タイ旅行日記

初めての海外旅行なので変なところは気にしないで下さい。


1日目  成田−バンコク

成田からバンコクへと飛行機で移動。みんなは寝ていれば
大丈夫というが、恐怖感でそれどころではなかった。でも、
だんだん慣れてきて縦揺れ以外は電車の揺れと同じと思え
ば大丈夫になってきた。でもヒマ。することが何もないので
音楽をずっと聴いていた。行きは40分遅れたので7時間ほ
どかかったらしい。とりあえずは無事着いたのでほっと一息。
 空港の感じとしては成田と館山を合わせた様な感じ。
 市内まではいたるところで道路を造っている一方で、壊れ
たマンションを見られる。赤サビやひび割れが目立ち、すぐ
壊れそうな気がするけど、地震がないから大丈夫らしい。何
年保つか楽しみだ。電車もほとんどなく、地下鉄も今作り中
とのこと。
至るところにこれ。
壊しているのさえ放棄された所。人が住んでいるところも。
市内の様子。
 日本で見られる企業がたくさんあった。英語ならまだわかる。
 市内に入ると道ばたには屋台がいっぱい。屋台好きな自分
としては食べてみたいのだけど危険らしい。氷とか細菌とか
で。でも似たような屋台ばかりなのであんまり面白くない。
 家族でご飯を食べる。トムヤンなんとか、とか色々食べるけ
ど、青唐辛子を食べて舌をやられて味がしばらくわからなくな
る。日本の唐辛子の辛さの比じゃなかったっす。
 お腹一杯食べてるのだが高級料理店っぽいのだ。値段の
感覚すでにマヒ。1500バーツ。物価で比較すると1万5千。
高級だお。ちなみにコカコーラ(缶)は13バーツ。
 星は一等星しか見られなかった。たぶんあれはアルクトゥ
ルスだと思う。南十字が見たい!
多分家。


2日目   バンコク−カンチャナブリ−パタヤ

たぶんカンチャナブリで合ってると思う。水上マーケットへ行っ
てみました。
 行く途中の様子は道路の複雑さに驚く。ジャンクションだらけ。
自分が運転したら絶対事故る。すぐ脇をバイクが通って行くし
凄いところ。でも、ある程度郊外に出るとずーっと直線。
 塩田が見えた。塩田を見ること自体初めてだったし、天然の塩
を買ってみたいなと思っていたけれど、海が汚いのでやめておい
た方が良いとのこと。とりあえず塩化ナトリウム98%ではないらし
い。
 道路もやっぱり造ってる、赤サビ鉄筋で。でも、道路があるとな
いとでは大違い。砂埃で前が見えなくなるほど。赤い土。鉄分含ん
でそう。
 犬が見たことのない種類の犬。なぜか写真を撮る。
 値切りのマーケットの水上マーケットへ。初めての買い物だった
ので、物価がわからない。レートで計算していたけど父はもっと安く
値切ってた。後で知ることになったけど日本の10分の1にあたる。
 なぜか象のティーセットを買う。初めは1200バーツだったけれど
、550バーツまで下がった。それでも高い買い物・・・。その時は55
0円のつもりで買ってるのだった。
 ここにしか売っていない、と思って買ってみたのだけれど大抵どの
店も同じ物を売っている。魚の骨で作った像、編みかご、ぼうし、剥製
、くずガラスのネックレスなど。偽物の価値はわからないけど、楽しん
でみるのが良いと思う。
 ココナッツミルクは青臭かった・・・
 バンコクのデパートにて。
 豚カツ100バーツ。64みたいなので昔のボンバーマンやってた。
ピカチューはどこでも人気なんだね。
 パタヤへ。
 強行軍と思うのは気のせいだろうか500kmぐらい移動してる。タイ
では普通なんだよ、と言われても私は日本人。辛いっす。
 母のたっての希望よりおかまバーへ。なんで自分まで連れてかれな
ければならないの?でも、演劇として見れたので面白かった。おかま
といわれなければ、そういうふうに見なければ普通のショーでした。
ただ気になる点が一つ。外国の人にとって日本人ってどう思われて
いるのかな、という事。それをこのショーで意識させられたね。恐いな。
 お土産でくずスタールビーを買ってもらった。光ってると思って買っ
たら、ひびだった。
 PSに似ているソフトがあったのだけどPALって何?店員はプレイス
テーションというのだけど。ゲームボーイカラーが売ってました。
 見えた星はアルクトゥルスとスピカ。あいかわらず星が見えない。曇
っているらしい。
 この時期は雨は降らないらしいのだけど、雨が降ってた。もしかして
雨男?

