真空管(ST管 戦後のラジオ用)

 

戦後のラジオに使用されているST管は終戦直後の混乱期を除いて6V管です。終戦直後は戦前と同じく2.5V管が使用されていましたが、こちらは戦前のコーナーを参照して下さい。ここでは6.3V系のラジオ用ST管をご紹介します。

 

 

 

 

 

6A7(Ut−6A7)

周波数変換用7極管 Ef=6.3V If=0.30A

戦前のスーパーに使用されていた2A7の6V版。7ピンUtベースでST−12型、トップグリットが付いている。局部発振と混合を1本で出来るメリットがあるが、低い周波数でしか使えない欠点があり、短波帯では発振停止で受信できなくなる事もあるらしい。終戦直後から昭和24年頃までに作られたスーパーに付いている事があるが、殆ど見かけない。戦後の周波数変換は6WC5が主流になり、この球は再生式からスーパーへの過渡期にしか使われていなかった。海外でも作られているため入手できると思われるが、古い形式であまり使われていないため、数は少ないと思われる。

写真は左から東芝(戦前)、東芝(戦後)、フィルコ、ナショナルユニオン製。戦前の東芝は昭和19年5月の製造年入り、戦後の物は郵便局のマーク入り。他の2本は共に米国製。

 


 

 

6WC5

周波数変換用7極管 Ef=6.3V If=0.35A

戦後のST管5球スーパーに使用されている周波数変換用7極真空管。ヒーター電流を削減し0.30Aにした6WC5Aもある。日本独自の球で、特性は6SA7/6BE6とほぼ同等、7ピンUtベースでST−12型。球自体はカーボンスートされていて内部はよく見えないが、よく見ると内部にグリットが多数有るため、球の捺印が消えても、内部構造とベース、ヒーター電流で品種が分かる。

この球が不良になると、発振停止で受信不能や、高域低域での極端な感度低下、雑音などの症状になる。いままで問題なく動いていたラジオの感度が低下した場合、むやみにIFTをいじらず手持ちが有ればとりあえず交換してみると良い。案外調子が良くなるかも知れない。しかし、この球は不良になると大変始末が悪い。日本独自の球で外国製が無い上、製造しなくなってから40年近く経過して市場には存在しないし、まれに出てきても非常に高い。手っ取り早く入手するには個人取引が一番、持っている人から分けてもらうしか手はない。写真は左から松下、日本電気、東芝製。

 


 

 

6D6(UZ−6D6)

リモートカットオフ5極管 Ef=6.3V If=0.30A

戦後のST管5球スーパーの高周波増幅や中間周波数増幅によく利用されている球で、戦後の並四ラジオ等にも使われていることがある。6ピンUZベースでトップグリット付きST−12型、殆ど同じ球として78がある。また、6WC5同様にカーボンスートされているものがほとんどだが、RCA製の後期製品は透明のものもある。日本、アメリカ他で生産され、市場在庫も多く、1本1000円程度で手に入るが、日本製は既に無い。球の捺印が消えると類似の球が多く非常にわかりにくく、6C6と間違えてしまいそうだが、国産でトップグリットの真下でリードが輪になっているものはほぼ6D6と思って良い。希に6D6でもまっすぐになっている物もあるが・・・。この球が不良になると、6WC5と同じく受信不能や、高域低域での極端な感度低下、雑音などを招く。まずは交換してみるのが良い。また使用する時は必ずシールドケースをかぶせる。シールドしないと発振して使い物にならない。なお、国産品は海外製より背が低いため、海外の球を使用する場合はシールドケースが合わぬ場合があるから注意。

写真は左から松下、東芝、日立、ナショナルユニオン製。ナショナルユニオンは米軍用であるが、若干背が高い。

 


 

 

6C6(UZ−6C6)

シャープカットオフ5極管 Ef=6.3V If=0.30A

戦後の並四ラジオによく使われている球。6ピンUZベースでトップグリット付きST−12型。これも6WC5同様にカーボンスートされているものがほとんど。ほぼ同じ球として77がある。大変優秀な特性を持つ真空管で最後まで生き残り、世界各地で生産されたため市場在庫も多いが、オーディオ関係の雑誌で使われたことがあり、6D6より価格は少し高い。1本2000円程度で手に入るが、日本製はやはり無い。球の捺印が消えると6D6と間違えてしまいそうだが、国産品でトップグリットの真下でリードがまっすぐになっているものは6C6である事が多い。ただし松下製などで希に輪になっている事もある。ピン配置が6D6等と同一であるから中間周波数増幅に無理矢理使って使えないことも無いが、シャープカットオフのためAGCが効かない。よって電波の強い大都市やアンテナの状態によっては音が歪んだり、発振したりしてダメ。球のテスト程度にしたい。この球も使用するときはシールドケースが必要。

