8回目調整日 2003年04月03日

5週間に1度の調整日なので3月はなし。3月から義母が来ていて料理は彼女の担当。彼女は料理に必ずターメリックを使うのでピンクであるはずのワイヤーのゴムがなんとオレンジに変色・・・・・あ”・・・・ところで、1ヶ月苦しんだ大リーグ養成ギブスこと輪ゴムにはもうすっかり慣れた。この5週間での動きは目覚しかった、出っ歯が正面から見るとほとんど判らない!これもギブスのお陰かしら。今日の調整日、   先生は相変わらず口の中をちょこっと見ただけで終った、「よく動いてるよ」と言われた。毎回、この台詞は耳にしてたけど、今回は自分でもよく動いてると思う。そしてこのまま帰ると思いきや、看護婦さんに「ゴムのサイズを変えたからね、ハイ」と小さい輪ゴムの袋を手渡される。輪ゴムの大きさは6.4ミリ。これでまたもや大きな動きが期待できそうだわ。

9回目調整日 2003年05月08日 

ゴムが小さくなってからの動きは最初、ゴムをもらった月ほどではないものの動いている。それから数ヶ月前に痛んでいた顎の痛みが何時の間にか無くなっていることに気がつく。このところ下前歯が歯が揃い始めたことで以前には隙間があったのに無くなったせいで歯の磨き残しが増えたのか全体的に茶色になってきたので、今日の調整日に先生に申し出る。先生いわく、「完璧な歯磨きをするのは難しいんだよね。だから一般歯科での定期クリーニングは欠かさないでね、今度のクリーニングは装置をはずして行ってみる?」と言われたので、はずしてもらうように手配してもらった。さて、矯正仲間の話し・・・・学校でよく授業中にも関わらず、アメやらチョコレート、ガムをくれるクラスメイトが多い、特にアメ、ロリーポップが多い。学期が始まった最初の頃は事情を知らない人ばかりなので、「食べる?」と進められる度に「矯正してて食べられないんよ・・・・」と説明していた。説明するとだいたい2〜3人に一人は昔歯の矯正をしたいたという人に当る。そういう人達に当ると必ず答えは「そーなんだよね、矯正してると食べ物に規制があってイヤだよね、でもさ、ガムを食べると大変よぉ・・・・」大抵の人がガムをと食べたことがあるというオチになる。意外にみなさんチャレンジしているんだよね・・・・でも私の矯正歯科の先生は矯正歯科の中でも厳しい方で食べ物の規制はホントに多い。色々と食べたいものはあるけれど我慢するもの大切だよなぁ。歯の動きが順調なのは、食べたいものを我慢しているご褒美だと思うことにしよう!本日のゴムの色はお気に入りのオレンジ!

10、11回目調整日 2003年6月12日、7月24日

この2ヶ月で大きな動きはない。10回目と11回目の調整日の間に歯のクリーニングがありワイヤーと一部の装置を外した上で掃除してもらったら凄く綺麗になった、歯科衛生士さんに「ワイヤーをはずした方がずっと綺麗になるし、希望も(綺麗にして欲しい個所)聞いてあげられるからこれからははずしてね」とアドバイスされた。前回のクリーニングから半年ぶりに会う一般歯科のベンソン先生にも「ミスカルの歯は順調に動いとるのぉ〜」といわれた。自分の歯は毎日見てるので驚くほど動いた!っということがこのところなかったので、嬉しかった・・・・調整に関しては2ヶ月(10、11回目)とも新しい技等はなし、特に締められることもなく終った。早いもので歯列矯正を始めてから一年が過ぎた、予定では後もう一年半。パーフェクトスマイルをゲットするためにも頑張るぞー!!

 

12回目調整日 2003年8月26日

前回に続き今月も大きな動きはない。矯正歯科へいくも口を開けてみてもらい、ゴムを替えるだけだった。この先数ヶ月はこんな感じなんだろうな。この2週間ほど前から右の下の歯の針金が飛び出してきたようで口の裏がちょっと痛かったので今日、矯正歯科へ出かける前に口の裏側を見てみたら切り傷が出来ていた、痛いはずよ・・・・先生に「口の裏が針金が刺さって痛い」と申し出ると、今日の検診で先生は見落していなかったようで、「イヤな思いをさせるのは避けたいので今度少しでも口の中に違和感を感じたら来てね」と言われた。今日、ゴムを替えてワイヤーを締めなおしてもらったら、痛いのは何処かへ行ってしまうった。今月のゴムの色は藍色。