ったので各種カクテル
■住所:27, rue de la Huchette 75005 Paris (メトロ:サン・ミッシェル)
■tel: +33-(0)1 43 54 16 04
■ハルのコメント:最近新しくできたバー。音楽は強いけど、カクテルは色々怪しげなネーミングのオリジナルがあっておもしろい。場所も便利なので、食後の2次会にグッドですな。

■名前:Bistro d'Opio (ビストロ・ドピオ)
■種類:レストラン
■料理:南仏プロバンス料理
■住所:(メトロ:マビロン)
■tel:
■ハルのコメント:パリに数少ない南仏料理の店。内装も南仏風でかわいい。BGMは蝉の声。メニューはオリーブオイルとハーブと色鮮やかな野菜とウサギとやぎのチーズと。。。と南仏らしさいっぱい!サン・シュルピス教会そばのレストランやブティックが並んだ界隈にある。Opioはニース近郊の村。

南仏編

ロワール編