希望と光ダウンロード(さよなら青い鳥改訂版)

さよなら、青い鳥。
1 名前: 失業者 投稿日: 1999/12/06(月) 22:13
小さい頃は近所の駄目人間おじさんをバカにしてたっけ・・・。

よれよれの紺のビニールジャンパー、べた付いてそのままよ

りも少なく見える髪の毛。猫背。生気のない瞳。ただその存

在そのものを見下してたね。将来自分は絶対に出世するんだ

って何の根拠もなく思ってたね。小さい頃からの日々の積み

重ねが大人になるまで続いてくなんて夢にも思わなかったよ。

中学生の頃通っていた塾の先生が言ってたな。


「俺はあんまり頭良くないから法政にしか行けなかったんだ。

ははは。」クラスのみんなで大笑いしてたっけ。あの内何人

が法政以上の大学に行けたというのだろうね。毎日会社に通

って夜遅くまで働いてるお父さんがいかに大変で偉大かって、

やっと分かりました。転職を繰り返して人に馬鹿にされて初

めて分かりました。生きるって本当に大変。何をやっても後

悔が待ってるもんね。特別じゃない。自分は特別な人間でも

何でもないんだって、20代後半になってやっと分かりまし

た。あの頃、白い眼で見てしまったおじさん、ご

めんね。あなたのぶんまで生きようと思います。でも、時間

が必要だったことだけは分かって欲しいんだ、おじさん。












5 名前: > 1 投稿日: 1999/12/07(火) 03:05
すごいよくわかります。

高校、大学くらいの時は、まだなにも持ってないのに、

すべてを手に入れたような気になっていた。手を伸ばせ

ば何でも手に入るって。普通の生活がこんなにあやうい

ものだなんて想像もしてなかった。通学電車で、安物の

背広の袖がテカテカになってるおじさんを見るたび、な

んともいえない悲しい気持ちになったけど、自分とは人

種が違う人だと思ってた。












17 名前: TAN投稿日: 1999/12/07(火) 15:16
私もそうでした。小学校の頃、通ってた塾の講師の学生に

「??大だったらたいしたことないよね」とか言ってしま

った。??大って、地元の普通レベルの国立。望んでもそ

こすら入れない生徒の方が圧倒的であることも知らなかっ

た。しかもその学生、医学部。許して下さい。いまでも思

い出すと冷や汗が出る。あの学生、きっといい医者になっ

ただろうな、こんなバカガキを笑ってみてたんだから。言

い訳すれば、親戚に現役東大文気いたから、大学なんて

誰でも入れると思ってたんだよ。ひとり秀才がいるもんだ

から、親戚も集まると自然と学歴談義ばっかりしてたしね

「!!高のレベルならこれくらいの大学だ」とか。子ども

の頃、それを聞かされて育ったのがよくなかったんだよ。


私自身もそのころは勉強しか取り柄がなく、田舎の小学校

では1番だったしね。私もいちおう、世間ではいいといわ

れる大学に入れたけど、いまはひっきー。しらずしらず叩

き込まれた学歴主義の洗脳から逃れるには、自らここまで

身を落とさねばならなかった。学歴がどう有効で、どう無

効なのか、功罪両面をこうして身を持って知る羽目になる

とは。私が親になったら、絶対に、子どもの前で学歴の話

なんかしないんだ。いい学校に入れるに越したことはない

けど、人間それだけじゃない。人と、八方美人でなくうま

くつきあえること。自分で考えて、自分で判断すること。


学校以外で得る趣味・特技・教養の大切さ。それらがわか

る子どもになって欲しい。男の子だと期待してつい口が滑

るから、女の子がいいな。とか言ってるけど、家庭なんか

持つこともないなあ、今のままじゃ。もしくは、持っても

無意識のうちに「勉強しろ」とか「あの学校はバカ」とか

言ってしまいそう。やっぱり家庭なんか持たない方がいい・・













27 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/08(水) 02:09
父親がとても小さく見える時期が誰にでもあるだろう。

