キスイヤのやらせを見破る方法


 その日は珍しくご主人が早く帰ってきたんだワン。なんでも、今まで夜遅くやっていた「キスイヤ」という番組が、ゴールデンタイムの9時からやるようになったんだって。キスイヤと言えば、カップルが浮気やHなんかの悩みを赤裸々に語っちゃうというご主人お気に入りの番組だ。だから、ご主人は夕食もそこそこにテレビの前に座ってスイッチを入れたのでござる。ところが、ご主人がキスイヤを見ていたらいきなり不機嫌になっちゃったんだワン。

「どうしたの?」とおいら。
「ポチ、聞いてくれよ。キスイヤにもやらせがあったんだよ」と、ご主人はなんだか悲しそうなんだワン。

そこで、おいらもテレビの前に座ってキスイヤを一緒に見てみた。そのコーナーは、トラブルを起こしたカップルが、友達2人を喫茶店に呼んでケリをつけるというシーンだった。4人が喫茶店で言い争っている様子を、店の外の遠くからこっそりと撮影しているというのが、番組の趣旨なのだワン。

「ええっ、これのどこがヤラセなの? ほんとうにみんな真剣に怒ってそうだよ??」
「それがどうやらこのシーンは、裏で打合せ済みなんだよ。その証拠がオンセイさ!」

「えっ、オンセイ? それって山の中にあるお風呂のこと??」
「バカッ、それはオンセンだろ。俺が言ってるのは音とか声の『音声』だ!」
そういって怒ると、ご主人は悲しそうに語り出した。

このシーンはなぁ「店の外からこっそりと撮影」ってことになってるだろ? でも、そう言ったってなぁ、映像は撮れるとして、音声はどうするんだよ。遠いところからの盗撮だったら、音声なんて聞こえやしないぜ?

「じゃあ、隠しマイク?」とおいら。

そんなことムリムリ。たとえ隠しマイクが置けたとしても、店の中の他の音も拾っちゃって、本人達の会話なんてちゃんと聞こえないんだよ。それがこの番組では、4人の話し声がちゃんとクリアに聞こえてるだろ? ってことは、それぞれの胸に「ピンマイク」というマイクロフォンをつけているってことさ。それを無線でカメラまで飛ばして収録してるんだよ。

「あれっ? じゃあ、みんな了解済みってわけ?」
「そうさ。だって、喫茶店に呼びつけられた友達が、わざわざマイクつけて登場するかっ!」

さらにご主人は言った。
「もうひとつの証拠が『テレビすわり』さ」
「それって、ご主人がいつもおいらに言う『おすわり』の一種?」とおいら。
「う〜ん、ま、そうとも言えるかな?」そう笑うと、ご主人は続けた。

普通はね、テーブルに座った4人を一度に撮影しようとすると、ムリが出るんだよ。どこから撮影しても、誰かが誰かの影に隠れて見えなくなっちゃう。 それが、キスイヤのこのシーンでは、みんなの顔がちゃんと見えるように座ってるんだぜ。そんなの、普通に考えたら不自然だろ?

「そういえばそうだワン。普通の喫茶店で、それも窓際の席なのに、あんな座り方できるはずないワン!」


こういうのを「テレビすわり」って言うんだけど(※ご主人が勝手に命名)、テレビドラマなんかでもよくあるだろ? 座る位置が、よく見ると現実にはあり得ない位置だったりすることって。でも、テレビでは全員の顔がよく見えるように、こう座ってもらわないと困るわけよ。こんな風にテレビでは「座り位置」や「立ち位置」がちゃんと決められていて、出演者は本番中はそれを守らなくちゃいけないんだ。そうしないと顔が見えなくなっちゃうんだよ。

「なるほどだワン!」とおいら。「そういえば昔あった『欽ちゃん』のお茶の間もそうだったよね!」
「ポチは古いこと知ってるなぁ、、、」とご主人は感心した様子。
「だから、キスイヤの彼らも、前もってちゃんと座り位置が決められてたってことだね?」

そうそう。だから、キスイヤに出ていたあのカップル達の喧嘩は、前もって指示されていたやらせだってこと。たとえあのケンカの中身が本当だったとしても、裏では本人達にきちんと了解をとって、マイクをつけて、座る位置まで指示してからケンカしてもらったということさ。ま、それを「ヤラセ」というか「演出」というかは、意見が分かれるだろうけどねー。確かに番組のどこでも「本人達に内緒でこっそりと撮影しました」とは言ってないからな。嘘はついてないのも確かだよ。でも、「いかにもこっそり撮っているように思いこませる映像」だってことも確かだぜ。

そもそも、自分たちの浮気やカップル内のトラブルを、はたして本当に全国放送でさらけ出しちゃうのか?っていう疑問もあるぞ。自分の恥ずかしい話を全国のみんなが見ちゃうんだよ。両親も友達もみーんな見てるかもしれないんだぜ。本当だったら放送後に町なんか歩けやしないよな。それを堂々と告白するってのもおかしな話だよね。だから、あのカップルたち自体がやらせで、芸能プロダクションのエキストラだっていう可能性も高いんだけどね。もちろんこれはキスイヤだけじゃなくて、これはロンドンハーツとか、他の暴露系バラエティ番組も一緒さ。テレビで「こっそり撮影」って言っても、現実にこっそり撮影しちゃ、番組にならないってことだよ。

なんでこんなことやっちゃうかってことはからくりテレビ編のところでも言ったけど、とくにシロウトを出演させる番組ってのは問題が多いんだよ。番組を発注する側は、視聴率を上げるために毎回毎回、刺激的で面白いネタを放送することを求めてくるだろ? ところが実際の現場では、そんなに毎回、みんなが楽しめるような刺激的なネタや面白い人なんて集まりゃしないんだよ。面白いネタが集まる日もあるけど、当然そうでない日もある。だからといって、番組で「今日は面白いネタが集まりませんでしたゴメンナサイ」なんて言うわけにはいかないだろ? だから仕方なくヤラセたり過剰な演出で盛り上げちゃうんだ。

うー、そうだったのか。おいらもメリーちゃんとラブラブになったら、ぜひこの番組に出てみたいと思ってたのに、ヤラセなんだったら悲しいワン。

あ、でもさ、日本の国会も、質問は相手に事前に全部知らされて、回答もちゃんと用意されてるんでしょ? そうしたら、「国会もやらせ」って言えるんじゃないかなぁ??




<ポチの追伸>
やらせのこと書いてるHPを集めてみたワン。たくさんありすぎておいら疲れたよ…

http://blog.livedoor.jp/never6/archives/2005-04.html

http://web.archive.org/web/20040814001449/http://www4.plala.or.jp/collabo/marikocheck.html
(※文字が化けちゃうらしいけど、「エンコード」ってのを変えると見れるってさ)

http://www.tkfd.or.jp/publication/reserch/chikara10_11.shtml

http://www.geocities.co.jp/Playtown-King/4566/textking/textking2004/yarase.html

http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~maedak/bscj/opinion/protest_ikinari.htm

http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2003/06/05_01/index.html

http://rail-sato.way-nifty.com/mitamama/2004/08/post_2.html

http://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/FEATURES/2002/indonesia.html

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4947637315/250-2509088-5263425

http://www.bekkoame.ne.jp/~pyonpyon/hotnews/2000/ht000607.htm

マスコミの嘘と裏