SMF概要


SMFとは

Standard MIDI File(SMF)は、ポータビリティと演奏データの互換性に重点をおいたシーケンスフォーマットで、演奏データの保存とデータ交換を効率よく行う目的で登場しました。 1988年にOpcode Systems社からMMAに提案された当初は、MIDI規格の範疇ではないという判断から承認は見送られました。 しかし、その後各電子楽器メーカがSMFをサポートするようになり商用BBSでの互換ファイルとして利用されるなど、実質的な標準ファイルとなったことによって、 AMEI/MMA間でのPR制度が発足し、SMFはその登録第一号(RP−001)となりました。


SMFの特徴

SMFはポータビリティや互換性に重点をおいたデータフォーマットなので、特別な圧縮を施さなくても非常にコンパクトで、 SMFに対応している器機間でのデータ交換も速やかに行うことができます。しかしながら、 シーケンサやコンピュータ上でのデータ編集処理に適したデータフォーマットであるとはいえません。したがって、 SMFはそのまま内部データとして用いず、ロード時にSMFからシーケンサの内部データ構造 に変換して使用するのが一般的です。


SMFのファイル形式

SMFはバイナリ形式のファイルです。ファイル形式はMacintoshでは、 ”Midi”のファイル(データ)タイプとして管理されます(Macバイナリ形式)。 Windowsでは拡張子が”Mid”あるいは”SMF”のファイルとして扱われます。