ももかが与えてくれた友達
ももかがうまれて、本当にこころから付き合える、友達がふえた。

ママの友達。ただの表面的なつきあいのお友達ではなくて、、
高校時代の友達のように、心から、なんでも話せる、いっしょに喜んだり、泣いたり、楽しんだりできる、ともだち。
ももかからのプレゼントだね。

障害はまったく、不幸ではない。

そう思ってる人はいっぱいいると思うけど、、。
ちょっと不便なだけ、、でも、これはほんと、、だよ。

はじめはどうしようと、、正直思った、そして、泣いた。

けど、、解ってないだけだった。

ある3人の女の子を持つママに言われたことがあります。

3人の子どもでいちばん、障害をもってる、まりなちゃんがいちばん幸せかも、、って。

自分の思うままに生きれて、、、って。

3人のそれぞれの子どものママたちのおつきあいの中でも いちばん、まりなちゃん関係のママたちと心からふれあうことができるって、、。

そうかもしれない、、ね。
人間的にみると、こういうのが幸せで、こういうのが不幸と いろいろ、決めつけるところって、たしかにあると思う。

でもね、地位や、名誉、学歴、お金、そろっていても、 こころがみたされていないと、、、不幸だよね、、。

なにがなくても、これ、きれいだなあ、、とか、うれしいなあ、、とか、感動したり、心から、ありがとうっていえる、 そんなことが幸せなんじゃないかな。

ももかが生まれて、たくさんの幸せをかみしめることができるようになりました。

幸せってこころでかんじること、、、。

いままできがつかなかったこと、いっぱい、気がつかせてくれたのは、ももかです。

今までの人生のなかで、いちばん幸せなのは今かもしれません。
いくら、華やかなところにいても、こころが満たされていないと不幸だよ、、、。
ももちゃん、ありがとう。そして、まわりのみんなありがとう。
たくさんのともだちに恵まれて、とてもしあわせです。