でも、父親は夢や希望をすべて自分に注いでくれていたこ

とに気づいたとき、その存在は俄然大きなものにみえてく

る。自分をここまで育ててくれた年月が途方もなく果てし

なく遠く長い道だったことにあらためて気づく。そして、

その道はこれから自分も歩む道なのである。なぜせめてあ

と10年早くそのことに気づかなかったのかが悔やまれる。

父親に一言お礼がいいたかった。












32 名前: 俺も39歳大学中退 投稿日: 1999/12/09(木) 11:17
会社でこのスレッドを見て、涙があふれてきて急いでトイレ

に行った。俺もそうだった。高校までなまじ成績が良かった

分、自分は他人とは違う、必ず成功者の人生を歩むんだと思

っていた。現在の自分は本当の姿ではなく、頭の中に描いた

理想的な自分が本当の自分だと思い込んでいた。何の裏付け

も無い自信と万能感、「青い鳥」って、こういうのを言って

るんだよね?(違ってたらゴメン)


俺は違う名前で呼んでたけど、そいつにさよならできるまで

30年かかったよ。現実の人生を「普通に」生きていくこと、

地道な努力を続けていくことがどれだけ大変か、気づいた時

には、俺の人間関係は壊滅していた。友人も恋人も、家族と

の良い関係も。絶望だけが心の中を占めていた。ただ、自活

しなければならなかったため、職にはついていた。何度も辞

めようと思ったけど、今さら求職する気力もなく、また、ホ

ームレスになる勇気も根性もなかったので、ずっと同じ会社

にいた。今思うと、昔自分が馬鹿にしていた「普通の暮らし」

にとどまろうと必死になっている。普通と言っても、もう結

婚する気はないし、友人との交流を楽しむなんてのも無理だ

ろう。とりあえずこの先一人でも生きていけるように、健康・

貯金・人として最低限の礼儀の3つはキープできるよう努力

しているし、今後も努力し続ける。


「普通」を馬鹿にして努力を放棄したバチが当たったんだと思

って。でも、何でこんなに時間がかかったんだろうね...


#偉そうなこと言ってすみません。実際の俺は、職はあっても

だめだめです。#でも、1さんの文章を読んで、本当に心を動

かされたもので、書込まずに#いられませんでした。 こうい

う文章を書けるのは凄いことです>1さん











39 名前: 未社会人 投稿日: 1999/12/10(金) 05:02
生まれた時が悪いのか、それとも俺が悪いのか・・・。

なんか、そんな歌がありましたね。幸せそうな人も何か

抱えて生きているって我慢するしかないんですかねぇ。











54 名前: 31歳 投稿日: 2000/01/29(土) 20:49
スレッド泣いた。学生の頃に描いていたビジョンとはまるで

かけ離れた所に今いる。「遠回りしても良いや」と思ってい

たけど気が付いたら何処に行きたかったのかも忘れてしまっ

た気がする。毎日の生活に追われてしまって景色も見れなく

なってた。青い鳥は捕まらないし、ピーターパンにもなれな

い。歳をとれば色んな事がわかっていくんだろうと思ってい

たけど、どんどんわからなくなっていくし・・・怖くて蓋を

閉めて見ない様にしていたのに1に開けられた。

ちょっとしっかりしなくちゃな・・・・












46 名前:aco 投稿日: 2000/01/28(金) 20:34
下に見ていたものが上に見える瞬間てありました。

家出して車中生活してた頃、朝コンビニで 土木作業員のおじさ

んたちをみて、朝、自分の行くところがあるのは 幸せなことだと。











56 名前: 星空投稿日: 2000/01/30(日) 01:08
僕もそうです。中学生くらいから今の自分は本当の自分では

なくて大人になればいつかきっと変われると信じていました。

ただ今は本気を出していないだけで本気をだせばいつでもすぐに

自分なんてものは簡単に変われるはずだと。でも現実にはめんど

くさいし明日から変わればいいやと思ってました。どんどん先延

ばしにして、ずっとずっと本当の自分を受け入れる事から逃げて

きました。でも遅すぎますがやっとこの年になって気がつきまし

た。幻だと思っていた僕の弱さもずるさも情けなさもすべてが

僕そのものだったんですね。そしてそれはイヤでも死ぬまで付き

合っていかなければならないものだと。普通の人はそんな事は当た

り前の事なのでしょう。でも僕は幼い頃から漠然としか自分の未来

を考える事が出来なくて将来何になりたいとか夢などもありません

でした。だから将来のために人並みの努力を怠り自分を正当化する

ために勉強やスポーツなど努力していた他人を内心軽蔑したりして

いました。愚かだったと思います。今現在の自分はなるべくしてな

ったというか自業自得だと思っています。












86 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/02(水) 22:04
人生において、内容の選択の余地などというものは始めからない。

