Return to TOP PAGE



シャワーとお風呂


 


いつから使っていいの? 低月齢だから使ってはいけないということはなく、赤ちゃんが嫌がらなければ、新生児期からでもOKです。使うときはお湯の温度や勢いに注意してね。
お湯の温度は? 春〜夏にかけては37〜38℃のややぬるめのお湯がベストです。その日の天気や気温によって微調節をしてあげてください。シャワーの温度が一定しない家の場合は、お湯が熱くなったり冷たくなったりしたときのための対策を立てておきましょう。
お湯の勢いは? 最初は弱めにが基本。大人が使うときよりも弱めにして、そっと赤ちゃんにかけるようにしましょう。とくに低月齢の場合は、やさしい水流に。びっくりしてシャワー嫌いにならないよう、音やかけ方も工夫してあげたいですよね。

シャワーを浴びる前に

快適なシャワータイムのために、しっかり準備をしておきましょう。とくに低月齢ベビーの場合は、裸であわてることがないように、念入りにチェックしてね。
浴びる時間帯と回数
シャワーを浴びる時間帯、回数に制限はありません。寝起きや外遊びのあとなど、夏は汗をかいたらシャワーで流す習慣をつけたいですね。石鹸やシャンプーを使うのは1日1回で十分ですから、そのほかのときはお湯で汗をサッと流すだけでOKです。
お部屋での準備
室温は普段より高めにして
 シャワーから上がったときのために、エアコンの温度設定は普段より高めにしておくと快適です。外気との温度差を考え、冷えすぎないように注意を。

着替えとおむつは広げておく

 おふろのときと同様、着替えとおむつはすぐに着せられるように用意しておきましょう。低月齢の子は肌着の袖を服に通して。
浴室での準備
お湯の温度を37〜38℃に設定
 温度設定ができない場合は、洗面器にシャワーのお湯をため、湯温計で測ってもいいですね。夏は普段のおふろのお湯より少しぬるめの温度で大丈夫です。

腕の内側で温度を確認

 お湯の温度を設定しても、念のため、赤ちゃんにかける前にママの腕の内側で温度を確認します。また、シャワーの温度が急に変わらないかどうかも事前にチェックを。温度の変化がある場合は、すぐ対応できるようにしておきましょう。
赤ちゃんにシャワーをかける
お湯の勢いをチェック
 赤ちゃんはとてもデリケート。いきなり強い勢いのシャワーをかけるとびっくりします。最初は弱めの水圧でやさしくかけてあげて。足の先から徐々にかけ、だんだん身体の上のほうへかけていくとびっくりしません。

最初はお湯の勢いを調節して 
 いくら水圧を弱くしても心配な場合は、手やガーゼで調節してかけてもいいでしょう。肌へのあたりがぐっとマイルドになります。ママの手がずっとお湯に触れているので、突然の湯温の変化にも対応できます。水しぶきが飛び散らず、音も比較的静かなので、低月齢の赤ちゃんやサワーを怖がる子におすすめのテクニックです。
 
ねんね(0〜4ヶ月)

ねんねのころのシャワーは不安がいっぱい。ママがシャワーを持つと片手しか使えなくなるので、安定した姿勢で赤ちゃんを支えるように注意しましょう。シャワーが好きになるかどうかは、この時期が肝心です。
シャワーを使いやすい姿勢
ママのひざにのせて
 ママはおふろのイスに座ったらひざをつけ、足の上に赤ちゃんの背中を置きます。片手で赤ちゃんの首を支え、片手でシャワーをかけます。

バスマットに寝かせて
 落としてしまいそうで怖い、というママはバスマットに赤ちゃんを寝かせてシャワーをかけましょう。顔に水しぶきがかからないように注意して、赤ちゃんの体にシャワーを近づけます。

ママのあぐらに身体をはめて
 ママはあぐらをかいて浴室の床に座ります。あぐらの中に赤ちゃんの体をすっぽりはめると、肌が密着して安定するので、赤ちゃんも怖がりません。

身体を洗うとき
 シャワーはサッと流せて便利なのですが、片手しか使えなくなるのでスキンシップが不足しがち。おふろタイムはママと赤ちゃんの大切なスキンシップタイムでもありますから、身体を洗うときは赤ちゃんの体にたくさんふれてあげてくださいね。

髪を流すとき
 髪を流すときは目や耳、鼻にお湯が入らないように十分注意してください。一度、いやな思いをすると赤ちゃんはシャワーが嫌いになってしまうことも。
新生児期のシャワーの使い方
シャワーはかけ湯程度に
 新生児期にシャワーを使ってもかまいませんが、使うときはかけ湯程度に。湯の勢いはごく弱めにして、赤ちゃんの体にシャワーを近づけ、足先から少しずつやさしくそっとかけてあげます。
びっくりさせないよう、音にもきをつけて。

