アトピーばんざいトップ>


ドタバタで日曜日に出発します。 投稿者:TOKUE  投稿日:12月 4日(土)01時56分43秒
ディズニー・ランド&シーに日曜から行ってきます。「常々準備は早くから」がモットーなのに、できていない。この冬の関西は異常なほどの暖かさです。この頃やっと朝晩冷えるようになってきたところ。真冬の服を出していないのに今朝気付いて、洗濯の嵐でした。公園にはタンポポが咲いているし、ある所では桜の花が咲いているとか・・・。ポンはしっかり10日ほど前から鼻炎で、症状はだんだんひどくなってきています。季節外れの杉花粉に大迷惑です。ニュースより先に気付いたことは喜ぶべきか否か???私は最近娘と喧嘩ばかり。これも花粉のせい?
先日、上の子が卵のチャレンジをして、アナフィラキシーを起こしてしまいました。前回、反応が軽かったので、ビックリ。ゴンは弟の採血の時に、自分は今日は注射はないから余裕って感じで、「看護婦さん、痛くないように上手にしてあげてね」と、優しいお姉ちゃんぶりを見せていたのです。が、食べた直後にいくつかの症状を訴え、アタラックスも効きかず、吸入2回しても駄目で、3回目の吸入の前に、「注射&点滴」の言葉を聞くなり「注射するの?ゴン、何にも悪いことしてないのに、なんでやの?」って、泣き叫んで大暴れしました。血管の確保をした後で、ボスミンを注射しました。全身にひどい蕁麻疹が出ていたのですが、暫くすると消えてゆき、胸の音もきれいになって、処置は終わりました。今回のことで、主治医にアレルゲンを摂取した時の症状を診てもらって(4年ほど前に誤食した時には違う病院に掛かっていていたので、そういう点で、100%理解してもらっていなかったと思うのですが)、子供の体のことを以前よりも分かってもらえたと思います。でも、やはり、こんな目にはできれば合わせたくないです。私は幼稚園の時に病気になって、40日間毎朝毎晩注射をしに病院に通っていたことがありました。泣いたり暴れたりする元気もなかったのですが、注射では泣かなかったそうです。泣かずに頑張ってくれるようにはならないのかなあ?見ている方が悲しくなって、可愛そうで涙が出てきました。
・・・日曜はお天気悪そうですね。まあ、それでも台風とまではいかないでしょう。私、この旅行中に一つ歳をとります。シェフ・ミッキーでアニバーサリーを「ささやかにお祝いしてくれる」って言ってたけど、どんなのか楽しみです。近くのレストランでは誕生日メニューを頼むと、グラスワインやカードなどのチョットしたプレゼントがあって、テーブルの横で5人ほどで「ハッピーバースデイ」を歌ってくれるサービスもついています。結構恥ずかしいんですよね。私としては割引が一番嬉しいのですが(笑)。

フィルターが命 投稿者:管理人  投稿日:12月 3日(金)04時20分39秒
SHOママさん、空気清浄器、多少なりともダニ・ハウスダストの反応があるなら絶対に必要です。浄水器も水を皮膚の洗浄に使うなら必須。地域によって塩素濃度が違うので住む場所にもよりますが、一度お茶を飲み比べてしまうと歴然とした味の違いに手放せなくなります。選ぶ基準は原理が納得できるもの、値段が極端に高くないものですね。それからどちらも有害物質を除去する訳だから「フィルター」が命なわけで、その性能や効果の維持期間(交換の頻度)ですね。ま、その他の対処と併せて総合的な効果なので、効果が見えにくいのは確かですが、アレルギーに限らず健康な生活という意味でおとなのためにもあったほうがよいのでは(答えになってない!)。
ところで、昨日10ヶ月の子どものアトピーを苦に練炭で一家心中のニュースがありました。心が痛みます。子どものアトピーは必ずよくなるものだし、こうした家族を助けたいと思ってることが伝えられないのが残念です。それに・・・いうまでもなく子ども道連れの心中は子どもに対する「殺人」以外のなにものではありません。その意味ではマスコミを賑わす理不尽な殺人者となんの変わりもないんです。

アトピーグッズ 投稿者:SHOママ  投稿日:11月28日(日)16時55分30秒
管理人さん有難うございます。HPのは見せていただきました。ここの会社のものを選んだ理由ってあります?浄水器も色々なのが出てますよね。めちゃくちゃ高いのも・・・空気清浄機って目に見えない効果だと思うのですが、使い始められてから子供さんの体にはよい効果は出てますか?質問ばっかりですみません。

うちのグッズ 投稿者:管理人  投稿日:11月25日(木)04時00分24秒
SHOママさん、うちのグッズたちはこんな感じ。
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/2917/dougu/dougu.html
過去ログで議論してた浄水器ハーレーやゼンケンについてはこちら。
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/2917/kakolog1.html
昨日リンクに追加した川口さんのHP「夜月のアレルギーのページ」もグッズにはこだわってるようです。
皆さん、最近お勧めのグッズはありますか?

アトピーグッズについて&とびうめさん 投稿者:SHOママ  投稿日:11月23日(火)16時01分44秒
私も時々みさせていただいています。
とびうめさん、うちの子も卵・ミルク・小麦に強いアレルギーがあって、少量でもだめなので完全除去です。4歳になった今、アレルギー値は変わらずかなり高いのですが、一見アトピーとは思えないくらいツルツルです。嬉しいことですが、本当に理解してもらうのが難しいですよね。摂取すればショック症状を起こしかねないので(一度ミルクで救急に駆け込んだことがあります)いつも遊んでいるお友達のママたちは、肌のじゅくじゅく時代も知っていますし、いつも話をしていますし、何より一緒に遊ぶ為にはおやつの時に手を拭いてもらったり、食べ歩きをしないように気をつけてもらったりしてもらっている為とても理解してくれていますが、これから年齢的にも親から離れて友達とだけ遊んだりすることもあるでしょうし、誰かにすすめられたら食べられるものかどうかわからずに食べてしまうかもしれないしと思うと、とても心配です。
私は今アメリカに住んでいて、もうすぐ日本へ帰国するので周りの知り合いやお友達が全く変わってしまうため、それもまた心配なんです・・よく話をするしかないですよね。
ところで、アトピーグッズのことでお聞きしたいのですが、
日本帰国にあたり、色々購入したいと思っているのですが、いったいどこのどんなものがいいのかわかりません。まず、今年の春に一時帰国したときに寒さと多分ストーブなどによる空気の汚れが原因か初めて喘息の発作を起こし、それ以来喘息とも戦いが始まったので、今度は対策の一つとして空気清浄機を買おうと思っているのですが、どこかお勧めはありますか?今、ナショナルとDAIKINのものがいいかなと思っているのですが、他にあれば教えてください。あと、これがまた何がいいやらちっともわからないのですが浄水器も興味があります。浄水器って色々ありますよね。酸性水とアルカリ水にわけるものとか・・もしよかったら情報いただけませんか?お願いします!

はじめまして。 投稿者:とびうめ  投稿日:11月22日(月)11時22分58秒
はじめまして。管理人さん、みなさん。
うちは、卵と乳製品にアレルギーがあり、別の治療で小麦も除去しています。
中々パソコンに向かう時間がないので、まだ全部読みきれていないのですが、管理人さんは本当によく勉強されていて、
その情報ををわかりやすく多くの人に提供されていて、すごいですね。ありがたいです。
除去食をしてきて思うのは、本人の自覚と周囲の理解を得るのがほんとに難しいということ。
除去がちゃんとできていて、肌もすべすべなので、アレルギーがあると言っても、ピンとこないようです。
ことあるごとに、周囲の人たちには伝えているのですが・・・
これから、学校へ上がると、一人で行動することも増えてくるので、本人にも、食べられるもの、食べられないものを教えていかないといけませんね。
今は、自分の嫌いなものが出ると「卵が入ってるから食べれないんよ」などと、調子のいいことを言っています。
これからも、ここへ来ては勉強させていただきます。
よろしくお願いします。

あ、それから、私からもささやかな情報提供です。
先日、友人から「良さそうなネットショップ見つけたよ」とメールがあり、
利用してみました。

http://www.a-soken.com/

色々そろっているし、商品の到着も早かったですよ。
中々良さそうです。
ここのリンク集には載っていなかったので・・・
ちなみに、友人の子供たちにはアレルギーはありません。
そうやって、応援してくれる人がいるというのはうれしいですね。

友達にも理解を 投稿者:管理人  投稿日:11月22日(月)04時44分31秒
はじめまして、 りちゃさん。
卵・牛乳のアレルギーは間違いないようで、これらが入っている食べ物が多いですが摂食管理してはどうですか。食アレ対策のみでなく精神的要因が重要なのでそうしたサポートもしてくれるアレルギー科に行かれることをお勧めします。でも中一だとそろそろ思春期。親のみならず医者の話も単純には聞かないかもしれません。部活動も激しいものになってるかもしれませんので、汗をかいたらきちんと洗って拭くといった習慣も重要です。
11月20日の朝日新聞に福助社長の藤巻幸夫氏が子どものときアトピーだったと書いています。彼の尊敬しそうな有名人の体験談を探して話をするなんてのもいいかも。
てるさん、娘さんの自己管理が一番難しいことですね。アレルギーを題材にした絵本なども使ってもっともっと娘さんと話しをしましょう。友達からもらうのは食べたいから?それとも嫌われたくないから?いずれにせよ、家で対策を徹底していればある程度自覚できてくると思います。友達も家に招いて話しをし、除去食材を一緒に食べて友達・友達の親にも理解してもらってください。

知りたい 投稿者:てる  投稿日:11月21日(日)22時42分9秒
小2なる我が娘も乳製品などアレルギーがあるのですが、勝手にお友達からもらって食べてしまいます。
ぜひ教えて下さい!

アトピー対策 投稿者:りちゃ  投稿日:11月20日(土)23時34分24秒
甥(中一)がアトピーで苦しんでいます。乳製品、チョコレート等にアレルギーがあります。アレルギー、特にアトピーを克服した方の経験談をお聞かせ下さい。

タイトル画面について 投稿者:管理人  投稿日:11月 5日(金)08時16分22秒
気にしてくださってありがとうございます。リンク切れとのことですが、タイトルはどのページにもリンクはしておりません。それからジャバアプレットを使っているので、セキュリティを厳しくしててツールのインターネットオプションなどでjava使用可能にしてない方は表示されません。ま、たいしたタイトル画像でもないのでシンプルなロゴのほうがいいかな?

(無題) 投稿者:たろこ  投稿日:11月 4日(木)03時18分59秒

実は私もアトピーでこのページはちょくちょく見させていただいています。
タイトルにあたる部分だと思いますが画像がリンク切れになってるみたいですよ。
ちょっと気になったので・・・。

見ました。 投稿者:TOKUE  投稿日:10月28日(木)13時41分10秒

「本当は怖い・・・」見ました。ちょうどお風呂に入るところだったので、録画して、後から3人で見ました。子供たちはいつも、自分達は大丈夫だと言いながら、この番組を見てるのですが、(私と主人は「もしかして、あの症状は」とか言いながら、ビビって見てます)今回はどうかな?って思っていたら、「こんなんなったこと無いわ」って、他人事のようでした。???ちょっと待った。分かってない。「あんた、顔腫れたことあるんやで」って言うと、「えっ、ほんまに?」との返事。晩に主人が見てる時には主人に「アナフィラキシーショック」の説明をしてました。ゲストの結果には少々驚きましたが、食物アレルギーが案外身近なことで、かつ、生命に関わるような危険なことであることを、高視聴率の番組で扱ってもらえたのは、今まで全く知らなかった人に知ってもらう良い機会になったと思います。K先生はNHKとか特集番組にしか出演しないかたいイメージがあったので、ちょっと驚きましたが、なんだか嬉しかったです。

主治医が出演 投稿者:管理人  投稿日:10月27日(水)18時22分36秒

新潟の地震大変ですね。子どもがいるのでお手伝いはできませんが、食アレの人たちも不自由していないとよいのですが。子どもって自分からはやらないくせに、他の人がやってるとしたくなるんだよねえ。でもこれってうまくすれば誘導に利用できますね。
一輪車ですが、とりあえず乗れるようになりました。応援ありがとうございます(応援してない?)。
ところで、前に主治医が出演するって話してたテレ朝の「たけしの本当は怖い家庭の医学」ですが、昨日放送されました。ちょっと演出過剰な番組ですが、番組スタッフは最初は知識がなかったけど熱心だったって言ってましたよ。

ピアノ♪ 投稿者:TOKUE  投稿日:10月23日(土)17時52分22秒

親子って、怖いくらい似てる〜!ゴンの感覚って、私にそっくり。地道なことが苦手なんです。子供って皆こんなものなのかなあ。って、思うんだけど、見てると腹が立っちゃうんですよねえ。早速「やめないピアノ・・・」H.P.見せていただきました。悪いパターンにピッタリはまりそうだったので、早期対策できそうです。ありがとうございました。うちはディズニー・プリンセスが大好きなので、各月発行の雑誌にプリンセスの映画挿入歌の楽譜が載っているので、ピアノ習って、最終的にはそれらを上手に弾けるようになることが目標です。うちの子、自分からは殆ど練習しないくせに、私が弾きだすと必ず横取りするんです。レッスンの楽譜は練習しないのに、余計な曲は弾きたがる。一応、指の番号が書いてあるので、その通りに頑張ってます。私も楽譜が読めないので、ポ〜ンと音がとんじゃうとこれ何?って、ド・レ・ミ・・・。と数えてるんで、ほんとにチョットは弾けるようになるの?こんなんで良いのかしら?って感じです。でも、管理人さんとめぐみさんの言葉、信じてみようかなあ。子供より、私の方が飽き性だから、どうなることやら・・・。管理人さん、1輪車乗れるようになりましたか〜?なんか、コマ付きに変身したようですが(笑)

季節感 投稿者:管理人  投稿日:10月19日(火)19時58分40秒

ランドは皆さんにご心配をおかけしました。今回のパークはJR緑の窓口で予約したものです。期間限定のパレード見損なったので、ハロウィンまたリベンジしたいですね。見ようと思っていたバズのアトラクションは大行列だったので次回持ち越しです。
ゴンちゃんピアノ習い始めたんですね。ウチの長男は家でなかなか練習してくれなくて、「やめないピアノ・エレクトーン楽しい家庭練習メルマガ」
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/2978/
を購読してやる気にさせる勉強しています。続けるコツは好きな曲を練習することかな。
めぐみさん夫はランドだめですか。シーなんかは酒も飲めるし私のような仕掛け物・メカ好きな男も楽しめると思うんだけどなあ。食わず嫌いでは?でもやっぱり子連れは疲れます。最近のものだと横浜の吉本水族館なども面白そう。
まずいは厳禁で「口に合わない」、なかなか良いです。ウチは妻が見栄えに凝る人なので、女の子だとちょうどよかったんだけど、繊細げな長男には多少有効みたいです。でも、私の「出て行けっ」が炸裂したりします。まあ口に合わない時以外、おいしいときには「おいしかったよ」と言わせたいですね。笹に紅葉に椿に桜の給食っ・・・すごい。食べ物の旬に合わせた季節感は重要ですね。給食の写真、ぜひ見たい。ウチにもありますが定時に自動で撮影できるデジカメがあるので(1万円ちょっと)天井にセットするとかして。それにしてもご自分で楽しんでる姿が素敵です。