3日目  パタヤ−ラヨーン

食欲無し。寝不足からかハードスケジュールからか疲れてるっぽい。
変なトラックに乗って移動する。乗ったときは恐いと思ったけど、後ろ
に乗る以外はそうでもない。タクシーとバスを合わせたような経路。
グルグル回っていて好きなところで乗り、好きなところで降りる。そん
な乗り物。一人10バーツだった。間違えて10バーツ硬貨2枚と20バ
ーツ紙幣とを渡したら3人で乗ったのにそのまま行ってしまった。チップ
として受け取ったらしい。日本では考えられない事だった。っていうか
そう渡した事も自分でもよくわからない。
 本屋と雑貨屋巡り。
 本屋は内容がわからないので立ち見のみ。雑貨屋は値段がわから
ないし、値段を聞くと買わされそうになるので恐い。そんなわけで散歩
してみる。
 海のビーチは潮の香り。それは僕の知ってるところと同じだったのだ
けど、ちょっと町中に入ると果物の腐った臭いの方が強い。海辺というと
魚臭いというイメージがあるのだけど。
 ビーチの方はビーチといっても想像していたのよりずっと狭い。砂浜
の幅が20歩ぐらい。すぐ海。砂浜でお城はつくれないなー。
 ラヨーンへ
 カンチャナブリとは違う風景。南国。

 父さんの会社見学。何を言ってるのかさっぱりわからないのでとりあえ
ずあいさつしておく。母にならい「サワディー・カー」と言っていたら「カー」
は女の人用の語尾だそうな。男が使うなら「クラッ」らしい。で、手は合わ
せるのではなく、つぼみを表すようにちょっと膨らませるのだそうな。
 よくわからないので「はじめまして」と日本語でいっていたけど、その中
に前会った人もいたらしい。恥ずかしい。
 海岸のレストランで食事。たれを付けずに素のままで食べるのが美味し
い。でも、蟹はたれを付けて食べると美味しかった。「ペット」らしい。「マイ」
は否定語、「ペット」は辛いという意味。飼う動物ではない。三日目になると
トムヤンの唐辛子恐怖症になり、青い物は避けるようになる。スープは美
味しいけど具の当たりはずれが恐い。生姜の輪切りが入ってたりする。「
ゲン」が美味しい。けんちん汁っぽい。
レストランからの眺め夕日と犬。
 帰ってきてホテル近くでお買い物。が並んでいたので、屋台大好き
人間にはたまりませんでした。言葉が通じなくても好奇心が勝って一人で
歩いてた。ジョジョの52巻を10バーツで買う。定価は30バーツ。携帯電
話のアクセサリーを売ってた。規格が違うのでダメ。FF10のポスターを買
いたかったけど先客に悩んでいる人がいて変えなかった。言葉の壁ってやつ
ですな。
右の方が市場。
 犬がやっぱり多い。像もいた。
 天頂辺りにアルタイル。緯度が違うね。
触ってはいけない。咬むし狂犬病の恐れも。

4日目  ラヨーン−バンコク

寺院巡り。初めはワットプラキオへ。日射病になりそうな暑さ。
寺の印象としてはぴかぴかキラキラ。ガラス細工や金メッキで
塔の周りを飾っている。目が眩むほど。黄金の国タイという感じ。
エメラルド寺院がありやした。足を仏像には向けてはいけないと
いうことなので足を投げ出している人は注意されてました。
お坊さんがいたけどさわってはいけないらしい。お坊さんも観光
してたよ。
周囲に絵が描いてあったけど何の絵だかさっぱりわからない。せ
めて英語で説明を書いてくれてるとありがたいのですけど。
兵隊さんが立っていた。直立不動で隣に立っていても気配が全く
感じない。ミスタービーンの気持ちがわかる。何処まで許されるの
かな。
暑くないのかな?
トイレ使用に5バーツ・・・高いな。「みんなでうたううた」と書いてある
Tシャツを着ている人がいた。外国語はなんか偉い感じがするけど実
はそうたいしたことは書いてないのかもしれないと思った。他にも「ハイ
テク洗剤トップ」と書いてあるTシャツが売ってた。着ている人はいなか
ったけど。

