宇宙の最新ニュース


(高解像度画像は参考ページにあります)

01年7月のニュース

大マゼラン星雲の二重星団
 大マゼラン星雲の中で、多数の明るい星を含む二重星団≪NGC1850≫がハッブル宇宙望遠鏡で撮影され、画像が公開されました。
 大きい方は球状星団のような若い星団で、我々の天の川銀河内には存在してない。もう一つの小さい星団(画像右下)は、非常に高温で青白い光りを発し、誕生後わずか約4百万年という若い星の集まりです。
 さらに、NGC1850は大質量星の爆発によって作り出されたと考えられる拡散ガス(画像左側)で囲まれており、ガスとチリと星の相互関係を見る好例である。
≪参考≫http://oposite.stsci.edu/pubinfo/PR/2001/25/index.html
国際宇宙ステーション ・ ジョイント エアロック打ち上げ成功
 スペースシャトル≪アトランティス≫が、日本時間7月12日午後6時4分にケネディ宇宙センターから打ち上げられました。これは国際宇宙ステーション組立て13回目、スペースシャトルによるものとしては10回目のミッションとなります。
 このミッションでは≪ジョイント・エアロック≫の取り付けが主な目的となり、これにより、国際宇宙ステーションではスペースシャトルが結合していない時でも船外活動をすることができるようになります。
 以下、左の画像が打ち上げ前のスペースシャトルに格納されているジョイント・エアロック。右の画像が今回のミッション後の宇宙ステーションイメージ図で、白い部分がジョイント・エアロック。
≪参考≫http://jem.tksc.nasda.go.jp/iss/7a/index.html
ハッブル宇宙望遠鏡が撮った精細な火星画像
 錆色の地表の上で、氷の白い雲とオレンジ色の砂塵嵐が鮮明に見えるこの画像は、地球軌道上のハッブル宇宙望遠鏡が6月26日に撮影したものです。この時の火星は地球から約6800万kmの距離にあり、これは1988年以来火星が最も地球に接近した距離です。
 この画像で特に目を引くのは、季節的に起きる砂塵嵐がたくさん写っていることです。大きな砂塵嵐が北極冠上空(画像最上部)で高く巻き上がり、小さな砂塵嵐雲が近くで見られます。また別の大きな砂塵嵐が、南半球の巨大なヘラス衝突盆地(画像右下)から出現しています。
 火星は以前にもハッブル宇宙望遠鏡によって観測されたことがあるが、これほど精細な画像が得られたのは今回が初めてのことである。
≪参考≫http://oposite.stsci.edu/pubinfo/PR/2001/24/index.html

00年前期 00年後期  Home


バックナンバー
01年 前期
土星の季節による変化
まばゆい金色に輝く銀河
オリオン星雲の原始惑星形成ディスク
ハッブル宇宙望遠鏡11周年記念画像の馬頭星雲
国際宇宙ステーション・カナダ製ロボットアーム打ち上げ成功
ハッブル、渦巻き銀河の中心部を明らかにする
火星探査機、マーズ・オデッセイ打ち上げ成功
最遠の超新星、宇宙が加速していることを立証
大マゼラン星雲の、大質量の子供の星
ミール、南太平洋に落下(計画成功)
太古の衝突で形作られた大星団
国際宇宙ステーション・宇宙飛行士3人交代へ
縁を完全にこちらに見せた銀河、NGC4013
国際宇宙ステーション・米国実験棟打ち上げ成功
太陽に似た星、アリ星雲の最後
歴史的超新星爆発に関連するパルサー
衝突する銀河間をつなぐパイプライン
近隣銀河に星形成の輝きを見る
00年 前期 00年 後期
国際宇宙ステーション・初の居住空間打ち上げへ 木星の北極上空を漂うオーロラ
火星に水存在の証拠、正式発表 国際宇宙ステーション・船外実験プラットフォーム完成
将来型宇宙輸送システム、2010年代を目標に開発 プレアデスの幽霊のような反射星雲
木星衛星イオに、活火山総数約300個 太古の湖底? 火星に多数の堆積地形発見
国際宇宙ステーション・日本実験棟の保管室が完成 国際宇宙ステーション・太陽電池パネルの展開成功
「月面葬」を予約受付開始 非常にパワフルな活動銀河
骨の形の小惑星 宇宙空間を突き進む、地球に最も近い中性子星
ご馳走をつつく鳥のように見える天体
国際宇宙ステーション・宇宙飛行士の長期滞在開始
広大な星の集団
無人探査機カッシーニ撮影の木星
小マゼラン星雲の「N81」内部
若田さん搭乗のスペースシャトル、打ち上げ成功
TRACEのデータから、コロナ・ループの発生個所解明
若田光一さん、ディスカバリーで2度目の宇宙飛行
牡牛座XZから放出されるガスの泡
新種(中質量)のブラックホール発見
繭のように見える惑星状星雲
エウロパの海洋を示唆する証拠発見
NASAの火星探査、日本と協力へ
無人火星探査車、2003年の打ち上げを発表
リニアすい星の<核>分離
国際宇宙ステーション・ロシア居住棟打ち上げ成功
16日夜、1時間47分の皆既月食
今世紀最後の大彗星
M87銀河から発射されている奇妙な光
戻る