タイトルロゴ

map  石徹白は奧美濃の山スキーエリアとして人気があり昨年も私のWebで取り上げました。今回また取り上げたのは、急にテレマークにやる気を出した友達の、足掛け10年になる「野伏岳完登」という目標達成記念だからです。浮き草のような私と違って、仕事や子育てといった大切な人生の課題に取り組んでいるとなかなか休日の度に山へ出かけると言うことは不可能です。誰もが子供達から少し手が離せるようになり、やっと自分だけの楽しみに時間を取れるようになるのだと思います。「手軽な日帰りコース」とはいえ10年ぶりの山スキー、ましてや始めたばかりのテレマーク、どんなに大変かは想像がつきます。「一回でもテレマークターンが決まれば」と祈ります。
AM.7:45 白山中居神社そばの駐車場出発
 例年に比べ車の数は少なめのようでした。石徹白は関西方面からの岳人が多く、特に4月の春スキーにはとても「小さな山スキーエリア」と思えないほどの人出があります。残雪量はここ数年では多いように感じました。遅いスタート時間ですが、今回は必ず野伏完登をしなければならず、体調第一でゆっくりめの出発です。平凡な林道の登りを1時間で牧場跡の台地に出る予定です。
牧場跡よりのパノラマ
いつもながらの牧場跡からの眺め。(左端 野伏岳)
ダイレクト尾根 AM.9:30 牧場跡台地着
 少し時間がかかりすぎていますが慌てる事はありません。今日一日安定した天気模様です。それよりも狭苦しい林道からこの台地にたどり着くと広々とした景色が気持ちを軽くしてくれます。友達も馴れないシールでの歩きに焦っていたようです。きっとそれを忘れさせてくれたことでしょう。尚、通常の所要時間は1時間です。これより先全どの人は大黒山の裾を巻いて南東尾根に取り付くのですが、私の経験ではすぐに大黒山を乗っ越した方が南東尾根に取り付き易いと思います。
南東尾根登り中盤。10年前この辺りでリタイア。
 南東尾根の登りは序盤はわりと緩い登りなのですが、中盤からはなかなかの急登となりいつも辛いところです。10年前は重い雪のラッセルもあり、中盤当たりでギブアップしてしまいました。今回は何としてもピークを取らなければなりません。このトライでまたギブアップしてしまっては、彼のテレマークは「山スキー」とはかけ離れたものになってしまいそうな気がします。勿論それぞれの人にそれぞれのテレマークのスタイルがあって当然で、その自由さがテレマークの本質だと思います。しかし「ピークを取る」という基本があってこそ、辛い登りを克服することが出来ます。単にファッション?のテレマークであってはつまらないと思います。 ガンバレ!
ピークでピース
PM.12:30 野伏岳ピーク着
 なんとか今回はピークに立てました。友達はヘタリ込んでいますが良いペースでピークに立てました。「あの山はなんという・・・。」などやはり嬉しそうです。
 ゆっくり休み滑りに備えます。一度でもターンが決まれば言うこと無しです。
何とかピースマーク(拡大図)
 スキー場でまあまあ滑れても山では一度もターンが出来ず、いやというほどキックターンをして山を降りた経験はないでしょうか?テレマークの道具が良くなったとはいえ経験の浅いテレマーカーに実際の山はそれほど甘くはありません。雪の状態も天気もいうことがありません。一度でも気に入ったターンが出来ればもうテレマークの虜になるでしょう。
アオジャン
イェーイ!! skier.Aojan
 初めのうちは思うようにいきませんでしたが、時々ターンが決まる時があります。一・二回でターンが途切れてしまうのはテレマークターンの気持ちよさを味わってしまう為、どうしても次のターンの入りが遅れてしまうようです。ともかく大成功でした。
Aojan-2
ブナ
skier.Aojan
 テレマークを始めた頃、さんざんな目にあってもまた山に出かけていたことを思い出します。ヘトヘトになり林道の下りも辛そうでしたが、彼はまた山へテレマークで出かけることでしょう。

 テレマークは不思議です。

TELEMARK TOP
INDEX