料理の見栄え 投稿者:めぐみ  投稿日:10月16日(土)06時33分16秒

台風の中のディズニーランド、大変でしたね。こちらは、ひたすら雨だけで、肩透かしの台風でしたが。我家は父さんが興味が無いので、なかなか行けませんね〜。な〜んて予算もありませんが・・・。結婚前にランドに遊びに行き、ずら〜りと並んでるゲートを見て『ここで写真撮って帰ろうよ。』と駅からの歩道橋の上で写真を撮ってそのまま水族館へ行きました。『こっちのがすいてていいじゃんっ!』だそうで、全然違うとこだっちゅーの!!そんな父ちゃんですわ。その後子供が無料のうちに行こう!と出動したも、父ちゃんは、荷物番に場所取りに順番待ちに従事。(めんどくさくて動くのが嫌だっつーから、ちょうどよかったの。)私は下の子抱っこで上の子を追いかけ、走りつかれてベビーカーに乗せたりと、かなりヨレヨレ・・・。もう少し大きくなったら、三人で行っちゃおう!と企んでます。
お弁当の見栄え、大事かもしれませんね。朝の忙しい時にそんなんまで考えてられるかぁ〜っ!お腹が満たされればいいんじゃっ!と毒づきながら詰めたりしてます。でもって、我家では、『まずい・おいしくない。』は厳禁なんです。同じ物を美味しいと思って食べてる人もいるんだから、『口に合わない。』と言いなさいと言ってます。『あら、残念。口に合わなかった?じゃあ、少しにしておく?』なんて、結局食べさせてるけど。
給食では子供の心を育てる保育の一環として、その辺りは厳しく突っ込まれます。トホホ。煮魚、焼き魚の時にはどうしても彩りが・・・なので、庭の笹を敷いたり、紅葉を添えたり、これからだと椿の花や春には桜、たんぽぽを添えます。柿の葉やコスモス、その辺に生えてるツユクサも使ったりして。園では器も陶器の物なので、和食器にしたり洋食器にしたりでずいぶん雰囲気も出ます。離乳食といえども大皿にオードブルのごとく盛り付け、そこから保母が取り分けます。いつか写真に取れたらな〜と思ってるのですが、忙しすぎて、気が付くと子供たちのお皿に取り分けられた後なんだな〜。 そして、うちではそんな事やってられないのが現状です。紅葉や笹なら、お弁当にも活用できそうですね。食用菊ならもつけれど、野の花はすぐにシュンとしてくるのでお弁当には向かないです。なんて書くと想像が膨らんで料亭のようなお料理をイメージされると違うんだけど、食材のほかにも庭の草花を添える事によって華やかにもなるし季節も感じられるように極力気をつけてまぁす。うまく出来た時は、それを見てホッと和んでいる自分がいます。
TOKUEさん、ピアノ一緒にやったら弾けますよ。コツは、毎日弾く事。子供の方が断然上達が早くて悔しいのですが、とにかく毎日弾くに限る。勉強だとつらいので、楽しんでくださいね。(私は勉強だと思うとつらいけど、好きな人もいるかぁ。)

無事の御帰宅、ホッとしました。 投稿者:TOKUE  投稿日:10月13日(水)14時22分22秒

管理人さん、今回のパークは何で行ったのですか?うちは「超早割り」という航空券をとることができました。バースデイ割引より随分安いそうです。赤ちゃん顔で小振りなポンも100センチの17キロ。さすがに2歳では通用しないので、航空券は4人分。少しでも節約せねば。シェフミッキー楽しめて良かったです。確かにプルートはひょうきんで楽しいですね♪ポンがプルーとファンなのは、シェフミッキーでの体験に起因しているのかも知れません。ホテルマンの「こんばんわ」には爆笑しました。台風だと外が危険なので、特定の所に集中して大変だったでしょうねえ。私が雪のランドを経験した時は、沢山のアトラクションを回ることができました。きっと、あちこちに分散できたからでしょう。一度、ハロウィンの季節も行きたいのですが、台風がなあ。初めての旅行では心配なことが多くて、必要以上に荷物も多かったのですが、ホテルの対応が分かってきて、荷物は年々減ってきました。
おにゃあにゃんさん、ありがとうございます。気持ちに余裕がなくなると、子供の甘えを受け止めてやることが出来なくて、イライラしてしまう。怒った後で、可哀相だったかなあ。なんて反省してしまう。そんなことは子育てに付きものなのかなあ?料理の先生の話、参考になりました。見た目の可愛いお弁当って、難しいですよねえ。そういえば、人参を花形で抜いた日には喜んでいたような・・・。味より見栄えですか。外食する機会が殆どないから、見た目のことをすっかり忘れていました。チョット工夫してみます。包丁のテクニックないから、本でも見て勉強しなくっちゃ。ゴンがピアノを習い始めました。今のところ私も付いているのですが、30年前、習いかけてすぐにやめてしまったのを少々後悔しています。一緒に勉強しても弾けるようにはならないんだろうなあ。

台風直撃っ 投稿者:管理人  投稿日:10月11日(月)20時53分0秒

台風の中のディズニーランド、ほんと直撃ですごかったです。暴風雨の中、パレードは全部中止、野外の屋根付きの乗り物をずぶぬれになりながら乗りました。唯一シーの機械仕掛けのアトラクションであるブラビッシーモ、濡れながらの待ち時間をぐずりながら見ることができました。1日目シーではマーメイドラグーンに避難していられたのですが、2日目のランドは台風直撃で、追われるように帰ってきました。ランドは雨宿りしながら遊べるところがないですね。予約しての客が多いせいか台風でも人出は多かったです。
TOKUEさんにアドバイス頂いてたシェフミッキーも楽しめました。プルートがひょうきんで面白かったですね。トラブルもいろいろ。次男は夜中ベッドから2回落ちるし、台風で朝が暗かったのでホテルマンすら「こんばんわ」と間違えたり。それにしてもさすが「アンバサダー」、夕食のシェフミッキーも朝食も、持参した調味料で調理してもらったのでレトルト食品も使わず、対応も素晴らしかったです。
小学校ほんとにいろいろあります。ウチではなぜか夏休みに子どもがプールに行きたがらなかったのですが、理由を言わないことが多く、不安に思ったりしてました。本当の理由は最後まで分からずじまいで、単純に怖いだけだったのかもしれません。忘れ物や他の子との関係やら何やら。確かに気にしてたらきりがないってのはホントですね。
おにゃあにゃんさんの「原則として、おいしくないと言ってもよいが、食べる。どういうところがおいしくないかをはっきりさせる」というのは含蓄がありますね。「なぜおいしくないと感じるかを明らかにする」というのは、いってみれば「自覚しながら食と向かい合う」ということ。料理を子どもとのコミュニケーションツールと考えればこれについて話し合うことは食育そのものだし、見た目でコミュニケーションできますね。それに色彩バランスがいいということは結局栄養バランスもいいということです。それにしても後で嫌いなものでも「〜が好き、食べたいな」なんてかわいいじゃありませんか。男の子じゃ、きっとこうはいかないな。まあ食べる食べないが変るのはウチではよくあることで、子ども一般としてあまり気にするものではないかもしれません。ウチだと食べたくない物はすぐに「嫌だ、食べたくない」で、私が「お母さんが作った物を食べたくなければ出て行けっ」、これに妻がとりなすというパターンです。ですが、妻がいないときは別パターンなので、「嫌い」には母親への甘えがあるように思います。

私が料理を作ったとき、初めは見た目を全く気にしなかったので誰も食べてくれなくて、多少色と盛り付けに気配りするようになったら、みんな食べてくれるようになりました。でもウチは男の子の分、楽です。ま、逆に自分が料理をするようになって初めて、きれいな料理やいい材料を使う料理が必ずしもおいしいとは限らないことを知りました。

次は遠足 投稿者:おにゃあにゃん  投稿日:10月 7日(木)14時25分47秒

ゴンちゃんもポン君もしっかりしている。あれれ、いくつだったっけって思ってしまったくらい。
うちの娘も、話が遅いと心配したわりには、よくいうようになったけれど、肝心なところで、うまく気持ちが伝えられないところがあるかなあ。
私自身が、自分の気持ちをわかりやすく表現しているか??のところもあるから、よい見本がないせいかなあなどとも、怒った後に、反省したりもしています。
毎日のお弁当はたいへんですね。私も自分のお弁当は毎日作っているのですが、人に見せるのはちょっと恥ずかしいかも。
先日のTOKUEさんのお弁当は、十分においしそうです。彩りも栄養バランスも悪くない。
肉まきだなんて、手間かけてるし。
私は、どうしても見栄えより、味や作るのにも片づけにも手間がかからないこと重視なので、なかなか、かわいくできません。(センスのなさもありますが)
でも、娘にとって、「かわいい」「きれい」はすごく重要そうです。
同じ味の人参でも、丸のままよりハートの形で抜くだけで、評価が10倍になるみたい。
よく、幼児雑誌に、お弁当見本がのっていて、これ作ってといわれます。
内容をみるとたいしてうまそうなものはないのですが…。結局うやむやになってしまいます。
ある料理の先生によると、おいしさの決め手は、味が30%だそうです。
後は、盛り付けとか、食事の雰囲気とか、こちらの70%の方が、私には難しいです。
子供が、作ってくれるものに不満をもたないというのは、かなり難しいことではないでしょうか。お弁当ではないけれど、私も食事のことでは怒ることがあります。
「早く、大きくなって、自分で好きなごはんを作りなさい」
「大きくなったら、自分で後でかゆくなってもいいかを考えて、食べてちょうだい」とか言ったりしています。その後、何日かして、突然、「〜が好き、食べたいな」と、食べなかった「〜」のことを言う時があります。私の気持ちを慮ってのことなのか、そう聞くと、胸がいたみます。原則として、おいしくないと言ってもよいが、食べる。
どういうところがおいしくないかをはっきりさせる。で、うちはいこうと思っています。
母の料理の不満部分を、自分が料理を始めるきっかけになればいいかな。
また別の料理の先生の話になってしまいますが、子供の頃、母親の地味な健康日本食に反発して、美食にはしったが、やっぱり母の料理よいことがわかったということを言っていました。
子供の頃にちゃんとした食生活をして、健康を実感すれば、一時くずれたとしても、きっとわかってくれるでしょう。
もうすぐ、秋の遠足。お弁当には、娘もすごく期待しています。
タマのこと。計画たてて、ちょっとはがんばらないと。

すごすぎます。 投稿者:TOKUE  投稿日:10月 5日(火)13時16分43秒

屋内での運動会、初めて聞きました。ダンス、可愛かったんでしょうねぇ。小さいうちは歩いてるだけで可愛いんだから、踊る姿なんて、見てるだけで感激ものですね。朝の会話、お弁当の話には胸が熱くなります。選択肢がないのに、うちも毎朝聞いています。今朝もゴンがおかずの不満を言いました。ポンは「そんなん言うな!」と、反撃。私もさすがにムッとして、「どうしてそんなこと言うの?誰かに何か言われたの?ママね、ゴンが恥ずかしくなるようなお弁当作ってないよ。お友達のお弁当はそんなにいっぱい入ってるの?ゴンは冷凍食品が殆ど使えないから、沢山の種類のおかずをチンして入れるのは無理よ。一回、先生に聞いてみるわ。『これは不満に思うようなお弁当ですか?』って。」と、言いました。すると、「先生に怒られるから、言わないで〜」って、泣きながら訴えるんです。ウインナーやコロッケや卵やチーズ。他の子のお弁当にはそのての物が毎日形を変えて入っていることは想像できます。そんな物は入ってなくても、彩りとバランスを考えて、工夫してるつもりなのに、ほんとにがっかりです。言葉にするかしないかじゃなくて、不満に思うことが、私としては気に入らない。いつも話を聞いてやる母だけど、この時ばかりは「そんなに不満なら、お弁当持って行くのやめて、昼から帰ってきなさい。イヤだったら、自分で作りなさい!」っと、怒ってしまいました。うちの場合、私の気持ちは子供には伝わってないような気がします。小学校給食が思いやられます。とてもしっかりしたところもあるのに、聞き分けのないところもあったりして、まあ、まだ6歳だから仕方ないのかも知れませんけど、悲しくなります。小学生の食アレの子(毎日弁当持参)を持つお母さんが、「小学校は色んなことがたくさんあるから、給食もその中の一つのことに過ぎない。そんなことだけにかまってられない。」って、笑っていました。子供の性格によるのだとは思うのですが、それが本当だと気分も楽なんだけどなあ。
シェフ・ミッキー取れたんですね。カメラとビデオ忘れないでください。何度もテーブルに回ってきてくれるから、イヤと言うほどチャンスがありますよ。週末、お天気が心配ですが、たくさんの
アトラクション回れると良いですね。リニューアルしたショーもあるみたいですし、土産話楽しみにしています。楽しんできてください。

雨の運動会 投稿者:管理人  投稿日:10月 3日(日)17時58分48秒

こちらの運動会は雨を予想して万国旗をテラスの中に設置する、プログラムのうち、かけっこを先に屋外でやってしまうなど、開始30分後に降り出した雨の後は屋内のホールの戸を全部はずしてオープンにしての行事になりました。大変ではありましたが、なんとか終わりました。長男にも卒園児として行事資材の屋内運び込みの手伝いさせられたし、久しぶりに卒園児同士で遊べたようです。以前から「全部覚えたので休んでも大丈夫!」との次男はかけっこも一番、ダンスの振りもちゃんと覚えていて、「なんで園のことはちゃんとできるの?」と不思議です。
TOKUEさん、皆と一緒に同じ物が食べたいけれども、中に何が入ってるか分からないので、ママが作ったお弁当にする」自分の気持ちと周囲の状況という異質なものを天秤にかける、「判断」してますねえ。おとなだってできなかったりする。何より「安心」を基準に物を考えることができるのは親としても安心ですね。
ちなみに、ウチでは子どもの気持ちをよく聞く母親と全く聞かない私という役割分担?ができてます。感受性が強いくせに感情表現が下手なうちの長男は、よく涙うるうるで黙ってしまう。言葉にできないので何が言いたいのか分からないけれども、いろいろ感じて何か考えているらしいことは分かります。学年で一人、弁当を持っていって、「給食のメニューと近い感じだった?」には「知らない」「見てない」といいつつ、時に「全然違う」「似てない」と言うことがあるのは、まあ、ある程度給食を気にしている様子でもあります。作ったときに「これでいい?」と子どもに聞く妻に「選択肢がないのに子どもに聞くなよ」と私は言うのですが、いつも頷いて弁当を持っていく長男には、きっと母親の気持ちは伝わってると思うのです。子どもの言うことはさっぱり聞いてやらなくとも、遊んで抱っこしてやっている父親もきっとどこかで子どもと繋がっていると思ってます。
ディズニーランドいよいよ今週末!もちろん指示どおりシェフミッキー頼んでありますよお。

運動会。 投稿者:TOKUE  投稿日:10月 3日(日)14時54分37秒

途中降り出した雨で、プログラムのカット及び変更があってドタバタしましたが、何とか終わりました。先生方も実行委員も皆焦っていて、わっちゃわっちゃしていましたが、やれやれって感じです。管理人さんの方は天候厳しそうですねぇ。
SHOママさん、幼稚園決まって良かったですね。「園も・・・勉強させていただきました」ってところがポイントかな?楽しい幼稚園生活になりますように。私も色々ありますが、その中で結構楽しんでいます。「理解してほしい。」って思って、熱が入ると、相手にプレッシャーを与えてしまうということにも気付きました。
先日のゴンとの会話です。「この頃ね、とっても気になってることがあるの。気になって、気になって仕方ないの。」「何がそんなに気になるの?」「もうすぐ小学校行くでしょう?幼稚園はママが作ったお弁当だけど、小学校は給食があるでしょう?給食は牛乳も出てくるし、卵や乳が入ってる物も出てくるかも知れないでしょう?もし、それを食べて、学校で唇が腫れてきて、ぶつぶつができたりしたらどうしよう。イヤだなあ・・・。そのことがとっても気になって・・・。」「そう、ママもそのこと気になってたんだけど、ゴンはどうしたい?」「私ね、皆と一緒に同じ物が食べたいの。でも、食べられそうな物でも、中に何が入ってるか分からないでしょう?そんなの食べるの不安だから、やっぱりママが作ったお弁当にする。だから、お弁当箱に入れて!」「その方が良いの?全部お弁当にするの?パンはみんな牛乳が入ってるんだって。でも、白いご飯の時はゴンも食べられるかも知れないよ。」「でも、何が混ざってるか分からないから。」「そう、じゃあ、ママも給食のこと分からないから、小学校の先生に色々聞いてみて、考えようか。」「うん!」
子供がこんなこと言い出すなんて、思ってもみませんでしたから、ちょっとドキドキしました。「少しでも食べられる物があれば、」と、一部給食を勝手に考えていましたが、給食センターと学校と親とのやり取りだけじゃなく、子供の気持ちも大切なことを痛感させられました。「安心だから、ママが作った物を」って、自分から言ってくれたことには驚きました。小さくても、色々考えてるんですね。子供がお利巧になってきた分、親の方がいい加減になってきちゃいました。
管理人さん、もうすぐディズニーランドですね。計画の方はどうですか?なんか最近、全く何もやる気がなくて困ってしまいます。沢山するべきことがあるのになあ。それにしても、10月2日が豆腐の日とは知りませんでした。

