トップ アイコントップファンシープロフィール ファンシー読み聞かせ ファンシー絵本日記 メール アイコンメール
ソフト

じゃあじゃあびりびり

息子のお気に入り絵本の1冊です。ストーリーというより、物が擬態語とともに描かれているという絵本です。自動車は「ぶーぶー」、犬は「わんわん」、掃除機は「ぶいーん、ぶいーん」などです。色彩も鮮やかでまた、サイズも小さな絵本なので、0歳児でもめくれるのではないでしょうか。ちなみにうちの子に読み聞かせを始めたのは1歳3ヶ月の頃からなので、0歳のときにはどういった反応を示したのかわかりません。が、小さければ小さいほど喜ぶんじゃないかと思います。
うちの息子は自動車を見て「パパ」、掃除機を見て「ママ」と言っています。また、紙を破いているシーンがあって、それは「びりびり」と文字が書いてあるのですが、保育園で新聞紙を破く遊びをしているせいか、その絵を見ると、「びりびりびり」と言いながら、紙を破く真似をします。赤ちゃんの絵は泣いていて「あーんあーん」という文字が書かれているのですが、そのシーンでは、泣きまねをしながら「あーんあーん」と言います。
こんな風に絵本はただ読むだけでなく、真似っこ遊びもできる楽しいおもちゃだったりします。

もう一つこの絵本には特徴があり、それは、表紙をめくった1ページ目に子供の名前を記入できる欄があります。「このえほんはxxxxちゃんのえほんです」という感じです。この絵本を読む前には必ずこのページを読んで「このえほんはけいすけちゃんのえほんです」といってあげます。自分の絵本だとわかってかとても満足げな顔をします。

メニュー

メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ


ソフト