2001年3月1日(木)

雨で憂鬱だけど病院にいく。娘の小児科。娘は新しい傘で御機嫌!
先生には「また6日に来てください」
って言われて、ほっと一安心!!!!
御飯もおそばを良く食べてくれる。味覚も食欲ももどってきてるみたい、、ああよかった!!!!!!

2001年3月2日(金)
朝ゲンキで食欲もあったのに午後から熱をだす娘!ちょっとまってよーーーーーーーーーーーー
9度5分にまであがってしまった。もうどうすればいいのか・・・・・
旦那が帰宅し、2人で話し合い、
「H幼稚園に、行かなくてもいいよ」と娘に言ってみる。
そしたら熱は下がったのだ。
なんてことだ・・・・・・・・

2001年3月3日(土)
お雛様で母親がきてくれて御寿司とお刺身をいただく。おいしい。
母に、幼稚園のこと言ったら、「いかなくってもイイワヨ〜〜良かったね〜〜」と言ってくれた。
何にしても反対なんてしない人だ。素敵。
旦那が心配してるのは旦那のお母様だそうです。絶対反対するだろう、って。どうしてだろ?

2001年3月4日(日)
熱もないし、(私)娘も大丈夫そうなので教習所のキャンセルまちに行ってみる。
朝の9時から3時間待ったけどひとりもキャンセルが出ないのであきらめて帰る。
私が出かけてる間、娘は旦那のお母様に電話してたらしいけど、
旦那にかわると「孫がかわいそうだ、私がひきとる、私が育てる。」と泣いていたという。
だんなはきっぱりと断ってくれたらしいけど、本当に、熱がでてたいへんなのにわけわからないこといわないで欲しい。


2001年3月5日(月)
朝、縁起の良い夢を見た。巨大なちくわやおでんだね(ちくわなんて5メートルくらい)の工場を見学、
すごいので一本買おうとするとお祭りになる。
娘をかこんでお祭りだ。
夢のとおり、娘は晴れ晴れした顔で、おまつりでもしたくなるくらい。
私は今日で解熱剤がないので
明日から不安。

2001年3月6日(火)
娘の診察。もう来なくて大丈夫、お風呂も外出もオッケイだって!やったーーー!!!!
帰りにひさしぶりの気功にいく。娘も一緒で、先生も歓迎してくれた。うれしい〜〜〜!!!
でも私は異常に具合悪い。かえって熱はかると8度9分。あらら・・・・
カバンの奥からロキソニン(解熱剤)がひとつ出てきた!かみさま〜〜ありがとう!!


2001年3月7日(水)
昼に近所のA病院にて解熱剤だけ処方してもらう。10日分!これでしばらく安心。


2001年3月8日(木)
税務署にいく。私の確定申告は終わり、医療費は保留。

2001年3月9日(金)
娘と2人でずーっと寝てた。

2001年3月10日(土)
私はまだ解熱剤飲んでるけどKさんの企画してくれたパン作りに行ってみた。
Kさんは将来、障害者のための施設(パン工場)をサポートしていきたいという考えから、
一歩ずつやっていこうという心の強い人。
シュタイナー関係でしりあった人。
娘も人見知りせず、たのしかった。しあわせだった。

2001年3月11日(日)
教習所のみきわめ合格。いよいよあと一回だ!!

2001年3月12日(月)
赤いヘビのでてくる夢。美しいヘビだった。とてもいいことの前兆かしら。
娘の咳がまたひどくてイライラする。
心の中で「うるさいよ!死ね!」などと罵っている。私は悪魔だ。
パンのKさんから
「フィンドボーンの本を読みながらみんなで手をつないだ瞑想をしましょう。 」というメール。
瞑想か!
最近してない!
夜して眠る。

2001年3月13日(火)
咳が多くて眠れない。くるしい。

2001年3月14日(水)
ホワイトデー。近所のアントワーヌカレーヌというかわいい店でかわいいおいしいお菓子をいただく。

2001年3月15日(木)
区役所に電話すると、保育園の審査に通ったって!
娘にはもうこれが最後、ここに通わなければ泣いても叫んでも幼稚園。
フィンドホーンの本を読み始めた。「愛することを選ぶ」だって。はーほど遠いわ。

2001年3月16日(金)
旦那の知り合いの電気屋さんにサンバのテレビをビデオに取ってもらう。
娘が寝た後1時間瞑想。

2001年3月17日(ド)
教習所の卒業検定合格!やった〜!
恵比寿で立ち読みする。「神に雇われている、天職につけば衣食住に困ることは無い」だそうだ。
保育園にかよえるなら、その時間をあたえられた意味って何だろう?
看護婦になる勉強ができるのかな?