ネットがあっても手で支えて

 ベビーバスにネットをかけていても、必ず片手で赤ちゃんの体を支えてください。シャワーを使うときについ手を離してしまいがちですが、これは危険。ネットを過信せず、シャワーを使うときも片手で赤ちゃんを支えて。
ねんねの時期のおしりの洗い方
 下痢のときなどはおしりを洗ってあげるのがいいのですが、ねんねの時期はなかなか難しいもの。よく洗ったケチャップなどの容器にぬるま湯を入れ、簡単シャワーを作っておむつの上で洗うのがおすすめです。
おすわり(5〜9ヶ月)

この時期になると身体が安定してきて、シャワーもぐっと使いやすくなります。シャワーを怖がる子もいますから、ママは怖がらないような工夫をしてあげて。ただ、シャワーが嫌いな子に無理に使う必要はありません。
シャワーを使いやすい姿勢
ママのひざにのせて
 おすわりはできるけれどまだ安定していない場合は、ねんねのときと同様、ママの足の上が安心。身体が密着し、ママの顔がよく見えるので赤ちゃんは安心します。

おすわりさせて
 おすわりが安定したら、バスマットの上に座らせてシャワーをかけてもOK.おすわりがきちんとできていても、必ず背中にママの手を添えて

バスチェアに座らせて
 バスチェアを利用するのもおすすめです。ママの両手が空き、赤ちゃんも誤記毛なので、楽しいシャワータイムになりますね。ママがシャワーを浴びるときも安心です。

シャワーを固定して
 ママが赤ちゃんを抱っこし、固定したシャワーのお湯を一緒に浴びる方法もあります。怖がりの子もママと一緒なので安心します。上がり湯のときなどにいいでしょう。遊び感覚で雨の日ごっこをして楽しんで。
シャワーを怖がるときは
最初に音を聞かせて慣れさせる
 シャワーの音を怖がる赤ちゃんは多いようです。ママが声をかけながら、シャワーの音だけをまず聞かせると、こわがらなくなることもあります。

洗面器のお湯を手でかけてから

 いきなりシャワーでお湯をかけられると、びっくりして泣いてしまうことが。まずはママの手で洗面器のお湯を優しくかけて。

シャワーのお湯を触らせる
 怖がっていても興味があるようなら、シャワーのお湯を触らせてあげましょう。月齢が上がるにつれ、シャワーでの遊びも楽しくなって慣れるようになってきます。

顔にしぶきがかかったらすぐにふく
 顔に水がかかると怒る赤ちゃんは多いもの。起こる前にささっとふいてしまいましょう。小さな気配りが大切です。

シャワーから上がったら
 毎回、塗ることはありませんが、カサカサしているようなら、夏でも保湿クリームを塗ってあげましょう。おふろやシャワーから出ああとに保湿するのが効果的です。
おすわりの時期のおしりの洗い方
 おすわりの時期は座浴がおすすめ。赤ちゃんがおすわりできるくらいの大き目の洗面器かたらいにぬるま湯をはり、そこに赤ちゃんを座らせます。この時期は、座浴のほうがシャワーを使うより簡単におしりをきれいにできます。夏に多いおむつかぶれの予防にも座浴が効果的。
たっち(10ヶ月〜1歳半)

たっちができるようになると、シャワーも使いやすくなりますが、事故も増えてきます。安全に気をつけて使うようにしましょう。シャワーを使った遊びも楽しい時期ですから、水遊びの延長でシャワータイムを楽しんでくださいね。
シャワーを使いやすい姿勢
ママにまたがらせて
 お風呂イスに座ったママに向かい合わせでまたがらせてシャワーをかけます。たっちがまだ不安定なときは、このスタイルのほうが転ばずに安全

つかまり立ちをさせて
 たっちが安定したら、つかまり立ちをさせてシャワーをジャー。動き回る前に手早くシャワーをかけます。シャワーにも慣れてきたら、そろそろ大人と同じ水圧でもいいでしょう。
シャワーがなくても夏のお肌を清潔にするために
ベビーバスを再利用
 使わなくなったベビーバスで沐浴もいいですね。じょうろで即席シャワーなども赤ちゃんは喜びます。

