本文へスキップ

あなたの町にも発達支援の場を  ぜんつうれん

活動報告report

全国発達支援通園事業連絡協議会活動内容

2016年4月12日(火)10:45−  衆議院 第2議員会館 第1会議室
「民進党 障がい者・難病政策議員連盟ヒアリング」
 
民進党さんからお誘いをいただきました。せっかくだからということで、会長、事務局長で出かけました。会場前で大分の田中さんも合流し3人で出席させていただきました。                           他の団体もふくめて10分ずつの主旨説明と意見交換で約1時間。         
・障害があるかどうかがわかる前からの支援が重要。                
・母子保健、子育て支援などの一般施策とのつながりが必要。            
・障害児である前に、子どもである。といった点については参加された方から共感をしていただいたと感じました。     提出文書                                     ↓                      minshinhiaringu160412.pdf へのリンク             

                                      川田龍平議員と記念撮影  
 左から田中幹事 近藤会長 川田議員 加藤事務局長


全国発達支援通園事業連絡協議会活動内容

2016年1月18日
厚労省で懇談行いました。あの、雪の日で
十分に時間が持てませんでしたが、職員の資格の問題などいくつか確認することができました。すぐには実を結ばないかもしれないけれど、担当者の皆さんがいろいろ考えてくださっていることは感じました。


全国発達支援通園事業連絡協議会活動内容

第19回全国大会  in北海道  
       2015.10.17(土)-18(日)
     280名の参加で大成功

終了後の記念撮影 (田中専門官 現地実行委員 全国役員)
        やけにレトロな感じ

総会1号議案  2号議案・3号議案 

4号議案  5号、6号議案

全国発達支援通園事業連絡協議会活動内容

  • 第18回全国大会in名古屋資料集                      大会しおり    基調報告                              基調講演       厚労省報告                             総会議案
  • 厚労省との懇談資料                             懇談資料
  • 2015報酬改定に関するQ&A                             Q&A
  • 開所時間減算                     ※多機能事業の場合は、特例で午前の発達支援事業と午後の放課後等の   時間を合算できます。つまり、午前3時間+午後3時間なら6時間で減   算なし。放課後デイは平日は減算ありません。学校休業日は時間が短   いと減算の対象。        

全国発達支援通園事業連絡協議会

〒464-0032
名古屋市千種区猫洞通1-15

TEL 052-782-3388
fax 052-782-0771
e-mail  zenturen@yahoo.co.jp