ホーム
Hemi Syncテープ・CDはモンロー研より直接購入することができる(支払いはクレジット・カード)。また日本にも販売しているところが何ヶ所かある。
テープ・CDは用途に合わせて数十種類ある。
各フォーカス・レベルを体験するには以下のテープ、CDが有用である。
Gateway Experience Wave T、U、V: フォーカス10、12用
Gateway Experience Wave X:     フォーカス15用
Gateway Experience Wave Y:   フォーカス21用

Going Homeシリーズ:フォーカス27まで(ただし27用とは明記してない)
ライフラインやX27・プログラム受講者は終了時にフォーカス27まで行くテープをもらうことができる。
テープ・CDの効果について
モンロー研を訪問する以前もフォーカス12までのテープ(WaveT〜Y)を自宅で聞いていたが、大して効果が得られなかった。モンロー研で初めて本当の効果を体験することができた。
理由は簡単だ。
モンロー研に行くと一週間、雑踏やもろもろの雑念から隔離され、山の中、このことだけに集中している。心が自然と浄化されて広がっていくのが感じられるのだ。
これに対して、自宅では種々の雑音や、感情的起伏が激しく、心が汚れている感がある。そういった状態では心を広げることははなはだ難しい。
理由はもう一つある。
モンロー研に行くまでは、これらのテープは体外離脱をするためのもの、これらを使えば体脱できると思っていた。
そう思っている人がほとんどだと思う。これは間違いではないものの、テープ本来の目的から大きく外れている。
最初のページに書いたが、意識が体から抜け出すことがない段階で、意識が広がり、いろいろなフォーカス・レベルに行くことが可能である。これらのテープはそれを助ける役をしているのだ。
いわゆる体外離脱という体験がなくても、意識が広がることで、ガイドと会話ができたり、過去世を見たり、フォーカス23に囚われている人を救出したりできる。
体外離脱ということばかりを追求するあまり、もっとすばらしい体験ができるチャンスを失っている人がゲートウェイ・ヴォエッジ・プログラム参加者にも多く見受けられたのは残念である。
Resonant Tuning (レゾナント・チューニング)
心、エネルギー体を浄化するために有効なのがレゾナント・チューニングである。
モンロー研のテープの初めの部分に必ず出てくる。
宇宙に充満している生命エネルギー(気、ナディアとも呼ばれる)の流れを体内に取り込んでエネルギー体を浄化、再生、チャージアップするために行う。息を吸い込むときに宇宙のエネルギーを取り込み、体の隅々まで満たし、吐き出すときに体内のよどんだエネルギーを静かに出す。
その際、「アー」、「オー」、「ウーム」などの声を出す。
モンロー研では皆で輪になって手を握り合い、レゾナント・チューニングを行うことが多い。
体内のエネルギーの流れが滞っている場所の流れを良くし、心身ともに癒すのにも効果がある。
レゾナント・チューニングでエネルギー体を充電したらそのエネルギーを使って自分のまわりにエネルギー・フィールドを作る。
これをレゾナント・エナージー・バルーン(略してリーボル)と呼ぶ。頭のてっぺんからエネルギーが噴水のように流れ出し、体に沿って流れて、足の底から体内に入るようにイメージする。
このリーボルはエネルギー・シールドのように種々の外的から自分を護ってくれる。日本人的に言えば、「結界」のようなものだ。
アニメ「犬夜叉」で弥勒が結界を張って悪霊や妖怪から身を護ったりするが、リーボルも同様の効果があり、意図的にON・OFFできる。
私の場合は球形の膜のように見えることがある。ちょうどシャボン玉のように透明で虹色がついている。
虹色といっても青紫色が主で若干黄色(金色)の部分がある。たぶん自分のオーラの色が見えているのだと思う。
モンロー研の帰り、ワシントンから成田への便が激しく揺れたとき、自分のリーボルを広げていって飛行機全体を包み込むようにしたところ、不思議と揺れが治まった。
スターウォーズでナブーファイターなどがピンク色のディフレクター・シールドで覆われているが、ちょーどああいうイメージだ。
テープの効果を高めるためには
ここからはかなり個人的見解になる。テープを日常自宅で聞いてもモンロー研で聞くほどには効果が得られない。
私の場合、モンロー研では目の前に視界120度ぐらいのスクリーンが広がり、そこにカラフルな映像が見える(額にある第三の目を通して見ている感じ)のだが、自宅で聞く場合、視界が狭かったり、視野が暗かったり、何も見えなかったりする。
ブルース・モーエンの本によれば慣れてくれば家でも、テープなしでも自在にいろいろなフォーカス・レベルに行けるようになるということだから、これは単に私が未熟なためと言える。
ただ、今までに効果があったのは、次のことだ。

1)瞑想する時間を設ける。このときレゾナント・チューニングのように宇宙の気を体内に取り込み浄化するように努める。

2)怒り、恨みなどの感情を洗い流す。諸々の悩み事などが心にあるとだめなので、テープを聞くときは忘れるようにする。
(そのためにテープの最初にエナージー・コンバージョン・ボックスというのが出てきて、その中に心配事、気になること、恐れなどを入れてふたをする。)