今日は運動会 投稿者:管理人  投稿日:10月 3日(日)03時56分53秒

SHOママさん幼稚園決まりましたか、よかったあ。前例のある幼稚園ならまずは安心です。4月から入ってたアトピーの子の親とも仲良くなって情報交換できるといいですね。結構あるのですが、メールの問い合わせには返事が返ってこないことがあります。企業でも役所でもそうですが、形だけ義務的にHPを作ったけれどもメールチェックしない(できない)担当者がいたりするんです。ま、表面上のアトピー対応給食としているだけなのかもしれませんが。私はどうしても通したい依頼は手書き縦書きの手紙を書くようにしています。妻には「あんな汚い字で出したの?」と驚かれますが。
TOKUEさんの話には感動者続出ですね。ウチの場合、我が家の4歳が昨日10月2日は昨日は豆腐の日にも関わらず「豆腐嫌だあ、肉食べたい〜」と1時間泣き叫んだあげく、「おかあさんに謝りな」にも謝らないまま、最後はのうのうと食べていました。でも心の中ではちょっと謝ってるかな。親の苦労は野性動物の彼にはあまり通じていません。この頑固さは親の遺伝子?むむむ負けないぞ・・・
こんな様子の彼も今日はTOKUEさんち同様運動会。東北はちょっと天気が心配。

幼稚園決まりました。 投稿者:SHOママ  投稿日:10月 2日(土)15時39分1秒

お久しぶりです。9月の頭から1ヶ月ほど両親が日本から来ていてパソコンに向かえませんでした。TOKUEさん、書き込みしてくださってたんですね。有難うございます。
本当に、こんなにも多いアレルギー、もっともっと周りの理解が深まればと思いますね。
しかし、TOKUEさんの子供さんかわいいですね。いいお話やったとわかるんですね。ここの会話だけでもなんだかうるっと来た私です。
この掲示板で幼稚園の件で相談させていただきましたが、とりあえず幼稚園が決まったので報告させていただこうと思いまして・・・いくつかの幼稚園へ問い合わせして、メールアドレスが載っていたある幼稚園にメールで相談し何の返事もなく、がっかりしたこともありましたが、一つHPにアトピー対応の給食が出せますと書かれている幼稚園を見つけ、対応といってもどんなものかなぁとあまり期待せずに電話してみたのですが、その園には今年の4月からうちの息子と同じくらいかもっと重度のアレルギーを持つ子が入園していて、給食も業者を4社に分けていてそのうちの1社だけだけれども調理器具から別にして完全除去の給食を作ってくれるそうで、週2回だけ給食も食べることができ、教材も小麦などが含まれているものはそのクラスでは避け、薬を常備するのも問題なく、救急処置のできる人が常に園におられるとのことで、その子も親も最初はおそるおそるの幼稚園生活だったけれども、段々自信をつけて元気に登園してくるようになりましたよ。園もアレルギーについて、アナフィラキシーについて勉強させていただきました。とのお話を聞くことができ、是非この園に入りたいと思い申し込みました。
この園はとても人気のある園で、毎年願書提出の日に大勢の方が並ぶのでご近所とのトラブルもあったらしく今年から9月の末に抽選を行うという方法に変更され、祈りが通じたのか、当選(?)することができました。実際に入ってみないとどうかわからないというところはありますが、とりあえずアレルギーに対してとても理解のある園に入園できることになりました。これから入園までに密にコミュニケーションをとって安全な環境で息子が園を楽しめるようにしてやれたらと思います。給食も週に1回でもいいから今まで出来なかった友達と一緒に給食を食べるということができたらいいなぁと思います。どんなに喜ぶかと思います。日本の気候や環境に息子の体がどう反応するのかとても心配ですがよい方向に向かうように祈りながら入園準備をしたいと思います。ちなみに幼稚園は四条畷市にある幼稚園です。もし情報が必要な方がいらっしゃったら言ってください。まだ入園していないので実際のところどうかわからないので、情報提供は入園してからのほうがいいですよね・・
それから、TOKUEさんが書いてくださってましたが、日本へ帰ってからの病院をどうしようか悩んでいます。今は年1回一時帰国のときに関西医大の小児科のアレルギー科へ行って検査してもらっています。先生はとてもいい先生でメールで相談にものっていただいています。ですが、アトピー治療においてはどうなのかな(こんな書き方申し訳ないのですが)と、他の日本の先生と比較したこともないのでわかりません。帰国したら家の近くにも喘息の時などすぐにいける病院もさがしておかなければと思っています。TOKUEさんの行かれている羽曳野の病院も興味があります。主人の実家が堺なのでそこからだと遠くないですよね?一度行ってみるかもしれません。また病院のことをお聞きするかもしれませんが宜しくお願いします。
他の方も大阪のできれば市内を含め、東のほうでここの病院がいいよ!というのがあれば教えていただけたらと思います。ちなみに息子は食物・ハウスダスト・花粉(雑草のようです)にアレルギーがあり、喘息もあるもうすぐ4歳の子です。
文章がうまくまとまってなくてすみません。
色々有難うございました。それからこれからも宜しくお願いします!!

あはは。 投稿者:TOKUE  投稿日:10月 1日(金)21時33分11秒

うちの子達、特にポン太郎はとてもお喋りなんです(笑)。私が理屈っぽいから、子供達もそうなのかも(汗)。昨日、お弁当に入れたにんじんは美味しくなかったようで、「今日の弁当、にげ〜っ!(苦い)」と言って、残してました。ゴンは「ママが作ってくれたノン、嫌いでも食べなあかんのに〜!」って、今度は逆の立場です。姉弟って、面白いですね。私は管理人さん宅の子供さん達の強さや素朴さに憧れてしまうのですが、ないものねだりでしょうか?日曜日は運動会です。私は放送係でプログラムを読み上げます。特等席は良いけれど、ビデオ無理かなあ?皆さん、運動会は終わりましたか?

お弁当の思い出 投稿者:管理人  投稿日: 9月30日(木)18時06分40秒

子どもの弁当への想いは格別ですね。私も子どもの時の弁当を覚えています。でも、今思えば一所懸命に作ってくれたんだろうけれども、思い出すのはおかずの中身だけ・・・「親から子へは片思い」ですね。でもTOKUEさんと表現力と感受性豊かな子どもたちのやりとりを読むと、子どもからのフォローもしっかりあって、いいなあって思ってしまう。子どももしっかり言葉で自己表現するのは東北と関西の違いかなあ。

(無題) 投稿者:TOKUE  投稿日: 9月30日(木)10時23分21秒

管理人さん、めぐみさん、ありがとうございます。この園の、ある種のことに対しての嫌な雰囲気は全て人権意識の低さからきているのだと思います。このての人権意識は教育されて分かるものではなく、人間性の問題が大きいと思うので、今更分かってもらうのは無理だと思います。「障害者はかわいそう」みたいな、健常者の傲慢な感覚がある限り、共に生きてゆこう。っていう姿勢は願えないでしょう。情けない話です。
市議会の感想、弟のポン太郎のです。姉のゴンは厳粛な会議の雰囲気が恐ろしく、終わって、ホッとしたって感じでした。あの子はもっと複雑な思いだったのかも知れません。まあ、何れにせよ、2人ともあまり単純な方ではないようです。
ある日の夕食の最中に、ゴンが「お弁当のおかず、美味しかったけど、種類が少なくてショックだった」って、泣き出しました。ポン太郎は「そんなん言うな!ママが一生懸命に作ってくれたお弁当やのに〜」って、ゴンを攻撃。主人も「そんなん言うたら、ママ悲しむと思うなあ」って、私をフォロー。(お弁当の内容は、南瓜の肉巻き・アスパラとニンジンの肉巻き・ブロッコリー・ミカン・ご飯にふりかけです。もう一品くらい入れても良かったのでしょうが、晩のうちに何も下ごしらえしてなくて、5時半に起きて野菜洗うことからしていたので、余裕がありませんでした。)客観的に見たら、ゴンはとても我儘に思えるかもしれないけれど、そんなことで泣き出してしまう我が子が不憫に思えてきて、ゆっくり聞いてやりました。そして、色んなことを考えてしまいました。私が小さい時、お弁当に玉子焼きとウインナーしか入ってなかった時がありました。遠慮しながら訴えると、「おかずなんか、玉子焼きだけでもええねん。」って、軽くあしらわれたのを覚えています。うちの母はとても忙しい人だったので、まあ、仕方ないか。って感じで受け止めていました。お弁当の文句を言えば、私に悪いと思いながらも、言いたかったゴンの気持ちを考えて、複雑な思いでした。後で泣きながら、ごめんなさいと言ってたのも余計に可愛そうで・・・。でも、とりあえずは聞いてやったので、私もスッキリして、ゴンもスッキリしたみたいです。何か言ってみたかったんでしょうねえ。どの程度突き放せば良いのか、難しいです。が、最後は笑顔でオチャラケていました。
以前、愛知県(名古屋だったかどうか分かりません)に住んでいた人が、「食べられない加工品があった場合はその分を給食費から引いてくれる」って言ってました。チョットでも食べれば全額請求なんて所もあるらしいのに、すごいと思いました。ちなみに、うちの所は主食と牛乳とおかずの3つに分かれているみたいです。代替食は憧れます。

錯覚… 投稿者:めぐみ  投稿日: 9月25日(土)23時44分35秒

TOKUEさん。戦う母ですね。でも、ゴンちゃん、そんなお母さんの姿をしっかりと感じ取り、感性豊かに育ってらっしゃいますね。傍聴会の感想はすごい!それにしても園長先生ったら恩着せがましい態度ですねぇ。管理人さんじゃないけど、差別意識を感じずにはいられません。関西はアレルギー対応が進んでいるって転勤されてきた人に聞いたことがありますが、園や学校、自治体によってずいぶん違うんでしょうね。うちは、名古屋ですが、特別進んでるとも思えないけど管理人さんの学校よりはマシ?かも。娘の給食を連絡帳に『来週からお弁当にします。』と書いたら、担任のサインがしてありました。ただそれだけ。もちろん以前にアレルギーの事を話してあり、給食を食べるに当たって、『牛乳は無し。卵は、調理段階で抜く。二次製品はそのまま。』という対応をしてくれていました。『ウズラ卵の串揚げ』の時に同じくらいの大きさの鶏肉を3個刺して『焼き鳥』が出たそうです。全然期待していなかったので、娘から話を聞いて、ちょっと感動しました。除去内容が軽度だからなのでしょうが。
話は変わり、息子は、食べ物に関しては常に私の監視下にある状況です。家庭の食事はもちろん、園の給食も私が作っているから。一番交流のある保育園は、たまたまアレルギーに理解のあるところで(園長のお子さんも食べられないものがあり、園児にもアナフィラキシーを起こす子がいた。)安心して給食をご馳走になれるのです。しかも、人手不足による調理補助という形で交流保育の時には私も行っています。ところが、別の園で給食をご馳走になることになり、何が食べられないのか?と聞かれ『えっ?なんだっけ?5大アレルゲンは当たり前なんだけど・・・あとは、え〜っと…』と戸惑ってしまいました。ここ最近彼の食べられないものは、普通に無い、もしくは代替食があるのが当たり前、なので、何でも食べれている錯覚を起こしかけていました。いやはや、危険危険…。

ほやの市民権 投稿者:管理人  投稿日: 9月21日(火)03時57分43秒

おにゃあにゃんさん、ほやの市民権獲得に多少役立ってよかったです。なんたって奴らは原索動物(どうぶつだって知ってましたよね)、我々脊椎動物のご先祖のような存在です。敬意を払って食べましょう。おとな的にはシソとキムチ和えです。
プラ板を焼くのは国内でもありますね。ウチでも確かイベントで作ったものをもらってきたことがありますがやはりウチで焼くのには抵抗があります。子どもがいないときに焼いて作るという手もあるでしょうが、縮むところが見られないとつまらないでしょうか。
TOKUEさん、気持ちお察しします。皆で同じ物を飲めるようにって言ってくれているのに安いものをって言う人の神経、高圧的な園長さんの表現、これには無理解を超えて何か差別意識のような嫌なにおいを感じます。
ウチの子のIgEは結構下がっているのでチャレンジテストすればかなり食べられるのだと思います。が、顔やひじの内側のがさがさ、総IgEの増加を考えると、花粉など新たに食べ物以外に感さしている気がします。それに、基本的に和テイストの生活から洋食ありのライフスタイルに戻るのに抵抗があります。
ところでローカル番組で特集されましたが、医師会主催で保育士を対象とした除去食(配慮食という言葉もあるんですね)研修会が仙台であり、多くの参加者がありました。熱心な医師がいるので地域の保育園では除去対応が当然になりつつあります。

諦めるのは悲しいことです。 投稿者:TOKUE  投稿日: 9月18日(土)17時45分31秒

管理人さん、お返事ありがとうございます。数年前、こんにゃくゼリーを喉に詰まらせた子供さんのことを新聞で見ましたが、グミは誕生会などでは出るので、幼稚園では危険だから食べさせないというルールはありません。子供の安全を考えてのことなら、私も従うべきだと思います。前にお話ししたかも知れませんが、夏休み前の夕涼み会の時、子供達が食べられる物が一つもなかったんです。PTAの会長が気遣ってくれて、「ジュースだけでも皆で同じ物を飲めるように」って、言ってくれたのですが、実行委員の一部のお母さんが「10円でも安い物を」って言って、嫌な思いをさせられました。そんな話でも、園長は一言も何も言ってくれなかった。(園長には前もって、夕涼み会では食べ物について主張しない方が自分の為よ。って忠告されました。市教委は子供の為に主張するべきことは主張しなければいけない。と言ってくれました)結局、うちの子が飲めるのが一番安かったので、そのジュースになりましたが、「差額は私が出すから」って、言いたいくらいでした。子供のお誕生会の月には「今月はゴンちゃんのお誕生会だから、『ゴンちゃんが食べられる物にする』っておやつ担当が言ってたわ。それで良いでしょう?」って、園長にさも「文句はないでしょう?」ってな言い方をされました。そんな時、私は「ありがとうございます」って、頭を下げます。根本的な感覚が違い過ぎるから、ストレスがたまります。そんなことがちょくちょくあるから、ついぴりぴりしてしまうんだと思います。でも、ぼやき過ぎですね。スミマセンでした。子供さんの検査結果見ました。すごいですね。0が並んでいたので驚きました。チャレンジテストはどのくらい進んでいるのですか?うちはまだ上が牛乳85・卵50。下が卵82・杉40、その他もろもろで、全然です。先日、他市で保健師をしている姉と小学校給食のことを話していて、うちの子達が食べられないこと言ったらビックリしていました。給食センターが除去食を作ってくれないことにも驚いていました。保健師してる実姉が知らないんだから、世間の人が知らないのも仕方ないですね。給食センターは「できるだけ卵牛乳は使わないようにしている」って、言ってたけど、実態はどうなのかなあ。アレルギーの子用の献立表を見てみたいです。

ほやとアメリカみやげ 投稿者:おにゃあにゃん  投稿日: 9月17日(金)13時01分52秒

報告が遅くなりましたが、ほやを食べました
ほやについては、ずいぶん勘違いをしていました。(旬も食べ方も)昔、居酒屋で塩辛を食べたくらいだったので。
去年は、縦半分に割って、ずいぶん殻が厚いなあって、内臓の黄色いところ周辺しか食べなかったような気がします。
「海の楽器」のページをよくみておけばよかったです。
今年は、しっかりいただきました。酢とみりんとわさび少々でいけました。
子供にも少し、アトピーにいいかもと。おつゆの具にしてあげましたが、不評でした。
(火をとおしすぎたか)
来年の初夏は定番の肴になりそうです。

