東京地方裁判所にて和解成立

全文を掲載いたします




第16回弁論準備手続調書(和解)

事件の表示 平成10年(ワ)第17229号
期    日 平成12年11月9日午後3時30分
場 所 等 東京地方裁判所民事第40部準備手続室
裁 判 官 ○○ ○
裁判所書記官 ○○○○○
出頭した当事者等 原    告 ○○○○
      原告ら代理人 ○○○○
      原告ら代理人 ○○○○
      被告代理人  ○○○○
      被告代理人  ○○○○

   
当 事 者 の 陳 述 等


当事者間に次のとおり和解成立

第一   当事者の表示

別紙当事者目録記載のとおり

第二   請求の表示

請求の趣旨及び原因は、訴状記載のとおりであるから、これを引用する。

第三   和解条項
別紙記載のとおり

           裁判所書記官  ○○○○○



当 事 者 目 録

神奈川県○○○○○○○○○
○○○○○○パークホームズ○○○号
    原 告  ○○○○

神奈川県○○○○○○○○○
○○○○○○パークホームズ○○○号
    原 告  ○○○○

    右両名訴訟代理人弁護士 ○○○○
    同           ○○○○

東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号
    被 告     三井不動産株式会社
    右代表者取締役 ○○○○

    右訴訟代理人弁護士 ○○○○
    同         ○○○○

和 解 条 項
1  原告○○○○・同○○○○と被告は、同当事者間の別紙物件目録記載の建物についての平成6年10月4日付売買契約書を本日合意の上解除する。

2  被告は、原告らに対し、平成12年11月30日限り、本物件の売買代金として原告らから受領した4430万円を原告ら代理人弁護士○○○○の法律事務所(東京都○○○○○○○)に持参、送付または原告ら代理人の口座(○○銀行・○○支店・普通口座・口座番号○○○○○○○・口座名弁護士○○○○)に振り込む方法により支払う。

3  原告らは、被告に対し、前項の売買代金全額の返還を受けたときは遅滞なく別紙物件目録記載の建物について、横浜地方法務局○○○出張所平成9年12月10日受付第○○○○○を以て設定登記手続きを経由している債務者○○○○、債権者○○銀行保証株式会社、債権額○○○○万円とする抵当権設定登記の抹消手続をし、所有権移転登記手続を行い、かつ平成12年12月25日迄に別件物件目録記載の建物を引き渡す。
ただし、抵当設定登記の抹消登記手続きに要する費用は原告らの負担とし、所有権移転登記手続に要する費用は被告の負担とする。

4  被告は、原告らに対し、損害金として計600万円の支払い義務のあることを認める。

5  被告は、原告らに対し、前項の金員を、平成11年11月30日限り、原告ら代理人弁護士○○○○の法律事務所(東京都○○○○○○○)に持参、送付または原告ら代理人の口座(○○銀行・○○支店・普通口座・口座番号○○○○○○○・口座名弁護士○○○○)に振り込む方法により支払う。

6  原告らは、その余の請求を放棄する。

7  原告らと被告は、原告らと被告間には、本和解条項に定める外何らの債権債務のないことを相互に確認する。

8  訴訟費用は各自の負担とする。



物 件 目 録

(省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~