ゴルフ雑感


ゴルフウエア
ゴルフは紳士のスポーツ、紳士は絶対にジーパンなんかははかない? ティーシャツも禁止、タンクトップなんてとんでもないというのが、ゴルフ場での服装感でしょうか。 ゴルフはイギリスから来たスポーツらしく、服装なんかにはえらく堅苦しい面があります。夏場の炎天下なんかは、水着でゴルフできたら最高だろうなんて思っているのは、私だけじゃないかも知れない。せめて、リゾートの沖縄かハワイか海辺のコースの期間限定版でもよいからとも思っております。 しかし、まあ、堅苦しいところが良さということもありますし、服装の乱れは、心の乱れにつながりやすいというのもあるでしょう。襟付きポロシャツも悪くはないです。ジーパン、ティーシャツ大好き人間の私も、最近はすっかり、ポロシャツ、スラックスが板についてきました。 ところが最近は、ゴルフショップに行っても、ポロシャツがあまり売っていません。特に冬場は、襟付きポロシャツが少なく、ハイネックばっかり売っています。また、襟がついていても、ボタンでなくチャックで閉めるような、一般的なスポーツウエアのジャージのようなものばっかりになったりしています。困るのがセーターで、Vネックのセーターが殆どゴルフ屋さんで売っていないことです。丸首ばっかりということは、みんなハイネックを使えということなのでしょうか。 要は、ゴルフ的服装の定義というのは、襟がついていれば、ボタンで閉めようが、チャックで閉めようがよく、また、襟自体がハイネックでもよいということなのでしょう。但し、全く襟のないTシャツのようなものは、だめということなのでしょう。 袖はどうなのでしょうか。半袖、長袖はよいけどノースリーブは絶対にだめなのでしょうか? 最近は女性ものだとノースリーブのウエアも出ています。ゴルフウエアとして出ているものであれば、ノースリーブのものも良いようです。もっとも、ノースリーブでも襟はついているものが多いようです。襟なしのノースリーブはダメそうです。ハイネックで襟があれば、袖はノースリーブであってもよいということなのでしょう。

ゴルフボールの温度
冬場は、温度が冷えると、ゴルフボールが固くなって、飛ばなくなるという。 実際、ゴルフボールを氷付けにすると、10ヤードぐらい飛距離が落ちるようです。 それでは、暖かければよいのかというと、100℃に暖めたボールは、10ヤード以上飛距離が落ちる。ゴルフボールは25℃ぐらいでもっともよく飛ぶように作ってあるらしい。 ポケットにボールを入れて歩けば、ティーショットの時は、丁度よい温度のボールを打つことが出来る。あとは、グリーンに向かうにつれて、冷えていくボールをたたいていくわけですが、ティーショット以外のボールの飛距離を気にするときには、冷えた状態で、丁度良い固さになるような、柔らかめのボールを選択するのがベストでしょう。 しかし、ボールが冷えて固くなるというのなら、たぶんクラブのシャフトも固くなっているのでしょうね。シャフトの話はあまり聞きませんが、ボールほど影響が出ないのでしょうか? まあ、クラブはキャディーバッグに入っているので、冷えにくいのかもしれませんが、冬場は柔らかめのシャフトを使うなんて話が出てきても面白いですね。

つづく

HOME