アメリカから一時帰国した友人と久々に会いました。
食物アレルギーの話をすると、アメリカではあまり聞かないなんて感想を。
ピーナッツアレルギーがあるじゃないと言うと、ああそうかって感じで、やっぱり当事者ではないと、そうゆうものなのかもしれませんね。
アメリカでヘーゼルナッツの花粉症になったというのに、食べ物はまた別扱いなのですね。
その友人からおみやげに子供の工作おもちゃをもらいました。
プラスチックの板に、色鉛筆で絵を書いて、それをオーブンで焼くと縮んで、硬くなってアクセサリー等々にもできるっていうものです。
ありがとうもらったけれど、化学物質とか大丈夫なのかなとちょっと不安。
まあ、もう何でも口にいれるトシではなくなったのですが。

インドハーブ 投稿者:管理人  投稿日: 9月14日(火)20時00分37秒

中村さん、お話のインドハーブWrightiaTinctoria(リーティア・ティンクトリア、別名Vetpalai)ですが、インドのチェンナイにある国立研究所が4年ほど前に乾癬など皮膚病に効くという発表を行い特許を取っており、そこのHPでは副作用はないけれども医師の指導に従うよう書いてありました。ただ、なぜ効くかメカニズムはやっぱりよく分かりません。当該ホームページはhttp://ccras.org/Sidh_psor.htmです。参考になりましたでしょうか。
TOKUEさん、もし「グミは食べちゃいけない」というルールがあるならば、それは従うべきだと思います。たぶん昔、窒息事故かなんかあったからでしょうか。生卵はサルモネラの危険があるので子どもはだめです。もちろんこれらは一般的な保健としての話。
問題は、特別対応してないのに説明しながら生卵を出さないと言うのは、恐らく対外的には食アレ対応しているようにみせかけて内部的には食アレには対応しないという二重基準ですね。これはよくない、するのかしないのか、しないならできるけどしないのかできないからしないのかはっきりすべきです。あいまいにして逃げるなんてどっかのお役所のようだ・・・

実は・・・。 投稿者:TOKUE  投稿日: 9月11日(土)16時58分11秒

その議員さん、議員になる数年前から食アレサークルの友人と親交があったんです。単なる聞きかじりでできる質問や要望じゃないですよね。だからこそ、私達の心に響いたんだと思います。うちの町はオープンだったんでしょうか?議長からはじろりと睨まれたような気がしましたし、休憩の後、訝しげに見ている議員さんが居たので、もしかしたら、前代未聞だったのかも。つまみ出そうとすると、子連れで傍聴に来るような若手は何言い出すか分からないから、黙っていたのかも。なんて、友人と笑ってました。実際、友人のご主人は新聞社勤務なので、うるさいかも(笑)。
さて、先日、幼稚園で敬老の集いがあったのですが、その時、疑問に感じたことがありました。5種類ほどお菓子が出た中の、一つだけはうちのおやつリストから選んでくれました。あとは全て卵や乳が入っていて、食べられない物だったので、別のお菓子を袋に入れて持たせました。先生からお菓子の内容を聞いた時に、小袋入りで、食べ物同士の接触には気を遣ってくれていたようですが、別にわざわざ食べられないって分かってる物を、お爺ちゃんやお婆ちゃんも参加する楽しい行事で出さなくてもいいのに。って、不愉快になったので、気分転換のつもりで、帰りに子供と一緒に好きなお菓子を選びに行きました。他の物は当日出る物と形状が似た物にしたのですが、カステラは到底無理だったので、変わりにと思ってグミを入れました。当日、先生は上の子に「グミは食べてはいけない」と言ったそうです。下の子の担任は子供にグミを渡さずに、帰りに私に「グミは皆が食べないから、渡しませんでした」と言いました。チョット待って!うちの子の食べられない物を出しておいて、それはないんじゃないの?うちの子の食べられない物は出すけれど、皆の食べられない物をうちは食べちゃいけないの?もしも、形状の似た物しか持ってきちゃダメなら、もっと違う物を選択するべきじゃないの?どうもこの園は特別な子供にわざわざあわせることはいけないことと思っているようです。たまたま同じようなメニューを選んだ時にはうちの子のことも考えた物にしてくれるけれど、メニューを考える時には基本的には食アレの子のことは特別には考えない。去年の冬にうどんを作った時にも、「ゴンちゃんが居るから、漬け汁に生卵は入れないようにしました」と、園長は言ったけれど、校医さんは「生卵は子供に食べさせちゃいけない。大人だって食べない方が良い」って、言ってたのに・・・。ゴンが食アレじゃなくても、生卵なんて園で出すべきじゃないんだ。鳥インフルエンザの騒ぎはその後だったけれど、そんなことがあってもなくても、集団を指導してゆく上で、気をつけなきゃいけないことがある筈。幼稚園のことはもう諦めたけれど、何かある度にすっきりしません。基本的な感覚が違うから、主張するとうるさい親と思われて、良いことなんて全く無いから、今は言わないけれど、皆さんはどう思われますか?変だと思った経験などあれば、聞かせてください。

インドハーブってあるんですね 投稿者:管理人  投稿日: 9月11日(土)05時52分59秒

SHOままさん、アメリカ人のほうが色が白い分肌が弱そうに思ってたけど、実際は違うのかもしれませんね。メラニン色素が少ない分角質層がしっかりできてるのかな。市町村も食アレやアトピーを勉強してきているので聞けるとよいのですが、メールに慣れていない市町村も多いので、市町村へのメールでの問い合わせはなかなか返事がもらえないかもしれません。メールよりは電話で聞いたほうがいいですね。
はじめまして中村さん。インドハーブとは初めて聞きました。抗炎症効果があるんでしょうね。インドの漢方なんですかね。その植物名をネットで検索しても出てこなかったので習慣性・副作用についてわかりません。もう少し調べてみます。
TOKUEさん、私も議会の傍聴したことがあり全くノーチェックのところとそうでないところいろいろあるけど、おたくの町はオープンでよかったですね。特に子どもたちからも感想が出るなんてすごい!うらやましいなあ。議員さんも細かい話まで通り一遍でなくしっかり勉強して質問してくれましたね。誰か知り合いに詳しい方がいるんでしょうか。

アトピー 投稿者:中村  投稿日: 9月10日(金)15時29分43秒

はじめまして。2人子供がアトピーで昨年インド人で知り合った人にインドハーブでアトピーに効くと言われいただいた油を使ってすごくよくなりまたそれを手に入れたくそのインド人の連絡先を探してなかなかみつからなかったので、ネットで調べてhttp://nichiin.com/ayur/atopy.htmと言うページの会社からインドハーブオイルを買って前と同じく痒みもとれ炎症もだんだん少なくなり3週間で皮膚もやや前と同じくなったかなと思うところですが、そこで私の質問は:インドハーブオイルって長い間使って大丈夫かな。。。?ステロイドもないのになぜいい結果なの??経験のある方教えてください。

市議会を傍聴してきました。 投稿者:TOKUE  投稿日: 9月10日(金)11時01分17秒

SHOままさん、公立の幼稚園は幼稚園としてのカラーはともかく、その時の園長次第ということも大きいと思います。うちは園の環境は申し分ないのですが、園長が・・・。まあ、何事に付けても当たり外れはあるものです。環境が変わると大変なことも多いと思いますが、一緒に乗り越えてゆきましょう。少しはお役に立てたようで、とても嬉しいです。これからも宜しくお願いします。病院はもう決めているのですか?うちは大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター(旧、大阪府立羽曳野病院)に行ってます。細々とサークル活動もしてます。チョット、遠いかなあ?でも、同じ大阪だから、また、どこかで会うことがあるかも知れませんね。楽しみです。
先日、無所属の議員さんが学校給食における食物アレルギー児への対応について、発言してくれるとのことを聞き、友人夫婦と一緒に傍聴してきました。アンケート調査結果では、市内の小学校で、236人の食物アレルギー児が居ることから始まって、現在進行中の中学校における給食の導入について、保護者または生徒が、どのような形のものを希望しているか。バイキング形式・弁当持参・希望制の給食など、それぞれの割合を発表してくれました。弁当持参においては、健康上の理由(食アレ・小児糖尿病などによる食事制限など)で希望している家庭が32件(2.7%)。教師においても、52件が健康上の理由などで給食を選択できない。との結果です。そこで、中学校給食についてはお弁当持参を選択できる給食体制を要望してくれました。この件において、市教委からは「そのような希望があることは認識している」との答えでした。急いでメモしたので、数字等が間違っていたらお許しを。しかし、概ね、いかに給食が当事者にとって大きな問題か。という点においては充分なデーターだと思いました。小学校給食の内容においては、除去食・代替食への取り組みのほか、細かい話ですが、米食において、白米のメニューが殆ど無く、麦を混ぜる為に小麦アレルギーの子供は食べられない。他に、かやく御飯等が多いので、「白いご飯なら食べられる」という子供にとっては非常に残念なことになること。その子達の為に、「何も混ぜない白い御飯を別に用意してほしい」ということを要求してくれました。また、教師・児童・保護者向けに、アレルギーに対しての理解を深める研修会や学習会を要望してくれました。子供達を連れての傍聴で、静かに頑張っていたものの、非常に目立ってしまいましたが、友人の子は「お父さんもお母さんも私の為に一生懸命やねんなあ」と言い、うちの息子も「いいお話やったなあ。俺、涙が出てきたわ。ママも涙が出てきたやろう?」と、感慨深げでした。この様な場で、苦しい気持ちを代弁してもらえるなんて・・・。感動の余り涙を堪えることができませんでした。まずは世間に知ってもらうこと。それが第一歩だと思います。子供達が心身ともに安全にかつ健康に教育を受ける権利を得る為に、諦めちゃいけないと思いました。子供達が居なかったら、議会の傍聴なんて縁遠かったと思います。帰宅後、幼児や児童は議長の承諾なしには傍聴できない。ということを知ったのですが、入っていっても何も言われませんでした。が、もし出て行かされたら、職員に預けてまた入っていたでしょうね。子供達のお陰で、いい経験をさせてもらいました。

TOKUEさん有難うございます。 投稿者:SHOまま  投稿日: 9月 8日(水)15時07分13秒

ほんとに有難うございます。初めて掲示板に登場して、こんなにお返事いただけてとても心強く思いました。私立幼稚園でおおらかに対応してくれるところ、そんなところに出会えたらいいですよね。保健センターとは市役所関係なんでしょうか、そんなことさえ知らなくて情けないですが、役所のHP入って調べてみます。なんだか気ばかりあせって、どんな風に話をもっていけば受けいれてもらえやすいかなんて色々考えているうちに時間が経ってしまいますが・・頑張ります!
アメリカにアトピー性皮膚炎が少ないというか、やっぱり人種なんじゃないかなぁと思います。不思議ですよね・・・
それから、junkoさんの書き込みの件、私もこれからもっともっとアレルギーに関して理解が深まってくれることを願います。これだけ多くのアレルギー疾患の人たちがいながら理解されているようでされていないところっていっぱいですもんね。

9月7日の日経MJ新聞に 投稿者:junko  投稿日: 9月 7日(火)10時05分30秒

食物アレルギー情報の収集・発信と調査研究、政策提言などを目指して行政、食品事業者、研究者や患者などが参加する特定非営利活動法人(NPO)が今秋にも認証を受けて活動を始める。厚生労働省の検討会を継承・発展し、患者団体とメーカーや流通業などが情報交換するほか、データベースを活用した事故防止の仕組みも整える。   そうですよ!!やっと動き出してくれましたかぁ(;−;)という感じです。これで様々な情報や食品メーカーのアレルゲン混入などのミスがなくなって、みんなの理解が深まるといいなと思います。
管理人様へ♪TDL行かれるんですね(^−^)私もこの夏バズを見に行ってきました♪バズの新しいアトラクションも増えて楽しいと思いますよ!ただの自慢話になってしまったかしら・・・(汗)

入園まで、ハラハラですね。 投稿者:TOKUE  投稿日: 9月 6日(月)20時57分20秒

アトピー性皮膚炎に理解がないのは寂しいですね。なぜアメリカにはアトピー性皮膚炎の子供が滅多に居ないのでしょうか?生まれ持った体質かなあ。なんて、不思議に思えちゃいます。東大阪の友人に聞いてみました。願書は10月1日に提出で、その日のうちに抽選をするそうです。私立も同じ日に願書提出で、こちらの方は早朝(未明)から並ぶそうです。マンションが沢山できて、幼稚園の受け入れ人数が子供の数に追いつかず、入れない子供が結構居ると嘆いていました。友人の子供さんもSHOままさんの子供さんと同じ歳なので、幼稚園のことを直接知らないようです。ただ、公立は外遊びを沢山取り入れ、親も参加する機会が多いと言ってました。その点ではうちの地域と同じです。(私も公立に入れてます。)週3回お弁当持参で、月曜日と水曜日は昼までだそうです。ハンディのある子供さんは私立でおおらかに対応してくれる幼稚園を、保健センターで教えてくれるようなことも言ってました。遠くからだと大変だと思いますが、是非、早い目に動き出してください。頑張って!
管理人さん、お久し振りです(笑)。シェフ・ミッキー、半年前の予約からどんどん詰まっていくので、2週間遅れても希望に時間帯が一杯だったりしたので、厳しいかも知れませんが、頑張ってみてください。但し、バイキング形式なので、食べる物は全くないです。果物少し食べられるくらいかなあ。それでも、料金は同じだし、もし、予約が取れたら、おにぎりくらい作ってもらうように、レストランに相談してみてください。シーの夜のショー見たいですねえ。でも、9時頃までって、チョットきついかも。

アメリカの幼稚園 投稿者:SHOまま  投稿日: 9月 6日(月)12時36分38秒

私の住んでいる辺りでは(カリフォルニアのサンディエゴというところに住んでいます)
幼稚園(Specialeducationでなくても)は日本よりずっと少人数制です。半分以下かも、アレルギーの対応はある程度してもらえますが、うちの子みたいに専属で一人大人がつくなんてことは、普通ではありえません。これは障害児のいる幼稚園だからできたことです。アレルギーについても、日本のいわゆるアトピーというよりは、食物アレルギーが多く、肌の状態がいつもあまりよくないというような症状は少なく、その食物さえ食べなければ後は何も症状なし。という子のほう多いです。なので、医者にもアトピーはあまり理解されていない・・・よくあるのはピーナツアレルギーで、
かなり激しい症状が出る子が多いので、そういう子が入ってきたら、幼稚園だけでなく小学校なんかでも学校全てがピーナツ関係(ピーナツバターなど)一切なし!というレターを出してくれたりします。ですが、うちの子のように卵もミルクも小麦もだめなんて、アメリカで生活するな!というようなアレルギーの子はなかなかそこまでの対応は難しいですよね・・・私の友達の子もアトピーで、普通の幼稚園へ行っていましたが、うちの子よりも数値的にはずっと低いのですがある程度食べられるだけに肌の状態がいつもかなり悪く、周りのアメリカ人のお母さんたちはアトピーを知らないので、よくうつる病気からくる湿疹だと思われて「病気の時は連れてきちゃだめって知らないの?」とか先生から「他の母親たちの目があるので必ず長ズボンをはかせてきてください」といわれたり、テーマパークなんかでも避けられたり、理解のなさによく泣いてました。それでうつるものではないということを医者に書いてもらったものを持ち歩いていました。アトピーに対する理解という点ではやっぱり日本のほうがいいですよね・・・・
なんだか、参考にもならないことをたくさん書いてしまいました。すみません。
いい幼稚園に出会えたらいいんですが・・頑張ります。
また、何かあれば宜しくお願いします!!

