Return to TOP PAGE



目の発達

 


6歳ごろに視力は完成します。

3ヶ月ごろ(0.1)
物の色も
輪郭も全体がぼんやりしている段階。このkろになると、赤ちゃんは表情がいっそう豊かになります。ニッコリ笑うことも増えますが、実際に見えている世界はこのような状態です。

6ヶ月ごろ(0.2)
輪郭が徐々に現れてきた状態。4ヶ月を過ぎると、左右の目が一つのものを追う両目の協調性も完成。さらに首がすわったこのころになると、赤ちゃんの視界は徐々に広がり始めます。

1歳〜2歳ごろ(0.4)
満1歳で視力はおよそ0.3。たっちができるようになると、赤ちゃんの視点は高くなり、大人と同じ司会を見渡すことができるよういんあります。また、このころから遠くを見ることが可能に。

3歳ごろ(0.8)
輪郭は少しボヤけているものの、人形と箱がともにハッキリとしてきます。大人並の視力1.0を持つ子は3歳児で約半数。また4歳で7割、5歳で8割と徐々に増えてきます。

6歳ごろ〜(1.0)
6歳になると、ほとんどの子供が1.0の視力となります。また、小学校低学年のころまでに、色覚や距離感、そして立体感も大人と同様のレベルまで完成していきます。
赤ちゃんの視力は誕生後、成長とともに発達していきます。
 赤ちゃんの目は誕生の時点で「器官」自体はほぼ完成しています。しかし、視力・色覚など、目の「機能」は誕生からの成長とともに発達するのです。そのため、各月齢での目の発達のようすをまずは理解しましょう。また、順調に発達しているか、家庭で試してみることも大切です。

0〜2ヶ月

視力は0.1以下。両目の連動がまだ未完成
 視力は0・01〜0・02.両目の協調性がなく、左右の目を連動させることが上手にできません。また、半数近くの子が生後2ヶ月ごろまで両目が少し外側を向いています。

ママの顔をじっと見つめます
 顔の正面のものをじっと見つめる「凝視」ができます。抱っこや授乳のとき、赤ちゃんとの顔の距離を30p程度にして試してみて。また、明暗の区別ができるので、明るいほうへ目を向けることも。
3〜4ヶ月

視力は0.1。両目の協調性は成人レベルまで完成
 左右の目おw連動させる両目の協調性は4ヶ月あたりで成人レベルに。また、視力も徐々に発達し、ようやく0.1程度となってきます。

左右の追視がはじまります
 追視とは動くものを目で追うこと。このころは左右に動くものを目で追うことができます。ガラガラなどのオモチャを赤ちゃんの目の前でゆっくり左右に動かして試してみましょう。
5〜6ヶ月

視力は生後6ヶ月で0.2程度
 視力は生後6ヶ月でようやく0・2程度まで成長します。まだ輪郭がうっすらしている状態です。

首はすわり上下の追視ができるように
 首がすわると、赤ちゃんの視界は少しずつ広がりはじめます。あわせて、上下の追視もできるように。ママが抱っこした状態でオモチャを顔の正面でゆっくり上下に動かしてみて。
10〜11ヶ月

おすわりの完成とともに、視界がグンと広がります。
 1歳ちょうどで視力は0.3程度。興味のあるものを見つけるとはいはいで移動するものの、まだしっかりと見えてはいません。

物の立体感や距離感を感じることができるように
 おすわりが完成すると、赤ちゃんの視点が高くなり、奥行きや高さの認識がはじまります。あわせて、物の立体感や距離感を感じるように。ただし、成人並になるのは6〜9歳ごろといわれています。
1歳3ヶ月〜

視力は満1歳で0.3程度
 視力は2歳で0.5程度まで発達。しかし、大人なみの視力1.0になるのはまだ先のこと。3歳でようやく全体の半数程度が1.0になるといわれています。

視界は大人と同じレベルに!
 たっちが完成すると、視点はさらに高くなります。あわせて遠くのものを見たり、空を見上げたりすることができるように。視力はまだ発達段階ですが、大人と同じ視界になります。

目の機能の練習は誕生後からはじまります
 妊娠3週目から徐々に作られ始める赤ちゃんの芽。脳のもとになる部分の外側に袋状の突起が2つでき、5週目には早くも、水晶体・虹彩・角膜・まぶたなどがつくられはじめます。そして誕生のときには、器官がほぼそろった状態で生まれてくるのです。
 しかし、上で紹介したとおり、視力をはじめとした赤ちゃんの目の機能は、まだ未発達の状態。これは目で取り入れた情報を各器官が処理して、脳で分析する練習が誕生後、はじまるからなのです。