たとえどれほど惨めな人生であっても、それがたまたま自分の生であり、

それが何故か存在したということ、

その事に外部からの評価をくわえることはできない。

自分の人生が存在したこと、それがそのまま価値なのだ











104 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/05(土) 06:00
感動しました・・

いつの間にか、幼少期の頃に抱いていた純粋な夢は、時と共に

現実の壁に吸い込まれ、刻々と変化を遂げ、気がついたら、そ

のころの夢って跡形も無くなってる・・・そして、今は未来の

自分を考えるより、明日の自分を考えることで一所懸命になる

しかない・・・だから、小学校の頃、自分の周りの人間は、野

球の選手になる夢を抱き、そしてその純粋な夢を実現できない

人間がほとんどだから、その理想を選手に託すといった人が多

いから、プロ野球って人気があるのかな なんて思ったりする

今日この頃(野球選手に限らないが)人間あきらめたら最後な

んて月並みな言葉も、慰めにならない自分に怒りをぶ

つけても、どうしようもない現在の自分。


今でも、純粋な夢を持ち、目標に向かってがんばってる人って

本当にすばらしいですね。












116 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/06(日) 22:36
昨日、フリーマーケットやYahoo!オークションで売りさばく物を

探すために押し入れを引っかき回していたら、二十数年前の日付

の日記が出てきた。うちの母が書いたものらしい。開いてみたら、

俺が生まれてから一歳までの間の毎日の俺に関する出来事が書き

綴られていた。「今日は指をしゃぶっていた」「もうすぐ立てそ

うだ」とか。まさか、あの頃は俺がこんなダメでネクラで元気が

ないクズに育つとは夢にも思っていなかったんだろう


罪悪感と不甲斐なさで涙が出てきた。

最初は焼却炉に放り込もうかと思ったが、それは思いとどまって

新聞紙でグルグル巻きにして同じく押し入れから出てきた昔のレ

コードと一緒に箱詰めにして押し入れの奥深くに封印した。もう

二度と見たくない。これを書き込んでいたら再び涙が出<てきた。

残念ながら俺は親にとっての青い鳥ではなかった。今まで散々期

待させておいて一つも応えられなくて本当にごめんなさい。兄は

もう俺の歳には結婚して子供もいるのに。こんな状況なのに母は

「早くあんたの彼女やお嫁さん、孫が見たい」なんて言っている。

はっきり宣告する。もう無理。絶対無理。定職にも就けずにおま

けにネクラ、元気無し。孤独好>き。こんな奴が結婚なんかできる

筈がない。


俺の心の中の青い鳥は最近ようやく死んでくれた。












124 名前: 116の者です 投稿日: 2000/02/07(月) 23:03
今日は「生き物地球紀行」を見ていた。スズメバチの特集

だった。ただ子孫を残す為に晩秋だけに生まれてくるオス

蜂(蜂は働き蜂は全てメス)。自分の遺伝子を次代に受け

継がせるべく、他の巣にいる女王蜂を求めて飛んでいく。

ところが、行った先の巣では外敵として働き蜂に襲われ、

咬まれて毒針で刺されてボロボロになって殺される。オス

蜂は毒針を持っていないのでただただやられて死んでいく。

見事に交尾までこぎつけるのはごく一部の強いオスだけ。

これが自然の摂理。何だか死にゆくオス蜂と自分の姿が

オーバーラップした。自分のようなダメクズは飛び立つ

前に、羽化に失敗して死ぬような存在なのだろう。やっ

ぱりダメは次代の為にも遺伝子は残さない方がいい。


後ろで一緒に見ていた母に、「あのオスが俺の姿だよ」

と言ったら悲しそうな顔をしていた。でも、それが現実

なんだからどうしようもない。もう俺の結婚だの孫だの

は諦めてくれ、と宣告したほうがいいのだろうか。












126 名前: 116の者です 投稿日: 2000/02/08(火) 19:47
それは今まで再三に渡って期待させて金を注ぎ込ませておき

ながらことごとく全てを裏切ってきた引け目を感じているか