何でも残さず・・・ 投稿者:管理人  投稿日: 9月 6日(月)05時49分7秒

TOKUEさん、情報提供ありがとうございます。友人出席の会議はいかがでしたか。給食を残すことが許されない、なんて食アレへの無理解と言葉の字面だけの曲解です。「何でも残さず」という言葉の本意が「好き嫌いなく」であることに気づかないとは・・・教育者として失格ですね。シェフ・ミッキー、うちはホテル直接でなくJRからの予約なので1ヶ月前からの申し込みに限定されてます。もう夏休みじゃなくてあまり混んでいないからと思ってますけど無理でしょうか。シーの夜のショーが未経験なのでどうかなあ、なんて思っています。
はじめまして、SHOままさん。幼稚園によってもいろいろでしょうが、対応のいいところは人気が高いので早目に申し込んだほうがいいと思います。アメリカの情報ありがとうございます。対応してくれるのはSPECIALEducationの幼稚園だけなのでしょうか。

幼稚園情報有難うございます 投稿者:SHOまま  投稿日: 9月 4日(土)15時41分14秒

TOKUEさん有難うございます。やはり薬を預かってくれないところもあるんですね。
特に幼稚園は私立でないと、と思っているわけではなく公立でもかまわないんですが(障害があるかもしれないし、もしかしたらそのほうがいいのかも)、なにしろ今まで公立の幼稚園というのに全然目がいってなかったために、一時帰国の時にも公立の幼稚園を全く見ることもなく、いったい公立の幼稚園は私立の幼稚園とどんな風に違うのか、市によって違うと思いますが、設備の点や雰囲気や対応など・・・そして今更見に行くこともできず、友達の子供も公立に行っている子は一人もいないために情報が得られません。やはり役所に問い合わせすることと、実家が近くなので親に見に行ってもらうことがいのかなと思っています。大東市も公立はいっぱいで抽選になるそうです。今でも待っている子がいるらしく、入るためには抽選に間に合うように願書を出さなくては!
市によって違うとは思うのですが、もし公立の幼稚園へ行かれている方で、よかった点やよくなかったなと思う点などありましたら教えてください!!
それから、TOKUEさん、私は東大阪でも住むことが出来ます。東大阪にいらっしゃるお友達は公立に行かれているのですか?もしそうでしたら印象を聞かせていただけたら有難いのですが・・宜しくお願いします!

ありがとうございました。 投稿者:TOKUE  投稿日: 9月 4日(土)08時53分43秒

junkoさん、H.P.参考になりました。ありがとうございました。引き続き、何かご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。
SHOままさん、私も大阪ですが、私立幼稚園では9月に願書提出、面接&結果発表が10月初め、という幼稚園が殆どではないでしょうか。薬を預かってくれない幼稚園もあるので、気を付けてください(担任次第ということも聞きますが)。うちの地域では、公立幼稚園の募集は私立の発表があった直後の受付になります。この辺(南の方です)は公立はいつも定員割れするので、願書提出が即入園に結びつくのですが、ハンディのある子供さんは介助が必要な場合は、公立で別の地域の幼稚園に入園ということになることもあります。というのも、介助員の数が足りないので、複数の子供さんに一人の介助員しか付けられないという場合があるからです(他の市では一人の子供さんに2人の介助員が着く場合もあるそうです)。食物アレルギーで介助員をつけるということは私の少ない情報量の中の話ですが、聞いたことがありません。一般の幼稚園に適応しにくい子の為に河内長野市に聖徳園という施設がありますが、希望者が多く、「自閉症かもしれない」(私の友人の子供さんもSHOままさんの子供さんと同じ歳で、同じような状態の子供さんです)という程度では、入ることができないと友人が言ってました。大東市や四条畷市のことは全く分かりませんが、東大阪市の友人の住む地域では公立幼稚園の定員がいつもオーバーで、毎年抽選になるそうです。お急ぎと思って、現在知りうる限りのことを沢山書きましたが、不安になってしまったらごめんなさい。地域の詳しい情報を得るには市役所に連絡を取るのが良いと思います。大阪市や東大阪市などの大きい市は府とは大きく違うこともあるようです。遠い地からのお話で、大変と思いますが、来年4月入園なら急いだ方がいいと思います。
管理人さん、ディズニーランド楽しみですね。ハロウィンですか?シェフ・ミッキーはもう予約済みですよね。マジック持っていって、ミッキーたちにサインしてもらうって言うのはどうですか?私はまだ未経験なのですが、去年、してもらっているのを見かけました。新しいバズのアトラクションは初めての対戦式で「面白かった」と、お台場に住む友人。また、一年以内の入場券がファストパスとるのに使えるという話です。あれば是非持っていってください。メインショーの抽選、あれってストレスたまるんですよねえ。去年は1時間以上並んで、1日目はずれ、2日目は当たったけど天候不良で中止でした。昨年までと内容を一新したショーもあるみたいですね。シーの朝のショー、リドアイルミート&スマイルでしたっけ、私はノリノリでした♪楽しんできてください。また、感想聞かせてくださいね。うちは12月に行きます。

幼稚園について 投稿者:SHOまま  投稿日: 9月 3日(金)12時02分40秒

はじめまして。少し前にここのサイトを見つけて、色々参考にさせていただいてます。
実は、幼稚園のことで相談にのっていただけたらと思って書き込みしました。
私は今アメリカに住んでいて、来年の春に帰国が決まり今年4歳になる息子の2年保育の幼稚園を探しています。うちの子は3歳10ヶ月になった今も、卵(ラストスコア6)・牛乳(5)・小麦(6)の完全除去が必要で、触れるだけでも反応します。
アメリカの幼稚園では、事前によく話し合い、スナックの時間(お昼までなので)は隣に誰か大人がいて、食べた後は全員の手洗いと机をよく拭いていただくことをお願いし、粘土についてはクラス全員が小麦粘土を使わずに手作りのお米の粉から作った粘土を使ってもらい、新しく何か教材を使う時にはかならず事前に連絡してもらい、その成分を私が調べてから使うということを徹底していただいています。というのも、実はうちの子は自閉症かもしれないということでSPECIALEducationのある幼稚園(障害児と健常児の混じっている幼稚園です)へ行っていて、アレルギーだけでなく、他にも色んなニーズのある子供達がいるので、かなり柔軟に対応していただくことができました。
日本には、ここよりもずっとうちの子のような重いアトピーの子が多いと思うのですが、実際どこまで対応してもらえるものなのかとても不安を感じています。
ショック症状など激しい症状が出たときのための薬も常備してもらわなくてはならないと思うのですが、みなさんはどうされてますか?
実際に幼稚園を見学・話し合いに行くことが出来ないのですが、4月からの入園に間に合わせるには、10月に願書をだして、席を確保しておかなければなりません。
帰るところは、大阪の大東市か四条畷市あたりです。もしこの近くにお住まいで
アトピー対応が良い幼稚園をご存知の方いらっしゃったら教えていただけませんか?
あまりにもローカルなので、いらっしゃらなければ、どのように園と話をすすめられたかなどの体験談など聞かせていただけたらと思います。
アメリカには(私の住んでいるところには)アトピー対応のレストランなんてものは一つも無くて外食などしたことがありません。ここのアトピー対応レストランや宿の情報を見て、今から日本へ帰ったらどこへ連れて行ってあげようか、初めて外食する時の子供の喜ぶ顔など、想像しながら楽しんでみさせていただいてます!

参考になりました。 投稿者:junko  投稿日: 9月 2日(木)09時45分48秒

管理人さん、TOKUEさん貴重なご意見ありがとうございます。
安心して食べられるものを、また何よりも美味しくて栄養価の高い商品を提供できるように取り組んでいきます。製造ラインの件も、厳しく対応していきます。
あと、TOKUEさんは食アレの関連のHPを探されているようですが、日本ハムさんのHPは参考になると思いました。すでに知っていたらすいません。

良かったら一度アクセスしてみてくださいね!

http://www.tohoku-nh.co.jp/shokutaku/allergy.html

レトルト使えるとありがたいです。 投稿者:TOKUE  投稿日: 9月 2日(木)07時11分11秒

安心して食べられる物が少しでも増えると嬉しいです。junkoさん、宜しくお願いします。突然ですが、今「次世代育成支援計画」というのを自治体が10年単位で検討中。様々な分野で「次世代」を担う子供達の為にあれこれ考えようという動きがあります。その中に、障害者支援や食育の問題も盛り込まれているのですが、食育に関しては「野菜をバリバリ食べましょう。何でも残さず食べる子に育てましょう。」など、という文言が含まれ、これだけアレルギーの子供が増えている中、アレルギーのこの「ア」の字も書かれていないというのが現実だそうです。「何でも残さず」という発想は食アレの子供にとっては非常に危険なことです。給食を導入している幼稚園の入園面接の時、食アレがある旨伝えると、一旦は了承したものの、年が明けてから「うちの幼稚園は『何でも残さず食べる子供を育てよう』ということも、教育の中に取り入れているのに、給食を残すなんてことは許されない」ということで、入園を拒否してきたという例もあるそうです。このことは「そんな幼稚園はこっちからお断りよ!」というような問題にはとどまりません。この様な動きにストップをかける為に、アレルギーの子供が確実に増えていて、これは次世代育成という観点からも大きな問題であるということを訴える為に、有効な資料があればと思っています。会議に友人が出席しています。あまり時間がないので、数字が出ている使えそうな資料や、ホームページなどありましたら教えてください。宜しくお願いします。

RE:アレルゲン除去食品 投稿者:管理人  投稿日: 8月31日(火)07時37分17秒

はじめまして、junkoさん。やはりレトルトとして重宝するのは旅行や学校給食用の食品ですね。一般的な外食メニューや給食メニューをイメージすればいいのではないでしょうか。
メニューの種類もさることながら、コンタミ防止対策はしっかりお願いしたいと思います。例えば卵を使った食材のラインを洗って使用するなど言語道断、ラインの機械は必ず洗い残しが出ますので空間も仕切った別ラインでお願いします。それから代替食材の選び方ですが、小麦がだめなときに他の麦類、大豆がだめなとき他の豆もだめな方も多いので、できるだけ離れた種類の食材で代替するとよいかと思います。
大変だと思いますが、ぜひがんばってください。
ところで、来月TDLに行きます。泊まりはアンバサダー、皆さん最近のTDLのお勧めイベント等を教えてください。

アレルゲン除去食品 投稿者:junko  投稿日: 8月27日(金)12時04分31秒

はじめまして。食物アレルギーで検索しましたらたどりつきました。
みなさんにお伺いしたいことがあってカキコさせてもらいました。
私は今、5大アレルゲン除去の冷凍食品やレトルト食品を作っているのですが自分を含めて周りに食物アレルギーのある方がおりませんので、今どんな食品が求められているのかが分かりません。
アトピッコのママさんは毎日お弁当や献立、回転食で工夫された食事を作ってみえますが、調理に時間をかけれない時や、外食したときにあったらいいなぁと思う食品はありますか?是非、参考にさせてください。
管理人様、不適切な投稿でしたら削除してください。

やっと、一段落しました。 投稿者:TOKUE  投稿日: 8月17日(火)01時02分37秒

うちの実家が私の結婚後にリフォームしたのですが、その時に、私所有の全ての物がダンボールに詰められて今の家に運び込まれていたのです。そこに私たち夫婦が1歳になったばかりの上の子を連れて引っ越してきたのでした。引越しと私の目の手術(絶対安静)と妊娠が重なって、全く動けないままのスタートでした。当時、とりあえずは主人が片付けてくれたのですが、納戸に詰め込んだだけで、はみ出た物は部屋の隅に・・・。まあ、5年もそのままにしていた言い訳には足りませんが、ミニ引越し程度の荷物が積まれていたので、片付ける気力が湧きませんでした。でも、この度、やってしまいました♪出てきましたよ〜。三十年前の「ベルばら」の画集に切抜き。雑誌の付録と思われる「仮面ライダー1号」のブロマイド・「初代ウルトラマン」のバッジ。デビュー間もない?雑誌の付録のヘアスタイルブックに西条秀樹や桜田淳子の折込ポスター。あれ?仮面ライダースナックのオマケは捨てちゃったの?1番困ったのが日記数冊&大量の手紙類です。まずい物は自分の死後に発掘されることを恐れて処分しました。「最後に読んでおこう」って、読んでいたから、なかなか進まないのも無理ないですよねえ。ベビーベッドと要らなくなったベビー布団にメリー、それにハイ&ローチェアーは育児支援の施設に持って行き、チャイルドシートと玩具数点、着ないと思われる服はいつもの友人宅に運びました。とっても有意義な処分に大満足♪幼稚園のバザーは来年なのだけど、売り上げは園児に還元されるので、その日の為に紙袋数個分は残しておきました。どうしようもない物は粗大ゴミ行きです。こんなの着ない!っていう服は大量のダンボールと共に毎月回ってきてくれる廃品回収業者さんへ。ところで、「へなもん」って、「なんでこんな物とっておいてたの?」って思うような物ですか?タンスの肥しとは意味が違うんでしょうねえ。おにゃあにゃんさんの「ベビー毛布」すごいですねえ。保管が良かったのでしょう。片付けの苦労を味わうと、ほんとに買うのがイヤになっちゃいます。何か買う時は必ず何か処分する。って、決めてから買わないと片付かないのが当然ですよねえ。管理人さんはネットオークション、経験豊富なのですか?私も売る側で参加してみたいのですが、なんか怖い気がして躊躇してしまいます。参加する為の勉強の仕方と簡単な注意点を教えてもらえると嬉しいのですが・・・。分かり易い本などあれば、宜しくお願いします。
皆さん、子供さんの体調大変ですね。うちは熱が高くて、幼稚園でそのての病気が流行っている時にはすぐに幼稚園の情報もよく知っている掛かり付け医に診てもらいます。アレルギー専門の先生で、しかも、初めから診てもらっている先生なので、とても安心です。お薬もむやみに出さないし、インフォームドコンセントもしっかりしてくれるので・・・。以前、細菌性の肺炎で上の子が主治医の所で入院したのですが、今年、それらしき症状が出た時には主治医の所に行かないで、掛かり付けの先生に診てもらいました。前の時よりも軽かったこともあって、自宅療養で済みました(笑)。親の勘で、通いで済むような感じなら、遠くは厳しいので近くの開業医で。「これはまずい」と思った時には入院施設のある主治医の所に連れて行きます。

夏風邪の後のキャンプ 投稿者:管理人  投稿日: 8月13日(金)20時48分37秒

おにゃあにゃんさん、ホヤ食べるところは少なくないですよ。殻以外はみんな食べられますが、もしかして筋肉以外捨ててました?
定番はきゅうりと一緒の酢の物。のんべえは、みりん・酒と一緒に1〜3日漬け込む塩辛ですね。
ちょっと匂いが苦手な場合や鮮度が悪くなってくれば醤油、酒、砂糖、みりん、唐辛子で煮込んだホヤの佃煮。でもホヤのハシリの旬って藤の花の咲く頃。もうそろそろ終わりです。
子どものお絵かきの成果は順次デジカメで撮ってCD化しています。前はスキャナーだったのですがスキャン時間がもったいなくてデジカメになりました。ただオリジナルもなかなか捨てられないのですが。
カスミン、すいません、子どもじゃなくって私が好きで見てるのです。忘れていたそこはかとない懐かしい雰囲気があるもんで。
クリスさん久しぶりですね。症状はいかがですか。
青魚ですが、鮮度が悪いとヒスタミンが多くなり、ヒスタミンアレルギーを起こすことがあることから食べないほうがいい、と言っているのでしょう。ただ青魚のEPA・DHAは一般に過剰摂取しているオメガ6系列の油と拮抗して抗炎症効果があるので、取れるのなら食べたほうがいいと思います。要は鮮度がよいものを適量食べればいいということですね。乳化剤はいろんな種類がありますが、どれも水と油を混ぜる効果がある界面活性剤で、洗剤を食べているのと同じですのでお勧めできません。二酸化ケイ素は要するに土の中のガラス成分、ガラスを食べているんですね。そう考えると実害ないけどちょっと、という気もします。エリスリトールは虫歯にならない甘味料として知られていてブドウ糖の発酵で作られているので問題ないでしょう。
めぐみさん、原因は夏風邪ですか?大変でしたね。医者も目が届く入院が一番安心なんでしょうが、携帯でどこでも捕まえられる時代、文明の利器を活かさない手はないですね。特に昼夜突然、発熱や事故の心配のある子どもに関しては、日頃から医師とのホットラインを確保するというのはよい手だと思います。
さて、来週月火はまたキャンプに行きます。長男はやっと夏風邪の熱が下がってきたところ。天気はどうでしょうか。

ドキドキの帰省 投稿者:めぐみ  投稿日: 8月12日(木)03時25分55秒

待ちに待った夏休みの幕開けは、息子の発熱・・・。一日前倒しで親子でお休みに突入でした。結果、一週間近く彼は寝込みやっと11日朝、平熱になったのでした。まだげっそりの子を連れて12日早朝の出発。来週休み明け、いきなり保育園お休みする事にならないか、ドキドキしてます。
アレルギー以外でいつもの病院に通いつめる事は珍しく、看護婦さんや受付の人にまで『いつもの元気はどこにも無いね〜。早く治ると良いね。』と声を掛けてもらいました。
今回、熱は40度近く上がりっぱなし、途中から下痢がひどくなりました。私も夏休みだっとこともあり、先生には「様子を見ることが出来る環境だが、下げなくてはいけない熱なのか?止めなくてはいけない下痢なのか?」と、息子の病状と照らし合わせ、解熱剤・下痢止め・抗生物質に対して質問攻めにしました。途中、入院も提案される中、結局は息子に付き合う母に医師も付き合ってくれました。午前午後と電話を入れてくださり、帰省と病院の夏休みが重なるので、携帯番号も教えていただきました。アレルギーでは安定してるので「最近、先生やる気無い?」なんて思ってたところなので見直したっ!! 近くの小児科だったら、きっと入院してただろうな〜。あれよあれよという間にほんとに必要かどうかわからない薬を投与され、断りにくい威圧的な大病院の雰囲気や、納得した上で選択することが出来る時間的余裕も少なく感じるから入院となるとひいてしまうの。もちろん、そんな事言ってられない病状なら仕方ないけど。  皆さんは、子供の病気、どう見守りますか?