写真は左から松下、東芝、日本電気、RCA製。RCA製は最後期の製品でカーボンスートが省略されている。中身が見えるとみすぼらしい球である。

 


 

 

76(UY−76)

増幅用3極管 Ef=6.3V If=0.30A

戦後の並四ラジオによく使われている球。自作品に使われていることが多く、スーパーでも42のドライブ用に使われていることがある。5ピンUYベースでST−12型。日本、アメリカ他で生産され、市場在庫も多いが、オーディオ関係で使われる事があり、価格はやや高い。1本3000円程度で手に入るが、日本製は市場に殆ど無い。

自作ラジオで6ZDH3Aと42の間に76が入っている物があるが、42は6ZDH3Aで十分ドライブできるから76は不要。三菱製のラジオでもこのような構成の機種があり、何故そうなっているのか理解に苦しむ。6球にするなら6D6か6C6で高周波増幅をつけた方が良いはずなのだが・・・。

写真は左から東芝、日立、日本電気、神戸工業製。

 


 

 

6ZDH3A(6Z−DH3A)

検波増幅用2極3極管 Ef=6.3V If=0.30A

戦後のST管5球スーパーの検波と増幅に利用されている球で、6ピンUZベースST−12型。アメリカの75から2極管部を1個取ってベース接続を変更し、トップグリットを無くした球。日本独自の球で、ヒーター電圧違いの3ZDH3Aもある。この球とそのまま差し替えられる球は無い。つまり6WC5と同じく、入手できなければおしまいになってしまう。市場に出てくることはまずなく、ロフチンホワイトアンプに使われる事もあり、オーディオ用として紹介されたので比較的高価。ただ、通常の動作では発熱が少ないためか長持ちする。持っている人から譲ってもらうか、変換ソケットを作って6AV6等で代用するのが良いだろう。

写真は左から日本電気、松下、神戸工業、ベスト、東芝製。

 


 

 

6ZDH3(6Z−DH3)

検波増幅用2極3極管 Ef=6.3V If=0.30A

終戦直後に製造された5球スーパーに使われていることがある日本独自の珍管。6ピンUZベースでトップグリット付きST−12型。アメリカの75から2極管部を1個とった球。この球はトップグリットが付いていて、ベースに1ピン空きがあるという非合理的ピン配置であり、使って不便なため、すぐに6ZDH3Aに変わってしまったようだ。ラジオ側で5ピンが中継端子などに使用されていなければ75で代用できるはずであるが、やったことがないため保証は出来ない。当然、接続が違うため6ZDH3Aとは互換性がない。不良になったとき入手は6ZDH3A以上に難しいから、75を探すのが良いだろう。

写真は左から東芝、堀川電子管製。

 


 

 

42(UZ−42)

電力増幅用5極管 Ef=6.3V If=0.70A

電蓄、ラジオに広く使われている球で、特に戦後になってからよく使われた。6ピンUZベースST−14型。ヒーター電圧違いの2A5もある。戦後広く使われているが開発は古く1933年で、効率の良い球ではない。戦後に製造されたST管5球スーパーの出力管といえば、この球か6ZP1のどちらかが使われていると思って間違いないほどポピュラーで、外国でも生産されていたため入手も比較的容易。ただし、国産品は殆ど残っていない。アメリカ製は1本3500円程度で買うことができる。出力管は整流管の次に寿命が短く、不良になりやすいので、予備を持っておくことをお勧めする。

国産品は透明な物が多いが、外国製はカーボンスートされているものが多い。写真は左からRCA、東芝、日本電気、松下、日研電子製。RCA製はカーボンスートで真っ黒、日研電子は当時の中小メーカー。

 


 

 

41(UZ−41)

電力増幅用5極管 Ef=6.3V If=0.40A

主にアメリカ製のラジオに使われている球で、日本では殆ど使用されていない球。6ピンUZベースST−12型。ピン配置は42や6ZP1と同一。多少特性が異なるがラジオに使うだけなら6ZP1と差し替えて使うこともできる。(規格や特性にシビアーな動作はダメ。)海外各社が生産したため、価格も比較的安くて2000円程度。ただし、国産は珍品中の珍品。普段は海外製のこの球を使って、高価な6ZP1は大切にしたい。

