水洗トイレについて


便器本体の構造
水洗便器の中なんて皆さんは恐らく見た事はないんじゃ無いでしょうか知っている方でもせいぜい裏側にある接続口迄でしょう。便器を接続するパイプは内径94mm及び112mmの塩化ビニール管乃至は鉛管が用いられています。配管のサイズは二種類ですが便器本体に空いている穴の大きさは94mmの内径のさらに内側に合う大きさなので便器本体から汚水が出る穴は約74mmくらいしかないのです。
よく詰まり修理に出かけますと〔別に変わった物を流したわけではないのに急に詰まった〕とおっしゃる方がいらっしゃいます。確かに修理してみますと異物は発見されません。が使用したこと自体が実は異物になってしまう場合があるのです。というのも先ほど言った汚水の出る穴74mm位というのはアクマデモ接続部の大きさなのです・・・便器内ではサイホン現象を利用して水の流れを良くする為に本体内部ではさらに小さく立て5cmx横7cm位になっているのです。そしてサイホンが切れたときの残る水を臭いの逆流防止に利用しているのです。
ですからもしちょっと多い目にペーパーを使ったり、極端に多量の汚物を一度に流したりすると簡単に詰まってしまいます。この現象は水洗便器の作動原理に基づくものですからどのメーカーの便器にもあります。事に音がしにくいサイホン型の場合に顕著な場合があります。
ふつう、便器の一番深い部分のくぼみの大きさに流れる穴があいていると思いがちですが実はこんなに小さな通路しかないのです。だから、節水の名の元にタンク内の水量を勝手に減らしたり、汚物をまとめて流したり、ましてやペーパー以外のものを流したりしたらたちどころに詰まってしまうのです。
屋外での汚水の様子
では、家の外に出た後の汚水はどうやって流れていくのでしょうか皆さんのイメージでは汚物を水が勢い良く末端まで押し流してしまう・・・ となると思います。が、そうはならないのです。
だって便器のところの様子を考えればわかります。まず水が流れ始めその後水と汚物が一緒に、最後に残りの水が流れます。サイホン式の便器ですといきなり混合物が流れ初めて残りの水が流れます。したがいまして実態は水の上に汚物が浮かんだ状態でサラサラと流れて行くというものです。
この状態を維持するために配管の勾配が規定されています。しかし、配管距離が長くなったり、使用間隔が開いたりしますと水分が配管に付着していくために取られてしまい汚物が末端に届く前に無くなり配管途中に汚物が残ってしまいます。軽い詰まり状態となるのです
しかしこの汚物が完全に固形化するまえにつぎに使用した水の先行部分が流れてくればそれに乗って再びプカプカと移動する・・・殆どの場合知らないうちに詰まったり流れたりを繰り返しながら過しているのです。
そしてその先では・・・
無理な水洗トイレの節水を続けた場合・・・マンションなんかではメイン管が詰まったり、浄化槽なんかでは処理し切れなくなり機能しなくなったり、下水道では宅地から本管までの間が詰まったり、思わぬアクシデントを招きかねません。
本当に節水をしようとお考えでしたら台所や洗面所、洗濯時や入浴時,等にいろんな工夫や改善の余地が残されているように思えます一見多量の水が無造作に流れているかに見えるトイレですが,実は各メーカーがしのぎを削って考えたぎりぎりの水量なのです・・・くれぐれも水洗トイレの節水にはご用心を

以上は水道やさんの経験等にもとずいた思い込みを含んだ無責任な独善です。 思い違いや勘違いもあるかもわかりませんのであくまで参考程度に留めてお読みください。また節水を否定したり、便器の機能を批判する意図はまったく無い事をお断りします



ホームページへ