2001年3月18日(日)
娘がよるトイレで火がついたように泣く。「お尻が痛い!!!!!」ネットでしらべる、どうやら膀胱炎。
とにかく水をのませてのませてのませること!だそうだ。つぎから次に。。。

2001年3月19日(月)
保育園の見学に行こうと娘を誘うと、
「子供が嫌いなの!」と目に涙いっぱい。やばい、保育園も幼稚園も行かないなんて言い出したらめんどくさい!
ひざにだっこしてゆらゆらゆらしながら、「じゃあ大人が好きなの?あのね、大人はね、子供の世話をしてあげなければならないんだよ、
保育園にはいっぱい赤ちゃんがいるから、お世話してあげたら?そしたら大人の仲間になれるよ!」と説得。
結局すなおに見学にいって、赤ちゃんなどを見た。みんな御馳走を食べていた。
碑文谷公園にいって、うろうろ遊んだ。
夜娘が眠った後、
「保育園は安心できるところだよ・・」と耳元でささやく30分。こわい?

2001年3月20日
また碑文谷公園にいく友人も誘ってお弁当。しあわせ。
夜、旦那が「僕の愛はつたわってるかな?」という。
私は考えながらも、
「あなたは自分のテリトリーの中に私がいるときだけしか好きじゃないんだろうな、って感じる。
たとえば私の友人が料理できないっていうとき、
嫁に行けない・とかいうでしょ?
私のことも、そうとらえてるんだろうな、って思う。
きっと私が、あなたの考えの及ばないことをすると、
あなたは恐れ、私を攻撃するだろう、 」というと、
衝撃をうけているようだった。
そして、
一緒に瞑想してみるよと
言い出した。
神様!!!!!ありがとう!!!
何故か大泣きしてしまった。

2001年3月21日
またまた碑文谷公園。そのあとH幼稚園にいって、入園の道具もらおうとするが、大泣き。大絶叫。
こんなにいやがってる人をまいにち連れてこなければならないなんて気分がぐったり。
やっぱ保育園なのかなあ。
夜また瞑想。

2001年3月22日
今日も碑文谷公園。ちょっと寒い。


2001年3月23日
一人で瞑想。
友人が死んだとき、全然悲しみを感じられなかった。
それが一気に悲しみを感じられた。
猛烈に悲しい。

2001年3月23日
またまた碑文谷公園。
楽しいなー。

2001年3月24日
サンバの練習に娘といく。
きもちいい〜〜〜〜!!!!!!

2001年3月24日
フィンドホーンの「愛することを選ぶ」という本のワークショップをひとりでやっている。
私の恐れとは何かさぐると、
「私が浅はかで失礼で飽きっぽいことへの
批判されるのではないか?
嫌われるのではないか?
という怖れ。
良い面は「良識人」としてふるまうこと、
悪い面はばれたら怖いので与えられたチャンスを受け入れられない、表面的につきあう・・など。
私のおそれているイメージは
「雲」
私は雲のように、ながされ、かたちを変え、時には消えてしまい、時には大嵐をつれてくる。
そんな自分がばれるのが怖い。
そして
「私はゆっくりとのんきで流され、ふんわりとした雲のような自分であっていい」と宣言。
そして、一週間の冒険といって、
「私には勇気があるから〜しない」というのを決めた。
「私には勇気があるから考えない!」わおー!恐ろしい!大丈夫か私!
雲だわ、まさに!考えたりしないで流されるのよ!
てなわけで、もう24日にもなろうとしてるのに
保育園か幼稚園かかんがえてません!恐ろしい!


2001年3月25日
目黒不動尊にて花見。美しいなあ。

2001年3月26日
上野動物園にいく、パンダはメキシコに旅行中だった。疲れた。

2001年3月27日
セルジオメンデス見に行く。素晴らしい。泣く。

2001年3月29日
大雨。


back/home/next