各種動態解析法

いろいろな解析法を紹介していきます。

  1. Integration plot
 

 

Topページに戻る


Integration plot

臓器への移行クリアランスを求める方法。臓器中薬物は濃度は、(1)式のように表されるが、投与初期では第2項が無視できるため、(2)式のように表すことができる。第2項が無視できる時間まで、AUC/血漿中濃度をx軸に、臓器中濃度/血漿中濃度をy軸に取り、直線の傾きが組織取りこみクリアランスである。このプロットで切片が得られるが、これは血液と瞬時に平衡になる分布容積であり、血管体積を表すことが多い。

Vtは臓器重量、Ctは臓器中濃度、CLinfは移行クリアランス、CLeffは排泄クリアランス、Cpは血漿中濃度である。

ページtopへ