質的研究の広場

   質的研究は社会学や教育学の場で、あるいは
  看護や社会福祉の分野の研究で一定の役割を
  果たしています。そして現在、医療・医学の現場
  でも質的研究が展開されようとしています。
   このホームページはこの”医療・医学における質
  的研究”に関する議論の場を提供したいと思っ
  ています。なぜ、このような限定的な言い方をす
  るかというと、質的研究はそれぞれのフィールド
  で独自の発達をとげており、ざまざまな立場や流
  儀ができつつあるからです。
   すでに出来あがってしまった(かのような硬直
  的な)分野では議論が成立しないことが多く、発
  展途上にある医療・医学の質的研究であればこ
  その自由で率直な議論が可能だと考えます。

  このホームページは次の目的を持っています。
  ●これから質的研究を勉強しようとする人達の
   ためのモチベーションを与える場であること
  ●すでに質的研究を進めてきた人達の議論を
   通して質的研究の質を高めること

このふたつの目的を持つ質的研究のホームページ
の必要性は内容を読んでいただければご理解
いただけるのではないかと思います。

   ≪注意≫
    ▲掲示板へのご意見・ご質問を歓迎します
    ▲ご意見は他者を傷付けるものにならない
                                      ようご注意下さい
    ▲このHPに掲載された文章に関する責任
                      と著作権は管理者にあります




<ホームページ管理者> 直線上に配置

瀬 畠 克 之
( 南 小 樽 病 院 )   ★自己紹介★
   



 
アイコン 1:質的研究の背景
アイコン 2:主観と客観の問題
アイコン 3:方法論的枠組み
メール アイコン 管理者個人へのメール
掲示板に投稿する場合は
    ココをクリックして下さい
<平成17年 5月 1日現在>
au
質的研究の実際へ
★論文「質的研究に求められるもの−科学的研究としての背景と課題−」が
                   保健の科学47巻5号に掲載されました。★
★論文「かかりつけ医の機能に関する探索的調査(第二報)が
                   プリマリ・ケア28巻2号に掲載されました★
★平成16年度 全日本病院学会 優秀演題賞を受賞しました★
<開設以来の訪問者は1710 人です>