ご無沙汰してます 投稿者:クリス  投稿日: 8月12日(木)00時06分24秒

えー久しぶりにカキコさせてもらいます。じつはこのたびはご相談があって。私が今通っている病院ではいわゆる青魚は食べてはいけない物のリストに入れられていたのですが本には積極的に取れと書いてあります。一体どっち?あともうひとつ付け加えさせてください。私は今プロテインを使っているのですが中に乳化剤 二酸化ケイ素 エリスリトール などが入っています。これって摂取しても大丈夫なものでしょうか?

蚊にさされても夏は好き 投稿者:おにゃあにゃん  投稿日: 8月11日(水)13時31分59秒

キャンプいいですね。うちの子もたくましく育ってほしい。生きる力と知恵を身につけてほしいです。
ザバイバル!なんておおげさなことではなく、食べ物が腐っているかいないかがわかるとか、電気炊飯器がなくてもご飯が炊けるとか、野菜に虫がついていても騒がないとか。
とりあえず子供は病気することなく、元気にやっていますが、この夏は少々夏ばてぎみのようです。
はだの調子は結構よくて夜中にかゆくなることはないのですが、寝苦しいのか寝相がひどく、蹴飛ばされたり、のしかかられたりで結局起こされてしまいます。(嗚呼)
かゆみに悩んだのは、むしろ私自身。蚊だか、のみだかにさされて、足首から下がボツボツだらけ、会社では、冷房がきいているせいかかゆくないのに、家に帰ってくるとかゆくなる。
夜中に突然かゆくて目が覚める。が1週間くらい続きました。暑いとかゆくなりやすいのかしらね。
卵アレルギーの人が卵を食べると虫さされの腫れもひどくなるという話を聞いたことがあるので、その日に食べたもの(飲んだものか)に影響されたりもするのですかね。
片付けは、物を少なくするに限ります。でも、わたしもかなりのとっておき魔。これは親譲りで、娘は、私のうん十年前に使ったベビー毛布を使いました。べつに高級品というわけではないのにね。
私は、いろいろ捨てられずにとっておき、散らかりに我慢ができなくなったところで、疲れていやになるまで片付けて…を繰り返します。捨てられないので、なるべく買わないをこころがけています。
あげられるものはあげますが、今は子供のお絵かきの成果が際限なくたまっているところです。
お魚屋さんにホヤが並ぶようになりました。去年、初めて買ったのですが、さばいてみると、食べるところがほんのちょっぴり?こんなもんなのですかね。
おすすめの食べ方を教えてください。
男の子でも「サンダーバード」だけではなく、「カスミン」も見るのですね。


不用品 投稿者:管理人  投稿日: 8月10日(火)19時02分23秒

たかはしさんの息子さんやはり骨折でしたか。それにしても元気でしたね。私などは昔あばらを折ったときは痛くて身動きできなかったですよ。ウチもけがしてもへにゃへにゃしない、たくましい子どもにしたいなあ。お父さんグループのカレーは、いつの間にか誰もいなくなってたので私が味を付けたんですが、塩もタピオカ粉もかなり少なくて味もとろみもすごく薄かったですね。すいません。薄味傾向が身に染みてしまっていて、いつも食べるときに薄いのに気がついてます。高校生グループは黒こしょうを2袋も入れてました。でも男の子なのにじゃがいもの皮をむくのもすごく早いし、ま、今日の高校生にしては、ある意味健康的じゃないですか。
TOKUEさん、医師はポリシーがあって厳しいところがないと逆に怖いですね。でもそこまで細やかな気配りができる医師は珍しいかもしれません。
いらない物、まずはお下がり、それから身近でしょっちゅう開催されるバザーで処分ですかね。次はフリマ、ネットオークションですね。とくにネットオークションは捨てるしかないと思うようなものでもしばらく出品してると結局売れます。オークションのいいところは、後で評価とともに「子どもが喜んで使っています」といった感想が聞けます。おもちゃがウチで眠ってしまって「ヘナモン」(知ってます?)になるより現在使ってもらって誰かに喜んでもらえたほうがずっといいと思います。それから極め付きが「改造」!今週も、私の一輪車と子どもの自転車の不要になった補助輪が合体して新たな遊具に変貌しました。いらないもの同士「改造」「合体!」、意外にお勧めですよ。

キャンプ&医者&片付けるコツ 投稿者:TOKUE  投稿日: 8月 9日(月)05時57分55秒

K先生のキャンプは毎年恒例の行事なのですか?かなり大勢で行かれているようですね。色々大変だったようですが、元気一杯?の様子が目に浮かびます。たかはしさんの子育て(子供さんに対する感覚)、いつも憧れてしまいます。近場にキャンプ場があるので、いつか、うちも挑戦してみたいなあ。実現すれば、生まれて初めてのキャンプになります。
医者のことですが、うちの主治医はゆっくり時間を取って話を聞いてくれるので、とてもありがたいです。また、掛かり付けの小児科の先生はとても信頼しています。年末、熱が続いていた時、休診になってからも、熱が下がって私が安心できるまで、3日間ほど朝に電話してくださいました。診察時間外でも、留守番電話に入れておくと、後で掛けなおしてくださいます。間違えて誤食させてしまい、ひどいことになった時も、ショックを受けている私を責めずに、できるだけポジティブになれるように、言葉を掛けてくださいました。厳しい時もあるので、「苦手だ」って言うママも多いのですが、治療については強いポリシーがあって、きっちり説明をしてくださるので、私は大好きです。やっぱり、医者でも合う合わないって言うのがありますよね。
ただ今、主人は出張中。私は家の片付けに追われています。転居して5年になるのにそのまま開けていないダンボールがいくつかある(きっと、要らない物に違いない)。赤ちゃんの頃に使っていて、万が一の時に役に立つかも。と、残しておいた物も、もう要らない(次は考えられない年齢になった)。もらった玩具も山のよう。私、本当に片付けるのが苦手なのですが、上手に整理するコツがあれば教えてくださ〜い。思い出の物を取っておきたい性格は良くないですよね〜。

折れてました 投稿者:たかはし  投稿日: 8月 6日(金)21時21分39秒

管理人さん、キャンプお疲れ様でした。着いてそうそう荷物を運び込んだ直後の怪我で皆に笑われてしまいましたが、医者つき看護師つきのキャンプはありがたいです。さっと固定してしてくれて、しょっちゅう見てもらっていたので、安心でした。普通のキャンプだったら荷物を積んでさようならでしたから。3メートル位の高さから落ちた割には、手首の骨折だけですんでラッキーでした。ところで男子高校生グループのカレーは食べましたか?あいつらはちゃんと作れるくせに激辛にして遊んでましたね。私はひとくち怖いもの見たさで食べてみましたが、むせてしまいました。小学生グループのがおいしかったなあ。ちなみに骨折しててもスイカ割り、宝探しはちゃんとでてましたうちの子。今、手にギブスはめられているので足でおさえながらマンガを読んで笑いこけてます。

ちゃんと説明するってすばらしい 投稿者:管理人  投稿日: 8月 6日(金)18時21分21秒

ママさん、子どもにちゃんと説明して臨む、すばらしい姿勢です。必要なのは子どもを一人前に扱うこと、と分かっていてもなかなかできないのが現実です。検査結果がよくてよかったです。実家でかゆいのはなぜでしょうね。ダニ・ホコリを想定しての掃除はされているとは思いますが。小児科は急患や夜間もあって忙しくそれでいてあまり儲からないそう(なのかなあ?)だから、医者も親までキモチが回らないんですよね。いずれにせよ大事な子どもを任せる医者には余裕を持って接してほしいものです!
さて、先日のk先生のキャンプでは、私はひどい二日酔いでまる一日死んでました。たかはしさん、息子さんの怪我大丈夫でしたか?

お知らせ届きました♪ 投稿者:こびとかば  投稿日: 8月 5日(木)10時36分41秒

毎日暑い、夏休みらしい、夏ですね・・・。
風があるのでいくらか助かりますが、元気でしたか?

ロマン海遊の案内届きました。買い物の折にチェックしてみますね♪
地場野菜や花苗などたまに利用してるんですよ。新鮮な魚貝類は野菜のように販売は無理?なのですか?

石巻の加工品が一通り揃っているのは助かりますが、「生」も欲しい
所です。それではスーパーになってしまうのかな?

駅周辺に地場の魚屋さんが減り、観光客の方からどこいけば?と聞かれた事もあります。今回の試みは、それを解消するシステムなのですね・・・。

ただ、閉店前に閉店作業を完了されていて、閉店時間少し前(二十分前)に覗きに行くと、困った顔をするのだけはとても、入りにくい雰囲気になってしまいます。ごめんなさい♪
今年も企画楽しみに待ってます♪

http://www1.ocn.ne.jp/~naofumi/


結果がよかったです 投稿者:ママ  投稿日: 8月 4日(水)21時23分26秒

こんにちは。子供は今度はせんせいのところでおとなしくしていました。2回目だということもありますが、あらかじめ入室前に、これから起こること(聴診器と口をあけてみること、先生の名前、専門、形相=マスクや白衣)、先生とお話してと終わったらどうするか(リスのクッキーを買う!!)、注射をしないかとか。入室する前にはたくさん本を読んであげたりとか。タスクを子供に与えたり(入室して先生に痒いところはどこか教えること)私自身も、実は医者通いは嫌いなのを子供が感じていたのかもしれません。(というわけで、病院の後、子供とペアの服を買うことを楽しみに今回は行きました)私自身も、肯定的に考えて子供と笑顔で大声で、「先生こんにちは」と心を入れ替えて入室しました。心では「気にしない、気にしない。」と繰り返し。

先生に、野菜をいっぱい食べなさいといわれて、「野菜をいっぱい食べます」とお約束もできました。(もちろん口約束ですが。。)でも、「野菜をたくさん食べるとカイカイもそのうちなくなるよ。」と私が子供に言うと、「よくならないもの。。」といってべそをかいてしまいました。子供には、カイカイは悲しいことなんだなとつくづく実感しました。検査結果は、とてもよくige25.2,iga44 (正常)で、ラストは卵白2とりんご1だけで、前回に比べると格段によくて、この調子で食事やかんきょうにをきおつけて、薬を使わないようにすればいいとのこと。でも、実家ではかゆみがすごいのはどうしてかしら。先生は、祖父母の食べている卵や牛乳だとおっしゃるのですが。不思議です。


最後に、小児科の先生の一言って大切ですよね。何かの本で、親のメンタルケアも小児科の先生の大切なしごとだって。かかりつけの小児科の先生、娘がテーブルで口を切って血を流したとき、2件先の歯医者にも電話してくれて送り出してくれたり、あまり私がおお泣きしたのでうちにまで電話をくれて、心配なのは子供じゃなくてお母さんのほうですよ。と気をつかってくれました。(多分言葉もよくわからない外国人母が、子供を連れてきたので心配してくれたのでしょうが。)そういうのって、親としてはありがたいのですが。小児過不足の状況では無理かな。

怖がらないのは良いけれど。 投稿者:TOKUE  投稿日: 8月 1日(日)13時47分27秒

うちも管理人さん宅と同じで、遊ぶ場所の一つと思っているみたいです。寝台に乗ったり、これは何?あれは何?と、質問し放題。診察台に寝転んだり。先生のことが好きみたいで、先生の手を撫で回したり、ネクタイを触ったり、膝をコチョコチョしたりします。緊張感が無いので、姉弟でチョット当ったとかいうことから、喧嘩が始まることもあって、私が止めても狭い空間なので離すことが難しく、なかなか落ち着きません。「ポン!家に帰ったら覚えときや〜!」と、すごんだら、先生が「いいですよ。病院が怖くないことは悪いことじゃないいですから。何でもイイと言うわけじゃありませんけど」と・・・。まあ、うちの主治医は直接子供にも叱ってくれるから、助かりますけど、どうして良いか分からなくなる時があるのは確かです。「おとなしくしてたら、帰りにおやつあげるよ。」なんて1度でも言おうものなら、交換条件でしか言うことを聞かなくなるだろうから、こと在る毎に言って聞かせるしかないんでしょうねえ。あんまり深く気にしないで、医者の個性を楽しみたいものです。

騒ぐ子ども 投稿者:管理人  投稿日: 7月29日(木)18時01分42秒

子どもはどんな場所・場合でも自由であるべきだとは思いますが、ちゃんと検査・診察できないと医師・親双方が困る病院は子どもにとって数少ない例外エリアかもしれません。
子どもにも2種類いて、病院が怖い子どもと、病院は思う存分遊ぶところだと思う子ども。ウチは間違いなく後者です。ま、どこでも思う存分遊ぶんですが。後者の子どもは医者に何言われてもしょうがないけど、前者なら小児科も努力しなくちゃ。それを「静かにさせるのは親だけの義務」と思っているなら、ちょっと困るなあ。
爪の話、医者らしい話ですね。確かに医者って面白い人が多いみたいです。近所の眼科医は今度クラシック喫茶を開くそうです。

診察室、気を遣います。 投稿者:TOKUE  投稿日: 7月29日(木)11時44分11秒

診察室で騒がれると、ほんとにつらいですよねえ。うちも変に病院慣れしていて、初めての病院でも、いつもの病院でもおとなしくしていることは殆どありません。騒いだりあちこち触ったりするとこっちが恥ずかしいので、診察室に入る前に脅しちゃったりもします。気を抜いた時に限って、姉弟喧嘩が始まって、主治医に「君達は相変わらずだねえ!」と、怒られてしまったこともあります。親はただただ赤面で平謝り。それをもし、ADHDって言われたりしたら、ムッとくるのは当然ですよね。医者が安易に病名を口にするのはどうかと思います。掛かり付け医でのこと、予防接種で泣き叫ぶ2〜3歳の子に「泣くな〜!男やろ!」と怒鳴りつけた母親に、先生は「まあまあ、お母さん、泣いてもいいですから・・・」と、苦笑い。私は「母親に問題あり」と言われるのが怖いので、体裁を気にして人前で怒る時には気を遣ってしまうのですが、自信満々に怒ることができるそのお母さんが少し羨ましかった。大阪はユニークな人が多いのかも知れません。先日、知人の子供がとびひになった時、近所の無愛想な皮膚科の医師に「爪が伸びてる」と叱られ、「先生、この前『詰め切り過ぎや。深爪やから暫く伸ばせ』って言ったやんか」と、言い返したそうです。幼稚園のママ達で、時々近所の開業医であった出来事を話すのですが、結構ストレス発散になりますよ。(笑)

