モーメント解析

モーメント解析は山岡、Culterらによりファーマコキネティクスの導入された解析法であり、薬物の体内動態を巨視的にとらえ、時間的ひろがりを持った確率過程 stochastic processと考えて記述しようというものである。モーメント解析はコンパートメントモデル解析、生理学的モデル解析と並んで重要な解析法の1つになっている。

モーメントパラメータ

AUC血中(血漿)濃度曲線下面積area under the blood (plasma) concentration-time curve:)0次モーメント

MRT(平均滞留時間、mean residence time)1次モーメント

VRT(平均滞留時間の分散、 variance of residence time)、2次モーメント

 

 

Topページに戻る


 

パラメータの求め方

計算は以下の2つの台形公式を用いる。薬物は血中から指数関数的に消失するため、対数台形公式を用いる方が良い。

ページトップに戻る

ラプラス変換との対応

ページトップに戻る