4日目(6月12日・土)
アーチーズ国立公園→メサ・ヴェルデ国立公園→モニュメントバレー


朝の9時前にアーチーズのゲートシティ、Moabを出発。
朝ごはんはスーツケースにたくさん詰めてきたレトルトお粥や味噌汁で。美味しいし、時間の短縮が出来て良かった!
お昼はイヤでもハンバーガーかホットドックになってしまうので、朝は和風のものが食べたくなる。
この旅行の為に買って持ってきた電気湯沸し器が大活躍でした。

まず最初に向かったのはメサ・ヴェルデ国立公園。アーチーズからは3時間ほど。とうとうコロラド州まで来てしまいました。
(ラスベガス・ネバダ州→アリゾナ州→ユタ州→コロラド州)

メサヴェルデ国立公園
この国立公園は先住民が残した断崖住宅の遺跡が見どころ。
アメリカで唯一の自然遺産以外の国立公園であり、アメリカで初めてユネスコの世界遺産に登録された場所だそうです。

まずはゲートで年間パスを提示して、地図をもらう。その時、
「ビジターセンターは15マイル先です」
え!ウソ。良く良く見るとこの公園、すっごく大きいじゃないの〜!!
遺跡まで辿り着くのにすっごい距離がある〜。

なんて文句を言っても仕方が無いので、山道をうねうねひた走り、ビジターセンターに到着。
ビジターセンターでクリフパレスと呼ばれる園内最大規模の遺跡のツアーチケットを購入。チケット代は2人で5ドルくらい。
ツアーじゃないと遺跡を遠くから眺める事しかできないらしい。
  
左から、ビジターセンター、ヤマネコの剥製(デカイっ)、先住民のアクセサリー(超おっしゃれ)
クリフパレス駐車場までまた車を20分走らせて、集合場所でレンジャーさんを待つ。
私達のツアーは12時半からのツアー。
レンジャーさんから注意事項を聞かされて、いざ出発。

クリフパレス。部屋は217室、当時の豪華マンション。
  
両橋はツアーの様子。真ん中は儀式の部屋「Kiva」。
こんな断崖に立派な住居を建てて生活していたのは西暦1200年ごろから100年ほどの間だそうです。
この断崖の上に広がるメサ(台地)に登って水を汲んできたり、食料を調達に行ったりと、不便な生活をしていたそう。
当時の平均寿命は30代前半とレンジャーさんが話していました。

メサヴェルデではこのクリフパレスのみの見学。今日も時間が無いから急いで移動しなくちゃ。
ここが今回の行程の中では一番東に位置していて、距離的にも約半分。
ここで折り返して西へ向かってラスベガスに帰ります。

あぁ、こんなところに来てもアンティークやさんに寄ってしまう・・・。
メサヴェルデ近くのCortezという大きな街でランチ。もちろんハンバーガー。今日はマック(笑)。
アンティーク屋さんもあったし、賑やかで楽しそうな街でした。
次に向かうはフォーコーナー!
 
4つの州が隣り合う、フォーコーナーと、ナバホの揚げパン。
そういやラスベガスにもあったな、フォーコーナー。でもこちらが本家本元です。
アリゾナ、ユタ、コロラド、ニューメキシコの4つの州の境界線が十字に交じり合うアメリカで唯一の場所。
特になーんにもなくて、ただその場所にモニュメントがあるんだけど、ここはナバホ族(インディアン)のエリアらしく、
入場料をガッポリ取られた。一人6ドルだったかな?
で、モニュメントの周りにはナバホの民芸品を並べたお土産やさんや、ナバホの揚げパンを売るお店がたくさんあって、少しひいてしまった。
でも、このモニュメントに立って記念写真を取れたから大満足かな?
次に向かうのはモニュメントバレー。とーっても楽しみにしていた場所の一つ。
ちょっとだけナビに失敗して遠回りをしてしまいましたが、なんとか夕方7時には到着。
フォーコーナーからモニュメントバレーに向かう途中、何度か小さい竜巻みたいなものを見ました。
ただただ広い荒野が続いているので、よく目に付くんです。
一度だけそれが車の進行方向にやってきてしまい、チョット怖い思いをしましたが、スピードを落としたので大丈夫でした。

モニュメントバレービジターセンターから
モニュメントバレーの感想は、ただただ「カッコイイ」。なんとも絵になる光景。
何度も何度も写真や映像で見た事がある景色だけど、実物はもっとカッコイイ。なんとも雄大。
到着したころ丁度夕日を浴びたビュートたちを写真に収める事が出来て大満足。
もっといい写真を取りたいから明日は4WDのバレーツアーに参加しよう。
せっかく4駆をレンタルしたんだけど、ガイドブックによると自分の運転でバレー内に入るのは少々危険と書いてある。
ガイドの説明も聞きたいし、やっぱりツアーだな。

ビジターセンター近くの小屋で明日の朝7時のツアーを予約した。
ツアーといっても、個人のツアーなので時間は勝手に決めていいって言われた(笑)。
2時間半のコースで一人40ドル。高い・・・。ナバホの人達は観光で収入を得ているっていうけど、それにしても・・。
 
夕日に染まるモニュメントバレーと、ヤギたち
 
宿泊はGoulding's Lodge。この周辺で唯一の宿。
どの部屋からもモニュメントバレーが望めます。
Back Top Next
-HOME-