結婚8年目に入った私達  
相変わらず子供中心の生活は続いている。

2年前、長男誕生に合わせ 1LDKのマンションでは狭くなるので
古ーーーーーいマンションを 安ーーーーーく購入し 全面改装 
3DKの間取りを2LDKに変えて住んでいる。
唯一の難点は ベランダが無い!!  さすが築32年という感じ
ベランダの変わりにサンルーム(2畳)があり
横の部屋(4畳)との仕切に障子が付いていたけれど
改装の時 ロールスクリーンに換え6畳の洋室にした。
 そこは子供部屋・・・・・
                        オモチャ置き場になっている。

  リビングは12畳のフローリング 小さい子供がいると板の間が良い
食べ物をこぼしたり、おもらししたりと
何かとアクシデントが有るからね
キッチンはシステムキッチンを入れたけれど・・・・・
食事を時々しか作らないので ガスレンジはパソコン置き場と化している
「なーーんて母親だーー!」と 思いの皆さん 理由は後ほど。
あと4畳半の和室 ここはお布団のお部屋
と 言うのも布団を2枚敷くとなーーんにも置けず
唯一 ‘開かずの化粧台’が ポツン と淋しそう
ホント 化粧をしなくなっちゃいました。
この四畳半で一家5人が ざこ寝状態 
------ 冬は暖かいよ ------




我が家の10軒程隣りの部屋が売りに出された。
売りだしのチラシを主人が見て
「義父に入ってもらったらどーや」 とすすめてくれた。
それには理由があった 
私の両親は離婚している。
主人と結婚する前から家事は私の仕事になった
結婚後もそれは変わらず 私達家族は毎日の様に
近所に住む父の家で夕食を食べている。
近所と言っても毎日だと大変なので 隣りになると随分ラクになる 
話しは進み 今では‘お隣りサン’です。
私は家事を*お隣りサンには時々子供を預かってもらっている
持ちつ*持たれつ で生活している。


私は実の親の面倒を見れる事を幸せに思っています。
主人にも本当に感謝している
結婚する時にも こんな状況になる事は分っていたと思う
それを理解してくれていた
そして‘お隣りサン’になる事をすすめてくれた。
本当に最高の旦那様を GET したと自分を褒めたい。




今年のゴールデンウィークはフェリーに乗って九州の阿蘇周辺へ行って参りました。
まづはフェリーで 一泊
フェリーの湯船は ゆ〜ら ゆら
 

==2日目==
新門司港に着いたのは朝の8時 国道を走ったとたん 渋滞*渋滞!!  
何だか嫌な予感
予定ではサンリオ ハーモニーランドへ行くはずだったのですが・・・・    
そんな時間は無く 別府の地獄めぐりに変更 慌てて8箇所周った
〜感想〜 大した事はなく ただ疲れた。 


一泊目の宿?? キャンプ場へGO!!
               ・・・・・2時間で着く距離が4時間もかかった
 着いたときには日が暮れていて せっかくのバーベキューも臭覚味覚のみ
視覚でも味わいたかったよ〜  ‘ホントに焼けていたのかな〜?!’


==3日目==
 次の日は早起きして高千穂峡へ
 9時に着いたのに お目当てのボートは既に2時間待ち!!
あきらめて温泉に入り しばしのリラックスタイム
予定のトロッコ列車には絶対乗るぞーと
列車出発2時間前の切符販売開始直後にチケットを無事ゲット
 待ち時間で羊とたわむれた


トロッコ列車 窓の無い客車に子供達はおおはしゃぎ 待った甲斐がありました。
 
 
 トロッコから降り車に乗ってお宿へ・・・・・・又も渋滞 ‘急がば回れ’ 
30分で着く最短距離をあきらめて 空いている道を選択
 2時間? 3時間のドライブ  
途中 長男と次女が車酔いでゲロゲロ 
もーやめてくれー状態でなんとか到着  ホッと一息 お宿の家族風呂へ


お待ちかねの夕食 美味しいお刺身に舌つづみ う〜ん最高 
それも束の間 又も次女がゲロゲロ  
 おいおい せっかくのご馳走がダイナシだーー

==4日目==
次の日も計画なんて有ったものじゃない 
 とにかく今晩の宿に向けて宿を出発!
 ‘途中面白そうな所があったら寄りましょう’ってな感じ
私が楽しみにしていた 阿蘇山のやまなみハイウェーも渋滞
 せっかくの景色も車に消されていた。 ほんとに残念
渋滞や停滞している時の車内の嫌〜な雰囲気 
狭い所に詰め込まれた猿の群れ状態 目を合わさず口もきかず
 イライラ*イライラ ストレスとの戦い 何の為に来たんだー。。。
途中 ファームランドに寄り子供達を馬に乗せてあげた 
和んだ雰囲気・・・・しかし!!
 またまた追い討ちに雨が  早々に切り上げてお宿へ
この日のお宿は九州では結構有名な宿 
温泉は泥の湯 しかも混浴 水着禁止!! 
せっかく来たから入浴しました。  
男の人が15人程入っているお風呂にバスタオルを巻き 入る瞬間に取る 
入ってしまえば泥が目隠しに 
顔に泥を塗ったりして結構楽しめた 出る時が又大変 
‘おしりぐらい見られても!’ 
と言う覚悟で素早くタオルを巻く      良い想い出になりました。
 

==5日目==
最後に門司港のレトロ(昔の洋館が集まった所)に行こうと思ったもですが
ここも混んでいたのでヤンピ*ヤンピ 関門海峡の方へ
 

そしてフェリーに乗り込み お疲れ様でしたーー と

==6日目==   
月曜日の朝5時半に南港に到着 主人はその足で会社に出勤 
私は山盛りの洗濯物と格闘  全部片付くのに3日がかりでした。
 家に帰ってから疲れで風邪をひきダウン
以上 6泊7日の家族旅行の巻き でした。

====今回の旅行での教訓==== 
*計画は余裕をもって  
*急がば回れ
 *それと大型連休は家でのんびりが一番  かな??

                 でも こんな時にしか遠方へ行けないしね
                                                                                       つづく



目次ページへ