「愛国心」は計れるか





福岡での話。一応全文転載します。

Yahoo!Japan ニュース速報 <九州ニュース> 2002年10月9日付報道
「愛国心」を3段階評価 福岡市69校 小6通知表に項目
福岡市内の小学校のほぼ半数の六十九校が本年度から使っている六年生の通知表に、「国を愛する心情や日本人としての自覚」を三段階で評価する項目が新たに盛り込まれていることが八日、分かった。国の学習指導要領を踏まえたものだが、全国の政令市でも異例の措置で、福岡県内の市民団体が「人権教育上、重大な問題」として同県弁護士会に人権救済を申し立てている。

■市民団体は削除求める

同市教委によると、通知表の社会科の「観点項目」に「わが国の歴史や伝統を大切にし国を愛する心情をもつとともに、平和を願う世界の中の日本人としての自覚をもとうとする」との項目を新設。学期ごとに学習到達度を示すABC三段階の評点をつけ、総合評価する仕組みになっている。
通知表のモデル案は、新学習指導要領の実施に伴い同市校長会の公簿委員会が作成。実際の内容は各校長の裁量に任されているが、結果として同市内百四十四校のうち六十九校がこの項目を入れているという。
人権救済を申し立てたのは、在日コリアンと日本人でつくる市民団体「ウリ・サフェ」(私たちの社会)の鄭キ満会長。
申立書は、(1)「日本人の自覚」を通知表で評価するのは見過ごせない(2)国籍や名前を理由に差別や偏見にさらされる恐れがある―などの問題点を指摘した上で同項目の削除を求めている。
鄭会長は「異なるものを認め合っていこうという国際理解教育の趣旨を壊すものだ」と指摘。
柴田守・同市教委初等教育課長は「指摘があった文言は、国の指導要領に明記されている。ただ、各校の実情や保護者への配慮は必要。今後検討すべき重要課題の一つと考えている」と話している。

実情に応じた配慮を

文部科学省教育課程課の話 学習内容や評価項目は指導要領に基づいたものであり、通知表の「日本人」という文言が外国人や在日コリアンの子どものアイデンティティーを否定するわけではないと思う。ただ、実情に応じた配慮は必要であり、保護者に説明し理解してもらうべきだろう。

■ランク付け基準に疑問

文部科学省の学習指導要領は、一九七七年の改訂時から国の歴史や文化を愛し日本人としての自覚を持つよう求めている。しかし、福岡市と同じ政令市などでは指導要領を踏まえた教育内容を実施しつつも、通知表の評価項目にはしていなかった。
福岡市の六十九小学校が本年度の通知表で新たに盛り込んだ観点項目について、在日外国人の多い大阪市の市教委は「ABC評価のような項目があると聞いたことはない」、川崎市教委も「さまざまな国の人々が暮らしている社会的状況への配慮をすべきではないだろうか」と言う。

東京都立大の山住正己名誉教授(教育学)のように「日本人としての自覚は学校が評価するのではなく、日常生活の中で各人が考えること」と、愛国心に言及した学習指導要領を問題視する意見もある。
近年、テロや地域紛争など国内外の問題に絡み「愛国心」や「日本人の自覚」が多面的に議論されている。
しかし、国を愛する心や日本人としての自覚の「学習到達度」を教師はどのような基準で評価するのか。そもそもランク付けできる性格のものなのか。福岡市の今回の通知表問題は、こんな素朴な疑問を投げかけている。

(地域報道センター・塚崎謙太郎)(西日本新聞)
[10月9日2時35分更新]


「愛国心」を教育するというのは、結構なことだと思うんですけどね・・・
なんかこう・・・やり方が間違ってるというか。
まぁ「愛国心」って計れるものなのかなぁ、と。そう思うわけですよ。
これ下手すれば「愛国心の強要」になりかねないんじゃないかなぁ。
しかも、子供たちの間で。
そりゃまぁ確かに、「愛国心がまったく無い」ってのも問題ですけど。

それにしても「市民団体」のやることって、相変わらず変ですね。
「人権侵害」ですか。どこが「侵害」なのやら。教えてほしいものでつ。
「人権侵害」の意味とか再勉強したほうがいいと思われます。ええ。
つかよく見たら、この「市民団体」って「在日団体」じゃん(ぐえ
日本の愛国心教育に云々言う前に、母国の病的なまでに強烈な「愛国・反日教育」を何とかしてください。マジで。

>鄭会長は「異なるものを認め合っていこうという国際理解教育の趣旨を壊すものだ」と指摘。
あの〜、新手の冗談か何かですか?
本気でおっしゃっているならば、その言葉、そっくりそのまま貴方にお返しします。
あなたの母国で行われている愛国反日教育、まさか「知らない」って言うんじゃないでしょうね?


平成14年10月9日作成