目の機能の発達が順調か家庭で見守ることも大切
 目の機能は「視力・色覚・調節・光覚・視野・立体視」の主に6つ。これらは目と視神経、そして脳の発達が連動して誕生から発達を始めます。
 具体的な例をあげると、色を見分ける色覚や立体視は6歳ごろまでに完成。視力は計測がむずかしく、大人並の1.0になるまでに、3〜6歳と個人差があります。
 こうした赤ちゃんの目の発達に大切なのが、日常生活からの適度な刺激と、家庭での観察なのです。
 目と視神経、そして脳の連動は一度完成すると、健康であれば失われることはありません。しかし、発達段階で何らかのトラブルがあれば、早期に発見して、小さいころから強制をしてあげる必要があります。各月齢の発達の目安は上で紹介したとおりですが、この中で、重要なのが2ヶ月までの凝視と3ヶ月以降の追視。この2つができれば赤ちゃんの目は見えていると判断してもいいでしょう。3〜4ヶ月健診でも調べてもらえますが、家庭での遊びのひとつとして、赤ちゃんと楽しみながら実践してみて!


目のトラブルと対処方法

赤ちゃんの目のトラブルは早期の治療がとても大切。おかっしなと思ったら、すぐに眼科を受診しましょう。小児専門の眼科でない場合は、子供の患者さんが多い病院を選ぶといいです。

結膜炎

結膜炎の種類
ウイルス性結膜炎
ウイルスによる結膜炎。中でも、流行性角結膜炎は子供に多い。目が充血し、目やにが出て、結膜に白い膜がかかって見えます。また、かぜのような症状が出る場合も。体の抵抗力が弱っているため、眼科での受診後は、安静に。
アレルギー性結膜炎
アレルギー性結膜炎の中で子供に多いのが春季カタル。ゴミ、チリ、ダニなどハウスダストが主な原因です。また、病名とは異なり、春以外でも起こります。抗アレルギー薬での治療が必要です。
細菌性結膜炎
最近による結膜炎。目をこすって、細菌が目に入るのが主な原因。一才前後の子供がかかるケースが多いです。目やにが出て、目が真っ赤に充血するのが特徴。抗生物質を目薬でさして治療します。
症状
 白目の充血、突起物ができたら受診を
 結膜とは白目の表面とまぶたの裏側のこと。赤ちゃんの場合、主な原因は汚れた手で目をこするためです。この部分が赤くなったり(充血)、小さな突起物ができて、目やにや涙の量が多くなります。

対処方法
結膜炎の種類によって、治療は異なります!
 結膜炎といっても、その種類はさまざま。種類によって、治療方法もかわるので、まずは、眼科での診察を受けることが大切。代表的な種類が左の3つですが家庭で判断をせず、必ず受診をするように心がけましょう。
 また、赤ちゃんの場合、普段からママが予防をしてあげる必要があります。家族間でも伝染するトラブルなので、したの予防方法で実践してください。

日常生活から感染の予防を!
・体力を蓄える
・流水での手洗い
・家庭内での感染防止

体が抵抗力を十分に持っていればウイルスの活動力が抑えられます。また、流水での手洗いを。洗面器などにためた水で洗うと、再度ウイルスが手に付着してしまいます。さらに、家族が結膜炎になったら、タオル、洗面用具は分けて、お風呂も最後に!
先天性鼻涙管閉塞 症状
生後数日から、目やにが出つづけます
 妊娠6〜8ヶ月で開通する鼻涙管が、生まれつきつまっているのが原因。
 涙が目からあふれ、つねに目が潤んでいるように見え、生後数日から目やにが出つづけるのが特徴です。

対処方法
マッサージとプジーによる治療を行います。
 生後6ヶ月までに自然開口することも多いので、目頭を押すマッサージと抗生物質の目薬をさす治療が行われます。マッサージは家庭でも毎日行いましょう。 ただし、それでもよくならない場合は、プジーと呼ばれる細い針金を鼻涙管に通し、ふさがっている膜を破る治療が行われます。プジーは赤ちゃんの症状により1回から数回行う場合も。
斜視 症状
左右の目が別々の方向を見ている状態
 斜視は片方の目が内側を向く内斜視と外側を向く外斜視に分けられます。斜視は物を見るための脳からの命令系統が、生まれつき弱いのが原因。また内斜視には2つあり、強い遠視が原因のものが調整性内斜視と呼ばれます。
 外斜視は遠くを見たり、ぼんやりしているとき、片方の目が外側を向きます。ただし、ほとんどの人が視力は正常に発達することが多いのです。

対処方法
疑問があれば、受診を。早期の治療が大切!
 斜視には遠視が原因のものもあります(調節性内斜視)。そのため、視力の発達が送れてしまいます。早期からメガネをかけたり、1歳くらいまでに手術を受ける場合もあるので、早期の発見が大切です。目つきがおかしい、頻繁に片目をつぶる、決まったほうの目を手で隠すと嫌がるなどの症状がある場合、すぐに受診しましょう。

日本人の赤ちゃんはより目に見えがち
東洋人は目と目の間隔が狭く、鼻が低いので、目頭の皮膚が眼球の一部をおおっています。とくに赤ちゃんはまぶたの脂肪が多く、おおう部分が大人よりも大きいのです。そのため、より目に見えるものを仮性内斜視といい、成長とともに鼻筋が通れば治ります。

一重まぶただったうちの子、6ヶ月から二重になったのはなぜ?

