ホーム
ロバート・A・モンローとモンロー研究所(The Monroe Institute、略称TMI)
ロバート・モンローについて今更ここで説明する必要はないだろう。
知らない人はTMIのオフィッシャル・サイト(リンクページ参照)を訪問されることをお薦めする。このサイトは日本語で読むこともできる。
OBEのGuru的存在である。
彼のこの分野における一番の貢献は、モンロー研を設立したことと、ヘミ・シンク(Hemi Sync)と呼ばれる音響技法を開発し、誰でも自宅でテープまたはCDを用いて変性意識状態を体験できるようにしたことである。
もっともモンロー研で聞くのと自宅で聞くのとではその効果に大きな差があるのも事実ではある。
モンローは40年間にわたる数千回に及ぶ体脱体験から人間の意識状態について次の知見を得るに至った。
まず体外離脱という言葉は不適切で、意識の状態をずらしていくと空間的移動を伴わなくても種々の異なる世界(次元)へ行くことができる。
さらにこういった世界は三次元物質世界に非常に近い世界からそうでない世界まで何十も存在している。
人間の意識の状態をどこにフォーカスするかに応じて異なる世界に行ける。ちょうどラジオの周波数を変えていくと、周波数に応じた局が選局されるように。
これは言い換えれば白色光がプリズムで分光すると波長(振動数)に応じて七色のスペクトルを呈するように、意識もスペクトル状であるということだ。意識は低い振動数に相当する状態(物質界の肉体内に局在している状態)から振動数の高い状態まで取りうる。
これらのいくつもの意識状態を表すのにモンローはフォーカス・レベルという言葉を便宜的に使った。
たとえばフォーカス10とか、フォーカス21など。日常起きているときの意識状態に近いほど番号が小さい。
代表的なものは以下である。ここで23以降は死後の世界(死者が取る意識状態)である。
なお、以下の記述はモンローの3部作だけでなく、TMIで受けた説明とブルース・モーエン(Bruce Moen)の著作も参考にしている。Bruce MoenはTMIでの自らの体験を4冊の本に著している[Exploring the Afterlife Series (Hampton Roads Publishing Company]。
邦訳が出ていないのが残念だが、各フォーカス・レベルでの体験が詳述されている。特に死後の世界や高いフォーカス・レベルについては「向こうの世界」にいるモンローに導かれて探索し、生前のモンローも記述し得なかった多くの発見をしている。体脱探索者の必読書である。
フォーカス10
体は眠っているが意識は明らかな状態
フォーカス12
意識が拡大した状態。自分のガイド、守護霊、ハイヤーセルフなどと呼ばれる知的存在とのコミュニケーションが可能になる。これができるかどうかでその人の霊的成長に大きな差が生まれる。
フォーカス15
無時間の状態(過去世の情報にアクセスできる)。人によっては奥行きのある三次元的暗闇を見る。
フォーカス21
他のエネルギー・システムへの架け橋
フォーカス22
夢、精神撹乱状態
フォーカス23
各人が自分の想念の創り出した世界の中に囚われている状態。
死ぬときの恐怖心のままの状態に囚われた者、死んだことがわからず体の傷の激痛に何百年も苦しんでいる者、瓦礫の下敷きになったまま助けが来るの待っている者、戦場を友軍を求めてあてどなくさまよい続ける者、最後の審判のラッパの音が鳴るのをただひたすら待ち続けている者など。
俗に言う幽霊もこの層にいる。
自分の住んでいた家にいつまでも住み続け新しい住人を驚かす幽霊など。
フォーカス25(信念体系)
似たようなことを信じている人が集まってその想念が生み出した世界。たとえば、キリスト教の天国の存在を信じている人たちの思いが造り出した世界。
他人をだますのを喜びとしている者が集まって互いにだましあい続けている世界。
フォーカス27
モンローが公園(Park)と呼んだ場所。暖かく迎え入れる人達が待っている世界。次の輪廻転生先に行く準備をする。霊的に進化した人達によって造られ維持運営されている。
以下のセンターがある。

Reception Center(受け入れセンター:死者の受け入れ場)、

Rehabilitation Center(再生センター:死のショックを癒す場)、

Education Center(教育センター:過去世データの貯蔵場、新しいアイデアが生み出される場)、

Planning Center(計画立案センター:次の生について計画する場)

それぞれ知的存在(Intelligences)によって運営されている。
人は死後、フォーカス23〜26の世界へ行く場合が多い。
27のヘルパーと呼ばれる存在達はフォーカス23〜26の住人を何とか27まで連れてこようと努めているが、23〜26の住人は自分の思いの中にどっぷり漬かっていて、ヘルパーの声が聞こえない。
モンロー研でのライフライン・プログラムでは23に囚われている人たちをガイドやヘルパー達の手助けを借りてフォーカス27まで救出する活動を行う。
我々のようにまだ肉体を保有する人は23に囚われている人とコミュニケートしやすい。23の住人にヘルパーの姿は見えなくても我々の姿は見える。だから我々がまずコンタクトし、その後27まで連れて行くのだ。
フォーカス34・35(ギャザリング)
モンローはこれを「魂の体外旅行」の第16章で大集合と記述している。
このレベルに多くの異エネルギー生命体が集まり、これから地球生命系で起こる大きな変化(Earth Change)を目撃しようとしている。
地球生命系が人間を含め次の段階へ進化するらしい。
こういった変化は数百万年に一度しか起こらないということで、
宇宙中の生命体の興味を集めている。
人類が次の進化を遂げた後は地球生命系から卒業する。モンローの著作に若干の記述があるが、詳細は今TMIで探索中。