*ist Dの画質の感度依存性テスト


  *istDは感度設定がISO200・400・800・1600・3200と5段階の設定が可能である。 この設定を変えるとどのように画質が変化するか、長時間露光では事前にテストしておきたい。
今回オリオン座にあるオリオン大星雲(M42・43)を対象にして下記の撮影機材と条件で 行ったので、ご覧戴きたい。すべて露光時間は30秒で、ノイズリダクションONに設定。 デジタルは量子効率が高いことを思い知りました。
Common photography data / PENTAX *istD, Auto White Balance, Noise Reduction : ON, Raw mode
SMC PENTAX A*400mmF2.8(F2.8) Exposure 30 [sec.]
TAKAHASHI EM-200B at Sanbonmatsu Parking Area in Oku-Nikko
Temprature: under 0 Celius degree.
Digital Processing / Convertion from Raw data to JPEG data by PENTAX PHOTO LABORATORY,
           When all parameters set at Zero.

ISO 200ISO 400
ISO 800ISO 1600
ISO 3200