そうですね 投稿者:ママ  投稿日: 7月28日(水)22時12分28秒

管理人さん、愚痴を聞いてくれてありがとうございます。やはり、石巻に帰るとほっとします。今日、子供が近所の子と遊んでいるのを見て、やはりうちの子はごく普通だと確信しました。帰省してからというもの、蚊にさされたこともあり、毎日かゆみがひどくて、昨日は極めつけ、夜中の3時から4時半におきだして大変でした。えびそりして顔を真っ赤にして、「かゆかゆ。」って泣くんです。私も子供がかわいそうで泣きたくなります。私は実家でゆっくり休みたいし、k先生にも診察していただけるので夏の帰省は楽しみなのに、かならず症状が悪くなるんですよね。(おそらく、ダニやカビの量が多いので)で、だいぶストレスが爆発してしまいました。普段なら聞き流せることも、娘の健康のこととなるとついついピッときてしまって。
インフルエンザの予防接種、子供用タミフルシロップがないし、迅速検査キットがないのです。それで、去年の12月に、突然高熱を出してぐったりしたので大学の救急病院につれていったらいきなり解熱剤の注射を打たれて、私、泣いてしまいました。(結局は、突然性発疹でした。)k先生によると日本と私の住んでいる国は解熱剤について、一番遅れているということ。アトピー患者もたくさんいますが、やはりアレルギーについては日本の医療のほうが優れているし、選択の幅も多いです。k先生は高熱ぐらいでは医者に行かずに。。とおっしゃいますが、インフルエンザの季節は心配です。とくに、子供が高熱でうとうとしているのか、気絶しているのか判断に迷うことがあります。うちの子、痙攣を起こしたことがあるので、冬はさらに心配です。(痙攣止め、かかりつけでは出してくれないんです。)
来週、血液検査の結果が出ます。栄養検査までしてくださるので、ほんとにありがたいです。アレルギー値もそうですが、子供の栄養が心配です。

おかげさまで、またがんばる気力がわいてきました。

石巻はもうすぐ川開き 投稿者:管理人  投稿日: 7月28日(水)13時30分29秒

ママさんはもともと石巻の方でしたか。石巻の空気や水などの環境についても何か言われませんでしたか?どうも診察室で騒ぐと無条件に「ADHD」という判決が下されるようで、ウチの子の場合は引き出しは開けるは机のものは勝手に持って行こうとするは、k先生もいまだに手を焼いています。子どもの日常は親が一番知っているはず、この際判決は無視しましょう。子どもは「泣いて暴れるのが仕事」です!ウチでは子どもが泣きわめくと私のほうが「泣きたいのはオレのほうだ!」とわめいています。
確かに今の小児科はかなりかわいい診察室になっているのが普通ですね。広報で見た子ども病院も遊園地と見紛うばかりのようです。
ところで皮膚の弱い子がなぜ爪が弱いかですが、爪の成分は皮膚の成分の一種ケラチンだから、いってみればメロンの白いところがきゅうりの味するのは、メロンときゅうりが同じ仲間なのと同じですね(もっといい例えがないのか)。
インフルエンザ流行ってますか?けっこう高熱になるプール熱なら流行ってますが。ウチではインフルエンザしてませんが、紹介状を書いてもらって近場のかかりつけの医師などと相談するのがよいのでは。

お久しぶりです 投稿者:ママ  投稿日: 7月26日(月)09時30分31秒

ただいま石巻に帰省中です。

久しぶりにk先生のところで血液検査をしていただきました。子供が大暴れして受診拒否をしたせいで、先生は気を悪くされたみたい。「アレルギーとADHD(でしたっけ)のせつめいで、診察室でもわけがわからないくらいに騒ぎ出す。」という説明をされ、私もかなり気を悪くしました。子供は2歳半の反抗期。加えてかなり自己が確立しているタイプ。感受性も強く、頭もいいので(親ばか?でも、平かなは完璧、漢字も読めるし、足し算し始めたし、3ヶ国語しゃべります)、学習障害とは無縁の気がしますけど。(愚痴ってすみませんが)子供ははじめていった病院(先回とは違う建物でした)で、ルーティンがわからないし、診察室は殺風景で狭いし、先生はマスクをしておられるので、異様な雰囲気が伝わったのかも。子供のかかりつけの小児科は、遊びのお部屋に滑り台、ブランコ、おもちゃなどもおいてあり、いつも子供用のビデオがながれて、インテリアなんかもかわいいとこなので、名前を呼ばれるとさっさと診察室に入り、耳の穴や鼻の穴までのぞかれてもなくこともなく、さっさと診察を済ませ、「ママ、遊んでてもいい?」と遊びの部屋で遊んでくれて、ママと先生はゆっくりお話ができるのですが。それを、アレルギーを起こすようなものを食べてると、わけがわからなくなるくらい騒ぐとおっしゃられるので、私も我慢したいたジャンクフードをおいもいっきりたべて、爆発してしまいたい心境でしたが、そこはぐっと我慢して質問をこなしました。先生は確かにいろいろ研究されているので、学ぶことが多いから。
海外で一人で子育てして、医療も違うし、言葉や文化も違うし、ストレスで癌疑惑があってバイオプシもしちゃったのに、これ以上、成績不振の生徒みたいに先生にしかられたくないし、子供の健康のために親の私がストレスで早死になんてしたら、子供の面倒をきちんと見れる人なんて母親の私以外にいないし。
先回は、内服薬は予防の意味もあるので飲んだほうがいいといわれたのですが、今回は食事療法で免疫をつけ薬は飲まないほうがいいといわれたのですが、帰省してから蚊に刺されてヒスタミン増大しているし、やはり実家はダニやカビがおおいし、掃除がいきとどいていないので薬がほしいからお願いして出してもらいました。
つめは皮膚でカルシウムとは関係ないけれど、皮膚の弱い子はつめも弱い傾向にあるそうで、どうしてつめが弱くなるかは、はっきりと回答(対策)をいただけませんでした。
うちのように、一年に一度、七夕のような患者だけど、一生懸命できるかぎりのことをして(まあ、ほかのアトピーっ子のママたちから見れば、不足かもしれないけれど)生きているのだけれど。

管理人さん、お子さんのインフルエンザ予防接種、どこでされました?k先生の病院では行ってないようなのですが。

愚痴でネチケット違反してたら、過去ログから削除してくださいね。

給食、私達の頃とは随分変わったと聞きますが。 投稿者:TOKUE  投稿日: 7月21日(水)16時51分18秒

めぐみさん、子供さんしっかりしてますよね〜。うちの子はどうだろう?色々な形のおやつにチャレンジしていると、以前は用心して手を出さなかった物に手を出しそうで恐ろしいです。例えば、モドキ料理もそうですが、それらしく作った物を食べさせていると、本当は原料が違って食べられないのに、いつも食べているものと似ているがゆえにうっかりなんてあり得るかも。乳卵抜きの特別なウインナーやクッキー。試食コーナーで勧められた時に、食べちゃったらどうしよう。父の日似顔絵コンテストの景品のお菓子。「どっちにする?」とチョコとジューシーを差し出され、「牛乳も卵も入ってない?」って、聞き返した4歳の息子に、相手の大人は???。「パパにお土産にしようか。」という私の言葉に、益々???。食べられないお菓子もらうより、鉛筆1本、消しゴム1個の方が子供は嬉しいはず。「子供にはお菓子」という風潮が、もう少し変わってくれれば良いのに。って、思います。これも環境のストレスですね。
多数決。本当に大切なことを決める時には適さない方法のように思います。管理人さんが言うように、思考が停止することが問題なのでしょう。考えてみれば、多数決をとるか否かを多数決で決めることも無意味ですよね。確かに、便利で簡単な方法ですが・・・。
うちの姉もそうですが、夫婦共に働いているので、子供たちは小さい時から保育園でお世話になっていました。家ではオムツでトレーニングは保育園任せ。お昼御飯も朝夕のおやつも手作りで、いい物を食べさせてもらっているから、家では特別バランスにこだわらなくても安心。仕事と家事の両立は大変だから、子供は保育園で育ててもらっているようなもの。恩師も、娘さんの子供さんのことをそう言ってました。そんな家庭が多いのも分かるような気がします。
何でも食べられて、どんな環境にも適応できる子なら、ついつい手を抜いてしまうのでしょう。管理人さん宅のように、共働きでお弁当作っている家庭は本当に大変だと思います。専業主婦でも、朝は菓子パン。お昼のお弁当は冷凍食品。晩も外食が多い。ってうちもあるみたいですが、親の後姿を子供がしっかり見ているんでしょうねェ(願望もありますが)。最近、私も疲れていて手を抜きたくなることが多いです。子供が何でも食べられたら、もっとぐうたらになっているかも。でも、やっぱり、昼食にカップ・ラーメンみたいなのは食べさせたくないなあ。

給食で栄養補給 投稿者:管理人  投稿日: 7月21日(水)07時37分43秒

新聞で栄養や食育を給食に頼っている親が多くなっていると聞きました。給食に依存?いったい家で何食べてんでしょうね。給食を食べ切れない子は、給食の牛乳はもちろん、家で脂肪と糖の取り過ぎなんでしょう。言われてみれば牛乳は小学校1年も6年も同じ量ですね。そもそも戦後直後の栄養不足家庭の最低保障として牛乳があった、そろそろ役割を終えていいのではないでしょうか。私も機会があったら今の給食を食べてみたいと思っています。
多数決そのものが悪じゃないけど、その結果少数を排除していくのはいやですね。子どものころ考えてみれば確かになんでもかんでも多数決、それが必要でないものまで多数決だったかも。それにどちらか一方に決まるとそこで思考が停止します。日本人特有なのかなあ。それにしても野生動物のような「すみわけ」ができないヒトは異常で危険な動物です。
めぐみさんの息子、危なかったですね。でも偉い。欲望のカタマリのウチの4才だったらきっと食べてた。欲望に打ち勝つ術をどう教えるべきでしょうか?
さて、ウチは今日から夏休み、ラジオ体操は面倒だし学童も9時からなので困るけど、給食のまねっこしないですむので助かりますね。

もやし 投稿者:めぐみ  投稿日: 7月20日(火)00時47分56秒

お久しぶりです。『もやし』に反応してしまいました。
極貧保育園の台所を預る私・・・。もやしは毎週登場してるかも・・・。

給食の話、とてもデリケートな問題ですよね。なかなかカキコできずにいました。娘はお弁当の中身が違っていても平気なタイプかな?でも、本心はわかりません。

先日、給食の試食会に参加しました。予想してたとはいえ、めまいがしました。くらくら〜っと倒れたくなった・・・。こ・これだけ?量も内容もとても貧相なものでした。娘は、給食を食べてみて様子を見ましょう。と言う状態だったので(本人も食べてみたいとのことで)牛乳・卵除去(二次製品は除去なし)で食べていました。いつも足りないと言って三回はおかわりすると言ってました。お代わりできなかった日は、腹減った〜!と帰ってきます。納得です。牛乳を飲まない分、足りないのかな?って思いました。他の子達は、あんな少しの給食すら食べきれず減らすそうです。だって、小学一年生に200mlは与えすぎだろう!!一年から六年まで同じ量かよ?怒りは、まだまだたっくさんあるけれど、もう一つぶっ倒れたのは、未だに食器がアルマイト・・・撃沈。九月からお弁当決定です。アレルギーじゃなくとも許せない内容・・・。  

そして、一緒に参加したお母さん達に『お給食食べられるようになった?』と聞かれ、『あまり良い状態とはいえないから、またお弁当にしようと思ってます。』と話すと『まあ、かわいそう。大変ね。早くお給食が食べられると良いわね〜。』と言われました。ひょえ〜!試食してみて、これを食べさせたい!食べられないのがかわいそう!と思う感覚の方がどうかしている。食べさせられてる子の方がかわいそうだわ。と過激に思ったのでした。これで食育はないよな〜。はりきって説明してくれた栄養士さん。疑問を持ちつつ仕事をしているのならまだ救われる?けど、自信満々に『きゅうりも湯通ししてますので安全です!食器も危なくないようにアルマイトです。』う〜ん。十分危ない・・・。何を誰を真中にして考えたら良いのか、根本的に間違ってるとしみじみ思いました。

アレルギーに限った事ではなさそうですが、アレルギーそのものよりもそれに関連してくる環境の方がストレスになりますね。いろーんな人が居るから理解してもらおうと努力する事は、かなりの労力だし、傷つく事もありますよね。想像力の欠如。想像しようという想いまで及ばないほどゆとりの無い社会環境もあるのかなあ?学校時代ずっと多数決で過ごして来たけれど、多数決って嫌だな〜。ヒトではなく、人間として生きたいな。

なんだかいろんな思いが溢れて来て、まとまりもなく長くなりました。ごめんなすって・・・。

昨日、園外保育のおやつでクッキーを勧められた息子。『これ食べれる?』学童クラスの保母『大丈夫よ。どうぞ。』息子『オレ。これ食べれん!死んじゃうよ!』そうなんです。息子の保母がすっ飛んで来て原料を確認。勧めた保母に食べられない物を説明。無事死なないおせんべいをゲットしていました。たくましく育ってるわ〜。ちゃんと自分に合うかどうか見極める力が付いて来てくれてるようで嬉しいです。ずっと親掛かりではいられないので、見極められる事。ちゃんと主張できる事。この事はほんとに身につけて欲しいと願ってきました。担任の保母からは4歳の子に食べたら死ぬもん。と言わせてしまったことに心を傷めている。ごめんなさい。と悲しそうな顔で言われました。たまたま、職員として引率に入っていて居合わせてました。仕事は給食のおばチャンだけじゃないんだなあ〜。

インドの話、よく分かりました♪ 投稿者:TOKUE  投稿日: 7月13日(火)23時44分49秒

管理人さん、相変わらず面白いですねえ。管理人さん節を聞くとホッとします。主人が「部活で先輩にいじめられた経験を持っていた場合、先輩になった時に自分もいじめる人と、先輩になっても自分は絶対にいじめない人が居る。その意地悪な人は前者なのだろう」って言ってました。この掲示板を読んでいる方は皆さん後者だと思います。自分が苦労したから、自分の子供には間に合わなくても、後の人達の為に頑張ろう。っていう活動の積み重ねが、松本市の除去対応食につながっていったのだと思います。地域に何人食アレの子供が居るかを調べることも難しいようなことを聞きました。「最近の雑感」でその手の調査が行われるとか言うことを見たような気がするのですが、調査結果はどうなってるのかなあ?なんて、漠然と思いを巡らせている今日この頃です。
まこさん、生クリームのケーキが出なくなったって、すごいですね。でも、心無い陰口は悲しいことです。昔、中国で「性善説」「性悪説」ってあったでしょう。人間は生まれながらにして「良い心を持っている」「・・・悪い心を持っている」って言うことだったと思うんですが、私は疑いも無く「性善説」を信じていました。でも、このところ、やっぱそうとばかりは言えないのかなあ?なんて、悲しいこと思ってしまいます。意地悪されても、ひがまないようにしたいです。

インドですが 投稿者:管理人  投稿日: 7月13日(火)08時09分50秒

調べてみたらインドはダバワーラーという弁当専門の配達業者が配達するんですね(下アドレス)。配達は奥さんじゃありませんでした。訂正です。でもできたての暖かいカレー弁当が配達されるのはいいですね。
学校給食は値段が安いせいか「もやし」がよく出てきます。学校給食の地産地消でもまずは「もやし」というところもあります。というわけで私は仕事帰りにもやしを買うことがあります。
まこさんも配膳イメージに悩みますか。栄養士がイラスト書いてくれるといいんですけどね。うちでもヨーグルトの代わりに寒天ゼリーを持っていって羨ましがられたことがあります。市販品なんでほめられませんが(笑)。しゅうまいもライスペーパーを使った食アレ対応の市販品です。でも本当は子どもに気持ちが伝わってくれるのが一番です!努力しながら手抜きしても、親の努力を少しは分かってくれるんじゃないかなあ?

http://www.namasute-mumbai.com/dabah.html


インド! 投稿者:まこ  投稿日: 7月12日(月)22時32分27秒

インドって凄い習慣があるのですね。驚きました(笑)。テレビでは、こんなに頑張っている素晴らしいお母さんがおられると絵になるのでしょうが、私のようにいかに手抜きをするかの方法を模索している身にはほんまにプレッシャーになります。ぐさぐさと痛かったです。うちの地区でも何年か前にセンター式にしようとする動きがあったのですが、断固反対の署名を集めたり、講演会を開いたりという大きな動きがあって結局今のまま、各学校で対応することになりました。最近の流れは管理人さんのおっしゃるように、地産池消の方向で
地物で安全な低農薬な材料でという有難い方向になっています。私がその20パーセントが少なく感じたのは、これではそうした流れがまだまだ全国規模といえないと思ったから。こうした取り組みがあることや、食材の安全性についてもっと知ってもらえたらいいですね。

