トイレの詰まりの修理


一般的な詰まり修理のやり方
たいていの水洗トイレ使用家庭では万一詰まったときのために
ラバーカップ(と、私は呼んでいますがゴム製の例の大きな吸盤〜決して女性胸部増強器ではありません)
が備え付けられていると思います。私なりのそれの使用方法のコツを述べてみます。
まず、大きさなのですが大きすぎても小さすぎてもうまく行きません。
便器の一番深い部分のくぼみの大きさより一回り大きいくらいがいいようです。
また柄の部分は多少かさばっても長いほうが使いやすい様です。
たいてい詰まった便器の中の見通しは悪いのですが手探り?で
くぼんだ部分に合わせてゆっくりと押しこむように押えつけてください。
そして力を込め一気に勢いよく(もちろん飛び散らない様に(^^) )引き上げます。
詰まってすぐならばこれでたいてい流れますが,
もしだめなら引き上げきったときに再び押え引き上げる
 これを2〜3度繰り返せばたいていの詰まりは流せます。
もしだめなら一度、完全に引き上げた後、初めからの作業を繰り返してください。
異物を流したので無ければ必ず流せます。
もし異物を流しての詰まりならとても一般の方の手におえません
便器や配管を壊してしまうまえに業者に修理を依頼して下さい。


間違っても押し流してしまおうとカップを押しつける方に力をかけてはいけません。

万一、室内配管や屋外配管、桝の詰まりはカップでは取れません。

最悪、便器の下部から水漏れしたり配管が外れたりと大変なことになってしまいます。


応急的な方法でのやり方
もしラバーカップが無かったり使い物にならない、商店も開いていない、
かといってトイレを使うのを我慢するというのにも限度があります。
こんな時は新聞紙を5〜6枚堅く丸めて手でしっかり握り、
ラバーカップの替わりにして作業してみてください。
カップとの違いはこの方法のばあいは、
くぼみの中まで新聞紙ボールを入れ込むところです。
くぼみを密封させ、引き上げるのがコツです。
少し勇気が必要ですが効果は抜群です(私自身出先での緊急時に使用しています)

< 警  告 >
(以上の方法は水道やさんの独学、独断による物です。
したが ってその効果や結果に対しては、一切の保証、責任を負いかねます。
各自皆さんの自己判断、自己責任で行ってください)



ホームページへ