バグダッドの古代電池





 1936年、イラクの首都バグダッドにある約二千年前の古代パルティア遺跡から、奇妙な壷が見つかった。 高さ15cmほどのその壷は、上部がアスファルトで固められており、中には鉄の棒が入った銅製の筒が納められていた。  その銅製の筒は、ハンダで溶接され壷に固定されている・・・。
バグダッド近辺では、他の遺跡からも同種の壷が見つかっていたが、ドイツ人の考古学者ウィルヘルム・ケーニッヒ博士は、この壷を調べた上で驚くべき結論を出した。
「これは古代の電池である!」
二千年も昔に「電池」!?  さて、その真相は・・?


 


<バグダッド電池> 

 
  [上] 発見された壷と  
    内部にあった銅の  
    筒、及び鉄の棒。  
    
    
    
    
  [下] 内部構造を示す  
    レプリカ(複製品)。 
    
    
    
    
    
    



 この、『古代の電池』と呼ばれる壷は、本当に「電池」だったのかも知れない。
と言うのも、この奇妙な壷、特定の条件を与えてやれば、微弱ながら実際に電気が発生するのだ。 しかも、古代においてこの近辺は、金メッキを使った宝石細工の産地として知られていた。  電池から発生する電気を利用して金メッキ加工を行なっていたと考える事もできる。 したがって、それなりの根拠はあると言ってもいいだろう。
だが、この壷が、
実際に電池として使われていたのかとなると、かなりの疑問がある。
先に、「特定の条件を与えてやれば実際に電気が発生する」と書いたが、 問題はこの「特定の条件」という部分だ。 もし、この壷が本当に電池であったなら、内部には何らかの電解液が入っていたと考えられるが、実はどんな溶液が入っていたのか未だに不明のままなのだ。 今までに、硫酸銅とかベンゼノキノン、葡萄ジュースといった様々な仮説が出されて来たが、それらの液では、電流がすぐに止まってしまったり、電流が弱すぎたりで、実用として使用できない事がわかっている。

この壷が紹介される際、たびたび引用される「レプリカを使用した再現実験」では、実際に金メッキを行なう事に成功している。だが、実は、あれにはちょっとしたトリックがあり、厳密な意味での再現実験とは言えない。 本物の壷の方は、上部がアスファルトで塞がれているのに、実験で使われているレプリカの壷は、
上部が塞がれていないのである。 アスファルトで蓋をすると、外部の酸素の供給が途絶えてしまい、『バグダッド電池』の起電力はすぐに失われてしまう。  つまり、「上部をアスファルトで塞がない」という条件がなければ、この壷は電池として機能しないのだ。
そうした「矛盾」を納得の行く形で説明できなければ、『古代の電池』は仮説の域を出ないだろう。
<End>