昨夜の残り湯を温めなおして

 大人と同じおふろに入るようになったら、昨夜の残りのお湯を温めて汗を流しても問題ありません。

お湯で絞ったタオルでふく
 少し汗ばんでいる程度なら、絞ったタオルで身体をふくだけでもさっぱりします。こまめにふいてあげて
たっちの時期のおしりの洗い方
 たっちができるようになったら、ゆるゆるうんちのときはおしりをシャワーで流してあげましょう。おむつだけはずし、上の洋服は着せたままでも構いません。すぐにきれいになりますから、シャワーを上手に活用してください。
お風呂の入れ方

手際よく入って、楽しい時間に!
 赤ちゃんとのお風呂の基本は手早く、安全に。着替えなどの準備をすませてから入ると、入浴後もスムーズになります。また、お風呂場は滑りやすいので危険。沐浴卒業後のお風呂では、安全グッズも活用して。
 お風呂は赤ちゃんとのスキンイsップの時間でもあります。歌や語りかけもあわせて、楽しい時間にしましょう


 着替えの準備は先にすませておく
 お湯の温度は37〜39度
 からだを洗うときは、心臓から遠いところから
 お風呂の時間は歌と語りかけで、楽しい時間に!

沐浴編
ママ、赤ちゃんの着替えの準備 赤ちゃんを裸にし、ベビーバスに入れる 顔、頭などを洗う 手、腕、脇、体などを洗う 赤ちゃんの体を返し、おしり、背中を洗う 湯船の栓を抜いてきれいなお湯を張り、上がり湯をかける 着替えをしたら、湯冷ましを飲ませる
語りかけで赤ちゃんを安心させてあげて

今どんなお世話をしているのか、語り賭けで伝えて。意味がわからないくても、ママのやさしい声で赤ちゃんは安心できます。また、お湯には下半身から入れてあげましょう。
洗い残しの多い場所が耳の裏

沐浴のとき、洗い残しの多い場所が耳の裏。赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、あせもなどの原因にもなります。片手で首と頭を支えながら、しっかり洗ってあげましょう。
怖かったら、あおむけのままで洗ってもOK。

赤ちゃんの体を返すのが怖かったら、あおむけのままで洗っても大丈夫。背中に手を差し入れて、なでるようにしながら洗ってあげましょう。
沐浴卒業編
ママ、赤ちゃんの着替えの準備 赤ちゃんのおしりを洗い、ママも体を流す 赤ちゃん&ママ湯船に入る 赤ちゃんの体を洗う 赤ちゃんが遊ぶ間に、ママは自分の体を洗い、再び一緒に湯船へ お風呂から出て、赤ちゃんに湯冷ましを飲ませる。ママはその間に着替える
裸になるときも語りかけ

赤ちゃんにとっては裸になるときから、お風呂の時間が始まっています。服を脱がせながら、歌や話をして、楽しい時間の始まりを演出してあげましょう。
寝ている間に入浴するのも手

自分の入浴も赤ちゃんと一緒にすませようとするから大変。赤ちゃんが寝ている間に、ママが入浴するのもひとつの方法です。いつも寝る時間を見計らってすませて
つかまり立ちができると洗うのも楽に

つかまり立ちができると、体のくびれ部分もグンと洗いやすくなります。湯船におもちゃを浮かべて、赤ちゃんの興味をひいてあげると、おとなしくつかまっていてくれます。片手で体を支えてあげまがら、洗ってあげましょう。
ねんねの子はバスマットを利用

おすわり前の子はバスマットを使って体を洗うと安心。手におもちゃを握らせつつ、手早く洗ってあげて。また、目を見て語りかけながら、スキンシップも楽しみましょう。
抱っこで湯船へはきをつけて!

お風呂は大変すべりやすい場所。抱っこして湯船に入るのはとても危険です。浴槽の底にすべり防止マットなどを敷いて、安全対策をしましょう。
お風呂の悩み一挙解決

お風呂&シャンプー嫌いをなんとかしたい!  赤ちゃんが、お風呂やシャンプーを嫌がるのは、怖い!と思う体験をしたから。もともと水が怖い、シャンプーが嫌いというよりも、お風呂、シャンプーのときに何らかの怖い体験をして、トラウマになっているのかもしれません。
 たとえば、ママは普通にお湯をかけたつもりでも、赤ちゃんはびっくりして怖い体験になることも。
 こうしたいやがることには、少しずつ慣れさせることが一番の解決策です。時間をかけて、少しずつ、恐怖心を取り除いてあげましょう。
●怖くなってしまった原因を考えて!
●時間をかけて恐怖心を取り除く
●歌や語りかけで、怖さを忘れさせる
語りかけや、お気に入りのおもちゃで興味をひきつつ、すませる
おもちゃや、歌、語りかけで、赤ちゃんの怖い!という気持ちを忘れさせてあげましょう。一度では効果がなくても大丈夫。何度も繰り返してあげることで、お風呂=楽しい時間と思えるようになってきます。

