夕食日記
2001年12月

12月10日 月曜日
忙しいという字は心をなくすと書く。
  • 11月3週めは息子が熱出してばたばた。
  • 先週は今度は娘が吐いて熱を出す。 直ったと思ったら今度はまた息子が吐く。
  • 仕事も終わらない。
    2日ほど夜9時過ぎまで残業したり、休出したりしているが、それでも足りない。
  • しかもぱぱは週末に研修が始まってしまい、その分仕事が詰まってしまったらしく、仕事の融通がきかない。
  • 書きたいことはいっぱいあるのだが。

書きたいことがあるときほど日記が書けないというのはあるな。 どう書こうか悩んでるうちに時間が過ぎていく。

息子:

  • すっかり悪ガキである。
  • 「あっくん、○○しないで。危ないよ」などというと「やーだよぉ〜だ」と口応え。 何だその口のききかたは。
  • おねえちゃんが楽しく遊んでるおもちゃもさくっと奪う。
    「あっくん、それ、まいなちゃんのよ! かえちて!」
    「こえ、あっくんのぉ。やーだよぉ〜」
  • かと思うと、ままのひざにぺとっと貼り付き「あっくん、あんまんぼ(甘えんぼ)」。
  • 日本語はやたらうまくなったな。 ちゃんとした文をしゃべって、コミュニケーションができている。
    まだ複文には至っていない様子。

本当は娘について書きたいのだが、ちゃんと書きたいのでまた今度にする。
今度こそはちゃんと書く。