猫岳TRIAL 3 タイトルロゴ

猫岳周辺概念図
 3回目にしてやっと猫岳のピークを取る事ができました! やはり日帰りには厳しいトライです。
 AM9:00 R158の乗鞍スカイライン入り口をスタート。前夜の嵐が過ぎ去り急速に天候が回復してきました。めずらしく先行する2パーティがあったのですが2パーティとも輝山へ向かっています。ラッセル泥棒を決め込んでいた私はガッカリ。今日は偵察を兼ね第3尾根を登りのルートに使ってみる事にしました。なかなか良い尾根で下りが楽しみです。
 AM:11:40 夫婦松(1950m)
快晴の下、順調(?)に高度を稼ぐ。行く手に前回楽しい滑りができた大崩山が現れ、何となくヤレそうな気がします。タイトターンを繰り返す乗鞍スカイラインを上手い具合にショートカットしていく事ができ、猫の小屋の上に出た時には目指す猫岳をシッカリ視界にとらえる事ができるようになりました。
猫岳(直下の乗鞍スカイラインより)
猫岳
 猫と大崩のコル」への登りはかなり急に見えていましたが、少し我慢すると以外にすんなりと登り切る事ができました。しかしここから上部はアイスバーンとなり、標高2500mの厳しさを感じます。
ピークへ最後の登り
ピークへ最後の登り
  PM 2:40 猫岳ピーク(2581m)
 烈風の中とうとう頂上に立つ事ができました。
360度の展望が開け、長い登からの解放です。
烏帽子岳方向はまるで
氷の宮殿の様に見えます。
氷の宮殿
烏帽子岳・氷の宮殿
頂上からのパノラマ (左・笠ヶ岳)

 さて楽しみにしていた滑りですが、前日に新しく雪が降ったとはいえもう時刻は3時。モナカにならない訳はなく、手強い滑りが下まで続きます。表面のクラストに加え20cmほど下にもう一つ重たい雪の層があり、どうしてもスキーが刺さってしまいます。何とか楽しめたのはやはり大崩山の尾根だけで、車にたどりついたのは6時近くになってしまいました。消耗しきって体調もどうかなってしまいましたが、好天のもとピークに立つ事ができラッキーでした。
メスバチ オス・メス・カサ
skier. Mesu-Bati
笠ヶ岳が美しい。
テレマークトップ インデックス