シャンプーは横抱きに戻してみる
おすわりでシャンプーをいやがる赤ちゃんはねんねのころのように、横抱きに戻してあげて。慣れてきたら、少しずつおすわりの状態に再チャレンジ。時間をかけてこれなら安心と思わせてあげることが大切です。

グッズを使うのも手
赤ちゃん向けのお風呂グッズを上手に使うのも一つの解決方法。シャンプーハットなどを利用してみるんもいいでしょう。シャンプー剤が目に入るのも防げます。
私の生理中、赤ちゃんのお風呂はどうすればいい? 汗をかく季節ですが、1日お風呂を休ませるのもひとつの方法です。お風呂の変わりに、お湯にひたし、かたく絞ったタオルで体をふいてあげましょう。 ●家庭にあった方法で解決を
●1日ならお休みしても大丈夫
多い日は、体をふくだけにしてもOK。
経血量の多い日はお風呂をお休みにするのも手。お湯に浸しかたく絞ったタオルで体をふいてあげましょう。夏も1日ならこれで大丈夫。そのほか、パパに代わってもらうなど、あなたの家にあう解決方法を利用して。
自分の体を洗っている間、じっとしていてくれないのが不安!  お風呂場は、ほんのちょっとでも目を離せません。ママのシャンプーなどの時間は短時間ですませて。リンスインシャンプーはおすすめです。また、バスチェアなどに座らせると、安全度もアップ。おもちゃを持たせれば、ぐずり対策にもなります。 ●ママのシャンプーなどは、なるべく短時間ですませる!
●グッズとおもちゃであそばせて!
クレンジングは入浴前にすませてしまう
入浴中、赤ちゃんにしっかり目が行き届くようにしてあげたいもの。ママのシャンプー、体を洗う時間は短時間にするのが基本。クレンジング&洗顔は入浴前にすませ、リンスインシャンプーを利用してみましょう。

バスチェアを利用して、赤ちゃんに待ってもらう
バスチェアに座って待たせるのも手。座面のひんやり感が苦手な赤ちゃんもいるので、タオルを強いた上から座らせてあげるといいでしょう。また、座らせたら目の前におもちゃをたくさん並べてあげて!
夏のクーラーで湯冷めしない?  赤ちゃんにとって最適なのは外気温との差が5℃まで。クーラーを十分に聞かせた部屋は寒すぎることもあります。入浴前に、いったん止めて、お風呂上りの湯冷め防止に気を塚手。着替えをすませて、湯冷ましを飲んだら、再びエアコンを入れてもいいでしょう。 ●外気温との差は5℃までが理想
●クーラーは入浴前に止めて、湯冷ましを飲んだら、サイドスイッチを
毛量の多い子は、ドライヤーも忘れずに!
0歳代の赤ちゃんでも、毛の量が多い子は、お風呂上りに髪をしっかり乾かして。ドライヤーは熱に気をつけながらかけ、湯冷めを予防してあげましょう。
2人目ママのスムーズな入浴方法  2人目ママのお風呂はとっても大変。安全にスムーズに入れるための基本は上の子を先に入れてあげるです。また、年子のママは上の子と下の子のお風呂時間を分けて。目が行き届かなくなるので、3人で入るのは避けるほうがいいのです。 ●洗う順番は上の子を先に
●年子の場合はママと3人一緒はダメ。お風呂はわけて!
手早く安全に、二人目ママにおすすめ入浴法

上の子と下の子、二人分の着替えを準備後、上の子とお風呂へ 上の子の体を洗ったら、ママは自分の体を洗う 上の子は湯船へ。下の子は体を洗う 下の子&ママ、湯船へ入る。上の子はお風呂遊び 下の子、お風呂から上がる。タオルで体をふいて、クーハンで待機 上の子&ママ、お風呂から上がる。ママg空きが得たら、下の子も着替える
上の子を洗い終わるまで、下の子は待機

スムーズに入浴させるために、まず、上の子を先に洗ってあげることです。下の子はその間、脱衣所など、ママの目がとどく安全な場所に待機してもらって!
上の子とのスキンシップを十分に!

上の子の体を洗うときは、十部んい語りかけをしてげて。上の子にとってはママと二人だけの大切な時間。十分にスキンシップをとって、楽しませてあげましょう。
下の子を洗うときも上の子とお話を

下の子を洗って、上のkおに待ってもらう間、ママは上の子ともきちんとお話してあげて。上の子が赤ちゃん返りせず、楽しく待っていられる空間をつくってあげましょう。