パッキン交換の方法と注意点

これ以降は、既にパッキン交換の経験が何度かあるという方 を対象に書いています。初心者の方は他のマニュアルなども参考に して充分に研究なさってから自己の責任で作業なさってください。


ノーマル蛇口


プラスチックハンドル蛇口



<参考展示>シングルレバー水栓
シングル蛇口のコックを操作しても水が止まらない原因は写真の、3個の小さなリングパッキンではなく黒い部品>カートリッジ内部にあります。これを解体することは難しくやったことはありません。

また、3個のリングパッキンは接合部の止水のためのもので、これが痛むと本体より漏水するので、湯水調整は軽くゆっくりしたほうが良いです



 
パッキン交換の時期のめやす
水道の蛇口のハンドル部をつよく閉めても水が完全に止まらなく なった時が替え時の様に思いがちですが、実はそれでは遅いので す。強く締めれば止まるからといって使いつづけるといずれ段々 と止まらなくなってくるくらいなら良いのですが、最悪の場合、 蛇口のパッキンを受ける部分が壊れいきなり水がまったく止まら なくなってしまいます。パッキンが正常なら指2〜3本でかるく 閉めれば完全に止まります。
作業に入る前の注意点
使用するパッキンは日曜大工のお店(D・Y店)等に色々と品揃えされていますが、現在使用されているカラン(蛇口のことです)のサイズや型式、メーカー等を事前に充分にチェックして、購入する商品に書かれている取扱説明書と充分照合した後に購入して下さい一般的なカランに一般的なパッキンで交換できる場合がほとんどなのですが節水型や吊りコマ式等々後から慌てずにすむように
作業の手順の簡単な説明と注意点
(一)まず初めに蛇口まで来ている水を止めなくてはなりません。たいていは、水道メーターに近くに設置されているバルブを閉めれば止まるはずです。(洗面台等蛇口の直下に止水栓があればこちらを止めます)この時蛇口のときと同じでけっして力を入れすぎないでください。もし完全に水が止まり切ら無いときでも、他の蛇口を作業の要点のときだけ他の個所を全て開けば充分に対応できます。もしバルブの頭部が手で回せない形状の時は、当局が一般の開閉を許可していない地域だと思われますので決して勝手に開閉せずに当局か業者にご相談ください。
(二)次ぎに蛇口本体のハンドル部の取り外しです。(詳しくは、各方面で色々と紹介されている資料を十分に参考になさってください)ハンドル上部中央の(握る部分の中心)ギザギザのねじを外し少し揺すりながらゆっくりと持ち上げればはずれます。(プラスチック製ハンドルの場合は上部中央の青いキャップをピックなどでひっかき上げて外せば中に+ネジが見えます。そのネジを緩めればはずせます。
(三) つぎに押え金具を外します。この時蛇口が閉まった状態であることを確認しておいてください。中央の軸が回らない様に固定しながら六角の部分を工具を使って緩めて外してください。その下にゴムキャップ〔グランドパッキンという部品でこれが磨耗してくるとハンドルを開いたときにその付け根から水が漏れるようになります。そんな時はこの部品も市販されていますので交換なさって下さい〕と丸い板金等があります。取り付け状態をよく確認してから (方向や順番など間違えない様に要メモ?)取り外してください。
(四) いよいよパッキン交換です。まず中央の軸に仮に先程外たハンドル部を軽くはめてください。(この時に完全に水が止まっていない方は他の全ての蛇口から水を出し下さい。最終的に出る水の勢いをみて無理な様なら中止してください。)そしてハンドルをどんどんとゆるめて中に入っているラセン状の部品を取り出してください。その先端部にパッキンが付いてあがってくる場合もありますが、たいていは中に残っています。その時はピンセットや割り箸の 先端を平たく削った物でパッキンの軸を挟んで取り出します。その後に、パッキンの形状がほぼ同一であること(軸とゴムの組立て方が多少違う程度の場合は使用できると思われます)を確認した後ゆっくりと垂直になかにいれて交換終了です。水を出しながらの場合はラセンの金具に差し込んで仮付けしてゆっくりパッキンがずれないように閉めこんで行きます。
(五) 以上でパッキンは無事交換できたはずです、再び芯軸にハンドルを仮付けし蛇口を閉めた状態にして元栓をゆっくりと少しずつ開きぱっきんが正しく取り付いている事を確認してください。水が完全に止まったら成功です。後は、(四)〜(一)へと逆にさかのぼって組立てて作業終了となります。作業のコツは急がず慌てず確実に、できれば2人以上ですることです

以上簡略にパッキン交換のポイントをかいてみましたが、マニュアルなんかではありません。わたしが書きたかったことは決してパッキン交換という作業を軽くみないでいただきたいという事です。
ともすればTV等で如何にも簡単な様に紹介されている事に対して皆さんに注意を促したかったからです。たしかに自分で交換して成功すれば数十分の一の経費ですみます。
が、もし失敗して止水バルブや蛇口を壊したりした場合、数倍の出費となること十分認識してください。(こういったケースの修理依頼は結構あるのです。)

尚,この文書はあくまでも水道やさんの個人的意見にすぎませんので、他のD・Yを勧める方々を否定したり批判するつもりは全くありません。
(あくまでも参考意見ですので内容に関しての保証、責任は負いかねますので、ご了承下さい。また、質問などがありましたら、ジオボード等へどうぞ:可能な限りおこたえしたいと思っています。





 

ホームページへ