配膳のイメージ!そうなんですよ。確かに見に行くことができないので、子供に聞いいています。私は毎月給食の栄養士さんと打ち合わせに行っているので、其のときわからないことを聞いてイメージを膨らませていますが。似ても似つかなかったり、雰囲気だけのときもありますが。(子供に気持ちは伝わったと逆に慰められたり…)おかずに懸命で主食のおにぎりを忘れたり、全くドジばかりです。スコーンのとき、カップケーキを焼いて持参させたら
妬まれたといわれました。難しいです。

>TOKUEさん
下の子の保育園で生クリームのついたケーキが出なくなりました。ほかのお母さんが「アトピーの子が食べられないからですって」と話していて私が横を通ると「あっシッ」といわれてしまいました。あらら〜と少し被害的になりました。まあ、何か言いたい人はどこでもおられるし、いろいろ思うこともあるでしょうか。以前子供たちのクリスマス会に焼き菓子のカップケーキをたくさん作っていきました。生クリームのケーキがあったのですが、カップケーキの方がおいしいと言ってくれる子供や小さい子にはこの方がいいねといってくれるお母さんもいて…「勝った」と内心ニマニマしたことがあります。行動あるのみ!?頑張りましょう。

http://www2.kct.ne.jp/~nogu/atopii.html


想像力の欠如 投稿者:管理人  投稿日: 7月12日(月)03時01分38秒

インドといったのは、インドでは家のカレーを妻がお昼に夫の職場に届けてくれる習慣があると聞いたので、わざわざ昼に学校まで運ぶのが同じだな、と思っただけです。
また問題母出現ですか!そりゃメンタル面を考慮しなくてもすむ我が道を行く子どももいるでしょう。それに小さいうちは分からないですからね。でもみんながそうだというわけはない。想像力の欠如というか・・・もしかしたらその人はそのとき大変だったけどたいしたことなかった、とある種屈折した自慢なのかもしれません。

小学校給食 投稿者:TOKUE  投稿日: 7月11日(日)19時37分9秒

NHK途中からですが、多分見ました。素晴らしいモドキ料理、見られませんでした。したがって、なぜインドなのか、理解不能であります。残念。友人が「上手に似せて作っていくと、先生に褒められるのよ」と、言ってました。褒められると、ついついそうしなくてはいけないような気になっていきそうで、類似料理を作る自信がない私としては怖いです。
ここで、久し振りにぼやかせてください。先日、同じ幼稚園の保護者がうちの子の食アレについて、「同じ物が食べられへんのが、そんなにたいそうなモンなん?」っと、言っていることを耳にしました。私は別に何にも言ってないし、幼稚園でも結構冷たい対応されているのに・・・。そこの子供さんも、集団生活に入る前の小さい時に卵のアレルギーがあって、調理器具は共用でも、その物自体が入っていなければOK(ラインの混入なら可)の、いわゆる厳密ではない除去をしていたそうです。現在は何でも食べられるようですが、「除去の対応は大変だったけれども、子供のメンタル面なんて、気にするほどのものではない」といったようなことを他のお母さんの前で話しているのを、直接聞いたこともあります。先日は子供達の集いにケーキを出す方向で話をされました。とても悲しいことだと思いました。上の子の時にはそんなお母さんは居ませんでした。ポンのことが可愛そうになってきました。口を開くと喧嘩になりそうなので、じっと我慢していますが、本当は叫びたい。「○○○○○○〜!」って。

RE:NHK 投稿者:管理人  投稿日: 7月11日(日)04時40分1秒

私は逆に20%(でしたでしょうか?)もの小学校が除去対応しているのに驚きました。私には20%という数字が多いように思い、予想外でした。まあ対応といってもピンキリでしょうが、よく全体の20%を超えると大きな流れになると言われます。20%を越していくことで今後除去対応が当然になる時代が来ると予感しています。うちの管内の教育委員会は話しをしても全然だめですし、油っぽいメニューや中途半端な除去対応されるよりは弁当のほうがまだいいかなと。一方、地産地消の流れからセンター方式から各学校での対応に戻りつつあるように思います。このことも除去対応には追い風になると思います。
ところで。あのシュウマイ、確かにうちもモドキシュウマイを作ったことがありますが、あんな風に作って学校に届けるなんて、インドじゃあるまいし例外中の例外、テレビでがんばっているのをやられるとプレッシャーですね。特に共稼ぎでは全く無理です。でも、ウチの子も同じメニューを求めてるようで、メニューに合わせて作ってますが、実際のメニューの配膳イメージが分からないので、とこまで給食に近づけられているのか分からないのが現実です。

N○K放送 投稿者:まこ  投稿日: 7月10日(土)03時26分45秒

こんばんは、ご無沙汰したおります。もうすぐ夏休み、あと少しです。がんばっておられますか?

先日N○Kでアトピーの特集があったのを御覧になられました?いろいろ考えさせられました。給食で除去食をしている学校はまだほんの十数パーセントにしかないのですね、代替食まで用意してくれるところはほんの2パーセントしかないとのことでした。番組のなかで類似品を作ってお昼ごろに毎日お弁当を届けている素晴らしいお母さんが登場しましたが、あのようにはとてもとても普通はできないと思います。給食のしゅうまいとそっくりなしゅうまいを作っておられましたもの。(先日シュウマイのとき、手抜きして蛸さんウインナーを持たせたので見ていて少し痛かったです)

管理人さん、皆さん。類似品、どの程度までされていますか?蛸さんウインナーは手抜きですが、子供は形か色、大きさなどが似ていたら一応満足してくれるようでありますが。いかがでしょうか?

http://www2.kct.ne.jp/~nogu/atopii.html


RE:はじめまして 投稿者:管理人  投稿日: 7月 5日(月)09時43分49秒

はじめまして、クリスさん。根本的な治療となれば、どんな病気でも@まず原因を把握し、Aそれを除去することですね。当然、並行してB現在の症状の改善が必要です。食べたもののチェックは@原因の把握ですし、原因が何かを押さえるためには可能性のあるもの、症状を悪化させるものを除いて、「原因物質が何か分かりやすく」することが必要です。刺激物のコーヒーやヒスタミンを持つ青魚は原因が分かりにくくなります。また大人の場合、子どものアトピーと違って行動半径が広範囲で環境要因がつかみにくいし、環境と並んで精神的ストレスが大きな要因となり、食べ物か環境か精神的因子かその複合か、原因物質がつかみにくいので時間がかかると思います。
まずは「想定される要因が基本的に除去された肉体的・精神的に健康な生活」において、食べたときにだけ症状が出るもの(これが「原因物質」)を見つけることです。
医師に向かって率直に「現在は何を調べているのか」「今はどこまで分かったのか」「これからの治療スケジュール」を聞いてはいかがですか?患者は現在の医師の考える治療方針を聞く権利があるのですから、医師にしつこいくらい聞いてみてください。
原因物質がはっきり分かれば、それ以外は食べられますし、それが好物でかつ原因物質であっても体調がよければ少量食べられる場合もあります。あまり悲観的にならないで楽観的に考えて、まずは精神的にいい状態で原因をつきとめてはどうでしょうか。

初めまして 投稿者:クリス  投稿日: 7月 4日(日)17時15分14秒

私は27歳・男です。私は今病院に通っています。そこの治療というのは@食べたものをメモしてチェックするA食べてはいけないものを除外するBステロイド(クリームタイプ)を塗るというものです。これで根本的に治るのでしょうか?一応医者とは相談して根本的に直す方向でとお願いしているのですがいまいち成果が感じられません。「食べてはいけないもの」としてコーヒーや青魚など何点か挙げられてますが、これは今後一切(死ぬまで)食べられないものなのでしょうか。

不潔でなければ 投稿者:管理人  投稿日: 6月24日(木)10時03分57秒

汗をかいての適度な運動はストレスの発散からもいいと思いますし、汗をかいた後に強くこすり過ぎる・不潔な状態にする、などがなければよいと思います。

こんなのはどうでしょうか? 投稿者:MK  投稿日: 6月24日(木)00時54分46秒

管理人さんありがとうございます。
そうと思います。仕事が忙しく今単身赴任で・・・それに負けてはいけない!
っという事で最近体力つける事も含めて”歩いて”います。汗をかくとちょっと調子がよいような気がしますがどうでしょうか?汗をかく事はアトピー(肌)には良いのでしょうか?
当然汗の後はすぐにシャワーしますよ!

問診してくれる専門医 投稿者:管理人  投稿日: 6月23日(水)13時37分42秒

MKさん、はじめまして。大人の場合は原因がストレスの場合が多く、食・生活環境との相乗効果で閾値を超えた場合に症状として出るのだと思います。まずは身辺環境をできるところから整備することでしょう。皮膚症状はステロイドなどで容易に軽減するでしょうが、完治を目指すなら年単位の長い対策を考える必要があると思います。子どものときにもあったということであれば、体質要因はずっとあり、ストレスなどをきっかけにして発生したのではないでしょうか。生活全般に原因があるのでこれ以上は分かりません。問診をしっかりしてくれる専門医にかかることをお勧めします。
たんたんさん、魚がダメというレシピはほんとに少ないんですよね。夜更かしはダメだけどコンビニ同様24時間営業なので、これからも遊びにきてください。

急に! 投稿者:MK  投稿日: 6月23日(水)00時17分42秒

私は37歳の男子ですが、小さいころからアトピーとはつきあっているのですが高校の時に
体質改善してほぼなくなり塗り薬など使用せずに直ったのですが最近ちょっと変化があり
半年前から急にできたところの無い場所がガサガサになりだしました。何が原因か?
っといえば去年のプールで日焼けした事以外はかんがえられないのですが・・・
何か?原因かんがえられますでしょうか?

初めまして 投稿者:たんたん  投稿日: 6月15日(火)02時09分29秒

 1才の我が子のアトピーにジタバタあがいて暮らしています。
ポジテイブに楽しんでやれたらいいんですけど、なかなかそういうわけにもいきませんね。
 一生懸命、食べ物に気をつけ、生活に気をつけ、取り組んでいたつもりなのに、ついに!抗体検査で卵と魚にプラス!!!
 え〜〜さ〜か〜な〜???と思いながら、ネットをさまよい、こちらにたどり着きました。
魚除去のサイト・メニューは、さすがに少なくて・・・しくしく、こちらをゆっくり拝見させて頂き参考にさせて頂きます。
 夜更かしは、きっと母乳によくないだろうから、今日はこのへんで・・・。
 ときどき愚痴らせてくださいね♪

もちまき 投稿者:管理人  投稿日: 5月31日(月)18時11分49秒

雨に降られちゃいましたか。ご愁傷様です。餅まき、私は餅も雰囲気も大好きです。町で上棟式を見かけると待ってたりもしますが、景気が悪いせいか確かに少なくなりました。そうそう、昔の造船所の餅まきはがんがん100円玉が飛んできて気前がよかったですよ。角田先生、はりきって餅まきしてたんでしょうね(きっと餅は無添加)。

上棟式 投稿者:たかはし  投稿日: 5月30日(日)13時27分3秒

管理人さん、運動会は雨がふりだしたため、お昼ご飯を無くして一気にやってしまいました。徒競走では一番でした。一緒に走った子供たちが全員うちの子の倍くらいの体重の子たちでしたので、細身な次男はダントツで一位でした。どういう基準で分けたのか?午後は角田クリニックの上棟式があり、たかはし家全員で餅を拾いにいってきました。ここでもすばしっこい次男が大活躍でたくさんの餅をひろってほくほくでしたが、高校生の長男はなかなか拾えず、ノルマこなせず母に小言を言われたのでした。帰るみちみち食べちゃって家に着いたら少しだけに・・・。最近では餅まきもあまり見なくなりましたね。私の子供のころはけっこうありましたが、次男は生まれて初めてでした。角田先生の餅まき見せたかったですね。

すばらしい回答 投稿者:管理人  投稿日: 5月30日(日)08時41分25秒

たかはしさんの、「停止にする理由が給食センターで除去対応が不可能な為」、そのとおり、すばらしい回答で夫婦で感動してます。市の教育委員会では今回内規を定めて申請を出してもらうことにしたとのこと、一応給食の除去食対応をお願いしましたが、そもそも全く役所の体裁だけの無駄な仕事です。
運動会、小雨たいしたことなくてよかったですね。何番でしたか。

給食停止申請書 投稿者:たかはし  投稿日: 5月28日(金)22時48分44秒

お久しぶりです。管理人さんの地域でもやっぱり出すのですね。昨年あたりから出しているような記憶があります。停止にする理由という欄になんと書くかちょっと考えて、給食センターで除去対応が不可能な為と記入しました。うちの子供が食べられないので、ではなくセンターの能力不足によりという意味を込めました。ものは考えようです。センターの方が見たら怒るかもしれませんね。毎年これでいくつもりです。確か去年だったと思うのですが、うちのほうでだけかもしれませんが、食材がいろいろ書いてあるプリントを学校から持たされて、食べられないものにまるをつけろとありました。ほとんどの項目にまるがついて、無意味な調査だとちょっと頭にきましたね。食材が、チーズとかチョコレートとかポテトチップだったり、給食の為なんだか何のためなのか、意味がわかりませんでしたね。なかなかおかしなことばかりですが、楽しく暮らしましょう。明日は運動会です。雨が降りそう・・・。

給食停止申請書 投稿者:管理人  投稿日: 5月28日(金)03時56分40秒

おにゃあにゃんさんお久しぶりです。本当に食アレ関連のニュース多くなりましたね。NHK教育でも一週間シリーズで続けてました。でも給食での対応までは本当に遠いですね。給食センターは1食当たりの予算が限られていることや組織的な「付き合い」があって地産地消ですら進まないと聞きます。組織が根底から変わらないと対応できないでしょう。
先日、小学校から「給食停止申請書」の提出を求められました。除去対応の申請なら分かるのですが何もしてくれないことを申請するのはどうも合点がいきません。どっかの法律に「給食を食べる義務」があって食べないために申請するのか?市教育委員会からの指示のようなのですが、皆さんも出してますか?
ということで子どもに対して以外でも怒ってます。でも家庭外では素直に感情出せないので「怒る演技」ですね。
私の最近の心がけは「今日楽しかったことはなに?」って聞くことですが、考え込む長男からはいつも返事がない。でも小学校楽しいらしい。

おこりんぼおにゃあにゃん 投稿者:おにゃあにゃん  投稿日: 5月27日(木)13時00分37秒

お久しぶりです。
毎日、あっという間に過ぎてしまいますね。
TOKUEさん、遅くなりましたが、給食の件はよかったですね。
真摯な気持ちが伝わったのですね。
食物アレルギーの問題が、マスコミで取り上げられることが多くなったのも幸いしたのでしょうか。
管理人さんの方はいかがですか?
先日、子供の遠足があり、5時起きして、お弁当対応しました。
人参がハートの形になる、ウインナがたこになるだけで、おいしさが変わるもんかいと言いたくもなりますが、
「たのしい」ことは、「空腹」と並ぶ魔法の調味料なんですかねぇ。

管理人さんが子供に「やつあたりする」といっていましたが、そういうのを聞くと、ちょっとほっとする。
保育園に行けてよか思うことのひとつに、送り迎え時に、子供をおこる親が見られること。
自分だけじゃないと、なぜか安心します。
私もききしにまさる「おこりんぼ」ママで、に自己嫌悪もしますが、開き直っています。
「おかあさんは、子供の頃からおこりんぼなの!」とか、「おかあさんといものは、怒るものなの」とか。
子供のトラウマになって、とか、おこると叱るの区別とか、もう気にしてもしかたがない。
怒るという自分の状態に正直でいること、きれいごとで、自分を正当化しないこと、おこっても子供が大好きであることを、伝える努力をすることを、とりえず今は気をつけてやっています。
最近、怒るのはTVがらみが多いです。
プリキュア、ミルモ、カードキャプチャさくら等々、親もついついみいっているから、仕方がないとこもあるが、怒るのは、やっぱり親の宿命だ。