右はアンコールワットのミニチュアらしい。左は忘れた。
 ワットポーにて。
 タイ式マッサージを受けてみた。時間がないので30分コース。けっこ
う気持ちが良い。自分でもできそうなマッサージ。一番痛いやつを誰か
にやってみようか。本場らしい。
 大仏に線香をあげようとしていたけど、やり方がわからずまごまごして
いたら、お坊さんが出てきて手をとって教えてくれた。金箔をここに貼る
とか線香の挿す場所、蓮の花の活け方。あと、ついでにお守りと頭たた
きをして900バーツを払わされたが、本当にお坊さんが触って良かった
のだろうかと思うのだけど、本当のお坊さんなのかなと思う。
ミサンガっぽいものを巻いてもらった。今でもしてる。いつまでしてよう。
 昼ご飯は屋台で変なラーメン。ハーブが効いたラーメン。
暑さにまいる。
工事中
 伊勢丹へ
 免税店でお買い物。でも高い。普通に買うより5倍以上高い。でも日本語
つかえるけどあまり通じない。とりあえずつたない英語で話してみる。
コーヒー豆が欲しかったのだけど500バーツ。あきらめる。
普通のお店でコーヒー豆と酒を買う。美味しくないらしいけど。
物価が安いのでPSのソフトも安いのかなと思って覗いてみたのだけれど、
甘かった。値段は1500〜2000バーツ。PSoneも7000バーツ。単に換
算してみると4500円〜6000円、21000円。でも物価だと15000〜2万
、7万。そんなものなのかな。
 市場へ
 「安いよ」と「ロレックス」の声にいらついた。そんなものいらないって。一人
で好きな物探したいからほっといてー。日本人ってあっさりわかるらしい。でも
日本語がわからないふりしてみたら韓国の人?って聞かれたけど。
モンスターファームのソフトらしき物を買ってみた。当然できなかったけど(泣)。
200バーツにしてもらったけど100バーツをチップでくれと言ってたらしい。
でもルールがあるのかなチップは無しになったけど。
石っぽいものが付いた宝石箱が売っていた。石なら買いたいので聞いてみた
ところ、ガラスかと聞いても「Yes」だし、石かと聞いても「Yes」という。
なんなのだろ。150と100で交渉決裂。交渉がもっと上手くなりたいが、偽物
だらけの所での買い物はいや。安くても本物というかその場所の物が買いたい。

5日目  バンコク−飛行機−成田−

出発は朝6時。眠い。街も寝てる。とりあえず写真を撮ってみるが、ろくに撮れ
ない。でも撮る。
高速道路!
外の気温は31℃。えーとー、まだ朝。これから上がるのか大変だなーともう傍
観者。
空港に着いてみるとお腹が痛い。なんでか痛い。頑張ってマカダミアナッツ入り
のチョコレートを買う。飛行機に乗れば寝れるだろうし休まると思っていたのだ。
飛行機の上昇は眠ってなんとかやりすごす。
なんとなく寒い気がするのだ。母親に聞いても気のせいだという。頭が痛いのも
そうらしい。悲劇の兆候はもう始まっていたのだけれど気が付かなかった。
寒いのは毛布を着て寝てやりすごしてました。でもやっぱり眠れない。お腹いた
いし、MDも聞き飽きた。ヒマー
下降の時はそんな感じで眠れてなかった。着いたときはやっと着いたという安心
感でいっぱいだった。でもなんとなくめまいというか立ちくらみがひどい。
薬を飲んでも治らない。休んでもダメ。寝てもダメ。このめまいがなんなのかわか
らなかったのだけれど、家に帰って熱を計ると39℃。どおりで。
疲れから来たらしい。風邪ではない。家族でダウン。父さんは入院までしたとか
いううわさが。
まだお腹いたい。
恐るべし海外旅行ってやつですね。

おわり

戻る