写真は左からGE、GM製。GEはカナダ製、GMはおそらくアメリカの中小メーカー、これは初期の球らしく刻印が入っている。

 


 

 

6ZP1(6Z−P1)

電力増幅用5極管 Ef=6.3V If=0.35A

42とならんでラジオに広く使われている球で、戦後開発された球。6ピンUZベースST−12型。ヒーター電圧、ピン接続違いで同一特性の3YP1もある。戦後のST管5球スーパーの出力管は高級機が42、普及機が6ZP1であることが多い。しかし安かったはずの6ZP1は日本独自の球のため、入手困難で大変高価になってしまった。6ZP1が手に入らなければ41でごまかすしかない。

写真は左から日本電気、ベスト、東芝、松下製。ベストは黒色プレートのサイドゲッタ、松下はプレートにフィンが4枚付いている。

 


 

 

80(KX−80)

整流用双2極管 Ef=5.0V If=2.00A

ラジオ用としては少し大きすぎるため、使用例が少ない整流管であるが、大型電蓄や6球スーパーなどにはよく使われている球。最近の真空管アンプの製作記事などにも時々使われている。UXベースの4本足、ST−14型。この球は2極管が2個入っているため、全波整流が出来るから、ハムの少ないラジオが出来る。型番が似ているからといって80BK等の替わりに使用しないこと。ヒーター電流が約3倍大きく、下手をするとトランスを焼いてしまうことになる。もちろん、80が使われている所に80BKを使うのもダメ。80は直熱管なので、使うときは必ず立てた状態で使用し、むやみに電源入切を繰り返さないこと。ヒーターがプレートにタッチしたら大惨事になる。

この球は海外でも生産されたため、比較的安価に手に入る。3000円前後なので、予備を用意しておきたい。ただし、GT管の80もあるから、購入前に形状の確認をお忘れ無く。中古を買うときは注意深く見るとヒーター断線も判断できる。ゲッターの少ない物や頭が黒くなっている中古は買わない方が無難。写真は左から東京真空管(TVC)、日本電気、神戸工業、東芝製。

 


 

 

80K(KX−80K)

整流用双2極管 Ef=5.0V If=2.00A

80の傍熱型で日本独自の球。UXベースの4本足、ST−14型。特性などは80と同一であるが、傍熱型のため、電解コンデンサにピーク電圧がかからずに安全に起動することが出来る。松下が好んで使用したようだ。この球は入手が困難なため、不良になった場合は80で差替える事をお勧めする。ただし、電源ONから正常動作までの、平滑用電解コンデンサにかかる電圧が高くなるため、十分に注意する。測定して耐圧以下だからOKなどと思っていると、古いコンデンサがパンクしたりする。コンデンサのパンクは非常に怖いし危険だから、80を使うときは電解コンデンサも新品と交換すると良い。なお、電解コンデンサは新品でも古い物は劣化していることがあるからご用心。写真は松下製。

 


 

 

80BK(KX−80BK)

整流用2極管 Ef=5.0V If=0.70A

戦後のST管5球スーパーの整流管といえば、80BKか80HKのどちらかであることが殆ど。この80BKは東芝を除く各社で生産したようで、どちらかと言えばこれが主流。ただ、両者は80HKが規格が僅かに小さいだけでほぼ同等。もちろん、差し替えても問題はない。日本独自の球でUXベースST−12型、不安定で立てることが出来ない。希に日本無線製など4本足のものもある。12B,12F,12FK,80HKの代わりにも使えるが、12B,12Fの代わりに使う場合、出力は4ピンから取るように配線されていることを確認する。そうしないとヒーターに整流電流が重なって流れ、ヒーターが断線ということも・・・。整流管は最も弱いので、大切にいたわって使いたい。日本独自の球であるから高いし、入手もまず出来ない。不良になって手に入らなければアメリカ製の1Vという球がソケットの配線を変更すると差し替えて使える。

写真は左から松下、日立、日本電気製。

 


 

 

80HK(KX−80HK)

整流用2極管 Ef=5.0V If=0.60A

こちらが80HK。日本独自の球で3本足UXベースST−12型、不安定で立てることが出来ない。規格が80BKより若干小さいが、誤差の範疇と考えても良い。写真は東芝の80HK。東芝以外のものは見たことがない。

 


 

 

12FK(KX−12FK)