らです。もちろん父親(公務員)に対してもそう思っていま

す。父親は父親で「公務員でも受けたらどうだ?」と言うの

で毎年受けてはいますが、競争率70倍(父親の時代は4倍

だった)予備校に通っても受からないのに受かる筈もありま

せん。教員採用試験(中学・高校の地歴・公民の教員免許を

持っています)も競争率が最も高い科目なのでとても受かり

ません。最近では「早く正社員にでもなって彼女見つけて結

婚しないと精神的におかしくなっちまうぞ」とか「新潟の監

禁男みたいにはならないでくれ」と言っています。


父親は高校を出て民間企業(某Fフイルム)に勤めながら、

「民間企業では景気が悪くなれば切られる」と思い(30

年も前にそんな先見の明があったのが凄い)公務員に転職し

た強者です。でも、自分にはそんな努力する才能もない。天賦

の才能、即ち努力する才能。今になって両親がいかに苦労した

か、偉大さを思い知らされている。でも、俺はあなたたちのよ

うな立派な人にはなれない。

年老いたらきちんと世話はしてあげるから許しておくれ。












136 名前: ななしっす 投稿日: 2000/02/09(水) 21:33
魂って、生まれてくるときに自分の役割を決めて

この世に生まれてくるんだって



ホームレスのおぢさんたちだって

そこからしか学べないことがあるから、

そこからしか学べないことを学習しようと

「ホームレス」という役割を選んで生まれてきてるんだよ


この人生で「恵まれてない」と思ってても

みんなそれぞれ、自分だけの「ギフト」を持って

生まれてきてるんだよ。「青い鳥」ってゆー「幻想」

を追いかけてるうちは、みんな、その折角の「ギフト」

を見逃してるんだよ











156 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/13(日) 03:36
このスレッドを今日初めて見ました。胸の奥を思いっきり掴

まれた気分でした。只今ダメ人間に片足突っ込んでる状態で

す。先学期休学し、今学期も授業に出ていません。留年決定

です。親にも学校にも友達にもバイト先にも迷惑かけっぱな

しです。でも、ここまで読んできて、私ももう少しだけ、い

や、本気であがいてみることにしました。今ならまだ間に合

うかもしれない。青い鳥はもういないかもしれないけど。

自分の幸せをつかみたい。忘れかけてたものを取り戻したい。

もう一度頑張ってみます。いますぐ出来ることから。


まずは散らかった部屋を片づけることから始めよう。

夜が明けたら洗濯をしよう。












184 名前:名無しさん 投稿日: 2000/03/09(木) 03:56


若い頃は会社の駄目社員をバカにしてたっけ・・・。

よれよれの紺の背広、べた付いてそのままよりも少なく

見える髪の毛。猫背。生気のない瞳。ただその存在その

ものを見下して たね。将来自分は絶対に出世するんだ

って何の根拠もなく思ってたね。会社に入ってから、

日々の積み重ねが定年になるまで続いてくなんて夢に

も思わなかったよ。新入社員の頃通っていた飲み屋の常

連が言ってたな。

「俺はあんまり頭良くないからヨーカドーにしか行けなか

ったんだ、ははは。」飲み屋のみんなで大笑いしてたっけ。

あの内何人がヨーカドー以上の企業で働いているのだろうね。

毎日会社に通って夜遅くまで働いてるお父さんがいかに大

変で偉大かって、やっと分かりました。転職を繰り返して

人に馬鹿にされて初めて分かりました。生きるって本当に

大変。何をやっても後悔が待ってるもんね。特別じゃない。

自分は特別な社員でも何でもないんだって、40代後半にな

ってやっと 分かりました。あの頃、白い眼で見てしまった

駄目社員さん、ごめんね。あなたのぶんまで生きようと思い

ます。でも、時間が必要だったことだけは分かって欲しいんだ、

おじさん社員。













194 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/14(火) 01:26
高校生のころ、年上の人になんか言われると「おれがお前と同じ歳に

