E-listBBSSearchRankingTechnopolis-MarsGo to Top

F-15J戦闘機

(写真は航空自衛隊ホームページからのリンクです。)

 


航空自衛隊の主力戦闘機F-15J/DJには大まかに分けて2つの種類がある(細かく分けると十数種類にもなると言う)。F-15Jの機体番号801〜898号機、DJ型機の051〜062号機の在来機(Pre-MSIP)機、それ以降の機体であるMSIP(多段階発展型機:Multi-Stage Improvement Programme)である。

項目 在来機 MSIP機
対象機 機体番号801〜898号機、DJ型機の051〜062号機 機体番号899号機以降、DJ型機の063号機以降
火器管制盤 ACS(Aemament Control Set)

 

AN/AWG-20 PACS(Programmable Aemament Control Set)へ換装

  • 新型OFP(Operational Flight Program)によるコンバータ・プログラムの追加

  • Multi-Purpose Color Displayの装備

  • トレーニング・モードの追加

セントラル・コンピュータ AP-1(IBM製)メモリー容量

96kワード

AP-1R(IBM製)

メモリー容量 128kワード

Programmable Signal Data Processor   新型フライト・プログラムの追加
Radar Programmable Processor メモリー容量 96kワード メモリー容量 384kワード
Data Transfer Modeul   新規装備
Stick glip&Throttle Control   武器選択スイッチの改善
VTR Sprit Image Control   新規装備

最も大きな違いはMSIP機がMIL-STD-1553Bデジタル・データバスを介したデジタル航空機であることである。一例を挙げれば、MSIP機では搭載ストアのオンステーション情報が以下の図のようにデジタル表示される。(在来機ではインジケーターの点滅のみ。)

AN/AWG-20 PACS(Programmable Aemament Control Set) 

F-15MSIP機のPACSのMulti-Purpose Color Display表示の一例、AIM-7FおよびAIM-9Lミサイル及び燃料タンクやパイロンの装備状況がデジタル表示されている。MSIP機のコクピット計器類の全体像はSimHQ.comこちらのページが分かり易い。(在来機のコクピットはこちら)

F-15J/DJは米空軍のF-15C/Dに準じた機体であるが、日本には電子戦システム(TEWS)が供与されなかったため、日本独自でJ/TEWSとして開発されている。

RWR(Radar Warning Receiver)は三菱電機製のJ/APR-4、ICS(Internal Countermeasure Set)は三菱電機製のJ/ALQ-8が装備されている。CMD(Counter Measure Dispencer)はAN/ALE-45(J)で、チャフとフレアの他に射出型ECMであるJ/ALQ-9(富士通製)を射出できる。また日本独自の装備としてJ/APQ-1とデータ・リンク装置が搭載されている。J/APQ-1は三菱電機製のアクティブ型の後方監視レーダーである。データリンクシステムは日立製作所製のJ/ASW-10が搭載されており、BADGEシステムに連接して時分割データを受信する専用通信システムであって、データの他に音声通信も受信できる。J/APR-4はベースモデルのICS連接型、非連接型、APR-4A、APR-4B(APQ-1対応型)の4つの種類がある。なおAPR-4A及びBは脅威情報をDTM(Data Transfer Module)へ記録するDATA RECモードを持っている。

F-15Jは中期防衛力整備計画において近代化が予定されている。内容は以下のとおりである。

また近代化改修の一環として、AAM-4(99式空対空誘導弾)とAAM-5(04式空対空誘導弾)の搭載改修が実施される予定である。AAM-4搭載改修の概要は以下のとおりである。

なおAAM-4搭載用OFPは飛行教導隊のF-15へのAIM-120B(AMRAAM)搭載改修で作成されたOFPをベースにしており、搭載インターフェイスもAIM-120Bのものと合わせてあるため、AAM-4搭載改修を実施したF-15型機はAMRAAM運用能力を持つことができる。AMRAAMとAAM-4搭載のハード的な違いはAAM-4の運用には専用の指令送信装置が必用なことである。(AMRAAMでは搭載レーダーから指令送信波が多重送信される。)AAM-5の搭載改修は制式後になるので詳細は不明だが、LAU-114ランチャの改修又はLAU-128(これによりAIM-120の運用能力の付与)への換装、各種OFPの改修、HMS(Helmet Mounted Site)の搭載改修が予想されている。

この近代化改修で問題となるのは、改修対象機をどれにするのかという問題である。対象機をMSIP機としてMSIP機から外したアビオニクスを在来機へ流用する案、対象機を在来機としてMSIP機にはAAM-4とAAM-5の搭載改修のみを実施する案などが考えられているが、在来機には改修を実施しないと益々陳腐化が進んでしまうため、何らかの方策が施される筈である。

今後新たに搭載される可能性があるものとして以下のものが挙げられる。

また将来的にはデジタル・フライバイ・ワイヤや統合コクピットへの改修、光学式ミサイル警報装置の搭載、ミサイル搭載数の増大、機体へのステルス材料の適用といったものも検討されており、これらが適用された機体が能力向上型機となる可能性がある。