大学入試資格








asahi.com 社会 <教育・入試> 2003年3月6日付報道
大学入学資格、インターナショナルスクールに限定
国内の外国人学校の卒業生が大学の入学資格を無条件で得られない問題で、文部科学省は6日、英米の民間評価機関の認定を受けたインターナショナルスクールの卒業生だけに資格を付与する方針を正式に表明した。今月末に省の告示を改正し、来月から施行する。朝鮮学校など残りの民族学校については「引き続きの検討課題」(大学課)としている。
同日開かれた中央教育審議会大学分科会に方針を報告した。今回の措置は外国人学校を区別して扱う形となり、在日朝鮮人や民族学校関係者の間には「さらなる差別だ」との反発が強まっている。
文科省は米国のWASCとACSI、英国のECISの3団体の認定を資格の条件とする。高校段階がある外国人学校は無認可校を含めて全国に40校あり、欧米系は23校。独、仏の各1校は自国の大学入学資格試験合格で日本の資格を認められる。残る欧米系21校のうち、16校はすでに3団体の認定を受けている。
しかし、認定は英語での教育が前提となることから、朝鮮12校、中華、韓国各2校、インドネシア1校のアジア系17校は結果として除かれる。
大学課は「一定水準の教育の確保という観点で検討した結果であり、最初から特定の外国人学校を除いて検討したことはない」と説明している。
(03/06)


これ、勘違いしている人が多いみたいですね。
「海外認定機関の認定を受けたインターナショナルスクールに大学受験資格を与える」のであって、
「アジア系インターナショナルスクールには大学受験資格を与えない」のではありません
「海外認定機関の認定を受けていない」からこそ「大学受験資格を与えない」に過ぎないのです。
そのためには、カリキュラムなどの内容が認定機関の規定に合わないといけないわけで。
単にそれに合わないだけに過ぎないのです。

そこへ朝鮮学校を主にクローズアップするからややこしくなるわけで。
だから、こんな(↓)勘違いもあるわけで。


毎日新聞 2003年3月8日付報道
朝鮮学校:全国で授業風景を一般公開 文科省の方針受け
外国人学校の中で国立大学入学資格を米英の学校評価機関が認定した学校の卒業生に限って認めるとした文部科学省の方針を受けて、全国の朝鮮学校が8日、授業風景を一般公開した。民族意識を守りながら日本社会で生きるための教育を続けていることを広く理解してもらうのが狙いだ。
大阪市生野区の東大阪朝鮮中級学校では、教育関係者ら約30人が参観した。期末試験中の3年生を除く2年生5クラス、1年生4クラスで、音楽や日本語、朝鮮語などを学習する子どもたちの様子が公開された。
奈良市の中学教諭、桑山洋さん(43)は「子どもたちが懸命に勉強しているのに、かたくなな文科省に憤りを感じる」と話した。【中尾卓司】


授業の公開や懸命に云々とは無関係だということに気づけ。


2ch関連スレッド:
news速報+:
【社会】「露骨な差別政策」とアピール−在日本朝鮮留学生同盟(2003/02/27) dat落ち
【社会】「露骨な差別政策」とアピール−在日本朝鮮留学生同盟★2(2003/02/26) dat落ち
【社会】朝鮮学校が文科学省の方針受け全国で授業風景を一般公開(2003/03/08) dat落ち
【社会】朝鮮学校が文科学省の方針受け全国で授業風景を一般公開★2(2003/03/08) 終了
【教育】「新たな差別を生み出そうとしている」卒業生に大学受験資格を 朝鮮学校60校が訴え(2003/03/08) 終了
【教育】「新たな差別を生み出そうとしている」卒業生に大学受験資格を 朝鮮学校60校が訴え★2(2003/03/08) 終了

ハングル板:
大学入学資格に関して文科省が意見を募集(2003/03/07)

news極東板:
国立大学入学資格、朝鮮学校に認めず。(2003/02/21)



平成15年3月9日作成