障害者?ってなあに?はてはて?

障害者という単語はそのまま読むと「さしさわりのある、がいのあるもの」と書く。

なんていう単語なのだろう。なぜ、この時代にこの日本語がまだ許されて
いるのだろうか、、といつも思う。

この単語がかわらない限り、大きく福祉は、そして本当のバリアフリーは
変わらないように思う。

こころのバリアフリーも。

ももかに障害があると解った時、、まず、大きくのしかたった、壁、、それはこの
「障害者」というこの言葉であった。

重かった。正直、なによりもこの言葉は。

でも、当たり前のことだけど、、気がついた。それにとらわれていることはあまりに
くだらないって。

だって、ももかは私にとって「さしさわりのある、がいのあるもの」では
ないんだからって。

絶対違うもの。

私にはなくてはならない、、きらきらのたからものだから。なんてくだらないことに
とらわれていたんだろうって。

そして、みんなもそう。きらきらのひとりひとり。

この世に生を受けて「差し障りのある害のある人」はひとりもいない。

すべての人が大切なひとり・・・であるから。

たいせつな・・・ね。