まぶたの脂肪がとれてきたのが原因
赤ちゃんは生まれたとき、大人とくらべて、まぶたの脂肪量が多いのです。そのため、生まれたとき一重だった子が、成長につれて二重になることはよくあります。ただし、一重まぶたか二重まぶたかが決定するのは、もう少し大きくなってから。それまではお楽しみと考えていましょう。
近距離でテレビを見ているけれど、視力の発達に影響はないの?

6歳ごろまでは、神経質にならなくても大丈夫
赤ちゃんがテレビに近づいて見るのは、視力がまだ十分でないためと考えられます。大人並の視力(1.0)が備わる6歳ごろまでは、それほど心配しなくても大丈夫。ただし、1回は眼科で視力検査を念のためするといいでしょう。それから、テレビを見るときは、ママも一緒に語りかけながら楽しんであげて。目と脳の刺激になり、発達をうながしてくれます。
赤ちゃんが女の人を好きなのは、顔を見ているから?

女の人が好きなのは、視力によるものとはいえません
確かに、男の人を怖がったり、女の人を見てニッコリする赤ちゃんは多いですね。しかし、赤ちゃんの視力はまだ発達段階。顔をきちんと見分けることはまだできないのです。生まれたときから、一番身近なお母さんに近い感触、においなどを体で感じ取っているからだと思いますよ。
赤ちゃんが好きな色ってあるのでしょうか?

好みは不明ですが、原色にはよく反応します
好みというのは色の名前を認識したときからのものなので、赤ちゃんが好きな色という言い方はむずかしいです。ただ、色覚の発達段階の目にとって、反応しやすいのは赤、青、黄色などの原色です。これは、赤ちゃんの目にとって、はっきりした色のほうが見分けやすいからと考えられます。


目の発達をうながす生活のポイントは
家庭での刺激が見る力を伸ばす!!
見る力を伸ばすには目と視神経、そして脳の発達が必要です。特別な環境を設ける必要はありませんが、日常生活でに適度な刺激がこの発達をうながしてくれるのです。

適度な明るさ、色の世界、愛情、3つの要素が大切
 赤ちゃんの見る力は月齢に合わせて除所に発達していきます。そのためには周囲からの適度な刺激を繰り返し受けることがとても大切。その刺激とは主に適度な明るさ、色の世界、そして家族の愛儒なのです。
 健康な赤ちゃんでも、目に刺激のない環境で成長すれば視力は伸びません。同様に、さまざまな色を見ることで、色覚は刺激されて発達するのです。家庭や外出先などで、空や花、ショーウインドウなど、一緒に楽しんでみましょう。
 またこのとき、ママが一緒に見たものを声に出して、大いに語りかけてあげて。あわせて聴覚を刺激してあげることが、さらに発達を助けてくれます。

成長にあわせた遊びで目の成長をうながそう
 赤ちゃんの目は月齢にあわせて徐々に発達していきまうs。そのため、家庭では月齢にあわせた遊びを取り入れてあげるといいでしょう。さらに繰り返して遊ぶことがとても大切。同じ刺激を何度も受けることで、目と神経、そして脳のつながりが生まれるのです。

0ヶ月〜 見つめてお話を
 授乳、抱っこのときなど、しっかり見つめて話し掛けてあげて。聴覚を刺激することが目の発達をうながします。また、赤ちゃんは視力が弱いため、このとき、顔との距離は30p以内にしてあげるといいでしょう。

3ヶ月〜 原色のおもちゃをゆらして遊んでみよう
 ガラガラなどを目の前で左右にゆっくり振ってみて。このころの赤ちゃんはなんだろう?とめで追います。このとき、おもちゃは原色のもののほうがわかりやすいです。あわせて語りかけをしてあげるといいでしょう。

6ヶ月〜 いないいないばあなどの遊びを開始
 6〜7ヶ月になるといないいないばあなどの遊びが理解できるようになります。目の前で、声にあわせて、ママの笑顔が飛び出すのは、赤ちゃんにとって、とても楽しい遊びです。なおかつ、目で見る力と脳の理解力をつけてくれます。

1歳3ヶ月〜 外出先では遠くや近くのものを見る練習を
 たっちができ、支店が高くなると、赤ちゃんは遠くを見ることができるように。電車を眺めたり、足元の草花を見つめたりすることが、距離感の練習になります。