マラソン

1991年9月ホノルルマラソンを目指し、トレーニングを開始しました。

この頃はランナーズ、シティマラソンを購入し、色々なレースに参加しました。

1月新春マラソン20km、3月横浜マラソン20km、4月湯j煙マラソン20km, 10km、5月山中湖ロードレースハーフマラソン、6月西湖マラソン20km、9月巨峰の丘マラソン20km、10月勝沼マラソン20km、墨東ふれあいマラソン10km、11月坂戸毎日マラソン10km

そして、ホノルルマラソンに参加しました。

1992年 初めてのホノルルマラソン、ランナーズにJALのホノルルマラソン事務所が載っていたので、そこから参加申し込み書を取り寄せ、トラベラーズチェック参加費を支払った。JTBのツアーで行ったため、スタートとゴールとも少し離れたホテルに宿泊。朝到着し、午前中ツアーの観光をしたが、バスの中でほとんど寝てしまいあまり覚えていない。次の日レンタカーを借りて観光。いよいよスタート、スタート地点まで歩いて行ったが、始めて町の中を立っている女性を見た。やぱっり外国なんだなぁ。とにかく朝は寒い、ABCストアーで買ったビニールのレインコートを防寒着としてスタートまで着ていた。スタート、最初の15kmまで順調、ダイヤモンドヘッドのでバテ始める。

折り返しての高速道路でついに歩き始めてしまった。この区間では水もなくとにかくバテバテ。25km、ハーフマラソンは経験していたが、これを超える距離は始めてで、一度歩き始めるともう中々走れない。あと1kmのところで歌手の高橋ともやさんが応援してくれており、ここから最後までなんとか走りきる。やっとのことでゴール。一緒に行った3人と待ち合わせ場所に行くが誰もいないので一人ホテルに向かう。途中で一人と合流なんとかホテルまでたどりつくが、これが地獄、次の年はゴールの近くのホテルにした。この日から日本人は皆筋肉痛で歩き方が変な人だらけ、二度とやらないと思いつつも、ゴールした時の達成感が忘れられず再チャレンジ。