間違いだらけの科学法則

田中 洸人 

1.補足が大幅に必要な「ケプラ−の法則」

1.一般化が必要な「公転周期の法則」

2.「ケプラ−の法則」に追加する必要がある法則

3.「単振動」と「ケプラ−運動」とを比較する

4.いろいろな中心力に対する公転運動

5.「-3乗」が周期運動のボーダーライン

6.双曲線運動の周期は「虚数」となる

7.「連星系」へと拡張した「ケプラーの法則」

2.「ニュートンの運動の法則」は実に不揃いである

1.「慣性の法則」は「運動の法則」の例である

2.「作用・反作用の法則」は「運動」とは無関係

3.「万有引力」を「力学」で扱うのは不適切

4.物理法則にも「統合」と「再編」が必要

3.無駄なところが多すぎる「熱力学の法則」

1.あたりまえすぎる「熱力学第一法則」

2.「熱力学第二法則」と「エントロピ−増大則」は別のもの

3.意外に知られていない「凝固点降下」のメカニズム

4.「物理法則」とは考えがたい「オームの法則」

5.「温度」は速度の「平均」ではなく「分散」と関係がある

4.「生命現象」に「法則」など存在しない

1.「法則」以前の問題…幻の「顕性の法則」

2.やはり「遺伝」は「一筋縄」ではゆかない

3.メンデルの発見は「遺伝の法則」ではなく「遺伝子説」

4.有名無実な「ハーディ・ワインベルクの法則」

5.ほとんど「非科学的」な「景気循環論」

6.「社会主義」が「平等」という「幻想」

5.「法則」が正しいこととはどいうことか

1.個々の法則の正しさと法則群の正しさとは別者である

2.間違った「法則」を生み出す最大の原因

3.「法則」に「固定観念」などあってはならない

4.「歴史教育」と「科学教育」の最大の相異

5.こうすれば学校教育は改善できる

6.「学者」と「科学界」の大いなる「癖」

7.科学法則の教育内容が特にひどい理由

 

洸人LIBRARY Top