整流用2極管 Ef=5.0V If=0.50A

12Fは昭和13年頃から使われ続ける整流管で、戦後の5球スーパーにも使用されている事がある。12FKはその傍熱タイプ。前の80BKや80HKに比べると特性的にやや小さい。日本独自の球で両方とも3本足UXベースST−12型。直熱管は電源が入るとすぐに動作するため、他の傍熱管が暖まるまでは電解コンデンサにピーク電圧がかかるが、12FKならこの様な問題は起こらない。よって80BKなどの傍熱整流管の代わりに12Fを使うのはダメのこともあるが、この12FKなら大丈夫。だが、回路構成によっては規格オーバーということもあり得るので、差し替える場合は注意する。12FKは日本独自の球であるからやはり高いし、入手もまず出来ない。不良になって手に入らなければアメリカ製の1Vを使う。写真は左から松下、日本電気製。

 


 

 

1V(1−V)

整流用2極管 Ef=6.3V If=0.30A

アメリカの自動車用ラジオに使う整流管。UXベースの4本足でST−12型。日本製のラジオでこの球を使っている製品は無いが、12B,12F,12FK,80BK,80HK等の小型整流管の替わりとして使えるのでここで紹介する。この球は4本足で、カソードが80BKなどで省略されている3番ピンに出ている。従ってラジオの方に改造を入れる必要がある。ラジオの80BK等が付いているソケットは4本足であるから、3番ピンには何もつながっていないはずだが、中継端子として利用していることも多いので、確認して外す必要がある。改造するときは規格表や回路図を見ながら慎重に作業されたい。誤配線すると思わぬ事故につながる。この球のヒーター電圧は6.3Vであるが、80BKなどは5Vのため低い電圧で使用することになる。したがって1Vがエミ減になってきた場合は不利であるが、1000円前後で安いのでまぁ良いとしよう。写真はGE製、小さなプレートが頼りない。

 


 

 

6E5(EZ−6E5)

同調指示管 Ef=6.3V If=0.30A

スーパーヘテロダイン方式の同調を正確に行うために作られた真空管。真空管の頭が緑色に輝く。離調の時はターゲットに扇型の黒い陰が出るが、同調すると扇形の陰が閉じて、円く緑色の目玉の様に光る。このため、別名マジックアイとも言う。6ピンUZベースで、円筒型。この球はラジオの動作には直接関係がなく、不良でもラジオは聞こえるので、古いラジオに付いている物はたいてい切れているか、暗くて光らなくなっていることが多い。ターゲットに塗って有る蛍光体の寿命は有限で、500時間程度で薄く暗くなり、次第に光らなくなる。よって中古管を買うのは避けた方がよい。光らなくなったマジックアイを買っても意味は無い。中古管を買う場合は光り具合を確認するのが一番だが、ターゲットの色である程度は判断できる。白又は灰色の物が比較的良く、茶色又は薄黒くなっている物は光らない。ただし、白いからと言って光るとは限らない。ヒーターが断線しているかも知れないので。

この球は他の真空管に比べて大変短命のため、予備を沢山持ちたいところだが、最近とても高くなった。3年程前まで1本800円程度だったのだが、最近は1本3000円〜4000円もする。お店の人の話によると、在庫が尽きてきたとか、買い占めされたとか。しかし、真相はオーディオ雑誌でレベルメーターとして使用した製作記事があり、急に購入者が増えて大量購入されたとの事。全く迷惑な話・・・。

ところで、暗くて使えなくなったマジックアイを6ZDH3Aの替わりに挿すと受信できるという話がある。早速試してみると音は小さくなるが使える。ターゲットで検波が出来るようだ。貴重な6ZDH3Aを使わずに、光らない6E5を使えば資源の有効利用がはかれる。写真は左から岡谷無線(ロダン)、東洋無線、松下、日本電気製。

 


 

 

6E5D(EZ−6E5D)

同調指示管 Ef=6.3V If=0.30A

6E5をより飾りとして綺麗に見えるように変更した物。電気的特性は6E5と同一。6ピンUZベースで、円筒型。

6E5のターゲットの中央にはヒーターの光を遮るキャップが付いているが、このヒーターの光を飾りとして利用するため、キャップを赤いダイヤ型の硝子と置き換えた。緑色に輝くターゲットの中央に赤いダイヤが光るため大変美しい。東洋の独自製品で他社は製造していない。また、メーカーは採用せずアマチュアが使用したため数が少なくて貴重な球。新品が無いのは勿論、光る6E5Dも非常に珍しい。写真は東洋無線製の6E5D、立っている方は昼間見えない程度に暗いが、夜の室内では光っているのが確認できる。横になっている物は完全に光らない。

