(獣)臭の起源

九州以外出身の人が始めて食べると、耐えがたい獣臭がするとも言われることがある白濁トンコツスープ。その起源はどこに?

お手軽にネット上で探してみて、再構築してみました。間違っていたら、ゴメンナサイ。

(ラーメンの画像と本文は何の関連性もありません。私の好きなラーメンつーだけです。爆)



佐賀郡川副町「いちげん」


 

 

南京千両
島原出身の宮本時男氏が、横浜中華街で中華そばの手法を学び、 幼少から食べなれたちゃんぽんの豚骨から取るスープにアイデアを得、 日本で初めての豚骨スープを完成させます。 

昭和12年に久留米に、九州で最初のラーメン店(屋台)として開店した、 「南京千両」という店でのことです。

しかし、このときの豚骨スープは白濁したものではなく、透明なスープでした。
.



佐賀市「幸陽軒」


白濁豚骨スープの誕生 

その宮本氏と親交のあった杉野勝見氏は、宮本氏からもらった三九という屋号で、 昭和22年に久留米にて、弟の昌俊さんと共に屋台を始めます。

ある日、杉野兄弟が所用のために仕込み中のスープの管理を母親に任せた時のことです。

兄弟が、その外出先から帰ってくると、強火が過ぎてスープが白濁してしまっていました。

使い物にならないスープと思われたのですが、 開店までの時間が限られていたので、その白濁したスープの味を調え営業したのです。

これが以外、客に出したらかなりの好評を得たのです。

この偶然から、白濁豚骨スープが生まれたのです。



佐賀市「毎日軒」

 

 

 

伝播、更盛

杉野氏はその手法を、営業エリアがバッティングしないことを条件に、 誰にでもわけ隔てなく教え、白濁豚骨スープが広がっていきました。


 後に杉野勝見氏は三九の客でもあった四ケ所氏(現在の佐賀「三九ラーメン」の店主)に、 三九を譲り、自身は北九州の小倉に移り「来々軒」を始められます。


 弟の昌俊さんは、佐賀市内で「三九軒」を始められています。 


四ケ所氏は熊本の玉名駅前に支店を出し、その味に感銘を受けた人々によって、 熊本、宮崎と白濁豚骨スープは伝播していったのでした。


 (鹿児島のラーメンが九州では唯一、その起源が異なるらしい。)
.



佐賀市「再来軒」


現在

その後、四ケ所氏は、今は閉店してしまった佐賀の「三九軒」のすぐ近所に移り、 「三九ラーメン」の営業を開始され、現在に到っています。

 戦前に九州にあった中華そばの店は、「南京千両」と福岡の「三馬路」だけでしたが、 そのうちの「三馬路」から影響を受けた「赤のれん」が白濁豚骨スープの起源だとする説もあるようです。