ある日のBBSに素敵なポエムを書いてくださった鈴木さん。
こころ温まる詩、、涙がぽろぽろと流れてしばらくとまりませんでした、、
私は彼から安らぎと優しい気持ちをたくさん与えてもらいました。
そして生きる希望やパワーも、、、(*^-^*)
ぜひみなさんも素敵な彼のHPへ遊びにいかれてくださいね。


鈴木信夫さんからのプレゼントを皆様にも、、、

「きみが、静かに眠れるように」

作詞  鈴木 信夫氏



きみには、まだわからないかもしれないけれど

きみが、静かに眠れるように

天使は、そうっと見つめているよ

「僕がいつでも見ているからね」と

ささやきながら、ささやきながら

たとえば、きみが、どんなに恵まれていても

たとえば、きみが、どんなに恵まれていなくても

これだけは、忘れないで…

天使の世界では、そんなこと関係ないんだってこと

みんなみんな同じなんだよ

きみには、なかなかわからないかもしれないけれど

きみが、素晴らしい人になるように

天使は、心から祈りをささげているよ

「僕がいっしょに歩いていくからね」と

語りかけながら、語りかけながら

たとえば、きみが、どんなに幸せであるとしても

たとえば、きみが、どんなに幸せでなくても

これだけは、忘れないで…

天使の世界では、九十九点と百点ぐらいしか違わない

みんなみんな大切なんだよ

きみには、まだまだわからないことかもしれないけれど

きみが、きれいな心でいられるように

天使は、いつでも守ってくれるよ

「僕がずうっとついているからね」と

手を握って、手を握って

たとえば、きみが、どんなに愛されていても

たとえば、きみが、どんなに愛されていないと感じても

これだけは、忘れないで…

天使の世界では、どんな人でも愛をたくさん頂いているよ

みんなみんな、いとおしいんだよ