10/15
字の大きさ、これくらいがいいのかな?
一ヶ月が長いのでわけてみました。(ソフトが異常に重くなるのです)

10/17
和光学園の小学校を見学に行く。
自由。自立、というけれど、
ランドセルが指定されていて、それ以外は許されないらしい。
「何故ですか?」と校長に聞いたら、
「和光学園であるという伝統的なもので、
あったほうがいいという、PTAからの要望です」と。
なんじゃそりゃ!?
あんな使いにくいものを、子供に強要して、(1時間かけて通う子供のこと考えてるのか!?)
それで何が伝統だ!
バカか!
「子供の使いやすさなどよりも、ブランドってことですか?」と反論したくなるのをぐっと我慢!
なんだかむかつく。あそこまで良い授業や、子供のため、なんて言ってるのに。
旦那に言ったら、
「そういう、ブランドを育てるって気持があそこまで大きな学校になっていったのでは?」との応え。
旦那は、なんだか、大人だな。
和光学園には「祈り」のようなことがない。
そして、自己主張の訓練だ。
それってどうなのかなあ?
注目されないのが嬉しい子もいると思うんだけど。
討論でせかいを作っていくという、今の社会のありかたには良いかもしれないけど、
これから先、もっと、祈ることや、瞑想することが大事になってくるんじゃないかな?
娘が大人になる頃には、討論なんて遅れてる世代の考え方で、
共生、祈り、の世界になってるんじゃない?って旦那に言ったら、
「ならないだろうね。」だって。
人の意識が未来を作る。
旦那の未来はそうだろう。
私の未来は早すぎるのかなあ。
地に足ついてないのかなあ?


10/19
友人Mちゃんと代官山のエクリュでランチした。
Mちゃんの今最大の感心である「パーマカルチャー」の発祥の地、
オーストラリアツアーをくんでるので、そのことを聞いてみた。
でも、そうだな、私って、自分が行きたいのか、
それとも、Mちゃんが行きたいなら、一緒にいければなあ、って思ってるのか、
そこんとこがよくわからない。
一人で行ってもおもしろいのかなあ?
できるならMちゃんと一緒にいきたいなあ。
やっぱ私はプルサティラなのかも。
久しぶりに代官山でぶらぶらして、
いつも欲しいと思ってる「喜」マークのピアスをチェック。
アクセサリーはつけるのがめんどうだけど、
ほしいなあって思うのは楽しい。
うふふのふ。

10/26
病院に外来。
ちょっとアレルギー反応があるって。
それに、黄疸もあるそうだ。ふうん?
次回の外来でマルクをするって。
やだやだ!って思ってたけど、
夢をみた。
電車にのろうとするのだけど、ドアが空かない。
手でこじあけて乗ると、電車が出発する。

電車は自分の体で、
自分は「感情」で、
体の行く方向に感情も乗っていこう、という意味だなあ。

瞑想で、マルクの意味を聞いてみると、
現実をみろ、って雰囲気。
今ここにいて、感謝することを感じなければ。。。
マルクをやることで、
「マルクで済んでるんだ」って気持にならないとね。
最近生きてることの感謝をわすれてたから、ちょうど良いかも。
ありがとうございます。


10/29
先日のオーストラリアツアーの問い合わせの電話がいっぱいかかってきて、ちょっと困ってる。
瞑想をしてる。
丹田呼吸法をして、ひとつひとつのチャクラを肩幅くらいに広げていく。
そのあと、尾骨からロープを出し、地球の中心の岩盤に結び付けておいて、
意識を空高く飛ばす。
そこで、大いなる意識にいろいろ尋ねるのだけど、
とくに問題もないので、ただやってるだけです。


back/home/next