はじめまして わたしは准看護婦として施設で働いています。40歳です。

ももかちゃんのお話、とても考えさせられました。

心のバリアフリーわたしも応援します。

もっといろんなひとがに分かってもらえるように、友達に話したいと思います。

障害者?ってなあにはてはてを、施設のみんなにみてもらってもいいでしょうか?


まだまだ、施設で働いている人でさえ、障害者といわれている人の気持ちを
分からないでいます。


だれでもが、たすけあい、わけへだてなくふつうにしあわせになるひがきますように!

ももかちゃん、おかあさん
とてもすてきな親子だと思います。

わたしは、いつもおこってばかりいるのであまりよい母ではないです。

これからはたいようのようにかわいいももかちゃんとおかあさんのことを思い出しながら、
やさしさについて考えながら生きていこうと思います。

わたしと同じ施設で働いている看護婦にもダウン症や先天性心疾患、
身長が伸びない病気の子などがいる人がいます。

何かの本で読んだのですが、神様は障害のある子供を授けるとき、
この人なら大丈夫だと確信して授けるそうです。
私のすることは何なのか?

コラムにあったようにまず第一歩を踏み出すことですよね。
(すみませ〜ん、、、コラムは今載せていません)

みんなの幸せのために。
     
                                                               
  ももかの宝箱 homeへ