アメリカ CIAの運用とされ、Guam島からのオンエアーらしいということが言われています。
日本では比較的強力に入感しますが、以前にくらべここのところ運用回数、運用周波数も減ってきているようです。
内容は運用時間毎時00分から放送開始、受信者番号と思われる
を10分間程繰り返し、ピー音10回と共に指令番号とおもわれる      を1回、その後3つと2つに分かれている5つの    が延々と続きます。途中、     とカウントが入り、“    ”の声の送信終了まで約45分。受信モードAM
CIA 乱数
CIA オープニング
※サウンドファイルはmp3形式です。
再生できない方は、メディアプレーヤーを起動して、ツール⇒オプション⇒形式からmp3形式サウンドにチェックが入っているか確認してください。


リピート
終了
カウント
4606 5046 5212 5236 5812 6906
7430 7630 7640 8085 9070 9090
9205 9219 10527 10583 10643 11072
11580 12197 13444 13465 13555 13906
14739 15732 15833 16198 6970 8080
8110 10321
Frequencies
青の囲み文字の周波数は私が聞いた事のある周波数です。特に14739KHzと16198KHzはパラレル運用(同時放送)でよく出現しますので聞いてみてください。
3つの数字と1から10まで
乱数
リピート
エンド
カウント
*周波数は確定したものではありません。また、その時々により周波数の変更が行われることがありますので参考程度にお考えください。

☆☆☆
トップへ戻る