 


 

 

6E5C

同調指示管 Ef=6.3V If=0.30A

面白そうな球が手に入った。旧ソビエト時代に作られた同調指示管で、規格表での特性は6E5と完全に同一だが、ベースがUZ6pではなく、オクタルベースになっている。外形寸法は6E5よりも若干短い程度でほぼ同一、球の表示は品番の“6E5C”、及び“СДЕПАНО В СССР”(MADE IN USSR)、製造年を示すと思われる“此檻沓押鼻1972年6月?)。電極構造は6E5そっくりであるが、マイカを使わずに薄い金属板で電極を支持している事、及びターゲットが銀色に輝いている部分が日本製6E5と異なる。ガラスは良質な真っ白で、斜めから見ても緑や黄色に色が付くことは無い。非常に丁寧に作られている。

早速ベース変換器を作ってラジオで試してみると、6E5と全く同じ動作をした。蛍光は国産とほぼ同じ緑色であるが、トーヨーの新品と比べるとやや暗い。見た目で輝度80%程度と言ったところ。蛍光体が銀色なので日本製とは使っている物質が違うのかも知れない。ターゲットの寿命は不明。旧ソ連でラジオに使われていたと思われるが、ベースさえ工夫すると十分6E5として使える。

 


 

 

6ZE1(6Z−E1)

同調指示管 Ef=6.3V If=0.30A

6E5と同じくスーパーヘテロダイン方式の同調を正確に行うために作られた真空管。真空管の頭が緑色に輝く。離調の時はターゲットに扇型の黒い陰が出るが、6E5が1ケ所なのに対してこの6ZE1は2カ所出るため見やすくなっている。日本独自の真空管であるが、特性は6E5と同等で表示が異なるだけであるから、互いに差替え可能。新品は手に入りにくいので6E5を使うと良い。

6ピンUZベースで円筒型、写真は左から東洋無線、松下製。

 


 

 

6G5(EZ−6G5)

同調指示管 Ef=6.3V If=0.30A

6E5と同じくスーパーヘテロダイン方式の同調を正確に行うために作られた真空管。6E5はカットオフ電圧が浅くて、強電界ではすぐに閉じてしまうが、こちらは3極部がバリミューになっているため、弱電界でば敏感に反応し、強電界では閉じにくくなっていて、指示範囲が広い。希に高周波増幅付きのスーパーに使われている場合があるが、6E5/6ZE1が圧倒的に多い。珍管中の珍管、国産はまず出てこない。カットオフ電圧以外は6E5と同等のため、閉じ方が変わっても良ければ6E5で代用できる。6ピンUZベースで円筒型、写真は無線枢機産業製(赤ドン)製。

 


 

 

6GE12A(6G−E12A)

同調指示管 Ef=6.3V If=0.30A

FMステレオ受信機用の同調指示管で8ピンオクタルベース。ターゲットは四角で陰が2カ所出るから左右に出るように取り付けて使用する。3極部が2個入っており、2つの陰は独立して動く。片側の陰で6E5と同様に同調を指示し、反対側でステレオ表示を行う。たとえばモノラルの時は陰が出て、ステレオの時は閉じるといった使い方。

真空管式FMステレオ受信機は数が極端に少なく、あったとしても後期の製品でトランスレスが多いため、マジックアイがついている製品はあまりない。このホームページにあるNational RE-777Nもステレオであるが、ステレオ表示はネオン管で行っており、マジックアイはついていない。

かなり珍しい球で入手は難しい。写真は東洋無線製。

 


 

 

12ZE8(12Z−E8)

同調指示管 Ef=12.6V If=0.15A

トランスレス用の同調指示管。6ピンUZベースで円筒型。ヒーターを直列にして使用するため、ヒーター電流を0.15Aにして有る他、ターゲット電圧、プレート電圧が低くても動作する様になっている。mT管トランスレスラジオに使われていることがあるが、あまり見かけない。ターゲット電圧が低い条件で使用されるためか、中古管でも6E5よりは光る物が多い。ただし、トランスレス用のためヒーターの断線も多い。価格は1本1000円程度。

写真は左から松下、東洋無線製。

 


 

1.       この他にも色々な球がありますが、手持ちがありませんので入手でき次第掲載します。

2.       間違い等随時修正していますが、お気づきの点が有りましたらメールでお知らせ下さい。

3.       価格等は参考です。現在もこの価格で買えるとは限りません。また真空管は非売品です。

 

 

 

トップページへ戻る