なったら絶対お前より大物になってやる」と心の中で思ってた。

歳が同じならオレのほうが上だって思ってた。

そのオレも、今23歳、ひきこもり歴2年になった。もう1年以上

太陽みてない。外にでるのは夜中の12時すぎてから、川沿いの道

を散歩するのとタバコを買うだけもちろん自販機で、そして土手に

すわって缶コーヒーを飲んでタバコを吸う。橋の下にいるおっさん

を見てオレとこの人達の違いは何か?と考える。親に甘えてるオレより

自分で生きてるこの人達のほうがまだマシだと思う。3時間ぐらい

歩いて朝がくる前に絶対に帰る。昔、夜中遊びまくって帰るときは

全然きにならなかったが新聞屋にあうのがきつい。こいつらオレのこと

笑ってんだろうなと思う。いつから自分の弱さを認めてそれでイイと

思ったんだろう?20ぐらいかな?そこから全部おかしくなった

自分が弱い人間とわかり変わりたいから1人になりたくて友達、女

仕事、すべてからトンズラこいて変わろうと思ったが逆にもっと

落ちた。もうこれ以上情けなくなりたくない。自殺する根性もない。

すべて悪循環でもう当分このままだ。「情けなくて人にあえない」

どころか外にでれなくなった。昔の知り合いが今のオレ知ったら

大爆笑してくれるだろう、、、、










196 名前: 新聞配達人 投稿日: 2000/03/14(火) 01:38
すべてが、とはいい得ないけれど

すくなくともわたしは

わらってない。

配達仕事中

いつも好きな歌や音楽の鼻歌を口ずさみ

朝食を考え

掲示板仲間とのおばかなやり取りを思い起こしては笑い

好きな人を思い浮かべ

自分の情けない無気力さを憂い

今後の将来を不安におびえ

自分のスキルや知識の向上を夢み

配達すべきお宅に配達したのか?の不安と緊張の嵐の中

スキップと白い吐息に微笑んでます

あなたが元気になってくれることを祈って書きこしたのでした











205 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/16(木) 06:06
おとうさん、おとうさん。僕を小さい頃から罵り続けたおとうさん。

おかあさん、おかあさん。僕がいじめっ子に追い掛けられてるのを

笑って見ていたおかあさん。

暇になっちゃったから今度酒でも奢らせてよ。近所のあの大きな

公園の大きな桜の木の下がいいな。

おかあさんの得意な鳥の唐揚げが食べたいな。おとうさんの大好き

な将棋をさしながら思い切り酔いたいな。

楽しい楽しい時間を過ごすんだよ。

そしたらきっと謝れるはずだと思うから・・・。











242 名前: V名無しさん 投稿日: 2000/05/02(火) 04:50
>238 視覚・嗅覚・触覚、表面的な感覚に捕らわれて対象を評価して

しまうのが通常。

しかしそれだけでは自らの意志で汗水流して疲労困憊しながら

マラソンや登山に臨んだり聖地巡礼をしたりする人々の精神性に

想像を進める事は出来ない。

精神の高みは聞いて近くて見て遠いものだと思う。

だから自らの経験から一つの考えに到達し得た人々を尊敬しながら

その人々と同じゴールに向かってともに人生を歩んでいるという

実感をもって勇気のない自分を励ましていたいと思う。












青い鳥
原作者:メーテルリンク

チルチルとミチルが病気で苦しんでいる少女

のために幸福を呼ぶ青い鳥を探しに出る。しかし、旅の途中

では青い鳥を見つけることができなかった。青い鳥=幸福は

どこにあるのだろうか。チルチルとミチルがあきらめてかけ

て家に帰った時、苦労して探していた青い鳥がいたのである。

それを少女に手渡そうとした時、青い鳥は逃げてしまうのだ。

チルチルは叫んだ。「どなたかあの青い鳥を見つけた方は、僕

達に返して下さい。幸福に生きるために必要なんだ。」青い鳥、

幸福は身近なところにある。しかし、それが身近なところにあ

る、と気づいた時にはもうそれは消えている。だから、幸福な

んて一生手に入らいないかもしれない。


 幸福とは、一体何なんだろう。貧しさから逃れることなのか。

それとも五体満足な体を持つことだろうか。












 "自分"が不幸だ、と思っている状態からの開放、それが幸福









 幸福の定義は人それぞれ








人間は幸福を失うと、絶望状態になってしまうが










我々人間は青い鳥を追い求め続けることができる









 2ちゃんねる さよなら、青い鳥










製作者:西村京次郎