パレンバンへプランカンプン
                                                  (2003 11/20〜26)


           メインイベントのクエラピス作りの日。クエラピスはインドネシア版バームクーヘン。
             他にウンカ、8時間蒸して作るクエドゥラパンジャム(8時間のお菓子という意味)というのもある。
             どれも美味しいけど、すご〜〜〜く甘い(^▽^;)
     
* 三日目

昨晩の雨で今朝は気持ちのいいお天気。 今朝もノニ探し(笑)まやはつきあってくれない(;;)バナナを取ってるおばちゃんに借りてパチリ。 バナナの花?グロテスク〜(^▽^;) ジャンブはルジャックにしても良し、エスブアにしても良し。
隣の家にドリアンがあった。 そしたらノニも山ほど実ってた!まさに灯台下暗し!大収穫! どこを切っても種でぎっしり。こんな食べ難い果物はないと思う(笑 クエラピス二つ分の材料。白いのはあひるの卵。
ミキサーで混ぜること1時間!腕がだるくなった。 なんと炭焼き(爆) 外にブリキ製のオーブンを出して上に炭を置いて焼く。普通はガスコンロの上に載せて使う。 一層目は炭の上で焼き、ニ層目からオーブンの中で焼く。
一層ごとに焼きあがったら四角いブリキの板で押す。 子供達はブンチス切りのお手伝い。 お義兄さんは上半身裸でペンペ作り。 出来上がりはこれ。お義兄さんは小さい頃から作ってるそうで、ペンペもチュカも美味〜い!
卵入りと青パパイヤ入り。豆腐入りもあるよ。食べだすと止まらないんだよね〜。 お義姉が作ったテンペバチャム。 日が暮れたのに焼き終わらない(^^;ちなみに焼き始めたのは午前10時。
晩ごはんもオーブンの側で(笑)とにかくつきっきり。


         ダンナが「熟したのを食べれたら1ジュタやる!」とまで言ったノニを無事手に入れたけど、完熟までは
           あと2,3日という感じで全然臭くなかった。実は甘くない梨のような味だった。
           とにかく完熟の臭いを嗅ぎたかったので、ジュースにするのは待つことにした。
           隣のおじさんは、ノニのジュースが日本で700mlで7000円くらいで売られてると言ったら、
           「こんないつも捨ててるものを!」と驚いていた(笑

           クエラピスは、本当に手間がかかるお菓子だ。
           材料を混ぜ始めたのが朝の8時半。1時間混ぜて焼き始めたのが10時。そして夕方6時半にやっと
           焼きあがった(笑
           その間、休みなし!まったくあの根気強さには感服する。
           電気のオーブンで作ればいいのに、出来上がりが満足できないとかで炭焼きにこだわる。
           材料代は約500円。店で千円くらいで出来たのが買える。
           でも買うのはプライドが許さないし、あまり美味しくないんだそうだ。
           とにかく自分で作って、親戚や近所の女性達と、今回はああだったこうだったと食べながら反省会を
           するのが楽しみなのだ。
           
           この日は、ダンナの車で出発した7人が到着する予定。
           クエラピスを一つ焼き終えたお母さんは、到着を待ちながら二つ目を焼き始めた!
           まさに執念。クエラピス作りに命かけてるって感じだった。

          
 おしゃべりしながら私もつきあったけど、8時頃から眠くなってきた(笑
           だいたい10時に到着する予定なのに、9時頃に電話しても誰の携帯も繋がらない。
           ということは、まだ遠いジャングルの中を走ってるということだ。
           運悪く、雷を伴ったすごいどしゃぶり。
           お父さんとお母さんが心配してるので、何度もかけるけど、全然つながらない。
           12時を回って、お父さんがうなりだした(笑
           お父さんは体が不自由になってから、ストレスを感じるとすごいうなり声を出すようになった。
           お母さんが、「あの車には私の子供が4人も乗ってる。一気にいなくなったらどうすれば・・・。」と言うし、
           お父さんにはダンナの車のナンバーを聞かれるし、私も心配になってきた。
           そんなときに、突然お母さんに腰を強くする体操と、胸を大きくする体操をやらせられた(爆)
           しかも30分も_(⌒▽⌒)ノ彡☆ばんばん!  疲れてるんですけど〜(^▽^;)
           本当に愉快なおかあさんだ。
           夜中の1時、やっと携帯が通じた(;;)
           お母さんは、号(┳◇┳)泣
           そして2時前にダンナ達は無事到着した。到着と同時に二つ目のクエラピスが焼きあがったのだった。
                      

                

                                     じゃらんじゃらんTOP