私は壬申の乱を中心に古代史に興味を持ちいろいろしらべておりましたが、古代史をみていくとどうしても金属のことがきになりました。さらにそれを調べると、多くの地理的関連事象が中央構造線の上にかぶるように出てまいりました。
多分に素人ではありますが、古代の人々の気持ちになりかわり、気になる事々を記述してみようと思い立った次第です。
取り上げた地域
☆西日本では中央構造線周辺の地域
☆東日本では黒鉱ベルト周辺の地域
☆古代の騒乱と金属
☆神社や仏閣と金属伝承
☆宗教者、修験者および山岳伝承と金属
☆民俗学、昔話と金属伝承
取り上げた事象地域
メールをお待ちしています。
2001.3 仮リリース
2008.05.25 南紀三段壁の瀬戸鉛山鉱山
2008.06.15 巖鬼山神社
2008.06.16 小坂鉱山
2008.09.28 高麗神社(埼玉)
2008.09.29 高麗山聖天院(埼玉)
2011.01.07 三内丸山遺跡
2011.01.14 東大寺お水取り【達陀:ダッタン】
2011.01.08 安来鋼
改定履歴
掲示板に書き込む
直さんの『中央構造線と古代史を考える』
A キーワード別目次に行きます
   
ページ構成が複雑になってしまいました。
    面倒な方は索引からどうぞお入りください
@ 総合目次(地域別)に行きます。
B 管理人のつぶやきに行きます
    技術屋としての歴史雑感 目次に行きます
注) 姉妹ページ『直さんの飛行機切手アレコレ』もご覧ください