山口大学ロボット研究会
ホームサークル概要活動ロ ボット紹介活動報告入会情報掲示板リンクメール
サークル概要
規 約
主な活動内容
活動場 所
一 年間のスケジュール
ロゴ

山 口大学ロボット研究会規約(正式規約文より抜粋)
【目的】
この会は、構成員が協力し合い、主にロボット製作及び研究を行うことを目的とする。

【名称】
この会を『山口大学ロボット研究会』とする。
【所在地】
山口県宇部市常盤台2丁目16番地1号 山口大学工学部内
【構成員の資格】
この会の構成員は、山口大学工学部の学生とする。
【役員】
この会に次の役員を置く
  • 代表 1名

  • 主な活動内容
     我々山口大学大学ロボット研究会は、日夜ロボットの研究・開発に努めています。
     そんな我々は、日ごろの成果を試すために毎年開催される『NHK大学ロボコン 〜ABU・アジア太平洋ロボットコンテスト代表選考会〜』への出場を目指 しています。
     また、地域の方々にも「ロボット工学」に触れてもらうため、様々な地域行事に参加し、多くの方々に楽しんでもらっています。

    活動場所
    機械・社会建設・電気電子学科棟より南に徒歩約1分。機械工場近くのプレハブ小屋の西側が部室。
    部室   部室の中


    一年間のスケジュール(大体)

    10月上旬
    大体この時期に「NHK大学ロボコン 〜ABUアジア・太平 洋ロボコン」の開催国及びルールが発表される
    10月中旬〜
    大会に向けて「どのようなロボットを製作す るか」を連日の 会議により決定する。
    11月
    この頃、大学内で「常盤祭」が開かれるの で、展示を行う。
    12月上旬
    大会の応募締め切り。大会事務局に郵送か FAXで書類を送 る。送った書類は「書類審査」にかけられる。
    12月下旬
    「書類審査」の合格発表
    12月〜1月
    ロボットの設計図の作成と部品の調達
    2月〜3月
    死なない程度に作業、作業、作業の毎日。
    4月上旬
    「ビデオ審査」が行われる。これに合格して 初めて大会出場可能となる。
    6月
    最終調整。
    7月
    「NHK大学ロボコン 〜ABUアジア・太 平洋ロボコン代表選考会〜」開催。
    8月
    世界大会開催。
    出場していなかったら、来年度の大会に向けて、技術力向上の為に何らかのロボットを製作する。


    ロゴ
    2003年になんとなくこのサークルのロゴを作成。
  • 真ん中の3つのし ずくは「血・汗・涙」を表しています。
  • そのしずくをロボットアームがつかんでいます。
  • 3つのしずくの形はY字で、ロボットアームがU字を表していて、その2つで Yamaguchi Universityを表しています。
  • 両側の翼は、飛躍を表しています。
  • 山口大学工学部           山口大学ソーラーカーチーム