Sorry, your browser doesn't support Java(tm).

ペルセウス座流星群迫る♪

2000年8月ペルセウス座流星群の季節です。
貴方もこの機会に是非流れ星を見てみませんか?

8月、通年を通して大規模な流れ星が見れるシーズンになりました。
そうです、ペルセウス座流星群の時期です。


では、このペルセウス座一体どこにあるかと言いますと、
カシオペア座あの”W”の右下部にあります。
これは8月12日極大日の23:00の状況ですが、位置関係がわかるでしょうか。


さて・・・・・・・・・・カシオペア座から、
ペルセウス座の場所がわかれば放射点もなんとなくわかると思います。
流星は放射点を中心に全天に流れますが、
必ず放射点中心に流れ星が出てくるわけじゃありません。
この、放射点と呼ばれる場所がコンパスの中心見たいなもので、
中心から遠い場所でも、放射状に流れていきますよ♪と言うこと何です。
流星群じゃない流れ星も当然見れますから、
一応は放射点と呼ばれる場所から空全体を見ていると、
流れ星は簡単に見ることができると思います。


さてさて、12日の観望のポイントですが、
当日一番厄介な”お月様”が非常に明るい状態になっています。(満月に近い)
この月が西の空に沈むのが13日AM2:00頃です。
そしてペルセウス座も大分上昇してくるこの時間から明け方までが
・・・・・ベストの状態になります。
ペルセウス座の右下部には木星、土星も見えてきますので、
確認しやすいと思います。AM2:00の星座↓




最後に3時時点の拡大写真を見てください。
北を見たとき、北東を見たとき、の2枚です。位置関係を確認してください。
ペルセウス座は北東に輝いていますね。↓
北の方角を見た星座




北東の方角を見た星座


流星群は放射点ができるだけ天の中央にあるほうが流れ星は多く見ることができます。
当然月明かりがないほうがよく見えますよね。
したがって、ペルセウス座流星群の場合、極大時間の夕方より、
観測条件が整った深夜から明け方、特に2時以降がお勧めの時間となるわけです。
ペルセウス流星群は活動する期間が12日前後数日間は活発に発生します。
当日見ることが出来なくても、お盆中なら見ることは出来ます。
田舎に帰って朝早起きしてみてはいかがでしょうか。
きっと一生残る素敵な思い出になるはずです♪